刺し網漁で海から引き揚げた網は、整えて竿に掛けて乾かします。

20170220-01.jpg

網は、岩に引っかかって破けたり、かかった海老や魚を傷つけないように外すため切ったり、実は穴だらけです。それを補修する様子をご紹介します。



補修には網針を使います。

20170220-02.jpg

この網針は川奈の山から切り出したウツギの木で作りました。

ウツギを四つ割りし二年ほど日陰干し、木の歪みが収まってから、網針の形に整えます。

伊東で手に入りやすい竹、オオバキ、みかんの木、杉の木も網針の材料になります。



台に糸コマをセットし、手で網針に糸を巻いていきます。

20170220-03.jpg

20170220-04.jpg

20170220-05.jpg

この台のおかげで糸が絡みません。ちなみにこの台は手作り。



いつでも修理に取り掛かれるよう、網針は常に用意してあります。

20170220-06.jpg

「十二」、「十」、「八」、「六」というのは糸の番号。数字が大きいほど糸は太くなります。



補修に糸切りバサミも欠かせません。

20170220-07.jpg

ハサミを首にかける紐も、作業しやすい長さで丈夫に仕上げあります。



網針の入れ物も手作り。

20170220-08.jpg



網針で破れた網をコツコツ直していきます。

20170220-09.jpg

20170220-10.jpg

赤い網は、色が鮮明なので破れた箇所を見つけやすいという利点があります。

網が暗い色だったら、修理にはもっと時間がかかるでしょう。

ちなみに漁をするのは闇夜、海の中に光は届かないため、赤い色は海中では黒色になります。



補修した箇所がわかりやすいよう下に白い板を置いてみました。

20170220-11.jpg

たくさんの結び目がありますが、これが直したところです。

この結び方は「蛙又(かえるまた)」と言います。

このあたりの漁師が網の補修で昔からやっている結び方ですが、群馬県の富岡製糸場や、岐阜県の白川郷を旅したとき、蛙又結びを見かけ驚きました。多くの場面で役立っているのですね。



補修を終えた網です。

20170220-12.jpg

出漁と同じくらい網の補修は大切で、万全の準備があってこそたくさんの水揚げにつながります。



網と同くらい補修の道具も大切にして、今日も大漁を目指します。


by N.H



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr 



毎年2月の第2日曜日を開催日となっております大室山の山焼きですが、

今年も1週間の延期となり今日2月19日に無事行われました!



この山焼きは伊豆高原の春を呼ぶ700年以上も続く伝統行事で、

昔は農家で使うススキを育てる為に行われていたそうですが、

現在でも欠かさずに行うことにより全山をススキでおおった柔らかい山容を守り続けているそうです。



山焼きは正午12時から、山裾から松明で点火し標高580mをいっきに駆け上り約30分で山全体を焼き尽くします。




2017・大室山焼き (1).jpg



2017・大室山焼き (2).jpg





2017・大室山焼き (3).jpg


2017・大室山焼き (4).jpg



2017・大室山焼き (8).jpg



2017・大室山焼き (5).jpg



2017・大室山焼き (6).jpg



2017・大室山焼き (7).jpg




いつもは重たいカメラや三脚を担ぎよっこらしょっと秘密の山の中に出かけておりましたが、

今年はお客様宅の屋上から楽ちん撮影をさせていただき、ありがとうございました。

この屋上からは伊豆高原をぐるっと360°見渡すことができる伊豆高原の展望台です。






IMG_2833.jpg



IMG_2835.jpg



大室山の噴火口内には浅間神社が祀られおりますが、

その祭神は「盤長姫命・イワナガヒメノミコト」であり、

なんでもこの方は天孫に嫁ぎ身籠った後にこの大室山の産殿で無事出産したことから安産祈願などで知られているようです。



大室山の浅間神社と対峙してあるのが富士山の浅間大社です。

そして「盤長姫命・イワナガヒメノミコト」の妹である「木花開耶姫命・このはなさくやひめのみこと」が、

富士山に祀れているそうですが、この妹はかなりの美人だったとか。

えっお姉さんは美人ではなかったの?

どうやらお姉さんが大室山に祀られている訳はそこにあるらしいんですが!


何はともあれ無事に山焼きも終了して、

お次のイベントは伊豆高原の桜まつりが来月中旬から始まります。

まだまだ、伊豆高原から目が離せませんよ~!



by yamazaki



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr






『お宮の松』、『貫一・お宮像』をご紹介します。


尾崎紅葉の小説「金色夜叉」で一躍有名になった場所ですね。

最初は「羽衣の松」と呼ばれ、尾崎紅葉の弟子の小栗風葉により、金色夜叉の句碑が建立されたことから、

お宮の松と呼ばれるようになったそうです。

20170213-01.JPG

20170213-02.JPG

20170213-03.JPG

20170213-04.jpg

20170213-05.JPG


今のお宮の松は2代目になり初代の松の一部が隣に飾られています。

サンビーチ同様にこのお宮緑地は散歩コースになっていて、

イタリアを感じながらここ一瞬だけ純和を感じさせる情緒ある空間です。

20170213-06.JPG

20170213-07.JPG

20170213-08.JPG

20170213-09.JPG

20170213-10.JPG

20170213-11.JPG

20170213-12.JPG

20170213-13.JPG

思わず"あたみぃ~のぉ~、かいががぁ~あん、さんぽーするぅ~♪"と歌いたくなるのは私だけでしょうか。


by 山本




ブログランキング


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/

hr




静岡県民になって、17年になりますが、

17年目にして初めて「三島大社」に参拝に行って来ました。

20170212-01.JPG

20170212-02.JPG

20170212-03.JPG

20170212-04.JPG

20170212-05.JPG

20170212-06.JPG

20170212-07.JPG

20170212-08.JPG

我ながら、ちょっとビックリ。

境内はかなり広く、奥には鹿がいるほど。

20170212-09.JPG

20170212-10.JPG

20170212-11.JPG

20170212-12.JPG


帰りがけ、ちょっと行列ができていました。

覗いて見ると、「御朱印帳」の文字。

私も一冊購入し、御朱印、お願いしてみました。

20170212-13.JPG

20170212-14.JPG

20170212-15.JPG

御朱印集め、趣味になりそう。



by N.W




ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr




息子が生まれてから早くも1ヶ月が経ち、

妻と息子が7日に我が家に帰ってまいりました。

毎日息子に会えるのは本当に幸せですね。

でも、妻は本当に大変そうです。

私もできる限りのことはしているつもりですが、

夜は寝ちゃうとほとんど目が覚めないので妻に頼りっきりになってしまっています。


そんな中、先日兄の結婚式がありました。

前回の結納の時と同じ『伊豆高原ミッシェルガーデンコート』で式と披露宴を行いましたので、

お料理は『La Vita e Bella(ラ・ヴィータ・エ・ベッラ伊豆高原)』です。


20170210-01.jpg

20170210-02.jpg

20170210-03.jpg

20170210-04.jpg

20170210-05.jpg

20170210-06.jpg


私の大好きな甘鯛のうろこ焼きはしっかり今回も出ました!

伝統的なパンナコッタは参列者の皆様からは絶賛でしたね。


連続で同じ店のお料理のご紹介で大変申し訳ありません!

息子の首が座るころになったら、また色々と出かけてご紹介させていただきます。


by S



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のコメント

Green Blog