2012年3月アーカイブ



伊豆高原も染井吉野の開花より一足早く咲く大寒桜のお花見のお客様が続々と増えてきました。
休日にわたしもお花見してきました。

豆高原駅の周辺の大寒桜です。

ちょうど満開から少し花びらが散り始めている様子は一番きれいです。

yamaguchi_20120331_001.jpg
yamaguchi_20120331_002.jpg

一昨日、昨日と気温は15℃を超え、日なたでは20℃近く感じるほど暖かな陽気でした。
これによって桜並木の染井吉野のつぼみも赤みをぐっと増し膨らみ一気に咲きそろってくる気配を感じます。

yamaguchi_20120331_003.jpg


先日、お客様に「良い環境の場所でお仕事ができて幸せね」と声をかけていただきました。
本当にそう実感しています。

会社から見えるつぼみを毎日眺めながら満開を待ち望み、伊豆高原の春を楽しみます。




by山口

 

いや~ 今日の風と雨は凄かったですね。

春一番とか・春の嵐とかいいますがそれにしても凄かった! 

来るぞ来るぞとニュースで伝える台風なんかよりよっぽど凄かったですね。

でも、伊豆高原の桜にとっては不幸中の幸い、開花もしていないので散ることもなくすみ、低気圧の影響か気温も高くなり一気に開花に向けて準備が整ったようで、蕾が膨らみ桜並木がうっすらとピンク色になりました。

明日には一段と開花が進み並木が桜色になりそう、「伊豆高原の桜」来週末あたりが満開の見頃を向えそうです。

皆さん、来週は伊豆高原の春を満喫しにいらっしゃいませんか?

 

今日の桜並木はこちら 

 

IMG_0344.jpg

IMG_0350.jpg IMG_0349.jpg

                                                     by山﨑


お客様からさしいれで、ご両親の健康を気遣いお嬢様が手作りした、ノンバターそして天然酵母を使ったオレンジピール入りのパンそれからドライフルーツがたっぷり入ったベーグルをお裾分けでいただきました。

お客様から「バターを使ってないので早めに召し上がって下さい。硬くなっちゃうから」っと忠告を受けましたが、でもうちのパワー系の営業マン達には心配いりません。

出かけていた私が戻り、お客様にお礼の電話をしている間には早々とスタンバイOK!!

電話を切るや否やに「社長はどれを食べますか?」っと、お皿とコーヒーがセットで運ばれてきました。

かなりたくさん焼いてきて下さったのですが、ただひたすら「おいしい」を連発しながらアッという間に完食しました。
喉に詰らせるわけでもなく、ただモクモクと食べいましたが、きっと彼らなりに味わっていただいたものと信じておりますが?

rtyunbggyh (1).jpg
rtyunbggyh (2).jpg
私は大好きなオレンジピールのパンを食べましたが、これっほんとうに美味しい! モチモチ感がたまりません。
大人な社長私46才、自宅に持って帰り「エシレバター」でもちょいとつけてもう一度味あわせていただこうと思っております。 (すいません不健康にバターつけちゃって。)

優しさこもった「パン」有難うございました。

それから見たこともないオシャレなお菓子もいただいちゃいました。  
なんでもわざわざお取り寄せいただいた「Maison de Reve・メゾン ド レーヴ」のお菓子!
こちらは明日のおやつに楽しみ取っときました。

rtyunbggyh (3).jpg

                                                       by山崎

 

 

私めったに料理はしませんが、こういう便利なキッチンアイテム見ると使わなくてもつい欲しくなります。

写真を見てのとおりの便利アイテム。

 

泡1.jpg

 

泡2.jpg

 

 

泡3.jpg

従来の「泡立て器」は茶筅(ちゃせん)状の形のせいで非常に洗いにくい「泡立て器」。

クォン・ハンソル(Kwon Hansol)さんデザインの泡立て器『Divisible』は、真ん中からパックリ2つに分かれるのでお掃除がほんとうにに簡単。

こちらのアイテムは、なんと手元で二つに分かれワイヤー部分を真っ直ぐに伸ばすことで、洗いやすくできる仕組みになっています。
洗って水分を取ったら、捻ってくっつけるだけ。これは衛生的だしスマートでいいですね。

Red Dotデザインアワードの入賞作品で、今はまだコンセプトデザイン。商品化されるのを期待します。

なんか、私って「ジャパネット・タカダ」みたいですか・・・?

 

                                                by石井

 

 



さまざまの こと思ひ出す 桜かな

松尾 芭蕉


本日3月27日は「さくらの日」です。

日本さくらの会が1992年に制定したもので、「3×9(さくら)=27」という語呂合わせと、二十四節気・春分のひとつ「桜始開(さくらはじめてひらく)」が重なる時期であることから3月27日になりました。

伊豆高原の桜並木の桜はまだつぼみですが、一昨日くらいから頭のあたりがピンク色になってきました。
今にも咲きそうですね。

20120327_takeuchi_001DSC_0548.jpg




桜の開花予想が静岡3月24日、横浜3月31日なので真ん中の伊豆もそろそろかなーと思いつつ、メープル満開速報(社長)では4月10日が満開と予想!

ちなみにこちらが昨年4月8日の桜並木です。

1569.jpg

そしてこちらが本日の桜並木。

20120327_takeuchi_002DSC_0574.jpg



桜のトンネルが見られるまで、あと少しですね!
待ち遠しい!


詳しい開花時期などは
伊東市・伊東観光協会さんのHPでも見られますよ!


                                 by竹内



 

もうじき桜も開花し、目の前の桜並木の交通量と人出が1年を通し一番多くなる時期に備え、

「コーカエン」さんに桜並木の桜に負けない花壇を作って下さい。っとお願いして花壇の植替えをしてただきました。

っといっても何でも自分で決めないと気が済まない私46才、まずは花選びの為に昨日「コーカエン」さんに出かけたものの、あーでもない・こーでもないとなかなか決められずお店の前の歩道が露天市状態にっ!

 

ko-kaenn  (2).jpg

 

そして選び抜かれた花たちは「イベリス」・「マーガレット」・「ネモフィラ」・「ミントブッシュ」。

このなかのお気に入りは「黒いネモフィラ」、小さいけれど自己主張が強くワガママそうなところが気に入っています。!

       

イベリス.jpg

                      イベリス 

ko-kaenn  (4).jpg

                      マーガレット 

ネモフィラ.jpg

                       ネモフィラ 

ミントブッシュ.jpg

                     ミントブッシュ 

 

花のことはよく分かりませんが、女性を花に例えてみるのも良いかもしれませんね?

貴方の周りに「アゼミ」のような方はいらっしゃいませんか?

ちなみに我が奥方は「ポピー」かなっ・・・?!

 

                 

 

                 そして完成した花壇はこちら ↓

 

 

 

ko-kaenn  (5).jpg

 

                                                       by山崎

 

 

今日は『自然と共に快適に暮らしたい』というご希望から、家を建てられたお客様のご紹介です。

建築にあたり海がよく見えることと、遮蔽物をもうけずにプライベート感を確保したいといったコンセプトのもとに設計し建築された建物は、大きな開口部を確保しリビングから遮るものがなく海が見え、そしてプライベート感たっぷりのお家が完成します。

 

 

外観.jpg

大開口部と自然.jpg

 

それからこのお家はデザイン性だけでなく機能性も充実させた凄いお家で、私は見るも聞くのも初めてでしたが、「OMソーラーという床暖房システム」を使ったエコハウスでもあります。

そのシステムを簡単に説明すると、太陽光発電と違い太陽の熱エネルギーを直接利用した
空気集熱式の床暖房システムということです。(一夜漬けの知識ですが)


 

この屋根のパネルから太陽の力を受けているんですね。

屋根集熱パネル.jpg

そしてこのダクトを使って室内に暖かい空気を送ります。

内観の立ち下がりダクト.jpg


最近ではこういった取り組みを『パッシブデザイン』といいますが、パッシブデザインとは、エアコンなどの機器を出来るだけ使わず、「自然にあるもの」によって、快適な暮らしをしようとする思想・設計手法のことをいうんです。


例えば、エアコンを使わなければ、電気を使わない。
だから、CO2の排出量が減り、省エネになるといった感じです。
また、太陽の光、熱、そして風を生かすことで、地球にやさしく、そして健康的な生活を送れるような気がしますよね。

こういった拘りを採用することは、コストも掛かりなかなかできないことだと思いますが、見えないところにコストを掛けて建築された、とっても贅沢な建物に感動しました。
                                                 by大内

 

3年半ほど前に伊豆へお引越しをされたお客様より、2012の美味しいオリーブオイルをいただきました。
奥様はキュート系の美人な日本人・ご主人様は陽気な本場チョイワル系でカッコ良い
イタリア人・とっても素敵なご夫婦です。(雑誌に出てきそうなご夫妻なんです)

ご主人様の故郷はオリーブオイルとワインで名高いウンブリア地方というところにあるそうで、なんとお家に広いオリーブ畑があるそうです。

1790年から続いている畑で採れたオリーブオイルは、母国でも市場には出回らないらしいですが、定年後のお住まいは日本がベースとのこともあり、大好きな日本にこの美味しさを伝えたいという想いから、昨年度インターネットショップをスタート。

 

オリーブオイル (3).jpg

オリーブオイル (4).jpg

オリーブオイル (1).jpg

今年いただいたオイルは「Olio Novello・オーリオノベッロ」という完熟搾りたての少し青臭い感じの残るフレッシュタイプ、味は言うまでもなく「ボ~ノッ!!」です。

その他「Olio Oro オーリオオーロ(黄金油)」と呼ばれる、伝統的な製法で搾油後タンクに貯蔵休眠させてからボトリングしたタイプ、絞たてのものよりも寝かせているので味わいが深くまろやかな感じで、どちらも美味ですがお好み次第だと思います。

私のお勧めは、オリーブオイルと塩をパンにつけて食べる、シンプルですが香りがよく分かり美味しくいただけます。これにプロシュートとブリーもつければ私の最後の晩餐メニューです。

日本ではなかなか手に入らないこのオリーブオイル、是非皆様も機会がございましたらお試し下さい。

 

詳しくは VILLA MATTICARI (ヴィラ・マッティカーリ)をご覧下さい。

   http://www.villamatticari.com/profilo.html                                                                                                                                               




都内に勤めていた頃、女性同士でも気軽に入れるトラットリアを探しては寄って帰宅するのが楽しみでした。
伊豆高原に戻り暮らし始めてからは、休みの日に近くのお店でランチをするのがしあわせです。


20120323_blog_yamaguchi_001.jpg

ここは、桜並木通りにあるお店です。
石窯で焼いた香ばしく大きな本格ピッツァがおいしく、1000円のランチセットでいただけました。
この日はシェアするつもりでパスタのセットと、ピッツァのセットの両方を注文しました。
お店で一番人気のマルゲリータ。ルッコラとたまごとサラミの乗ったピッツァ。
そして魚介のパスタです。


20120323_blog_yamaguchi_002.jpg


前菜はサラダか温野菜を選べます。
どれもおいしく、焼き立てで温かいうちに全部食べてしまいました。

20120323_blog_yamaguchi_003.jpg



内装も黄色を基調にかわいく、
お庭には童話に出てきそうな小屋が♪



20120323_blog_yamaguchi_004.jpg


お花見にお出かけの際、お昼のお食事を考え中の方は行ってみてくださいね。


                                           by山口





 

人にはいろいろな拘りってあると思いますが、私46才、かなりの「照明」と「タイル」のフェチです。

どちらも建物を造る際の 「塩梅」 のようなもので、建物を最終的にまとめるアクセントで重要な要素だと思います。

そこで今日はタイル編をお届けします。

最近は安価な輸入タイルメーカーもたくさん有りますが、私は品質と安定していて安心に使える国産メーカーの「名古屋モザイク」や「平田タイル」をよく好んで使います。

 

IMG_4586.jpg

tairu (1).jpg

tairu (3).jpg

tairu (6).jpg

タイルの使い方は必然で使う場合とアクセントに使う場合がありますが、どちらにしても少ない面積でもかなりの存在感があり、その空間の雰囲気をガラッと変えてしまいます。

かといって無難なものを選んでしまうのつまらないし、いつもこの辺が悩むところでもあり、出来上がりを予想し楽しいところでもあります。

意外と小予算で楽しめて、存在感のあるタイル使い、皆さまも試してみては如何ですか!


                                                by山崎

 

 

この時期の話題といえば「桜」が中心ですが、私46才、脇役になりがちな「雪柳」が大好きです。

会社の庭先や駐車場に植えてありますが、このユキヤナギは開花時期がほぼ桜と重なり、そして桜と同様に開花している期間も短く、どうしても主役の桜に話題をさらわれてしまいます。

毎年ユキヤナギが若干先行して満開を向えて桜が追随し満開を向えるパターン。

ユキヤナギが主役を張れるのは桜が開花するまでの約10日間ぐらいでしょうか?

2012年・春・我が社のユキヤナギが開花し始めました!

皆さん今年は桜を楽しむ時には名脇役である華麗なユキヤナギにも注目を!!

 

 

IMG_0259.jpg

IMG_0260.jpg

                                                       by山崎

 

 

「空」

空と一言でいっても、色がいろいろと分類され紫色といっても藤紫・藤納戸・藤色とかあるように、実は空にもたくさんの名前が付いています。
こうして何気なく見ている空でも昔誰かが付けた名前があり、高校生の頃は「空の名前」などの専門書籍(?)を読んで少しその分野の幅を広げてはいたのですが、悲しかな今ではもう全く覚えていません!

最近になり昔読んだこの本のことを急に思いだし、又、空を見上げることが多くなりました。
私はどちらかといえば夕方から夜にかけての空が好きです。

こちらは先日東京へ行った帰りの東名高速道路の港北IC付近です。

20120319_takeuchi_01.jpg

 

次に会社の第二駐車場から3時のおやつを買ってきた帰りに。


20120319_takeuchi_02.jpg

 

そして、こちらも同じく会社の駐車場からです。

 

20120319_takeuchi_03.jpg

 

最近の携帯電話(スマートフォン)でもカメラ並みの解像度があり綺麗に写せますね。
またこれから桜の季節が到来するので、もっともっと素敵な写真が撮れるのではないかと期待しております。
オススメは伊豆高原の「ホテル伊豆高原」から「野坂オートマタ美術館」への下り坂で、午後5時15分頃ですね。
桜の薄紅色と暮れかけた空の薄紫色とライトアップされたお店のオレンジ色が混ざりあって、とてもいい感じです!

 


「空の名前」高橋 健司 (著)
http://www.amazon.co.jp/%E7%A9%BA%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E5%81%A5%E5%8F%B8/dp/4048836005

 

                                                                                                                        竹内

 

先日の休日は結婚記念日ということあり妻と久しぶりに二人きりでラブラブに過ごしてきました。
「たまにはゆっくりと時間を楽しもう!」という二人の意見が一致し、あまり遠出はせず近くでマッタリとロマンチックに過ごせるところと思案し、
一碧湖の近くに在る「池田20世紀美術館」に決め出かけてみました

 

IMG_0342.jpg

IMG_0351.jpg

こちらの美術館、当然建物自体もアートにデザインされた作品、彫刻家「井上武吉氏」の設計で、展示館外壁は日本で初めて採用したステンレス・スチール張りとか。
天井からは自然採光をとり入れ、入口から出口まで有機的に連なるユニークな空間造形となっています。

展示作品はルノアールなどの印象派からアンディウォーホルなどの現代美術の画家まで幅広く展示されていますが、「ピカソ・シャガール・ミロ」などのエコール・ド・パリ派の画家の作品が多いようです。

 

IMG_0343.jpg

IMG_0345.jpg

IMG_0339.jpg

そして、もちろん伊豆高原を代表する重岡先生の彫刻も展示されています。(我が社にも木彫の作品があります。)
美術には無知な自分でもしっている画家たちの作品が展示してあり、改めてこんな近くでこんな作品を楽しむことが出来ることに感動しました。

ちなみに、美術に関するウンチクは社長からの一夜漬け、ときより間違うも妻をガイドしながら、ゆっくりと「池田20世紀美術館」を楽しみました。


ぜひ、ご伊豆へ来られた際には立ち寄ってみて下さい。


                                             by大内

 

住宅の中で欠かせないモノ、普段あまり目立ちませんが、これの位置によって部屋の使い勝手が左右されたりと重要なポイントであるコンセントの話題。

いま世間では新しいiPadが騒がれていますが、このところスマートフォンにしろ、タブレットにしろ、USB充電が基本という電子機器が身の回りに増えてきたと思いませんか? 

旅先や外出時などパソコンを使える環境にない時、それからいつもパソコンを使っているわけではないですし、USBポートからしかチャージできない状況は多々あります。

そんなふびん思いを手軽にかなえてくれる便利な変換コンセント「USB Wall Plate Charger」が登場。
といっても海外でのことで、日本ではこの製品は使えません。

 

コンセント3.jpg

コンセント4.jpg

 

落ち着いたホワイトデザインで、USB充電対応製品を2台同時にチャージできちゃいます。各部屋のコンセントが、もう標準でこういう仕様になってもいいのではって思う人も少なくないと思います。

 ちなみに「USB Wall Plate Charger」は、それほど目立つ革新的な製品ではないものの、皆のニーズを満たしてくれるコンセプトが評価され、CES 2012におき、見事に「Best of Innovations」の優秀製品に選出されたそうです。


日本国内でも早く発売してほしいものですが・・・・!

                                                   by石井


伊東市内にある老舗の製菓店のご紹介です。
明治38年(1904年)に創業し、今年で108年目を迎える長老的なお店だそうで、
和菓子を中心としたお菓子造りで、大福もなかなかのお味で良く買うのですが、今回のお勧めは物のどら焼きです。

20120316_mz_blog_001.jpg


20120316_mz_blog_002.jpg
使用されているアンコは北海道産100%の小豆から作られており、上質のビート糖を使い昔ながらの製法で仕上げられており、粒あんとこしあんの中間位の食感が楽しめます。

生地ももちろん手焼きで作っておいるそうで、この手作り感がなんとも言えません。

私のお勧めの食べ方はアンコと生地の間にバターをサンドイッチすることです。
アンコとバターの相性も絶妙で、おいしさ倍増間違いなし!
某老舗のバタどらの真似になってしまいますが、本当においしいので、是非皆さまもお試し下さい。



20120316_mz_blog_003.jpg
20120316_mz_blog_004.jpg
文寿堂菓子店
〒414-0004 伊東市猪戸1丁目2-3
0557-37-3293


                                            by 水越

 

 

河津桜も見ごろを迎え、次はいよいよ伊豆高原や伊東市内の桜が主役となる時期がやってきます。

春に伊東へお出かけの際にはぜひ立寄ってほしい場所です。

 

小室山.jpg

小室山公園 つつじ.jpg

小室山つばき園2.jpg

5月つつじの様子.jpg

小室山公園はつい最近までつばき鑑賞会が開催されていました。ブログでお伝えできていればよかったのですが、ここには約一千種四千本のつばきが植栽されており十月から四月頃まで鑑賞することができます。規模、種類、木の大きさでは日本一の椿園といわれています。

そしてちょうどゴールデンウィークのころには、
つつじが満開になります。一面ピンク色に覆われとてもきれいです。

松川 東海館.jpg

 

伊東市街の中央を流れる松川沿いは約1.5キロの敷石の遊歩道があり、温泉町の情緒を楽しみながら散策できます。
川沿いに咲く桜はとてもきれいです。 
3月17日(土)~4月8日(日)まで夜はライトアップもされるのでお出かけしてみてください。

今年は例年以上に寒い冬でしたので、暖かい春が楽しみですね。

                                                   by山口

 





今回は伊豆高原を少し離れ、市内にあるお菓子工房・フランス家庭料理「Arpege・アルページュ」さんへ行ってきました。
というのも買い物などでお店の前を通りかかるたびに、甘く美味しそうな匂いが車中へ流れ込んで気になっていたのでちょっと立ち寄ってみました。
お店の外観もかわいらしく、実際に行ってみると木彫りのくまさんがお出迎え!


色鮮やかなケーキの並ぶショーケースから、焼き菓子までどれにしようか迷ってしまいますね。
このお店のケーキはどれもフルーティーな味と香りがして、どうやらスポンジに秘密があるようで、クッキーにも同じ趣向がありこのお店の独特の製法なのでしょうか。
甘く濃厚なのも良いですが、ただ甘いだけでなくほのかにフルーツの味がするというのもgoodですね!

takeuchi_20120312_001.jpg
takeuchi_20120312_002.jpg
takeuchi_20120312_003.jpg


食事も楽しめるお店ですがランチはお休みしているらしく現在ははディナーのみのようです。
ホームページでも詳しくご紹介されていますよ!

http://www.arpege2002.com/



                                               by竹内

 

「形あるものはいつかは壊れる」とは言いますが、会社で長年使っていたお気に入りのマグカップがついに割れてしまいました。

そしてしつこい性格の私46才、自宅でも同じマグカップを使用しており、出会ってから約15年間ほぼ毎日・一日中・私の目の前に存在していますが飽きません。

このマグカップは「山口広海」さんという中伊豆に陶房を構えている陶芸家が作る「辰砂釉・しんしゃ」という釉薬を使った赤い陶器です。

「山口広海」の作品は「赤」・「青」・「黒」とありますが私は断然この「赤い陶器」がお気に入り!

 

sannsilyuuenn (5).jpg

sannsilyuuenn (6).jpg

sannsilyuuenn (2).jpg

 

私がいつも購入する際に利用するのは修善寺にある「クラフトギャラリー三州園」、この店は伊豆の陶芸家の作品だけが展示販売される「伊豆の陶芸家の専門店」。

ここの店主の三須恭子さんは伊豆の陶芸家を育む、気さくで優しいお母さんといったところでしょうか。

陶器ですから色や形はどれも微妙に違い、気に入ったものがない時などは店主の三須さんから作家さんに注文してくれたこともあり、作家さんとの繋がりの深さを感じました。(ただし待つこと半年!)

 

お勧めです「クラフトギャラリー三州園」、覘いてみては如何ですか!

                                                 by山崎

 

 

 

河津桜の近況報告です。

この日もあいにくの天気、けれどたくさんの人が訪れ賑わっていました。

現在の桜は5分咲きから6分咲きぐらいで、天気が良くなれば一気に満開となり、来週の週末ぐらいが見頃となるのでは?

 

IMG_0317.jpg

IMG_0320.jpg

IMG_0321.jpg

 

今年は寒かったせいか開花の時期がだいぶ遅くなっているようですが、寒いのはしかたないけど雨やら雪は勘弁してもらいたいものです。

河津桜の次には伊豆高原の桜もシーズンを向えますが、今日現在の伊豆高原の桜は蕾みは少し膨らんできた程度です。

去年のブログを調べてみたら4月10日ぐらいに満開なっていましたが、どうやら今年も例年に比べだいぶ遅く開花しそうです。(去年は20日くらい遅い開花でした)
河津桜は少し早い春をお知らせ年間150万人も訪れる桜祭り、まだ間に合います是非遊びに来ては如何ですか?
                                              by大内

   

               こちら伊豆高原の桜の状況です。

P1070268.jpg



実にシンプルな木箱のような住居。
208㎡の広さの、まさに木の箱に窓をくっつけただけのような造りの家。
目の前にはプールとカリフォルニアの美しい景色が広がります。


木箱1.jpg

木箱2.jpg
木箱5.jpg
木箱6.jpg
木箱7.jpg

「Dowling Studios」がデザインした、自然の中にあるこの家は、地球に優しい家作りを推奨するUSGBG  (U.S. Green Building Council)  プログラムでプラチナレベルに認定されているエコハウス。

美しい景色が目の前にあれば、ここまで究極にシンプルで十分ですね!

                                                 by石井



伊豆高原より車で約30分、東伊豆町は稲取温泉の名物といえば「温泉」&「金目鯛」&「つるし雛」

去る3月3日は雛祭りという事もあり、今回は稲取の伝統工芸である「つるし雛」の話題です!!

雛のつるし飾り(ひなのつるしかざり)とは、江戸時代後期から伝わる伊豆稲取地方の風習、吊るし飾りのこと。

長女の初節句に、無病息災、良縁を祈願して、雛壇の両脇に細工を吊すものとして庶民の雛壇代りでもあったそうです。

つるし雛 (1).jpg
                 (さずがに本物は凄い)

我が家も娘の初節句にひな壇人形にするのか迷いましたが、やはり地元の工芸に馴染ませたいと思い数年前に購入をしました。

一対で飾るのがお決まりで、50組程付いた豪華なセットは・・十万もするそうで、我が家は半人前のセットで断念しましたが、全て手縫いで製作をされているそうで、高い理由もわかる気がします。

小さなものでも飾ればなんとも愛らしい雰囲気で微笑ましい気持ちになれます。

飾りの中に赤い魚が付いていますが当然我が家では「金目鯛」と呼んでいますが・・・?

今月の3月30日まで、稲取で吊るし雛祭りを開催中ですので、皆様も是非足を運ばれてみて下さい。
 
 
 
つるし雛 (5).jpg
つるし雛 (3).jpg
つるし雛 (2).jpg
 
                                                                                                             by水越
詳しくは稲取観光協会まで。 

〒413-0411
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取
1521-3
TEL :0557-95-2901
FAX :0557-95-5180 























 

もう、お馴染みでしょうが?

伊豆高原は「すいらん荘別荘地」内に在るベーカリー&カフェ 「ル・フィヤージュ」!

伊豆高原もまだ雪がちらつき寒い日もありますが、天気さえ良ければコートを着込みテラスでカフェの時間を過ごすのもよいかも、ここのテラスでは鳥やリスの鳴き声も聴きながらゆったり過ごせます。

 

 

IMG_1886.jpg

IMG_1880.jpg

IMG_1885.jpg

IMG_1891.jpg

 

この日もあいにく天気が悪かったのですが、ちょっと頑張ってカフェしました。

 

それからたくさんのパンも欲ばりに購入!

ゴマのグリッシーニはおやつに、焼き立てで香ばしくおいしいです。
朝食用に購入した食パンは、しっとり柔らかく焼かずに生野菜やハムをのせていつもいただきます。玄米の食パンはトーストで。

平日の午後早い時間だったので、パンの種類は豊富に残っていましたが、いつもたくさんのお客さんでにぎわっていますので、お気に入りを食べたい時は早めの時間がおすすめです。

 

謎多きお店 「コマメ食堂」 に行ってきました。

 

謎  その①地元の人が地図を見ても簡単にはこの店を発見できない場所にある。

   その②店内にはちゃぶ台が2卓しかなくMAX収容人数は5人。

   その③安い

   その④店名は食堂・されどメニューはイタリアン。

   その⑤主人から、「どうしてうちの店に来たのですか?」っと聞かれた。

   その⑥サラダは売り切れは分かるが、ピクルスも売り切れ?

   その⑦店内は誰かの家のお茶の間。

IMG_0278.jpg

IMG_0266.jpg

komame.jpg

 

この日オーダーしたのは、「だし巻たまご」・「コマメカレー」・「ボロネーゼ」・「ペンネアラビアータ」

だし巻はかなりの大きさで2人で食べるには十分すぎる大きさ。

私の好みは「ペンネアラビアータ」、チーズがたっぷり入りかなりイケています。お勧めです!!

写真には写っていませんが、黒板に別メニューが書かれており何故かペンネが500円 安いっ!

 

IMG_0269.jpg

IMG_0272.jpg IMG_0275.jpg

 

こちらのお店にお出かけの際は、とりあえず☎にて確認してからの方がよろしいかも!

なにせ ちゃぶ台2卓ですから!

 

コマメ食堂  0557-37-8723 こちらにどうぞ。

伊東市松原湯端町4-13





大きな地図で見る

3月3日は桃の節句ですね。

伊東市役所では毎年大きな階段を利用し「ひな壇」が作られ、カメラに収まりきらない程たくさんのひな人形が飾られています。
西口から入っていくと階段の上までいっぱいに飾ってあり、春めいた色合いの見事な「お雛さま」はそれはみごとの一言につきます。(さいたま市には負けますが)

DSC_0356.jpg
DSC_0361.jpg
ohinasama  (2).jpg


また桃の節句の「桃」は不老長寿を与える植物とされており、百歳(ももとせ)まで長生きできるよう、桃の節句には桃花酒を飲む風習もあったようです。

3月3日は女の子だけではなく人々の幸せを願う節目の日ともいえるので、健康で幸せな日々が末長く続くことを願う日として、菱餅・ひなあられ・白酒などこの時季ならではの風情を楽しんでみてはいかがでしょうか。



ちなみに雛人形は遅くとも3月中旬までに片付けた方が良いと言われています。「仕舞い遅れるとお嫁に行き遅れる」と言い、これは"片づけの出来ない娘はいいお嫁さんになれないよ"という意味で、年長者からの戒めの気持ちがこめられているようです。

市役所のひな人形もしばらく飾られていると思いますが、市役所にお勤めの女性陣はご注意を!!


                                                     by竹内


今日は私が大好きな「パン工房」の紹介です。

伊豆高原駅から伸びる桜並木の終点を左に曲り100mほど行った右手にこの「パン工房」が在ります。この「パン工房」は障がい者支援施設「城ヶ崎いこいの里」の中にあり、この他に「手芸班」の作った物もここでは販売しています。

IMG_0300.jpg
IMG_0302.jpg
ここのパンは障害を持った子供たちが一生懸命に作った「こころ温まるパン」!

まず入口の玄関ホールで「こんにちは~パン下さ~い」と声をかけると、奥からパレットをもって出てきてくれます。
1日にどれくらい作られているのか分かりませんが、午後に買いに行くとほとんどが売り切れの状態。

この日も残りのパンを全部買ってきましたが、これだけ買っても1200円でした。


IMG_0303.jpg
IMG_0311.jpg
オーソドックスなメニューと、どのパンも素朴な味で軽めなのが特徴!
私は甘めなクリームチーズがたっぷり入ったチーズパンがお好みかな!

お店も構えてなく分かりずらいのですが、口コミで人気のこの「パン工房」、予約ができるのでまずは☎して確認するのがよいかもしれません。



                                                 by大内

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

Green Blog