第15回伊豆高原アートフェスティバル

伊豆高原アートフェスティバルをご存じですか?
期間は、5月1日~5月31日までの1ヶ月。
会場は、伊豆高原の街全部。
入場料は、無料。
参加アーティストは、伊豆高原に暮らす人々・・・。

伊豆高原の美しい自然を愛してこの地に棲まう人々が
自分たちの暮らす街で、文化活動を通じて自然に感謝し、
自然を大切にしたいという願いからボランティアで始めた「自由展覧会」。
子供からお年寄りまで、地元の人も別荘の人も、みんなで一緒に参加します。
アトリエや工房はもちろん、ショップやカフェテラス、酒屋さんから小学校まで
今年エントリーしているギャラリーはおよそ100カ所。
思い思いの作品を展示しています。
お散歩をしながら、お茶をしながら、お買い物をしながら
作品を観て、会話して、この躍動感溢れる5月という季節を丸ごと愉しみます。
とってもポップな会場マップが用意されていて、(もちろん無料)
伊東市役所や伊豆高原の駅舎、観光協会やホテルやペンション、ショップなどに
備え付けてありますのでぜひご利用下さい。(お問い合わせ:伊豆高原アートフェスティバル運営委員会 0557-53-8533)

マップに記載のエッセイからご紹介・・・
空を眺めるときの幸福
 空を眺める時間が何とも言えずに好きだ。
庭で作業をしてる時、ベランダで洗濯物を干している時、車から降りる時、
日常のふとした瞬間に見上げる空はいつもとてもユニークで沢山のことを連想させてくれる。
 海から元気に登り大室山の向こうに沈む太陽。
ときにモクモク、ときにはシューッと自由自在に動く雲たち。
 夜空に浮かぶ月と無限に広がる星たち。それを観ているちっぽけな私。空は神様のキャンパスだなと思う。ほんと凄い!(陽)
ベンチとブランコは
 農園のミカン畑には無駄な空間のようで実は少し自慢できる場所がある。親類が集まってバーベキュウや流し素麺を囲むこともあれば、客人との楽しい会話をも演出してくれるベンチ。そしてそこを見下ろすブランコは海に向かって飛び出す瞬間が心を開放するらしく、乗ると子供でなくとも感激する。ただし、ここへ案内するのは心を許した人だけである。(長)

07043001.jpg 07043002.jpg 07043003.jpg 07043004.jpg 07043005.jpg 07043006.jpg

次の記事 : 記憶の箱が開くとき  前の記事 : 追伸 「まめ桜」。

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog