お参り!



住み慣れた名古屋を離れるときに母親に、「神棚をもうけて毎月・1日と15日には榊を変えるように」と言われ、
こちらに来てから言われるままに榊を交換してきましたが、と言っても妻がやってくれていました。

そして前回の休日は、たまたま1日ということで池地区にある「山神社」へお参りに行ってきました。

この神社はなんだか行くとすっきりするというか、空気がとても澄んでいるような気がします。
手水舎では伊東で一番美味しいといわれる池の水が湧き出ています。



20120203_DSC_0112.jpg

神棚は1日と15日に榊を取り替える習わしになっているそうで、
調べてみると日本は太陰暦から太陽暦に変わった後、満月か新月の日に近い、1日と15日に榊を替える日になったという事ですが、両親からなんとなくその日に変えるものだと教わってきただけなので、こうしてその意味を知るとお参りも真面目にやらなくてはと思います。

この「山神社」の境内には結構大きな幹の木もあり歴史を感じます。
池の田畑は昔、広大な湿地だったそうで大雨のごとに水害にあい苦しんでいたようですが、安政の頃から水路の整備に着手し、明治三十四年に完成。今のような田畑が広がり山を望むのどかな風景が出来上がったのはその頃からでしょうか。

そして境内には二社ありすぐ手前が「阿夫利神社」左奥が「子の神・第六天」となっています。「阿夫利」とは「雨降り」の意味があり水害対しての神様でしょうか。ちなみに「第六天」は夫婦和合、縁結びの神さまのようですね。
これもまた知らずにお参りしていたわけですが。


20120203_DSC_0103.jpg

こうして辿っていくと、自分の生活の中に息づいているものにはちゃんと意味がある様で面白くなってきます。
今夜あたりから柳田國男先生の遠野物語でも読み耽ってみようかという気になりますね!

                                                   by竹内

次の記事 : 伊東マリンタウン「シーサイドスパ」  前の記事 : 最低気温更新しました!

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog