2013年9月アーカイブ



伊豆高原の爽やかな緑の中にあるレマンの森。
感謝祭が行われているとの噂を聞きつけ、伺ってきました。



レマン-1.jpg


レマン-2.jpg


レマン-3.jpg


先代のパティシエさんが1977年より
神奈川県・藤沢市でスイス風洋菓子レマンを開業なさってから、9月で36周年だそうです。
入口でアイスティーやお菓子のサービスをされていました。



レマン-4.jpg


お店の中はまさにスウィーツの楽園です。


定番の森の愛菓



レマン-5.jpg


レマン-6.jpg


レマン-7.jpg


レマン-8.jpg


バウムクーヘンはソフトタイプとハードタイプがあり、
玉子、米粉、はちみつなど全て伊豆産のものを使って作られています。
商品名の通り「This IS BAUM」です。



レマン-9.jpg


レマン-10.jpg


スウィーツ達をそのまま外のテラスでいただく事ができるのも魅力です。




レマン-11.jpg


本日の収穫はこちら



レマン-12.jpg


レマン-13.jpg


後味が良いなーと感じ、
気が付いたらやっぱり食べ終わっていました。



レマン-14.jpg




〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1244-91
TEL 0557-51-8117  FAX 0557-51-8114
[営業時間]9:00am~6:00pm
[定休日] 水曜日・第3木曜日


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/




今回の休みは家内と一緒に東伊豆町稲取にある、
「古民家カフェ・じゃるーん」に行ってきました。
いつも海へ行くときに国道沿いに看板があって気になっていたカフェです。



20130929_1.jpg


寛ぎをコンセプトに建てられたお店は構えからしてワクワクさせてくれます。
古民家を現代風に蘇らせたおしゃれなお店です。



20130929_2.jpg




どうやらお父さんがこういった雰囲気が好きでお庭に至っては自分で造ったそうですよ。


20130929_4.jpg


店内は漆喰の白と古木が落ち着きを与えてくれます。
置物を取ってみても細部にまで拘りを感じさせてくれます。
囲炉裏のある個室もありゆったりと寛げます。


20130929_5.jpg


20130929_6.jpg


LPのジャケットかと思いきやこれはメニューです。



20130929_7.jpg


20130929_8.jpg


今回は色々ある中で
ウニのクリームパスタ  サラダ付き 1000円



20130929_9.jpg


タラコスパゲティー サラダ付き 800円



20130929_10.jpg


石釜ピザ ミックス 1600円
少し食べすぎですね。



20130929_11.jpg


家内はベツバラという事で白玉クリームあんみつ 600円



20130929_12.jpg


これが目当てだったようです。

美味しさのあまり、あっという間に全部食べてしまいましたが、
ゆっくりとした時間を楽しみながら美味しく頂きました。

国道沿いの看板が目立ちますのでぜひ、行ってみて下さい。


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



自動車は男のロマンです。

私が幼稚園に入るか入らないころですかね。
スーパーカーブームなんてのがありまして。
日常会話もままならないのに「ランボルギーニカウンタック」は言えてたとか(^^;

自動車がレーサーだけのもので無くなり半世紀。
この50年で性能は格段に上がり、生活には欠かせない便利なものとなりました。

今ではハイブリットカーが主流になりつつあるので、
あと50年もしたらガソリンカーなんて廃れていくのかもしれません。
バック・トゥ・ザ・フューチャーでは、ゴミを燃料にして空を走ってたくらいですし。

前置きが長くなりました。
熱海に全国から名車が集まると聞き、社有のハイブリットカー「プリウス」で、
ブイーンと見学に行ってきました。
今回写真が多めですので、若干重いかもしれません(^^;;

熱海は「東洋のモナコ」なんて言われてます。
(実際に言ってる人を、私は見たことはありません)



20130928_1.jpg


20130928_2.jpg


そんな熱海の更に南に、前後左右どこをみてもクラシックな車車車。轟。
世界の名車が集結しました。
これだけの車の数です。
辿り着くのに結構渋滞にハマったみたいです。


20130928_3.jpg


20130928_4.jpg


20130928_5.jpg


20130928_6.jpg


以下はもう、言葉は必要ありません。
撮影した百数十台分の写真の中から厳選された、世界の名車をごゆっくりご鑑賞ください。
(水着のおねーさんの写真は無いので、それを期待してた人はブラウザを閉じてください)



20130928_7.jpg


20130928_8.jpg


20130928_9.jpg


20130928_10.jpg


20130928_11.jpg


20130928_12.jpg


20130928_13.jpg


20130928_14.jpg


20130928_15.jpg


20130928_16.jpg


もっとたくさんお見せしたいのですが、収拾がつかなくなるのでこのへんで。

オーナーの皆さん、綺麗に乗ってます。
ホントに愛車のことを愛してますね。

あとは物販も充実してました。
綺麗な絵とミニカーです。
私はおこづかいが足りなかったので、何も買えずに指をくわえて見るだけでしたが(^^;;;



20130928_17.jpg


20130928_18.jpg


20130928_19.jpg


個人的には、アニメ版のルパンが乗ってたベンツが見れたのと、
カリオストロで乗ってたフィアットが見れたのが楽しかったかな。

これと、



20130928_20.jpg

これね。



20130928_21.jpg


とまぁ、仕事を忘れ童心に帰ってランボルギーニカウンタックを見ていると、
ガルウイングをパタパタさせてました。

m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



中伊豆はほぼ一本道の地形です。
車で通り抜けるコースとしては優秀ですが、住んでる者としては物足りない気もします。
ですが、となりの狭い道に入ると地元の人間も見たことのない世界が広がります。
いつもの道の一本隣を行くと、工房のようなものを発見しました。



工房-1.jpg


工房-2.jpg


工房-3.jpg


工房-4.jpg


工房-5.jpg


工房-6.jpg


この工房、3人共同でやっているそうで、私がお邪魔した時は
マツモト工作室の松本さんがおられました。

お話を伺うと、間伐材や除伐材を使って、
食器や箸、スプーンなどの他、机、椅子、ベンチなども作っているそうです。



工房-7.jpg


工房-8.jpg


工房-9.jpg


工房-10.jpg


展示スペースの隣は工房スペースとなっていました。



工房-11.jpg


木に囲まれる、という表現がぴったりな空間で、
落ち着いてじっくりと見ていたくなる場所ではないかと思います。
この空気を感じたくて思わずスプーンをかってしまいました。



工房-12.jpg


軽くてとても持ちやすい、良い買い物ができました。


410-2503
伊豆市城22

マツモト工作室
木の器&カトラリー Kina


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



現在の場所に移転する前から、何度か足を運んだことのある「cafe TATI sweets」さん。
この度オープン10周年ということで、朝から楽しげなお祭りを開催してました。
天気は悪くなかったのですが、風が強かったのが実に残念で(>_<)!



20130923_1.jpg


20130923_2.jpg


この日はお祭りということで、店内での食事は一切出来ない様でしたが、



20130923_3.jpg


お店の前のガレージでフリマなどが賑やかに出ていて、
早くからたくさんのお客さんが来場してました。

気になるフリマのラインナップですが、
私とは初対面にも関わらず、私の子どものいたずらにも全然嫌な顔をせず、
一緒に遊んでくれた、心優しいキャンドルアートの川口屋さん。
http://ameblo.jp/kawaguchitomomi/



20130923_4.jpg


20130923_5.jpg


これはTATIさんの人気メニュー、チョコバナナパフェを模ったキャンドル。
普通に美味しそうですネー。
(食べられません!Do not eat!)



20130923_6.jpg


そのお隣は、雑貨屋ブイヨンさん。
http://ameblo.jp/bouillon-shop/


20130923_7.jpg


相変わらず、抜群の安定感。
やはり多くのお客さんで賑わってました。



20130923_8.jpg


そして、暮らしのたからものさん。
http://www.kurashinotakaramono.net/
普段はネットショップを展開しているらしいのですが、今回は特別に参戦!
私は初見でしたが、何やら楽しげな物を置いてましたよ。
脚付きのカップなんて、結構珍しいんじゃないでしょうか。



20130923_9.jpg


20130923_10.jpg


20130923_11.jpg


あとは伊東の老舗バー、トリスバーさんがシャンパンを振舞ってらっしゃいました。



20130923_12.jpg


20130923_13.jpg


昼間から美味しいお酒が飲めるのは幸せなことです。
(私は仕事ですので飲めませんでしたが...(^^;



20130923_14.jpg


これは「タチ・ベリーニ」だったかな?



20130923_15.jpg


更には、伊東産のトビウオを使った、トビバーガーが限定販売。



20130923_16.jpg


鉄板で焼いたトビウオバーグをバンズでサンドしたバーガー。
チリソースが効いてて、チョイ辛で美味でした。



20130923_17.jpg


最後のデザートは温ったかショコラ。
クマさんがかわいいです。



20130923_18.jpg


重ね重ねになりますが、心残りは折角の野外でのお祭りなのに、強風がね、まぁ残念で。
ゆっくり食べるには、ちと落ち着かないカンジでした。


それでも来場した皆さんが、それぞれ贅沢な時間を過ごしていて、
ホントに楽しんでらっしゃるのが印象的でした。

また来年11周年のお祭りも期待しちゃいますよ...ねぇ?



m.suzuki



Cafe TATI sweets
住所:静岡県伊東市渚町2-6
電話:0557-36-3732


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



先日行った稲刈り後半戦、昨日お送りしたようにトンボやカエル、小鳥たちと戯れた後、
もう1面の刈り上げ作業を行いました。


今度は川を挟んだ対面で行います。



稲刈り2-1.jpg


こちらはきっちりと四角いので機械も入りやすいです。



稲刈り2-2.jpg


周りも刈取り済み



稲刈り2-3.jpg


多少入口に水が溜まっていますが・・



稲刈り2-4.jpg


綺麗に、バリカンのように進みます



稲刈り2-5.jpg


稲刈り2-6.jpg


稲刈り2-7.jpg


あっという間に終わってしまいました。



稲刈り2-8.jpg


後はコンバインから籾を出して完了です。



稲刈り2-9.jpg


稲刈り2-10.jpg


これにて稲刈り作業は終了です。お疲れ様でした!



稲刈り2-11.jpg



~次の日~

刈ったお米はすぐに乾燥機へ、そして籾すり機にかけることで、
玄米になります。


乾燥機



稲刈り2-12.jpg


稲刈り2-13.jpg


豊作、豊作!



稲刈り2-14.jpg


これを車に乗せて・・



稲刈り2-15.jpg


冷蔵庫に入れます。



稲刈り2-16.jpg


稲刈り2-17.jpg


稲刈り2-18.jpg


これにて完成。毎年イベント時くらいしかお手伝いしていませんが、
台風にも負けずたくさん収穫できると嬉しいものです。
今年もありがたくいただきたいと思いました。



稲刈り2-19.jpg


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



4月に撒いた籾(もみ)が芽を吹き、育った苗を田に植えて数か月、
青々としたその苗は黄金色となり、いよいよ稲刈りの時期となりました。



稲刈り1-1.jpg


稲刈り1-2.jpg


台風が来る前の日に行う予定だったのですが、朝からの雨であえなく中止。
その後の台風が直撃したため倒れてしまった箇所もあったのですが、
雨が上がった後の風とその後の快晴である程度乾いたと判断し、実施となりました。



稲刈り1-3.jpg


※土が濡れていると、機械がうまく動かなかったり田んぼにはまったりしてしまい、
穂が濡れていると品質が落ちたり乾燥させる機械に入れることができなかったりするので、
お天気の続いた日に行うのが一般的です。

大きなコンバインが入るので、入口周辺や角の部分は鎌で刈って脇に置いておきます。
台風前に準備をしておいたので、数日前に刈ってあった稲はすでに色が変わっています。


台風前(稲刈り4日前)



稲刈り1-4.jpg


稲刈り時



稲刈り1-5.jpg


上記の準備が終われば、後はコンバインと熟練の腕にお任せ。
バリカンのようにすいすいと進みます。



稲刈り1-6.jpg


稲刈り1-7.jpg


以前の日記で、倒れた稲を寝癖が如く縛って起こしておく、とご紹介しましたが、
そのままではさすがに刈り取れないので、機械が来ないうちに解いておきます。



稲刈り1-8.jpg


稲刈り1-9.jpg


そうこうしているうちにハイスピードのコンバインは仕事を終えていくので、
タイミングを見計らって脇に置いてある稲を機械に運びます。


この部分に稲を乗せると・・



稲刈り1-10.jpg


稲刈り1-11.jpg


ぐいーんと進んで・・



稲刈り1-12.jpg


穂だけを取って残りを裁断し、排出します。



稲刈り1-13.jpg


また、一部の稲は裁断せずに残します。
乾燥させて藁にするためです。



稲刈り1-14.jpg


稲刈り1-15.jpg


しばらく刈り続けると、コンバインは満腹と言わんばかりにビープ音を鳴らすので、
移し替えを行います。



稲刈り1-16.jpg


稲刈り1-17.jpg



色んなことをしつつも、着実に刈り取りは進みます。



稲刈り1-18.jpg


稲刈り1-19.jpg


そして、さっぱりとしました。



稲刈り1-20.jpg


稲刈り1-21.jpg


稲刈り1-22.jpg


※写ってはいませんが、トンボ、カエル、それらを狙った鳥などでごった返しています。


これで終わり・・と思いきや、川を挟んでもう1面あったりするので、
そちらの様子とお米のその後についてはまた次回にお伝えします。



稲刈り1-23.jpg


後半へ続く


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



2013年の中秋の名月は9月19日。
存じ上げなかったのですが、中秋の名月だからといって、
必ずしも満月というワケでも無いそうですね。

ただ今年に限っては、中秋の名月と満月の日が重なるレアケースなんだそうで。
そんな日に催されたのが、大室山オータムフェスティバル2013。
たまたまオフの日と重なったので、妻子を連れ出してみました。



20130919_1.jpg


20130919_2.jpg


本来であればメインイベントは夜の大室山山頂。
中秋の名月をそっと見上げながら、音楽を楽しむイベント。
けど、我が家の子どもがまだ小さく、あまり夜は出歩きたく無いので、
昼の山麓の露天市と音楽を、ささやかに楽しみました。



20130919_3.jpg


20130919_4.jpg


お馴染みの屋台やテントがあり、



20130919_5.jpg


20130919_6.jpg


先日、オーガニックカフェM2さんの「tete」にも出店いていた耳つぼもあり、



20130919_7.jpg


20130919_8.jpg


アロハ~なハワイアンカフェもあり、



20130919_9.jpg


結構充実したラインナップの露天市となってました。
個人的には食後に出かけてしまったため、
何も食べることが出来なかったのが心残りかな...(^^;

特設ステージでは、アルベルト&セバスチャン・ゴメスさんが、
マイウェイをジャズ風にアレンジした曲を演奏し始めると、



20130919_10.jpg


20130919_11.jpg


元気な柴犬も興奮してワンワンと吠え、



20130919_12.jpg


暦の上では秋とはいえ、まだまだ青葉燃える大室山は、
静かに更けていきました。



20130919_13.jpg


聞けば、次の満月の中秋の名月は2021年だとか。
あと8年。
そのころには子どもも大きくなってるだろうし、
夜、一緒に山頂に行けるかな?

おっわ!
そのころは東京オリンピックも過去の話になってるだろうし、
自分も40代後半かぁ...(-。-)y-~~~

m.suzuki



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



少し前の話になりますが...。
夏休みを利用して、普段行けないところへ足を運ぶのがささやかな楽しみ。
建築オタクであるボク、少しマニアックな建築を見学してきました。

さいたま市浦和区にある別所池というところにミニマムな別荘が建っています。
絶妙にコンパクトなザイズ、細部の完成度の高さ、ついつい見入ってしまいます。



20130921_1.jpg


20130921_2.jpg


20130921_3.jpg



5坪程度の小さな空間の中に大きな窓が設けられ、



20130921_4.jpg


20130921_5.jpg


椅子に腰かけると緑豊かな別所沼の風景が美しく写ります。



20130921_6.jpg


20130921_7.jpg


構想を描いた本人は詩人で建築家でもあったそうです。



20130921_8.jpg


玄関までの石畳みは入口より14石と詩に合わせた拘りもあったようで、
ディテールに至るまで本人の意思を再現した幻の建築。

世界建築三大巨匠で有名な、
ル・コルビジェのカップ・マルタンの休暇小屋よりも完成度が高いのでは!?

この建物、「ヒヤシンスハウス」は、
1937年から1938年に立花道造という詩人が、
自分の別荘として考え実現しなかった建物を故人没後65年の時を経て、
全国の有志の協力により実現したものだそうです。



20130921_9.jpg


20130921_10.jpg


20130921_11.jpg


病魔と闘い続け、24歳の若さで亡くなった若き有望な建築家。
吉村順三や前川國男といった日本建築界の巨匠達と同世代の彼は、
長命であれば名建築の数々を残していたに違いありません。

これぞ別荘の原型といった感じの、とても意味の深い建築物です。
皆様も是非足を運ばれてみては如何でしょうか。



20130921_12.jpg


By水越



所在地:埼玉県さいたま市南区 別所沼公園内
開室・水・土・日・祝の10:00~15:00
見学料:無料

ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



知っていますか?
上品なお料理の頭文字には「お」がつきます。
お刺身、お味噌汁、そしてお饂飩と。
全て、おもてなしの心から来てるんですよ。

...多分(^^;

さて、3度のメシよりうどんが好き。
うどんを食べにだけに、香川県に行こうかと思っちゃうくらい。

そんなうどん好きな私。
伊豆高原に、ちょっと変わったうどんを食べさせてくれるお店があると聞き、
折角なので行ってみることにしました。

この佇まいで「さてはここはうどん屋さんだな」と思う人は皆無だと思います。



20130920_1.jpg


20130920_2.jpg


石板に「うどん料理」と謳ってますので、
辛うじてうどん屋さんなのかな?とわかります。



20130920_3.jpg


店内は、更におしゃれな雰囲気。



20130920_4.jpg


平日のお昼でしたが、予約も入ってる様でしたし、
お客さんも普通に入ってましたので、結構評判のお店みたいです。

メニューを開き、光の速さで【切麦屋うどんセット】を注文!



20130920_5.jpg


うどんセットなので、前菜が運ばれてきました。



20130920_6.jpg


20130920_7.jpg


20130920_8.jpg


一言で言えば、繊細なお料理。
いろいろな味が楽しめます。
特に豚の角煮が美味しかったかな。

うどんのゆで時間の関係で、しばらく時間がかかるため、
これらの前菜を食べながら待つスタイルです。

次にこれが薬味。
これらを全てお汁に入れて食べます。
内訳は蓮根の天ぷら、茹でたさつまいも、山芋のスライスなど。



20130920_9.jpg


最後に運ばれてきたのが、メインのうどん。



20130920_10.jpg


20130920_11.jpg


金目鯛のひと口ちらし寿司も付いてきます。



20130920_12.jpg


もう書かなくても伝わると思いますが、美味しいですね。
ただ、個人的には、も少し出汁の味が感じられると嬉しいですが(^^;

そんなこんなで、ゴチソーサマデシタ!



20130920_13.jpg


うどんといえば、江戸時代は庶民のファーストフードだったワケですが、
ここまで力を入れると、最早ファーストフードじゃ無いです。
ですので、注文から料理が運ばれてくるまで、それなりに時間がかかります。
正にスローフードですね。
時間に余裕のあるときに足を運ぶのがおススメです。

m.suzuki



切麦屋あいだ
住所:静岡県伊東市八幡野1282-33
電話:0557-54-1533
http://www.kirimugiya.com/


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

 

 

今年の中秋の名月は9月19日、もうじきですね。

 

お月見といえばススキに団子!

秋の収穫を祝いお月さんを見ながら秋の夜長を楽しんだんでしょうね。

 

 

異国のススキといえばパンパスグラスなんですが、お月見には似合わないですね、どうも日本人の繊細な美意識にはマッチしません。

 

やっぱりデカ過ぎますね、まんまるお月さんがもっと大きくないとつり合いがとれません!

 

 

 

っということで、せっかく我が社の庭で今年も立派に育った「パンパスグラス」は単独で掲載します。(前振りがちょっと強引でしたか、もしかして?)

 

 

 

IMG_2255.jpg

IMG_2252.jpg

 

 

P9010147.jpg

 

 

P9010142.jpg

 

 

P9010133.jpg

 

by yamazaki

 

 

ポチッとお願いしま~す

ブログランキング 

 

 



hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

 




提督!

英国人のホレーショ・ネルソン。
米国人のジョン・ポール・ジョーンズ。
そして日本人の東郷平八郎。

俗にいう「世界3大提督」と呼ばれている方々。
特にアドミラル・トーゴー(Admiral Togo)こと、東郷平八郎元帥。
明治時代に日清戦争・日露戦争で大勝利を収め、
日本という小さな島国を列強・大国までにした英雄。

当時、ロシア帝国に苦しめられていた国々を救ったワケですから、
世界的にも認められた偉人です。

そんな国際的で歴史的偉人の貴重な別荘が伊東市に現存しています。
しかも私の実家の近所で、徒歩2分ほどという近さ!
それが伊東東郷記念館です。

※現在この別荘は、石橋財団から東郷神社に寄贈され、管理されています。

毎月15日は入館料が無料になるということで、
折角なので急接近中の台風18号が来る前に見学に行ってきました。



20130915_1.jpg


20130915_2.jpg


東郷さんは晩年、奥様の病気療養のため、この別荘で過ごしたとのこと。
一歩別荘の中に入ると、もう外とは全く雰囲気が違います。
当時生活していたままの状態で保存がされていますので、
今では到底味わえない世界が、確かにそこに存在しています。

後に「五・一五事件」で暗殺される犬養毅総理大臣から寄贈された、
かなり珍しくて貴重な碁盤が置いてあったり、



20130915_3.jpg


20130915_4.jpg


20130915_5.jpg


趣味の釣りを楽しむために、沖まで船を出した際に使用した(らしい)、
櫂(今でいうオールですね)が展示してあったり、



20130915_6.jpg


直筆の扁額が飾ってあったり(かなりの達筆!)と、



20130915_7.jpg


偉人の馴染みの物に触れることが出来、
そこにロマンを馳せて軽くトリップ出来ます。

今回この別荘を案内してくれた(ボランティアの?)宮川さんも、
「この碁盤で犬養首相と東郷元帥が碁を打ったと思った方がロマンがあるじゃない」
と、目をキラキラさせて語ってくれました(^o^)

後は、東郷元帥の肖像画や、



20130915_8.jpg


歴史の教科書にも載っている「三笠」艦橋の図のパネルが飾ってあったり、



20130915_9.jpg


昭和天皇との2ショット写真も展示してあります。



20130915_10.jpg


※正確には、これは大正天皇が亡くなる1ヶ月前の写真なので、
このときはまだ天皇では無く皇太子。

それと、2011年3月11日の東日本大震災による津波で亡くなられた、
宮内晴美さんが所有していた、貴重な艦船洋上模型も一部も飾られています。



20130915_11.jpg


※この方のことは存じ上げなかったのですが、参考までにこんなサイトがありました。
http://www.miya-ships.info/harumi009.html

今はもう無いのですが、当時はこの庭に桜の木がたくさん植わってたそうです。
無くても、広くてかなり立派なお庭ですね。



20130915_12.jpg


今回、教科書が教えてくれない、また別の歴史を学べた様に思えます。
東郷さんが薩英戦争やら戊辰戦争にも従軍してたなんて、知りませなんだ(@_@)
もしかしたら函館で土方歳三と対峙してたのかもしれませんね!

最後に、今回案内してくれた宮川さん、親切な説明をありがとうございました!
大変貴重な時間になりました。

宮川さん曰く、
「東郷平八郎と東條英機を混同している方が結構いるんだよね」と、
少し悲しげな眼差しで嘆いていました(^^;
確かに似ている様で、全く違います。
わからない方は、ググる先生に聞いてみてください。

m.suzuki



伊東東郷記念館
住所:伊東市渚町3-8
電話:0557-37-3550(伊東観光番内)



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr




夏の終わりが近づくにつれ、台風とともに栗シーズンがやってきました。



kuri-1.jpg


kuri-2.jpg


kuri-3.jpg


kuri-4.jpg


甘露煮・渋皮煮・栗ごはんなど、栗を使った秋の味覚はたくさんありますが、
一番簡単なのはやはり「ゆで栗」ではないでしょうか。
お塩少々と一緒にゆでるだけ。シンプルイズベストです。
・・・が、今回はそこに1つだけ、はちみつを追加します。


ゆでた栗に

kuri-5.jpg


はちみつを!

kuri-6.jpg


kuri-7.jpg


そのままのゆで栗ももちろんおいしいのですが、
はちみつを足すことによって食べだすと止まらなくなる作用があります。
カニを食べる時のそれに近いです。


さらにバターを乗せることでパンチ力が跳ね上がります。



kuri-8.jpg


とてもおすすめなのですが、
カロリーも跳ね上がりますのでお気を付け下さい。









自分の家を持つというのは、
いつの時代でも夢でありロマンですね。(渡辺篤史風に)

「展示場モデルハウスを格安でお譲りします。抽選1名様」

この手の広告を見るたびに、私は毎回応募してますが、
一向に当選する気配がありません(^^;
当選する日は来るのでしょうか?

さてさて、その夢のマイホームを建てた当社社員のMさん。
完成見学会が行なわれていたので、今回はそのお宅を見学させてもらいました。



20130914_1.jpg


私の前にも数組お客様が見学をしていて、かなり好評なご様子。
「お邪魔しま~す」と玄関を上がり、



20130914_2.jpg


まずはダイニングキッチンを見させてもらいました。



20130914_3.jpg


広々としたキッチンは、とにかく使い勝手が良さそうで、
奥様の美味しい手料理も、これなら更に美味しく作れそうです。
いや~幸せ者ですねぇ、Mさん。



20130914_4.jpg


天窓からは陽の温かみのある光も入り込みます。
これはかなり雰囲気あり、ポイント高いです。




20130914_5.jpg


次は和室。
奥には収納も付いているので、利便性は良さそうです。
冬場はここにコタツを置き、鍋をつつくのでしょうか。



20130914_6.jpg


脱衣室とお風呂も趣きがあります。



20130914_7.jpg

20130914_8.jpg



吹き抜けの階段を2階に上がります。
大きな窓がはまっているので、かなり明るいです。



20130914_9.jpg


洋室は広くて収納がたくさんあり、
子ども部屋に向いてるのかもしれません。



20130914_10.jpg


写真ではわかりづらいですが、ウォークインクローゼットも完備。
模様替えも楽々ですねぇ。



20130914_11.jpg


お庭には、かわいらしいブランコもぶら下がってました。



20130914_12.jpg


やはり木のお家というのは独特の温もりがあり、魅力的に感じました。
見学のお客様が多かったというのも、そこが魅力の一因なのかもしれません。

場所もすいらん荘別荘地内なので、環境的にもかなり静かですし、
ご家族で幸せな暮らしが出来る、これは正に「SWEET HOME」ですね。
Mさん、今回はどうもありがとうございました。

次回は、巨大なしゃもじを持って突撃したいと思います(^^;;;

ちなみにこの完成見学会は、明日9/15日まで行われています。
是非足を運んでみてください。

m.suzuki









 箱根に日帰りプチ旅行に行ってきました。
伊東から箱根まで、伊豆スカイラインで行くと、
1時間半~2時間で着きます。
その途中にあるのが十国峠です。
旅行気分を味わうなら 道の駅!という事で十国峠レストハウスへ立ち寄りました。



十国峠2.jpg


十国峠1.jpg


山頂の景色がいいと聞き、さっそくケーブルカーに乗車。



ケーブルカー.jpg


3分で到着!早っ!
せっかくの景色ですが、あいにくのお天気で・・・。



十国景色.jpg


天気がいいと大島や初島の伊豆七島が見渡せ、
さらに看板の後方には富士山が見えるそうです。
箱根方面に向かう時に立ち寄ってみてはいかがでしょう。
晴れた日にね。


by 児島







久しぶりにお邪魔した「峠の茶屋」。

初めて来た子供の頃から変わらない。

佇まいも・食べ物も・この風景も!  タイムスリップしような錯覚に陥ります。

 

sdsdIMG_2352.jpg

              今は使われていない建屋が入口にあります。

sdsdIMG_2358.jpg

            現在も使われている水車小屋の脇を通り奥へと進む。

sdsdIMG_2356.jpg

             もんぺに麦わら帽のお婆ちゃんにお声をかけてご挨拶。

sdsdIMG_2415.jpg

                    母屋が見えてきましたよ

sdsdIMG_2378.jpg

               土間を上がって奥の客席に続きます。

sdasdIMG_2394.jpg

          客席から眺める田んぼでは稲刈りの真っ最中。

最近では地産地消とかスローフードとかいいますが、昔から変わらぬこの味はけっして豪華なものでなく素朴なものばかり、でも時より食べたくもなる本物の田舎味です。

お店の売りは「とろろめし」に「とろろそば」、山芋はもちろん自然薯はほんのり土の香りがし粘りも違います。

私は「とろろめし派」。

麦飯にとろろをかけて、ちょっとすっぱい古漬け「たくあん」をパリッとかじりサラサラッととろろご飯をかけこむ、そして大好きな「わさびの茎の三杯酢」をまたもや食べてとろろご飯をかけこむ。

いやぁ~うめぇ~!

みそ汁も自家製の味噌に具は椎茸、これがまた うめぇ~!

sdsdIMG_2399.jpg

 

sdsdIMG_2402.jpg

 

欲ばりな私は「めし」も「そば」もいただきました。

 

 

sdsdIMG_2409.jpg

                     帰りにここで ちょっといっぷく

 

sdsdIMG_2350.jpg

               お地蔵さんにさよなら言って帰ってきました。

 

by yamazaki

 

 


ブログランキング


伊豆高原 不動産



峠の茶屋ここだよ。



大きな地図で見る

 

 

 

かれこれ20年のお付き合いになる赤いマグカップ、現在使っている物で3代目になりますが飽きるどころかこれで朝コーヒーを飲まなければその日が始まらない。会社でも同じカップを使っているので、ほぼ一日中私の目の前に存在する赤いマグカップです。

 

このお気に入りのマグを創っているのは伊豆市に工房を構える「山口廣海」さんという陶芸家。

 

今迄は修善寺の三州園さんで購入していたのですが、作品とは20年来のお付き合いですがまだ見ぬご本人、どうしても陶芸家・山口廣海さんに逢ってみたくて工房にお邪魔してきました。

  

 

 

IMG_2319().jpg

        看板を見るなりドキッ、赤に黒い文字のセンスあふれる看板。

 

IMG_2317.jpg

              しっとりと落ち着いた趣のある佇まいです。

 

IMG_2337.jpg

IMG_2340.jpg

どうです赤いマグカップ!

IMG_2344.jpg

 

この赤い色は辰砂(しんしゃ)釉という釉薬を使っているのだそうですが、土の質そして微妙な釉の配合を施し出すらしくとっても難しいそうです。

 

今迄写真でしかお見かけしたことのなかった山口さんですが、今回工房にて初めてお逢いした印象は写真で見るよりずっとお若く知的な紳士でした、とっても77才には見えないイカシタ陶芸家の先生でした。

そして「山崎さんはどんな赤がお好み?」と尋ねてくれて、先生の作品の中でも鮮やかな赤い色が好きですと図々しい私、マグカップとカップ&ソーサーのセットを創って頂けるようたのんできました、1ヶ月後の完成が楽しみです。

 

by yamazaki

 

 

 

山口廣海 工房

静岡-県伊豆市上白岩1221

☎ 0558-83-1845

ホームページはこちら

http://www4.ocn.ne.jp/~dharsing/hiromi.html

 

 


大きな地図で見る

 


 ブログランキング



伊豆高原 不動産

 

 




2020年の東京オリンピック開催が決定したこの日、
伊東市赤沢にあるオーガニックカフェM2さんで、
【tete】という催しがあるということで、お邪魔してきました。



20130908_1.jpg


20130908_2.jpg


20130908_3.jpg


20130908_4.jpg


このteteですが、もう9回目なんだとか。
ハンドメイドの服や雑貨・ぬいぐるみ等の販売、後はフラワーエッセンス、
更には耳つぼまで揃っており、全て攻略すれば女子力アップ間違い無し。
なるほど、オーナーの皆さんはお綺麗な方ばかり。



20130908_5.jpg


20130908_6.jpg


20130908_7.jpg


これは先日、雑貨屋ブイヨンさんでも見かけたぬいぐるみ。
1歳9ヶ月になる卯年の子どもにと、うさぎを1つお買い上げ。



20130908_8.jpg


あとは、小物にトートバッグ、アクセサリーなども所狭しと展開されてます。
ハンドメイドってところが凄いところですよ。
トートバッグなんて、先日余所で買ったばかりなのに...。



20130908_9.jpg


20130908_10.jpg


20130908_11.jpg


20130908_12.jpg


20130908_13.jpg


20130908_14.jpg


20130908_15.jpg


フラワーエッセンスなんかも置いてありました。
アロマオイルとは別物なんでしょうか?
勉強不足ですみません。



20130908_16.jpg


20130908_17.jpg


あとは耳つぼ。
耳つぼって、あまり馴染みが無かったのですが、
お話を聞くと、耳にもあらゆるツボがあるらしく、
不眠とか食欲不振に良く効くツボがたくさんあるんだとか。



20130908_18.jpg


20130908_19.jpg


ここまで紹介しておきながら、無知で申しわけ無いのですが、
この【tete】ってどーいう意味なんでしょうか。
手と手?
モザンビークの都市?
いろいろ考えたんですが、わかんないので誰か教えてください(^^;;;



と、かなり女子力もアップした(?)ところで、カフェの方に戻ってくると、



20130908_20.jpg


20130908_21.jpg


丁度パンも焼き上がり、



20130908_22.jpg


tete開催中の限定メニューのベジカツバーガーを出してくれます。
「限定」という言葉に弱い私は、折角だし迷わず注文。



20130908_23.jpg


普段はジャンクフードばかり食べている私。
たまには体に良いものをと、オーガニックな食事でかなり体が癒されました。



20130908_24.jpg


目の前は赤沢の海。
天気があまり良くなかったのがちと残念でしたが、
ベジカツバーガーのお味は、もちろん金メダルでした。



20130908_25.jpg


m.suzuki



オーガニックカフェM2
住所:伊東市赤沢24-2
電話:090-9173-7018









もみ撒きからお送りしてきた育苗日記、いよいよ稲刈りが間近に迫ってきました。
米粒からここまでの成長を振り返ると、感慨深いような月日の早さに驚いてしまうような・・



0_籾.jpg


1_苗1.jpg


2_苗2.jpg


3_田植え時.jpg


4_田植え後-1.jpg


以上が今までの我が家の主食の変遷です。
これがこうなります。



5_稲刈り前.jpg


6_稲刈り前.jpg


ポイントは画面左下のネギも一緒に大きくなっているところと、
畔に雑草がのびのびと育っているところです。

また、この時期になるとどうしても背が高くなるため、
風雨や鳥獣によって稲が倒れてしまいます。



7_稲刈り前.jpg


そんな時は起こして縛っておきます。
寝癖を無理やり直しているのと近い感覚だと思います。



8_稲刈り前.jpg


あと1週間程で稲刈りです。
強風やら台風やらが来ないことを祈るばかりです。






 

仕事で三島に出掛けて帰り道に以前、友人から聞いて行ってみたかったお店 「irodori」 のことを急に思い出して立ち寄ってみました。

時間は午後3時、まだ昼食も食べてないのにCAKE&CAFEに行くにはと考えたものの何か月もこれず仕舞いのこのお店です、CAKEでランチと決めてナビをセットしGOO!

場所は伊豆仁田駅のすぐ裏手の住宅街、近隣の地元民の私も初めて来た場所でしたが、一目で此処だなと分かる真っ黒の塀と門を誂えた佇まいは期待どおり、そして門をを潜れば古民家をCAFEに再生したオシャレな空間が広がっていました。

 

 

222irodori (21).jpg

irodori222.jpg

 

222irodori (17).jpg

 

ここまで入って男子一人でCAKEを食べに来ている自分自身に急に怖気ずきましたが、思い切って引き戸をガラガラっと開けると、可愛い店員さんが「いらっしゃいませ~」この一言に救われましたよ、ほんとうに!

 

222irodori (11).jpg

CAKE屋さんですから玄関を入って正面にはショーケースが。

 

222irodori (10).jpg

222irodori (3).jpg

222irodori (4).jpg

  店内はこんな感じ!

 

そしてケーキ、迷った末に注文したのは「ピーチのショートケーキ」。

 

222irodori (5).jpg

 

かなりの大きさですが甘さ控えめなので意外とあっさり食べることができますよ。

ケーキのお味はお出掛けになって自身で確かめてみてください。

でもね、この大きさなのに食べるのが早いこと早いこと。

やっぱり男子一人シャイな私ではゆっくり寛ぐことはできませ~ん!

 

 

222irodori (1).jpg

 

こちらは裏口、真っ赤に実ったウチワサボテンと黒い壁がとってもハイセンスさを醸し出していました。これ有だなぁ~なんて思いながらパチリお庭造りの参考にさせてもらいます。

 

こちらのお店では雑貨屋やアンティーク家具も販売していました。お好きな方はこちもどうぞ!

 

by yamazaki

 

「 irodori」 はこちらから

http://www.irodori-nitta.com/index.html

 


大きな地図で見る







9月に入り、少し秋めいてきました。
朝晩も涼しくなり、熱帯夜という言葉自体、懐かしい響きに感じます。
とはいえ、日中の暑さはもう少し続きそうです。

そんな残暑が残る中、い志井さんにお昼を食べに出かけました。
別荘地内にあるので、雰囲気の良い佇まいのお店です。



20130906_1.jpg


20130906_2.jpg


20130906_3.jpg


暖簾をくぐり中に入ると...、



20130906_4.jpg


この日は珍しく空いていたらしく、普通にお座敷に通されました。



20130906_5.jpg


メニューはこんな感じ。



20130906_6.jpg


注文したのは、もちろん人気のセットメニューの【大室】です。



20130906_7.jpg


かき揚げ丼に



20130906_8.jpg


サラダ、煮物、香物、フルーツと、



20130906_9.jpg


メインのお蕎麦がセットになっております。



20130906_10.jpg


正直、普段はこの手のメニューは注文しないのですが、
ここのお蕎麦が美味しいと、リピーターの方々がブログ等で紹介しているのを見て、
エイヤッと注文。

ふと気づくと、既にこんな状態に\(◎o◎)/!



20130906_11.jpg


どーだ!
The 完食です。

噂に違わず美味でした。
お蕎麦のコシは強めで、おつゆはマイルドでやさしいお味。
ペロッと食べられますよ。
もう1皿くらいおかわりを注文しても良かったかも('-'*)

これで、食後にコーヒーあたりが付くと最高なんですが(^^;
無いので、そこは我慢です。

あと、店内では食器や陶器の販売もしています。
オーナー自ら焼いたのでしょうか?



20130906_12.jpg


20130906_13.jpg


正に「伊豆高原の隠れ家的なお店」という表現がピッタリ。
けど、駐車スペースが無いので、そこだけ注意かな。

m.suzuki



そば処 い志井
住所:静岡県伊東市池615-106
電話:0557-54-6881











今年の夏もやはり暑かった。愛犬「さくら」もかなり応えたと思います。
毎年夏には川や海に連れて行っては泳がせ、遊ばせていたのですが
さすがに今年の2月に15歳になった立派な老犬ですので
散歩程度で激しい運動は避けています。



宇佐美海岸-1.jpg


宇佐美海岸-2.jpg


しかし余りの暑さに散歩では可哀そうかな と思い、
殆ど人のいない早朝5時に海に連れて行って遊ばせてあげました。



宇佐美海岸-3.jpg


宇佐美海岸-4.jpg


宇佐美海岸-5.jpg


実際には海に浸かった程度でしたが、怖がりもせずに沖の方へ行っていたので、
まだまだ泳ぐつもりだったのかもしれません。15歳にしてまだまだ現役のさくらでした。


by山本








モップを掛けていると、床を掃除しているのか落ちた汗を拭きとっているのかわからなくなる今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。私は朝晩だけでもいいので涼しくなるのを祈る毎日です。
相変わらずの激しい暑さにやられ、お洒落なカフェに退避することにしました。



cafe-1.jpg


cafe-2.jpg


外観だけでお洒落具合がわかりますが、
中もとても素敵なのです。



cafe-3.jpg


cafe-4.jpg


cafe-5.jpg


写真を撮っていくお客さんがとても多い、
というのも納得な造り。相変わらずの語彙力ですが素敵です。

ウチはストローなしで飲んでいただきます、
といただいたコーヒー。
ちゃんとしたコーヒーは後味が違うんですね。



cafe-6.jpg


あっという間に終わってしまいました。



cafe-7.jpg


涼しくなったらあつーいコーヒーを飲みに行きたいです。









以前から私個人が1度行ってみたいと思っていたお店、
それが雑貨屋ブイヨンさんです。



20130831_1.jpg


20130831_2.jpg


この日は伊東市内で高温注意報が発令されるくらい暑い日。
倒れそうな気温の中、お店にお邪魔させてもらいましたが、
オーナーは気さくにお話を聞かせてくれました。

取り扱ってる品物は、主にハンドメイド品やセレクト雑貨、
それにオリジナルTシャツなど。
失礼ながらも、決して大きなお店とは言えないですが、
店内はオーナーのワールドが展開しております。



20130831_3.jpg


20130831_4.jpg


20130831_5.jpg


20130831_6.jpg


金額的にも、そんなにお高くも無く、畏まってる感じでも無いので、
あれこれとすぐに欲しい物が見つかります。

私の他にもカップルのお客様がいましたが、
「あ、これ好きかも」
なんてかわいらしい会話も聞こえてきました。



20130831_7.jpg


この猫の置物に関しては、私が一目惚れしてしまい、その場でお買い上げ。
今では私の職場のデスクの上で、この猫がゴロゴロとしております(*^^)v



20130831_8.jpg


個人的に思ったのが、女性へのほんのちょっとしたプレゼントを贈りたいときとか、
なんというか丁度良い匙加減だなぁとでもいいますか。



20130831_9.jpg


というのも、基本的に女性って雑貨が好きじゃないですか。
お手ごろですし、センスも良いものばかりなので、
贈れば喜ばれるのではないでしょうか。
もちろん自分用としてもアリだと思います。

あと、今この近辺で静かなブームとなっている猫のぬいぐるみも発見!



20130831_10.jpg


もちろん1つ1つがハンドメイド。
かなり人気があり、すぐに売り切れてしまう様です。



20130831_11.jpg


オリジナルTシャツもオーナーのセンスがキラリと光ります。
子どもにも着させてやりたい色のプリントTシャツ。



20130831_12.jpg


Tシャツは何枚持っていても困りませんよねぇ。



20130831_13.jpg


もっと時間があれば良かったのですが、
今回は取材ということであまり長居出来ませんでした。
また時間のあるときに、ゆっくりとお邪魔したいと思います。

営業日は金・土・日・祝日の11:00~17:00ですが、
イベント出店時はお休みとなるそうなので、
ブログ等をチェックしてから足を運んでみてください。
http://ameblo.jp/bouillon-shop/

きっと欲しいものが見つかるハズですよ。

m.suzuki



雑貨屋ブイヨン
住所:〒413-0232 伊東市八幡野1126-41
電話:0557-53-3190









会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog