とんかつの東克の【大室丼】




暑い...。
皆さん、もう呪文の様に唱えてますね。

そんな暑い日が続いてますが、元気に食べてますか?
夏バテ気味だからって、毎日素麺ばかりじゃ栄養が偏りますよ?
やはり疲労回復には、ビタミンB1が豊富な豚肉!
ということで、とんかつ東克さんでお昼を食べることにしました。



20130816_1.jpg


20130816_2.jpg


12時に開店ということで、それに合わせて行ったのですが、
既に相当数のお客さんが来店してました。
人気の高さが窺えます。

個人的には、とんかつよりもひれかつが好み。
「やっぱひれかつだよな」と、ひれかつを注文しようと思っていた刹那。
自分以外のお客さんが、みんな大室丼を注文してらっしゃる。
「え?大室丼って知らないけど、そんなにメジャーなの?」
ということで大室丼を注文してみることにしました。

ご主人は物腰柔らかい感じの方で、にこやかに大室丼の説明をしてくれます。
「大室丼の普通盛りですね。普段はよく食べる方ですか?」
「ええ、まぁ、それなりに(^^;」と答える私。

「この大室丼は一般的な普通盛りの2.5倍程度ございます。」
「女性の方で食べきった方は、6名ほどしかおりません」
「ええ、大丈夫だと思います(^^;;」と答える私。

「更に最後に中華スープをかけて、雑炊にすることも出来ますが、どうしますか?」
「まぁ、量的には3倍に増えますけど」
「やめます!」とキッパリ断る私。

私のあまりの潔さに、ご主人が慌ててこう追加説明してくれます。
「最後の1口だけ残して、そこにスープをかけて召し上がってください」
「そうすれば大丈夫だと思います」
「わかりました」と答えるしかない私。

「では、温かいスープと冷たいスープ、どちらにしますか?」
「温かいスープで...」と答える私。

とまぁ、にこやかなご主人ながら有無を言わさない姿勢に負け、
こんな調子で注文してしまったわけです。
敵ながらアッパレである。

お店はこのご主人1人で切り盛りしているらしく、
注文してから出てくるまでかなり時間を要しましたが、
出てきた大室丼がこれ。



20130816_3.jpg


はい、どーん!


20130816_4.jpg



最早拷問なんじゃないか?と思えるくらいボリューミー。
若いころはこのくらい何でも無く食べましたが、
もうすぐ40歳になる老体にはちとキツイ量です。

「...圧倒的な物量じゃないか」
と呟きつつ食べ始めます。

上のかつを食べ、中にかかってるキャベツを食べても、なかなかご飯が出てきません。
ようやく底の方からご飯を引っ張り出し、口に放り込みます。
ラー油ベースのソースが程良くかかっていて、ちとピリ辛。
丼半分くらいまでは普通に食べれます。

若干ソースが濃いめなので、途中お茶を飲みつつ食べてたのですが、
残りあとちょっとというところでスープをかけてもらうことにしました。
これが...。



20130816_5.jpg


こうなる。


20130816_6.jpg


見た目は雑炊というよりも、普通の中華スープになってしまった感じです(^^;
しかし、この中華スープが実にアッサリ目な味付けになっており、
この雑炊を楽しんでもらいたいが為に、丼のソースはワザと濃いめにしてあるのだそう。
中には、かつをこのスープに浸して食べるのが好きだという常連さんもいるんだとか。
実に貴重な体験をさせてもらいました。

あ、次は無難にひれかつにします(大汗)

m.suzuki



とんかつの東克
住所:〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1264-33
電話:0557-51-2080 








次の記事 :   一夜城 YOROIZUKA FARM  前の記事 : 第67回伊東按針祭【街かどステージ&小パレード】

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog