按針祭の花火 大~好き!

 

伊東の8月10日は「按針祭」の海上花火大会!

10日が会社の定休日(水曜日)にあたるのは数年に一度なわけで、今年は嬉しくって気合い入りまくりです。

まずは5時ころに浜に行って場所取り、ブルーシートを敷いて、捲れたり、飛ばされたりしないようにスーパーの袋に砂浜の砂を詰めて重しにします。

開始30分前には缶ビールと枝豆 たこ焼きなんかを買いそろえ準備は上々。

見上げる夜空は月と星が瞬く 快晴。 風は海から陸に向かって程よく吹いていて今年は花火を見るのには最高のコンディション!

沖にはセレブの豪華客船・芸者さんをのせたお座敷船・花火見物用の小船などがいっぱい並んでいます。

(嬉しくって笑いが止まらない私です。)


さあ、お待ちかねの午後8時。オープニングのカウントダウンの始まりです。

浜辺に集まった花火見物のみんなも大声で  5・4・3・2・1!

ボシュッ、ボシュッ、と点火発射音が聞こえたかと思った瞬間 パーンと夜空には大輪の花火!

きゃーきれ~い!みんなの目が花火マーク化しています。

松原離岸堤、なぎさ堤防、新井堤防の3か所から交互にまたは同時にがんがん打ち上がります。

DSCF9797.jpg初めて体験する観光客の人々の声を聞くのがこれまためっちゃ面白い。

やばい、やばいちょとちょーやばいかも  と「やばい」を連発するギャル系から、マジかよ、と呟きながら携帯で撮影しまくるおたく系男子グループ、こわい~と泣き出すよちよち系・・・。 

ベードラのような炸裂音が興奮の10号玉、8号玉に続いて、花火の中から花火が湧き出てくる迫力のスターマインに 指笛や拍手が巻き起こります。

あたりは火薬の匂いがたちこめて 降り注ぐ花火の燃えカスが目の前の波際に落ちて来ます。

この迫力、この臨場感! これだから、海で観る「按針祭」の花火はやめられません。

 

DSCF9799.jpg

 

DSCF9800.jpg東京の友人はすっかりはまってしまって仕事そっちのけで毎年来るのですが、やっぱりいいよね~ を連発。

隅田川の花火より絶対いい!と言っています。

今年も「按針祭」の花火をみんなで観ることができてしあわせな私です。

神様  あ・り・が・と・う!
                                                   by吉岡

次の記事 : 木曽路!  前の記事 : 蕎麦!

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog