伊豆高原スタイル!

建物は地域により気候などにより、様々な特徴や建築使用がありますが、

今回は、「軒」のお話をしたいと思います。

 

伊豆高原は海から大室山に向かう暖傾斜地なので、

冬の季節や台風などで風が吹くと海から吹き上がって来ます。

そこで雨を伴う風は、なんと雨が下から上へと降ります。(雨が下から降る訳ないだろうっとお思いでしょうが?・・・)

こういう時に問題なのが 「軒」 です。

軒裏に風が吹き上げ強風だと、軒天井板を吹き飛ばし屋根裏に強風が勢いよく入り込み、屋根ごと吹き飛ばしてしまったり。

雨混じりの強風時は、思わぬ所から雨が入り雨漏れします。

そこで当社では、軒天井・鼻隠し(破風板)までモルタル等で職人さんに塗って仕上げてもらいます。

こうすると事で、たくさんのメリットが有ります。

① 風邪対策

② 風雨による木材等の劣化や腐食防止(これが雨漏りの原因になります)

③ よけいな雨押え等の板金仕事がなくなる

④ キツツキ対策(伊豆高原にはかなりいます)

PB220065.jpg IMGP1516.jpg DSC05743.jpg

                 このように劣化や破損が生じます。

P1010517.jpg

 

           左官仕事で塗りあげた軒天井がこれ 

 

 

伊豆高原で建築される場合や、物件見学する時はこのようなポイントに注意ですよ!!

 

※ 強風雨の時に伊豆高原にお越しになったらは下向きで・・・・・

 

                                              by 山崎

                                         

次の記事 : 初冬の夕暮れ  前の記事 : うれし~い 楽しい~ ♪ ♪ ♪

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog