2012年8月アーカイブ




よくお客様から「実のなる木を庭に植えたいけど、「お勧めの木は何ですか」とご質問をいただきます。

平凡ですぐに思いつくのが伊豆の代表の「みかん」ですが、つまらな過ぎますよね、この回答はっ!
もうちょっとよいご提案できないものかと。




20120831-01.jpg



真面目な私は、自宅の庭で試木を重ねております。

まずは手始めに「レモンの木」と「ブルーベリー」に取り掛かっていますが、これが予想のとおり簡単!

手間を掛けずにおいしく食べれる果実の代表ではないという「ブルーベリー」、問題があるとすれば鳥たちに食べられてしまうこと。
鳥たちは熟れた食べ頃のものから選んで食べてくれるので、この網張に手を焼いたくらいの孝行な苗木です。




20120831-02.jpg



ブルーベリーは今が収穫期の真っ盛りご覧のように次から次に実を沢山付けてくれます。
やっぱり買うのとは一味も二味も違って熟するまで太陽の光をサンサンと浴びた「ブルーベリー」は最高です。




20120831-03.jpg20120831-04.jpg


レモンも順調に育っていますが、聞くところによると間引きしないと翌年の実の付きが悪くなると聞いたので、今年は我慢して小さなレモンを間引きして、楽しみは6個にしときました。色付いて来たらご報告いたします!



by大内

 

 

 

天気がよかったので伊豆半島の中央付近にある達磨山に行ってきました。

写真の場所は道路脇にある「達磨山レストハウス」、ここでは飲食をすることも出来、おまけに富士山から沼津方面への素晴しい眺望が楽しめます。

この日はレストハウスは休業でしたが、それでも景色を楽しむ為にカメラ片手に観光客も多く訪れ賑わっていました。

 

20120828-01.jpg

20120828-02.jpg

 

 

さらに車をはしらせ西伊豆スカイラインの達磨山付近の景色はちょっと外国チックな景色が広がり、気持ちいいドライブを楽しむことができます。
こちらからは西伊豆方面の眺望が楽しめ、天気の良い日には清水~富士山~沼津方面の地図を切り取ったような景色を望み、私のお気に入りの場所です。

 

 

 

20120828-04.jpg

20120828-05.jpg                                                      

 

 by小塚

 

 

 

 

 

 

 

伊豆高原より車を約20~30分走らすべ別天地の天城高原が在り、標高約1000mに位置し伊豆では貴重な夏場の避暑地です。

天城高原の別荘地の隣接したところから始まる登山コースは、万二郎岳・万三郎岳の頂を通り八丁池を抜け河津まで縦走路その距離は約14㎞の本格的な登山コースです。

といっても私は軽~く一番手前の万二郎岳のお手軽コースを歩いてきました!

初めて登山にてちょっとドキドキ・ハラハラしながら木立の中を散策すると、道端には「ヒメシャラ」や「ブナ」の原生林が続き楽しみながら進んでいるとアッという間の1時間で目的地の万二郎岳の頂に到着しました。

 

 

amagi (4).jpg

                   入口 ここから出発だ~!

amagi (1).jpg

                         ブナ巨木

amagi (6).jpg

                        シャラの木肌

amagi (5).jpg

                       モミジからの木漏れ日

amagi (3).jpg

                         ブナ林の苔

amagi (7).jpg

                       万二郎の頂!

 

 

気温も低く下界とは10℃違うのでポチポチ歩くのに調度よいですよ!

たまには気楽な登山お勧めです!

気楽な登山に用意されたい物、当然スニーカーを履いてリュックの中には「虫よけスプレー」・「飲料水」・「簡単なカッパ」・「おやつ」・「カメラ」こんな感じで大丈夫だと思いますが。

是非皆様も残暑を逃れに涼しみに行ってみては如何でしょうか。

                                                      By 水越

 

 

 

 

 

 


 

 

 

今年も8月22日に開催された「箸祭り」にちょうど会社が休みだったので昼間っから行ってきました。

このお祭りは伊東市内の旅館やホテルで使用された割箸などを焼き箸供塔をするお祭り、「子供達のよさこい踊り」・「神輿」・「花火1500発」・「フラダンス」と盛沢山のお祭りですが、なかでも「手筒花火」がメインイベントとして約60本を、威勢のよい花火師が軽快にステップをきざみながら夜空舞うような花火を上げます!

 

はしまつり (5).jpg

                  この中にたくさんの箸がっ!

はしまつり (4).jpg

                        威勢のよい神輿がっ!

          はしまつり (3).jpg

                      綺麗なフラダンスがっ!

はしまつり (12).jpg

                    元気なヨサコイがっ!

はしまつり (15).jpg

                     打ち上げ花火がっ!

hasdimaturi (1).jpg

                    威勢のよい花火師がっ!!

はしまつり (1).jpg

                  そして露天が私を離しませんがっっっ!

 

 

 

これだけ盛沢山のイベントがあると見るものにちょっと迷いますが、とりあえずビール片手に露店をハシゴしていたら打ち上げ花火の頃にはこちら打ち上がっていましたが、やっぱり祭りは見る方も元気じゃないと見る価値ない、 ってな具合でほろ酔い気分で帰宅しました。


毎年このお祭りが終わると、あー夏も終わったんだなと少し寂しい気持ちになっちゃうのはまだまだ大人になりきれていないのかな~?

                                                        by増田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を終えて駐車場までの道すがら大きく深呼吸しながら夜空を見上げるのが習慣のようになっています。

伊豆高原では天候の良かった夜には円径に広がる「星空」、日々変化していく「月」が綺麗に見ることができます。

昨夜は「half moon」がクッキリと綺麗に見るていたので車のボディを三脚代りにして撮ってみました。



 

フォト3.jpg







仕事の帰りに見上げる夜空、けっこうよいもんですよ!

 

                                                         by 山崎







 

 

 

 

 






庭に咲いている「ひまわり」と「アメリカフヨウ」、大型で堂々と咲く夏の花は派手でとても綺麗ですね!

「アメリカフヨウ」は大輪のハイビスカスのような花で草丈が1m-2mになる大型の草花ですが、咲いたその日にしぼんでしまう1日花ですが夏の間は次々に蕾ができて毎日開花が楽しめます。


アメリカフヨウ 1.jpg
アメリカフヨウ 2.jpg

ジリジリとする夏の青空の下で太陽の光をいっぱいに浴びて咲く「ひまわり」を見ているでけで、いつもニコニコ元気を出して頑張ろうと気持ちになれます。

もうすぐ夏も終わりですが今年は夏の花々にたくさんの思い出ができました。


ひまわり 2.jpg

                                                     by山口






今夏の我が家のファームではトマトのできが優秀でとても美味しくできました、甘く皮も薄く食べやすく、次々と実がつき毎朝4~5個とって朝食のメニューになります。

前に一度愛犬の「さくら」にもぎたてのトマトをあげてから、それが美味しかったんでしょう、誰もいないときにも網をくぐって盗み食いをする始末です。
絡まっては危ないので先日網を付替え侵入を防止、しかし1回味わったものは忘れなようで朝の収穫時に後から着いてきて網の外からトマトを物欲しげに見てます。




saienn2012-1 (3).jpg
saienn2012-1 (1).jpg



今夏はトマトだけが美味しくできて「きゅうり」「なす」のできはイマイチ、土のせいか天候のせいかほうっておいても実を付けるはずだったのに残念。

                                                     山本

 

家族で稲取にあるお蕎麦屋さんの「誇宇耶(こうや)」に行ってきました。


蕎麦を食べたいという母の希望で久々に妻のご両親揃ってのお食事会!


たまに出かけるこのお店は囲炉裏を囲んだ椅子席・海を見ることができる窓際の席・その他座敷の席など、国道沿いに在るお店なので一人客から大人数の小団体まで対応可能なお店ですが、結構本格派のお蕎麦屋さんですよ。

蕎麦の実は長野、福島、福井等の農家と契約栽培をした蕎麦の実を昔からの石臼によりひき、独自に配合し風味とこしのある手打ち蕎麦を出してくれます。

 

IMG_0721.jpg

IMG_0727.jpg IMG_0730.jpg

価格も良心的!       

 

IMG_0737.jpg

もり蕎麦

IMG_0735.jpg

 セットメニューも有ります。

 

IMG_0729.jpgお庭からが眺めいいでよ~  !

 

 

                                                      by大内

 

 

 

 

 



お盆も過ぎて普段見慣れた風景が秋に向けて着々と準備が進んでいるように映ります。

伊豆高原の周辺で田園風景の広がる「池地区」では発育の進んだ稲穂が頭を下げ始めました。

この辺りの収穫時期はだいたいお彼岸の頃だと思うのですが、これから1ヶ月後の収穫を向かえる日まで無事に成長してほしいものですね!

今年は昨年に比べ気温も狂ったように暑くなく雨もこの辺りは適度に降っていたので、きっと今年のお米は美味しいぞ~!(素人が勝手なことを言っています。)



r2.jpg
r3.jpg
r8.jpg



品種が違うのかまだ頭も垂れず真っ直ぐで気持ちのいい稲穂もありました。(実直で好きです)



r5.jpg
                                                 
                                                     by. Yamazaki












                                                      



最近カメラにはまっています!

デジタル一眼レフのカメラは高機能・多機能・たしかにAutoに設定していれば、バカでもチョンとシャッターを押すだけで綺麗に写真が撮れる優れもの!

でもこのカメラを持って写真を撮っていると必ず人から言われること「凄いですね~そんなカメラ使えるんですか?」
この言葉が最近やたらと心に刺さります、やっぱり真面目に取説読んで勉強しなきゃダメだろって囁きが聞こえます。
私47才、大の負けず嫌いの性格が許しません!苦手の取説を片手に猛勉強に励む日々。

今日は搾りのお勉強をしながら撮った写真をアップします。




p-IMG_4850-2.jpg

写真はたしかに技術もないとダメだけどセンスが無ければ始まらない、センスは持っていると思うんだけどな~! 

                                                                                                                                                             yamazaki





 

 

伊東市街地より中伊豆方面に抜ける山間いにある、伊東市の水源である松川湖に行って参りました。
松川湖はダム湖として誕生して約25年間、松川の氾濫等の災害を防ぐ当初の目的を果たしつつ、伊東市の水源として供水の役割を果たしてくれていますが、それより市民の生活の中で身近に感じる自然の癒しを水・緑が与えてくれています。

松川湖には周遊歩道約4.8kmが整備され自然の中でジョギングやウォーキングを楽しむ人達、花広場や水広場などもあり、ワンちゃんのお散歩・子供たちの水遊び等のそれぞれの目的に応じた癒しを与えてくれます

DSC02743.jpg

DSC02740.jpg

DSC02745.jpg

 

水広場には小川が流れ、広場に面した湖の浅瀬などで遊ぶことも出来ます。また、有料ですがニジマスなどをルアーフィッシングで楽しむことも出来ます。( 魚獲りをしている方もいましたが無料なのかな?)

野芝が拡がるこの広場で水を眺めて過ごす時間はまさに極上のひと時になると思います。

お勧めスポットは湖の一番奥に駐車場があるので、そちらから階段を下りた広場、是非皆様も涼みに行かれては如何でしょうか。

                                                      By 水越

 

 

 

 

 

 



20120818_IMG_5566.jpg

20120818_IMG_5567.jpg

20120818_IMG_5568.jpg




伊東市街の松川橋付近にあるCafe TATIさんにランチをしに行きました。


木のぬくもりにあふれるい日差しが差し込む店内は、ご主人のセンスが光るインテリアや雑誌などがありとても素敵です。


女性パティシエが作るオリジナルスイーツを中心に、ランチタイムは14:30まで。


20120818_IMG_5572.jpg

20120818_IMG_5573.jpg


この日は、TATI名物の自家製のスモークサーモンをふんだんに使った、スモークサーモンご飯を頂きました。

文句なしにおいしかったです。


オシャレな午後を過ごすにはうってつけなおすすめスポットです。


是非足を運んでみてください。



by増田

 

 

毎年8月14日に行われる「やんもの里花火大会」!

できの良い花火の写真を撮ろうと露出・シャッタ-スピード等のお勉強をし気合を入れて花火大会当日を向かえ、8時から打ち上げられる花火に備え7時過ぎには予め決めていた花火を見下ろす高台の撮影ポイントへと意気揚々に出掛けました。

道中はさすがに車も人も混雑していて思うように車が進まず、現地についたのは花火の打ち上げ5分前、ホッとしながら準備を完了させるとほぼ同時にドッーンと一発目の花火の音が聞こえてきましたが、しかしその姿が見えません?あれっと思っているそばから2発目の音が響きわたってきましたが、またしても音のみ??見ません!

やってしまいました!不動産会社の社長である私があろうことか現場のリサーチせず、見えるはず、それも頭の中の構図ではベストポジジョンと決め込んでいましたが、小山が邪魔して見えません!!

慌てて車で次なる場所を探すも万事休す、花火が見えそうな場所へは今更どこも入れません。

仕方なく会社に戻りラストの花火を遠くから撮ってみました。

 

 

やんもの里・花火 (1).jpg

 

やんもの里・花火 (3).jpg

 

 

                                                                  by山崎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は伊豆高原の「やんもの里・花火」です。

花火の写真を撮ろうと準備をしていたら、負けるものかと綺麗な「夕焼け」のお出ましです!

 

 

IMG_4484.jpg

 

 

IMG_4489.jpg

 

 

IMG_4493.jpg

 

 

                                                                  by山崎

 

 

先日都内から遊びに来た友人を海水浴・日帰り温泉・大室山など伊豆高原の観光をフルコースでエスコートしましたが、その中でも想像以上にすごかったと喜んでいたのが、城ケ崎海岸でした。

波しぶきともに潮の香りが漂う遊歩道を歩いて門脇崎の吊り橋を渡ります。長さ48m、高さ23m、吊り橋からみる景色は海岸線に絶壁が連なる岩礁に波が打ちつけ飛び散るしぶきに海の威力を感じます。

 

城ケ崎海岸3.jpg

吊り橋2.jpg

 

 

この日はあいにくの天候でしたが晴れたひには伊豆七島も望むことができ壮大な眺めです。

富戸港から発着する遊覧船も海からの城ヶ崎海岸の絶景を楽しめてお勧めです。(海から眺める写真は以前、社長が撮ったものです)

                                                                                                                               by山口

 

1-1.jpg

1-1 (3).jpg

1-1 (5).jpg

 

穏やかな伊豆の海の海水浴あとに、また違う顔を持つ迫力のある海、城ヶ崎海岸おすすめです。

   






 

 

8月10日から「壺中天」さんで、

こちらの建築設計をした「アトリエ・ワン」+「壺中天の本と珈琲」のコラボレーションによる

「建築と本の桃源郷 展」が開催されていると伺い覘いてみました!

 

コラボ7.jpg

IMG_4436-7.jpg

 

 

気持ちのいい住まい・気持ちのいい空間を実現してくれるのが建築設計のミッションですが、伊豆高原では同じ顔をもつ土地はなく、その土地のロケーションを最大限に活かす、そうして「気持ちいい佇まい」が生まれるのだと思います。

 

「壺中天」は自生する樹木から零れる日射しまでを計算され、日射しのあたる地面のアンジュレーションを室内から綺麗に眺めることができように、自然の雑木林の庭を受けるように建てられています。

 

そこに自生する樹木・太陽の日射し・自然を操ることで「気持ちのいい空間」は創られました。

自然とのコラボレーションそれが「壺中天」の誕生でした。

 

 

 

コラボ2.jpg

コラボ.jpg

コラボ4.jpg

 

                                                                  by山崎

 

IMG_0469-9.jpg

 


アーティスティックなご主人と奥様はとても気さくな方で、いつも私の知らないことを教えてくれる私のカルチャーカフェでもあります。


 

 




大きな地図で見る

営業時間  金 土 日 月 8:00~16:00

場所     壺中天の本と珈琲

場所     伊豆急城ヶ崎 3次10

        (伊東市八幡野1033-7)

電話     0557-53-8406




 

 

 

よく知られた下田の白浜を代表として伊豆にはたくさんの海水浴のできる砂浜があり、夏になると海水浴を目的に訪れる人達もたくさんいますが、なぜか「海」とくに「白い砂浜」なんかは若者の遊び場と思っている方が多くないですか?

確かに流行の水着を着た女の子、とくに鍛えているわけでもないのに無駄のない体形をしている男の子達が繰りひろげる浜辺の駆け引きはギラギラしていて、ちょっとね。と思われる大人にお勧めのお気に入りの「白い砂浜」が在るのでご紹介します。

この砂浜は下田の御用邸の近くに在る「九十浜」、爪木崎の突端にあります。
駐車場からは荷物を掲げ少し歩かないといけませんが、歩きながら徐々に広がってくるオーシャンブルーの海と白い砂浜が向かえてくれます。

 

IMG_0749.jpg

IMG_0754.jpg

IMG_0753.jpg

 

 

この砂浜には家族連れや大人の人達しかおらず、ゆったり・のんびり過ごせます。

砂浜はもの凄い遠浅になっているので水着を着ていなくても、たまにはズボンの裾をちょいと捲り上げて水に浸かるだけでも気持ちよいと思いますよ!

如何ですか、昔懐かしい海水浴を久しぶりに大人のご夫婦で楽しんでみては!

                                                        by大内

 

 

毎年8月10日に行われる按針祭の花火大会!

今年も13000発を打ち上げ夏の夜空を色とりどりに飾ってくれました。

この按針祭は三浦按針ことイギリス人・ウィリアム・アダムスが徳川家康の命を請け日本初の洋式帆船を伊東市に流れる松川河口で建造したことを記念して行われている祭事で花火はフィナーレを飾ります!

 

重岡健治先生の作品、三浦按針像アトリエにて撮影!

 

IMG_5548.jpg

 

そして花火!

私は仕事でいけませんでしたが、社員の山口さんが現在売り出し中のクリオMSの54㎡もあるルーフバルコニーから撮影しました。

 

IMG_4396.jpg

                       豪華客船「飛鳥Ⅱ」が今年も来ていました。

IMG_4369.jpg IMG_4400.jpg IMG_4368.jpg

                                カモメの群れ?

IMG_4401.jpg IMG_4409.jpg

 

                                                              by山崎



今日は按針祭ですね!!!


なぎさ公園ではダンスなどの催しものが夕方まで開催され、夜からは伊東市最大の花火大会が予定されています。


午後8時から伊東海岸一帯、海上6ヶ所から13,000発の花火が打ち上げられ、近くで見ると大迫力です。


この花火は海上花火大会ですからまさに五感に響きわたる海岸で真上に広がる花火・匂い・音などを大迫力で楽しむのも良いですが、ちょいと混雑はという私みたいな方は市内の海の見える高台なら大抵見ることができますので、冷たい飲み物を片手に気楽に楽しむことなどは如何でしょうか。ちなみに私は市役所の近くでのんびりと楽しむ予定です!


こちらの写真は8月8日に行われた灯篭流し、松川上流からや海上から約2,000個の灯籠を流していた様子です。夏の風物詩的の灯篭流しは幻想的な風情があって良いですね!





20120810_DSC_1133.jpg

20120810_DSC_1129.jpg


こちらの写真のように盛大に打ち上げられますが、今年の花火はどんな記憶を残してくれるでしょうか。


393-2.jpg
393-1.jpg
                                                                                                                    by竹内
              

 

 

伊豆の夏と言えば「海!」というイメージの方も多いと思いますが、レジャーポイントは海だけではありません。

山もあれば川もありアウトドアでは遊ぶところに困りません。

今回は「川」に遊びにいってみました、場所は伊豆湯ヶ島にある「水恋鳥広場」いうところなのですが、我が家のチビッ子もここなら安全で飽きることもなく遊べます、この広場の脇には小川が流れており自然にふれあいながら、鮎のつかみ取りや、バーベキューコーナもでき楽しさ満点。

 

DSC02708.jpg

DSC02706.jpg

DSC02701.jpg

DSC02725.jpg

 

ちなみに鮎のつかみ獲りは1匹300円也。

バーベキューコンロは2時間で2700円。準備と片ずけ不要で炭まで炊いてくれるサービス付きでした。

 

DSC02715.jpg

 

 

ほどよい木陰もあり、風が吹けば川沿いの涼しく気持ちもよく猛暑とは無縁、初秋のような陽気で過ごせます。

親子で本格的なアウトドアを楽しめるようになるまではもう少し時間が掛かりますが、その時を楽しみにアウトドアの練習をせっせっと頑張る父親でした。フライフィッシングでヤマメ釣りなんかいいな~!!

                                                    By 水越




梅雨も明け暑い日が続く日々です。


仕事を終えて帰宅するのはだいたい夜7時30分頃なのですが最近少し日が短くなったように感じます。

真夏になるほど日が長くなっていくと思っていましたが少し前までうっすらと明るかった空が最近はだいぶ暗くなっています。


20120729_001_DSC_0714.JPG


20120729_002_DSC_0722.JPG



調べてみると今年の夏至は6月20日だったようでした。


日本はちょうど梅雨時期で雨雲に覆われた空は、日の長い短い関係なく暗く、梅雨が開けて日が長くなったと錯覚していたようです。


日が長くなって嬉々としていた頃にはもう冬至に向かっていたということは少しショックでしたが、確かに気の早い落葉樹はもうすでに葉を落とし始めています。



by竹内


 

 

 

伊東市に住むこと20年、伊豆高原で仕事をすること29年!

これだけ永く伊豆高原に居ながら毎日のように見上げている大室山、なのにその頂には一度も立ったことがありません。

以前から一度は登らなくてはと思っていましたが、そのきっかけをオリンピックにいただきました。

大室山に登ったことのある方はご存知でしょうが、そうなんですアーチェリーが在るんです、すり鉢状になった火口の中に!

 

アーチェリー (5).jpg

アーチェリー.jpg

 

アーチェリー (6).jpg

 

 

夏休みにしょざいもなくオリンピックを観ていて急に思い出しました大室山のパンフレットに載っているアーチェリー、暇なこともありましたが皆様のなかにもTV観ていて「やってみたいな~」、なんて思っていた方いると思うのですが?

調度この日は天気も良かったので大室山にさっそく出かけてみました!

麓からリフトに乗ること4~5分で山頂に到着します、あとは一目散に火口に降りてアーチェリーを開始、これが見るとやるとは大違いで簡単ではありませんが約1時間あそばせてもらい、後はゆっくりと絶景を楽しみました、普段は下から望む大室山の頂から見慣れた街を立体的に眺めてみると、改めて伊豆の素晴らしさを感じることができました。

                                                   by山本

 

 

IMG_2782.jpg

IMG_2813.jpg

 

 

一足早い夏休みの為、7月30日から昨日まで5日間、会社を全休とさせていただいておりました。

毎年、お盆の時期はご購入目的の為にお越しいただくお客様や以前購入していただいたお客様の来社などが多く、メープルの夏休みはお盆の前後にいただいております。

夏休み明けの今日は朝から各々の休みの話題とお土産で社内は盛り上がっていますが、私47才、今年の夏休みは出掛けることもなく介護に追われた日々を過ごしていました。

介護といっても愛犬のゴン君12才、超大型犬なので人間でいうと100才は超えていると思われるお爺ちゃん犬なのですが、体重は今だ60㎏はありながら、立つことも出来なくなり寝たきりの状態ですが食欲は衰える気配もなく元気です。

ただし、赤ちゃんに逆戻りしたようで超甘えん坊になりそばに誰かいないと吠えて呼ぶのと、出物腫れものところ構わずのお世話があるので目を離すことができません。

普段は妻が付っきりで介護しているので少々、介護に疲れた様子のため夏休みくらいは交代して息抜きをと、ゴン君12才の介護となりました。

大変だけど今まで癒してもらってきたので恩返しといった感じでしょうか?普段やりなれないことだけに疲れはしますが苦にはなりません、走っている夢でも見ているんでしょう、寝ている時に手足を動かす姿にまたも癒された夏休みとなりました。

 

2012 (4).jpg

                   介護用のハーネスを付けて熟睡中するゴン君です!

 

2012 (1).jpg

                     3年前リモコンを銜え注目してほしいゴン君です。

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog