小さな春 見つけた

いつもと目覚まし時計が鳴る時は同じなのに、窓の外の明るさは冬の朝とは全然違います。

夕方は夕方で、陽がかげってきたなぁと思って時計を見るともう5時過ぎ。陽が長くなりました。

写真は伊豆高原の森をお世話して下さっている「森のボランティア」の方に頂いた桜の枝。頂いた時には蕾の塊が枝のコブのように付いていただけでしたが水に挿し、陽にあてたら萌ぎの額が付き、今日は先っぽが薄ピンクになっているではありませんか!

夜の間にきっとほころんで可愛い桜の花を観ることが出来るでしょう。(また、写真でお披露目しますね。)

メープルハウジングの庭や駐車場の雪柳たちも競って白い花を咲かせ始めました。

やまぼうしの堅い芽もこんなにふっくら膨らみました。

すっかり夜にならない昼と夜の間は、外へ出るとまだ昼の余熱が残っていて、

春になって起き出した草木の呼吸する匂いが満ちているから、つい外を歩きたくなります。

春めいた空気をまといながらしばし歩けば、空にはぼーっと大きなおぼろ月。

何気ない普段着の生活に、小さい春を見つけた日です。 

 

tubomi01.jpg

tubomi02.jpg

tubomi03.jpg

tubomi04.jpg

tubomi05.jpg

tubomi06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

次の記事 : お約束  前の記事 : 儚い雪化粧

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog