もみ→苗→稲→刈取り!



4月に撒いた籾(もみ)が芽を吹き、育った苗を田に植えて数か月、
青々としたその苗は黄金色となり、いよいよ稲刈りの時期となりました。



稲刈り1-1.jpg


稲刈り1-2.jpg


台風が来る前の日に行う予定だったのですが、朝からの雨であえなく中止。
その後の台風が直撃したため倒れてしまった箇所もあったのですが、
雨が上がった後の風とその後の快晴である程度乾いたと判断し、実施となりました。



稲刈り1-3.jpg


※土が濡れていると、機械がうまく動かなかったり田んぼにはまったりしてしまい、
穂が濡れていると品質が落ちたり乾燥させる機械に入れることができなかったりするので、
お天気の続いた日に行うのが一般的です。

大きなコンバインが入るので、入口周辺や角の部分は鎌で刈って脇に置いておきます。
台風前に準備をしておいたので、数日前に刈ってあった稲はすでに色が変わっています。


台風前(稲刈り4日前)



稲刈り1-4.jpg


稲刈り時



稲刈り1-5.jpg


上記の準備が終われば、後はコンバインと熟練の腕にお任せ。
バリカンのようにすいすいと進みます。



稲刈り1-6.jpg


稲刈り1-7.jpg


以前の日記で、倒れた稲を寝癖が如く縛って起こしておく、とご紹介しましたが、
そのままではさすがに刈り取れないので、機械が来ないうちに解いておきます。



稲刈り1-8.jpg


稲刈り1-9.jpg


そうこうしているうちにハイスピードのコンバインは仕事を終えていくので、
タイミングを見計らって脇に置いてある稲を機械に運びます。


この部分に稲を乗せると・・



稲刈り1-10.jpg


稲刈り1-11.jpg


ぐいーんと進んで・・



稲刈り1-12.jpg


穂だけを取って残りを裁断し、排出します。



稲刈り1-13.jpg


また、一部の稲は裁断せずに残します。
乾燥させて藁にするためです。



稲刈り1-14.jpg


稲刈り1-15.jpg


しばらく刈り続けると、コンバインは満腹と言わんばかりにビープ音を鳴らすので、
移し替えを行います。



稲刈り1-16.jpg


稲刈り1-17.jpg



色んなことをしつつも、着実に刈り取りは進みます。



稲刈り1-18.jpg


稲刈り1-19.jpg


そして、さっぱりとしました。



稲刈り1-20.jpg


稲刈り1-21.jpg


稲刈り1-22.jpg


※写ってはいませんが、トンボ、カエル、それらを狙った鳥などでごった返しています。


これで終わり・・と思いきや、川を挟んでもう1面あったりするので、
そちらの様子とお米のその後についてはまた次回にお伝えします。



稲刈り1-23.jpg


後半へ続く


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 稲刈り(もみ)→乾燥→玄米→完成!  前の記事 : 中秋の名月@大室山【伊豆高原オータムフェスティバル2013】

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog