2007年7月アーカイブ

「梅雨明け宣言」が出ないまま突入した今年の「夏休み」。
今日の伊豆高原も雨こそ降っていませんが空はどんよりと曇っています。
湿度が高く半袖の上衣からでた腕をひたひたと湿気が包みます。
それでも南風は気持ち良く木立を渡り、緑の木々は蝉たちの鳴き声に呼応してスイングしているように見えるのは私だけでしょうか?
曇りの日は、日傘もバイザーもなしで散歩できるというメリットを活かして城ヶ崎海岸駅の周辺を散策してきました。
写真の橙色の花は「野カンゾウ」伊豆高原の夏を告げる花です。
洋名は「デイリリー」。そう、花は一日花なのです。
パッと咲いてパッと散り、次々花芽を付けてこの季節の野山を可憐に彩ります。
昨日咲いていなかった野カンゾウが咲き、昨日は鳴いていなかった蝉の声が聞こえて夏がはじまります。
締め切っていた別荘の雨戸を清々と開けたら、テラスに日よけを設えて、からからとガラスのタブレットを鳴らしてアイスコーヒーを飲みましょう。
心も体もすっかり夏モード。今年の夏はどんな出来事あるかしらん。
どんな思い出できるかな。
でも不思議ですよね。蝉にしても野カンゾウにしても何で夏のモノって儚いのでしょうか。

07072901.jpg 07072902.jpg 07072903.jpg

07072904.jpg 07072905.jpg 07072906.jpg

梅雨・五月雨・村雨・氷雨・時雨・・・。
雨を顕す言葉だけを見ても日本人の美意識はすごいなぁって改めて想います。
「梅雨」は中国から伝わった言葉ですが、中国では「黴」の生えやすい時期を指して「黴雨」と呼んでいたらしいのですが、日本では梅の実の熟す頃にかけて「梅雨」と呼ぶようになったそうです。

さて、今日の伊豆高原はしっとりと雨模様。晴れて明るい色に溢れた伊豆高原も大好きですが、少しグレーがかった雨の日の伊豆高原も素敵ですよ。
緑の葉に降り注ぐ翠雨、葉上の透き通った雨垂れ。
遙かな空の高みから一直線に落ちてくる雨足。
人はもちろん犬も猫も、いつも元気に囀っている小鳥やリスも雨の日はお家でのんびり。
だから、とっても静かです。そして、とても気分が落ち着くのは、
明るさが一定で時間の経過がフラットに感じられるせいかもしれません。
このブログのためになんとか「雨」を写真に納めようと試みましたが難しいですね。
動画にすれば容易いのですが2次元で表現するのはほんとに難しい。
その昔、北斎の描く「雨」に世界が驚愕し、魅了されたのも心から頷けます。

07070701.jpg 07070702.jpg 07070703.jpg

07070704.jpg 07070705.jpg

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





最近のブログ記事

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

Green Blog