2010年12月アーカイブ

 

2010年今日が仕事納め!

 

歳を重ねるごとに1年間が早く感じられ、初詣・お節料理・お年玉すべてが、ついこの間すませたはずが・・・

皆様は、今年1年どんな年でしたか?

 

私は、下の子が大学生になり2人の子供とも手元を離れ、家に残るは大人だけ

家中の明るさが50Wは下がった感じで、仕事に向かうモチベーションを上げるのに 

日々 試行錯誤し、気が付けば年の瀬です。

 

決して景気の良い年とは言えないまでも、今年も沢山のお客様の「伊豆暮らし」のお手伝いを

させていただき、無事こうして1年を終えようとしています。

そして社員達の帰った後の静かな事務所で1年を振り返り 、来年の課題と目標をまとめています。

 

 

001.jpg

 

お世話になりましたお客様、ありがとう御座いました。

そして 社員の皆・関係業者の皆様、本当に今年1年間ご苦労さまでした。

 

来年も社員一同、皆様の「伊豆暮らし」のお手伝いに励んでまりますので宜しくお願い致します。                                     

                                           代表取締役 山崎宏司                                                                                                                                                                              

 

 

 

この季節、布団から這い出るのに勇気と根性が必要になってきた私45才、

「愛犬サクラ」に起こされ小室山に散歩に出かけます。

外に出て歩きだせば「シャッキ」っと、我れながら感心する軽快なウォーキングに変身!

家を出る時はまだ薄暗かった景色が6時40分~50分頃になると富士山、

大室山が朝陽でオレンジ色に変わります。

 

DSC_0105.jpg DSC_0106.jpg

 

今日はリスを10匹以上も見かけ池にはカモやサギが、サギは警戒心が強いのか

人の気配を感じるとすぐに逃げてしまいましたが・・・・?

 

DSC_0101.jpg

 

DSC_0111.jpg

 

西の空には白月も出ていて、今日は本当に気持ちよく お散歩終了!

 

DSC_0114.jpgさあ、これから今年最後の仕事、気合を入れていってきます。

 

                                                                                                                                 by 山本

 

またもや我社が大変お世話になっている建設会社の社長さんから

驚きと感謝の頂き物をしました。「本当にいつもありがとうございます。」

それは「さんまの丸干し」です。


P1010759.jpg

 

伊豆とはいえ最近は、冷凍の魚をひらき、乾燥機に入れて簡単に「ひもの」を作るところが増えましたが

もちろん社長さんから頂いたこの干物、地元で獲れたさんまを天日干しです。

 


P1010763.jpg自分を含めガテン系の社員が多い我社なのでやっぱり、家まで我慢ができずいつものようにご飯を炊き、

「いただきま~す。」


新鮮なさんまを使って作った天日干しは、 皮はパリッと身はジューシー ともかく「うまい!」

伊豆へお越しの際に、「ひもの」を買う時は'つや'をよく見て下さい。

※生魚を天日に干した「ひもの」は、つやつや です。

                                                                                                                            by 大内



 

 

今日は、我が家のイケメン達をご紹介します☆

それは、「テレビ台」と「カウンターテーブル」。

なんと、非売品!!

そう、旦那様のお父様は大工さんなんです。

私たちがアパートに住むことになった時に作ってくれました(*^^*)

こちらがそのテレビ台。



画像 056.jpg形はコーナーにはまるように、作るにはちょっと手間のかかる三角形です。

写真に写ってませんが、
テレビやDVDレコーダーのコードが出せるようにそれぞれ穴もちゃんと付いてます☆
(レコーダーはこれから購入予定なのでまだ殺風景ですが...(・・;) )

「テレビは絶対白を買う!!」

と言う私の意見に合わせて、テレビ台もわざわざ白く塗ってくれました♪

私、白が好きなんです。

車もデジカメもノートパソコンもケータイもキーケースもみ~んな白!

おまけにシャーペンも白!(笑)


さて、次はカウンターテーブルです。

前から見るとこんな感じ。



画像 057.jpg「かっこいいー!」「売れるよこれ!」「すごーい!」

と、私も旦那様も私の両親も友達も大絶賛&大興奮(゜∀゜)!!

裏はこうなってます。



引き戸を開けると...

食器棚~(*´∀`*)


 


画像 060.jpg「建具屋じゃないから、扉を取り付けるのはできるけど引き戸は難しいなぁ」

と言っていたお義父さん。

「引き戸が欲しい」

という私の要望に、見事に応えてくれました!!

レールにシールを貼ってくれて、ドアも滑りやすい(>∀<)

お義父さん、本当にありがとう(;∀;)

旦那様 共々 末永く大切に使わせていただきます(ノ_・。)

以上、我が家のイケ☆メン達でした(^∀^)ノ

 

*おまけ*

先日の皆既月食の次の日に出ていた月です。

 

画像 052.jpg実際はもっと大きく真っ赤で不気味でした(@_@;)

 

                                                                                                                            by 永田

 

12月22日(水)は伊東で23日(祝)は熱海で冬の花火大会がありました。

「海上花火大会」というようにどちらも海で打ち上げられます。

 

DSCF2353.jpg

 

DSCF2358.jpg                 上の写真は熱海のサンビーチからのもの。

 

冬は空気が澄んでいて夏に見る花火より透明感があって、とってもきれいです。

問題は「寒さ」。わたしはいつも上下風を通さないカッパを着て、長靴にマフラー、

スキーの時にかぶる毛糸の帽子に手袋、そしてポケットにはホッカイロ!

1時間近く冬の浜辺で過ごすわけで格好など気にしてられません。(笑い)

 

そんなわけで花火はとてもロマンチックですが、花火を見てる私は誰にも見せられないって感

じです。

 

DSCF2360.jpg

 

もちろん、わざわざ海まで行かなくても花火を見ることが出来る場所はたくさんあって

寒くない車の中や、建物の中から見ればいいようなものなのですが

打ち上げるときのシューという発射音や、花火が炸裂するときのドドーンという

豪快な音がないと花火っ子の私としては花火を見た気がしません。

(花火見物は波際でかぶりつき!)

 

まだ、冬の花火を見たことがないという方はぜひ来年はマークしてみてくださいね。

 

                                                     by  吉岡


 

うちのHPやマンスリーのチラシに描かれている「オシャレなイラスト」は、

お客様に無理を言って描いていただいているのですが、

 

ex_bn.jpgそのイラストレーターである「kaoru YAMADA」さんのイラストが、最近都内を走る電車に広告のイラストとして大きく貼り付け、走りまわっているそうです。

 

 

20101216191237.jpg「kaoru YAMADA」さんの描くイラストは、季節感や生活感がありながら「オシャレ」で、

私のイメージするアーバンリゾート的なところにピッタリします。

 

毎年、年間のテーマを決めて何人かのイラストレーターさんに描いていただいてきたのですが、

毎年完成するまでには何度も打合せをして、やり直しをしてもらい、

けっこう苦労していたのですが、「kaoru YAMADA」さんの時は、さすがという感じでほぼ「一発OK]でした。

この「kaoru YAMADA」さんは、元々は広告代理店でコピーライターをしていたというからびっくりです。

「一芸に秀でる者は多芸に秀でる」とはよく言ったもので、ほんとうに羨まし限りです。

 

April_May_calendar.jpg来年はどんな感じでメープルハウジングを飾ってくれるか、今から楽しみです。

 

都内の電車でイラスト見かけた方、きっと「伊豆暮らし」のご縁かもしれませんよ!

                                

                                                    by 山崎

 

今日は、社屋2階にある事務所内の植物のお話しです。

事務所には色々な観葉植物が置いてありますが、その中で私が一番好きで

ちょっとだけ特別扱いしている観葉植物があるのです。

 

P1010643.jpg

 

P1010636.jpg

 

そのラッキーな植物君は「フィカス・ウンベラータ!」

 

P1010635.jpg

なぜウンベラータが好きか言うと、

①見かけ優先主義者な私、そう「オシャレな見かけ」これです。

4年ほど前から会社にいるのに、全くと言っていいほど成長しないので手間いらず!

③病気もしない生命力

④樹脂がゴムの木のように白く、もしかしたら薬の代用になりそう 

  (実験済み、「妙薬口に苦し」のとうりで、ものすごい苦み)

⑤ヘヤーサロンやブランドショップなど「オシャレなお店」に置かれている

 

白い木肌に大きなハート形の葉っぱで手間いらずの

「フィカス・ウンベラータ!」皆様もお部屋に1ついかがですか?

これからも水やり当番としてしっかりとみんなを育てていきたいと思います。

                                           

                                                   by 大内

 

毎年12月に入ると我が家にお目見えする  "Ⅹmasツール"

 


写真①.jpgこのツール「ツルウメモドキ(蔓梅擬)」という落葉性のツル植物で作ります。


はじめは、まだ、碧い実なのですが、だんだんに殻の中から赤い実が見えてきます。

 

写真②.jpg

 

秋からだんだん寒い冬になり、まわりの葉が茶色に色づき、落葉になる頃


「ツルウメモドキ」の実は殻をやぶって真っ赤な姿を現すのです。

 

写真③.jpg伊豆では天城高原の方へ向かう遠笠山道沿いで見かけることができますよ。

※私は見るだけで、シッケイしたことは有りませんが・・・・・

 

                                                     by 鷲塚

 

食欲の秋に始まり、気がつくともうじきお正月。丸まると肥えてしまって鏡に写る

自分の姿を見て、「あれっ・どなた様?」しかし美食家の僕、お正月も近く調整期間のはずが

胃袋のコントローラーが故障中のため、我慢できず、また攻めに行ってしまいました。

 

そのお店は、とんかつ 「いち川」

この「いち川」かなりの攻撃力を持ちながら、女性にも対応できる繊細な仕上がりです。

その中でも、今回お勧めするのは、ボリューム満点の「カツサンド」

我が家では、ランチをお店でいただき、おやつにテイクオウトで「カツサンド」これで決まりです。

 

DSCN1372.jpg"ちょっとおやつに"とお庭で完食、そしてノックダウン! この満腹感たまりません。

小さいながらも、かなりの力持ちならぬ腹持ち、お腹の中で「白鳳」ような存在感です。

冷めても絶品なこの「カツサンド」 

サクッと焼いたパンに炒めたキャベツ・薄揚げのカツにちょっと甘めのソース・もう完璧です!!

 

DSCN1373.jpg

 

いちかわとんかつ.jpgもちろんお店でいただくフラッグシップのとんかつ定食も最高です。

体重がなんだっ! とお思いの方「いち川」のフルコースご堪能してみて下さい。

  


                                                                                                                   
                                                   by水越

 

前回の休日はドライブがてらに家族そろって御殿場のアウトレットへ買い物に行ってきました。

家族と言っても「嫁さんと愛犬さくら!」

私45才、中年真っ盛り あちらこちらにガタきて、休みの日ぐらい「トド」に なりた~い 気持ちを抑え、うちのレディ達のために買い物です。

 

PC080009.jpgアウトレットに店舗は200近くありますが、うちのレディ達の目的の店は決まってます。
ペットショップとアウトドアショップ、この2件!

他に見る店ないのかー!! って感じになりますが、ここは大人な私、ニコニコしながらお付き合いです。


PC080024.jpg PC080018.jpg天気も良かったせいもあって富士山を見ながら、ゆっくりこの2軒の店だけでほぼ1日が・・・
午前中に1件見て、唯一私の楽しみ、ランチを「ガッツリいただき」、午後もう1件見て帰路に。

 

PC080007.jpg最近、日が短いので自宅に着くころには薄暗く、自宅にたどり着く車中と言えばお買い物にご満悦な、うちのレディ達は 「こっくり・こっくり」 ここでも大人の私、当然OKです。

来週こそは「トドになりた~い」

                                              by  山本

 

 

 

よくお客様との話の中で「伊豆は地震が多いからね」とか、
「最近はめっきり静かになったのでもう大丈夫かしら」と聞かれますが、

そんな質問を受けた時にかならず 「今、力をためていますから、もうじき大きな地震がきます。」なんて 冗談交じりにお話しています。

いずれにせよ伊豆は地震とは切っても切れない関係ですが、
ここ伊豆高原では震度1・2位では本当に気付かないぐらいしか揺れないなんですよ。

そんなことを証明するのにこの溶岩台地がどのようにできたのかを今日はお話ししたいと思います。

 この大地は約4000年前に大室山標高580mが噴火したことに始まり、大室山噴火は、伊豆半島の大地にさまざまな変化と恩恵を与えくれたと言われております。

 

oh-f03.jpg噴火のさなかに、大室山の北東側と南側のふもとの二カ所から大量の溶岩が流れ出し、これらの溶岩流は、谷間や盆地を埋め、噴火の前はデコボコだったはずの山地を、現在のような平坦な台地に変えてしまった。伊豆高原の誕生です。

 大室山から北に向かった溶岩流は、一碧湖(いっぺきこ)の西岸をかすめ、城山の南東で松川に流れ込んだ後、さらに北に1㎞ほど流れ、鎌田の近くまで達し、

 

大室山から一碧湖.jpg東に向かった溶岩流は現在の伊豆急行富戸駅付近から谷間を東に下って海に達し、海に張り出した扇状地を造りその扇状地の上につくられた町が、現在の富戸の街です。

南に向かった溶岩流は、鹿路庭(ろくろば)峠の東側にあった谷間の出口を塞いでしまい、川がせき止められて、一碧湖二個分くらいの広さの湖ができ、この湖はその後まわりの山から流れ出た土砂でじょじょに埋め立てられ盆地となった。この盆地が現在の「池」で、地名の由来は、かつてそこに湖あったからだそうです。

大室山の山頂から天城山方面を眺めると、大室山の溶岩が谷間をせき止めて盆地をつくった様子が、今でもはっきりとわかるんですよ。
 

南東に向かった溶岩流はもっとも量が多く、払(はらい)から八幡野にいたる4㎞ほどの範囲で海に流れ込み、かなりの面積の海を埋め立て、城ヶ崎海岸が造られたそうで、城ヶ崎海岸の遊歩道を歩くと、溶岩流が造った様々な地形や造形を観察することができますよ。
こんなお話をすると「大室山がまた噴火したら?」と聞かれますが、その答えは「その時は心中しましょう!」です。

DCP_5654.jpgこの大地に守られて私達は生活をしています。

残念ながら菜園にはあまり向きませんが、きっと来る大きな地震に備えてこの大地へお越しください。
                                                                                              

                                                                                                                            by 大内

 

 

今回は巷で話題の「珍魚」をご紹介します。

巷と言っても海の仲間ていどの狭~い 巷 なんですが・・・・・

 

untitled1.jpg untitled1.jpgこの ちっこくて かわいらしい魚?

「カエルアンコウ」って言うんですが、「アンコウ」は解るんですけど「カエル?」どこがって感じですよね。

全国的には珍魚扱いを受け特別待遇らしいですけど、

伊豆で潜るダイバーにとっては、いたってポピュラーな魚君です。

でも、カモフラージュ名人なので、慣れないとなかなか見つけ出すことができず、

           ある意味「匠の技」ってことですかね!  すいませ~ん自慢入ってますか?

 

 

kaeru03.jpg

 

kaeru02.jpgこの子は、伊東市川奈港からすぐの水深10mぐらいの砂地で見つけましたが、

このとうり海中でも目立つイエロー・周りと同化しにくいイエローで

本当に見つけるには ひと苦労 でした・・・・???

 どうでもいいことなんですが、頭の上にちょこんとのってる葉っぱ「ウミヒルモ」って言います。

海中にも、こんな葉っぱが生えているなんてビックリ、だって海藻ではなく「葉っぱ」ですよ~

 

この「カエルアンコウ」 実は本名は「ベニカエルアンコウ」って言います。

  えっ赤く無いじゃん?

そうなんです。紅って付くけど、紅だけじゃなく、ピンクや黄色・・・いろんなのがいるみたいですが、

私の「匠の技?」をもってしてもイエローしか発見していません。

 

伊豆の海には、まだまだ不思議な魚がたくさん居るらしいので、発見したらレポートします。                                                     

                                              

                                                  by 松井

 

お家のトラブルランキング!!

① 雨漏れ

② シロアリ

③ 傾き(地盤沈下等)

お客様が物件を見学し、購入のご検討する際に気になり、よく質問を受けるランキングです。

今回は第2位に輝いた写真では、ちょっとグロイですけど、白アリのお話をしたいと思います。

 

そこで、黒アリと白アリはどこが違うの? この疑問にお答えします。

 黒アリ→ 甘いものが好きで、屋外でも活動でき、ハチ目アリ科に属す。

○  白アリ→ 湿気た木が好き、☀の下では活動できず、シロアリ目ミゾガシラシロアリ科に属す。

と言われても解りませんよね? 確かに見かけは似ています。
 

黒アリは「黒く堅い皮膚のおおわれている」のに対し、

白アリは「働きアリは白くて柔らかい」という名前通りの決定的違いがあります。

ここで問題になるのが、羽の生えていないアリの形体なら「白いか」or「黒いか」で見れば解るけど、

羽アリの形体では「どちらも黒く見えるではないかっ!」とお怒りの方に朗報は下記に 


クロアリ.jpg

シロアリ.jpg

 

黒アリがこいつ ⇑                白アリがこいつ ⇑

 

そこで、羽アリの状態で、「黒アリ」or「白アリ」かを判別するためのプロフェショッナルな技をお教えします。

簡単です!  勘です。  って訳がなく、

 

「パッと見」で、  胴体がつに分かれて見えるのが「白アリ」

           胴体がつに分かれて見えるのが「黒アリ」

 

いちよう学術的な説明も入れときますが、なんでも簡単に考えるタイプな私、

 

お勧めは「パッと見」 これが基本です。      

 

触覚・胴体・羽で判別します。クロアリの触角はL字型であるのに対してシロアリの触角は直線的で数珠状です。また、クロアリの胴体にはくびれがあるのに対して、シロアリの胴体は寸胴です。また、クロアリの羽は前の羽が後ろの羽より大きくなっていますが、シロアリの羽は4枚とも同じくらいの大きさになっています。

 

羽がどうとか、触角どうとかより、やっぱり「パッと見」 !!


「胴体が2つ」 こいつはNGです。これだけは覚えといて下さい。

 

ハウスバスターズ隊長のアドバイス!!

白アリは硬い木を好んで食べません。雨漏れをしていていつも濡れているような状態の木部を好みますので、

雨漏れの早期発見もシロアリの予防に重要なんですよ。

アリを見るたびにビクビクするのではなくそういった日頃のメンテナンスを、

しっかりと行っておけば怖いことはありません。
                                       

                                             by 大内

 

 

 

師走に入り温かな伊豆も木枯しが吹いたりして冬らしくなってきました。

さっき、お昼を食べたと思ったらもう夕方です。

 

見て下さいこの見事な夕焼け!

 

思わず見とれているうちにあっという間に暗くなってきてあわててシャッターを切りました。

 

 

DSCF6457.jpg DSCF6456.jpg 

美しい山茶花の生垣を眺めながら歩いていたら、クンクン、とっても香ばしいにおいが漂ってきました。

どこかでたき火をしている 「におい」 です。

落ち葉を焼くとなんでこんなにいい 「におい」なんでしょう。

まるでお香を焚いているみたい!

誘われるように白い煙の先を探して歩いてゆくと、ありました、ありました。

「すみませーん、一緒にたき火していいですか?」

 

DSCF6464.jpg 

昔はどこでもたき火をしていたけど、

今は安全上の問題で見かけなくなりましたね。

火事になったら大変だからしょうがないけど少し淋しい気がします。

 

DSCF6484.jpg 

さざんか、さざんか咲いた道

たき火だたき火だ 落ち葉たき

あーたろうか、あたろうよ しもやけおててがもうかゆい。

 

子供の頃だれもがきっと一度は歌ったことがあるこの歌は

「たき火」という題名です。

そして この歌は1番~3番まであって、この詞は2番なんです!

さて、1番~3番までフルで歌えるかな?

 

 

 

                                                                                                                  by 吉岡

建物は地域により気候などにより、様々な特徴や建築使用がありますが、

今回は、「軒」のお話をしたいと思います。

 

伊豆高原は海から大室山に向かう暖傾斜地なので、

冬の季節や台風などで風が吹くと海から吹き上がって来ます。

そこで雨を伴う風は、なんと雨が下から上へと降ります。(雨が下から降る訳ないだろうっとお思いでしょうが?・・・)

こういう時に問題なのが 「軒」 です。

軒裏に風が吹き上げ強風だと、軒天井板を吹き飛ばし屋根裏に強風が勢いよく入り込み、屋根ごと吹き飛ばしてしまったり。

雨混じりの強風時は、思わぬ所から雨が入り雨漏れします。

そこで当社では、軒天井・鼻隠し(破風板)までモルタル等で職人さんに塗って仕上げてもらいます。

こうすると事で、たくさんのメリットが有ります。

① 風邪対策

② 風雨による木材等の劣化や腐食防止(これが雨漏りの原因になります)

③ よけいな雨押え等の板金仕事がなくなる

④ キツツキ対策(伊豆高原にはかなりいます)

PB220065.jpg IMGP1516.jpg DSC05743.jpg

                 このように劣化や破損が生じます。

P1010517.jpg

 

           左官仕事で塗りあげた軒天井がこれ 

 

 

伊豆高原で建築される場合や、物件見学する時はこのようなポイントに注意ですよ!!

 

※ 強風雨の時に伊豆高原にお越しになったらは下向きで・・・・・

 

                                              by 山崎

                                         

 

先日、友達から結婚祝いをいただきました(*^_^*)

                             ラッシュの袋です。
                                            クリスマス仕様*.・゜*・。*。・゜

 

1.jpg                                      ワクワク(・∀・)♪♪

                                                     箱もクリスマス仕様!
                                                                                        可愛い~☆

 

2.jpg                                                    いざOPEN!!

            ラッシュなので、もちろん石鹸と入浴剤の詰合わせです♪

 

3.jpg                                                               
                         (実は写真を撮る前日に1個使用してしまいました(・_・;) )

                  

                   どれもいい匂い(* ̄∀ ̄*)

                                  

                  その証拠にこんな紙が入っています(笑)
                                                               ↓

5.jpg私の好きな「みつばちマーチ」という、保湿成分のある甘い香りの石鹸も入ってました(>∀<)

                    さあ、今日は「泡風呂」にチャレンジです☆

                                                            このクッキーのような物が「モト」です。

 

6.jpg          (ちなみに写真の手は旦那様の手です。私の手はこんなにゴツくありません(笑) )


                    匂いも本物のクッキーみたいで、食べちゃいたくなります。

                                            取説によると、細かく砕いて勢い良くお湯を注ぐとありました。


7.jpg                         またしても急がす旦那様のおかげでブレてますが...(汗)

                                                      準備完了!

                                            いざ、お湯を入れます。

                                              少し泡立ってきた~

 

8.jpg                                   あとはできあがりを待つだけ☆

                      お風呂が溜まるとお知らせのブザーが鳴り、見に行ってみると...

                                                 泡立ってる~!!

 

9.jpg                                  泡に凄く弾力があって潰れない!!

                                        楽しーい(゜∀゜)!!
                  

                   泡の感触が気持ち良くて、とても素敵なバスタイムになりました(*^-^*)

                   この泡風呂、旦那様も凄くお気に入りのご様子。

                   今度お店のある所に出かけたら絶対買おうと言っていました(笑)

                   寒い季節はゆっくりお風呂に浸かるのがイイですね♪

  

     みなさんも色々な入浴剤を試して、ハッピーなバスタイムをお楽しみください。

 

   ※ プレゼントはいつでもお受け取りしますので、結婚したんだ~って人がいらっしゃい  ましたら、

   どしどし送るなり ご持参いただくなり お待ちしていま~す。

                                    

                                          by  永田 (旧 高橋)

 

 

 


 

 

伊東市街地の中に、キネマ通りという昭和テイストのアーケード街があります。

昭和の映画に出てきそうな、シャビーな雰囲気に哀愁を感じ、休日によくこのキネマ通りに足を運ぶのですが、

その理由はこのキネマ通りの中に行きつけの名店があるからです。

 

DSCN1316.jpgお店は喫茶店 「わかば」 名物はソフトクリームとホットケーキ。

 

家では決して作ることのできない、このふんわりとした温かい味にすっかりとはまってしまい、デイオフの日には息抜きに、家族揃ってよく足を運ぶのです。

 

そしてきまって頼むのは、「スペシャルホットケーキ!」

 

DSCN1324.jpg

 

DSCN1326.jpgふわふわのホットケーキ・手作りソフトクリーム・プリン・とこの店の美味しいものが大皿に満載、当然すべてが手作り!

トッピングもゴージャスでボリューム満点! お昼ごはん換わりにいただきます。

 

DSCN1328.jpg

 

常連のあかしか? 今回は店員さんのサービスで、我が娘のためにかわいい「クマさんホットケーキ」を作ってくれました。心温まるサービスにも感激です!

 

スィーツ好きの方、「わかば」 いいですよー!!  

                                                bY 水越

 

 

                                   

 

伊豆高原はナラの木・クヌギの木などの落葉樹が多く生育し、夏には日除けになり、緑の葉も柔らかい感じで高原らしい雰囲気をかもしだしてくれて、私も大好きなのですが問題はこの季節の落ち葉です。

この落ち葉、堆肥を作ったりで使いみちもあるのですが、雨どいに詰まる落ち葉には悩まされるところです。


IMG_0002.jpg IMG_0003.jpg

 

その対応として最初から雨どいを付けないお家が増えております。

でも雨どいを付けないと雨水によって建物が汚れたり、詰まった雨どいからつたる雨水で建物を痛めたり、お庭に雨水の自然の側溝できてしまったりで、マイナスな問題もあります。

そこで「犬走り」をお勧めしています。

 

伊豆高原のお家は建物の外周部や軒下を、約1m位の幅で取りまくように赤採石などで敷きつめていますが、京都などの数寄屋造りのお家なんかでは縁切りに瓦を用いたりしていますよね。

 

21-06-12 129.jpg IMG_0786.jpg

 

犬走りを設けることによって、ただ雨水を避けるだけではなく、湿気対策や多少の防虫対策にもなったり、

その上を歩くと足音もするので防犯にも役立つんですよ!

 

※ 皆様、雨どいのお掃除をする際はご注意ください。ちなみに私は高所恐怖症なので、できませんが・・・・

                                                    by 大内

 

 

今年の我が家のクリスマスはハンドメイドで揃えます。

クリスマスといえば

もみの木 ・ ケーキ ・ イルミネーション ・ 七面鳥 ・ サンタ ・ といろいろ揃えなければならない

ものがありますが、一番大事なもの忘れていますよ、皆様!

 

そうです、柊(ヒイラギ)です。

なぜ一番大事かと・・・? 

それは我が家のに10年目にしてやっと赤い実が付いたからです。


PC010177.jpg

 

もともと10㎝位の苗を買ってきて植え、丹精込めて育て今では1m以上にまでリッパに育ちましたと言いたいのですが、この柊、実が生るまでの10年間といえば、近くを歩き触れれば痛いし、見た目も赤い実が付いてなければ観賞に耐えずで、たいして大事にもされずどちらかといえば 見捨てられっ木 みたいに粗末に扱われ、いつ処分してやろうかと思案の日々でしたが、これでやっと庭木の仲間入りです。


PC010165.jpg 

この西洋柊3m位の高さまで成長するみたいですが、そこまでの活躍は望んでおらず、人に危害を与えない程度で、どちらかといえば、今までどうりひっそりとしていてもらえれば、我が家ではけっこうなのですが・・・?


北欧では、柊は王冠の印にも使われ国王を象徴する樹木とされているそうです。

クリスマスに教会で飾られた柊を持ち帰って自分の部屋に飾ると、その部屋の主は翌年幸せで清らかになるといわれているそうで、さっそく私、欲張りですから家中 柊 だらけにしています。

                                              by 山本

 

 

 

 

 

これから「伊豆暮らし」を始める、お客様が要望する条件 ランキング!

第1位  家庭菜園ができる広~い庭

第2位  温泉と温泉情緒があるお風呂

第3位  海の眺望

 

今回はこの中で第2位に輝いた「お風呂」の話を、少し強引ではありますがしたいと思います。

 

具体的にどんな感じの「お風呂」をお客様がイメージされているのか?

①温泉なんだから、やっぱり石風呂 (男性)

②おしゃれで清潔感のあるタイル張りで、ホーローの浴槽 (特に女性)

③窓さえあればユニットバス

 

xk_005.jpg

5.jpg

nh200906_021.jpg

 

ここで共通するポイントは、開放的であること。

「景色とか庭などを見ながらゆっくりとお風呂に入りたい」とよく聞きます。

 

営業マン・「お探しのご条件をお聞かせ下さい」  お客様・「温泉とお風呂」

そこで一歩話を進めて、「どんな感じのお風呂がよろしいですか?」 と伺ったまではよいのですが・・・

 

ここからが営業マンは大変です? なにが大変かって?

 

そうです! ご夫婦の意見調整と定年後の家庭内の権力闘争です。

※ 石風呂はお掃除が大変でしょ誰が掃除をするの!

※ 石のお風呂は冷たいしなんとなく清潔感がないでしょ、素肌に石が触れるのはイヤッ!

※ タイルだって目地に汚れが付くだろ!

 

とかで、こちらを立てればあちらが立たずで、ここで営業マン、肌で感じる「風見鶏」って感じで対応します。

 

でも、「伊豆暮らし」とは切っても切り離せないのが「お風呂」です。

 

特にこれからの季節、家庭菜園で作っている野菜のことや暖炉の薪のことなどを、

考えながらゆっくりと癒しむ「お風呂」は最高です。

 

うちの営業マンは「お風呂」と「家庭内の権力闘争」のプロフェッショナルですから、ご気軽にご相談下さい。

                                                    by 山崎

 

東京生まれの東京育ち、三味線の革張り職人を祖父にもつ、大正13年生まれの母は伊東で暮らすようになって早10年。

近頃では耳には補聴器、歩くのには手押し車が必需品となり、足を思うように動かすことができなくなってきたため、今では何年も織りつづけてきた"はた織り機"も部屋の隅で、織りかけのまま、ぽつんと置かれています。

 

DSC08242.jpg

 

でも、まだまだ86歳になった今でも、母の1週間のスケジュールといえば、
俳句・ハーモニカ・点字・習字・パッチワーク・絵手紙・こんな感じで、
ともかくハードにカレンダーがぎっしりなのです。

 

DSC08246.jpg

 

DSC08249.jpg

 

先月には、伊東市で開催された「伊東市諏訪市姉妹都市交換文芸作品展」で俳句部門文化協会賞をいただきました。

 

DSC08089.jpg「サングラス夫を偲びてかけてみる」娘ながらに、なかなか良いできだと思いますが?

「学ぶことへの向上心をいつまでも持ち続けることが長生きの秘訣」と母は言いますが、休日は母の向上心のため、私は休日返上で運転手をしています。

 

ここで一句! 「休日は家事をすておき運転手」

 

DSC08252.jpgちなみに母の日課は「数プレ」を一問解くことなのです。

 

                                  by 鷲塚

 

この前おやつに、うちのボスが買ってきてくれたお饅頭が忘れられず
休日に伊東まで思わず買いにいっちゃいました。!

この店、伊東駅の目の前にある、「みその」という小さなお饅頭屋さんで、僕もこのお店は駅前にありますから知っていましたが、よくあるただのお土産屋さんかと思っていたので、「あの店~?」ちょっとビックリ。

 

DSCN1302.jpg

 

DSCN1303.jpg

 

ところがこの "揚げまんじゅう" ときたら、かなりのやり手です。

どこが凄いかって、かりん糖のようにガリッと揚がった生地に、甘さ控えめのあんこがぎっしり。

 

 

DSCN1337.jpg「お饅頭」の概念をくつがえすものです。!!

これが食べ始めたら止まらない・・・甘等の僕はいっきに3個を「ぺろ」っと、ん~ まだいけます。

でも、家族の視線が気になりガマンです。

 

伊東駅の交番の目の前にありますので、皆様もこの"揚げ饅頭"一度、試してみて下さい。
止みつきになりますよ~!!

次回もおいしいネタをお届けします。 By 水越

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog