【里帰りした伊東市の考古資料】



もう2週間くらい前になるでしょうか。
私用で伊東警察署へ行きました。
別にお縄ちょうだいされたワケでも、自首したワケでもございません。
単に車庫証明書を取りに行っただけです。
期待に沿えなくてすみません(^^;

その伊東警察署の目の前に、伊東市文化財管理センターがあり、
里帰りした井戸川遺跡の出土資料を見せてくれると聞き、
結構時間があったので覗いてきました。
入場無料だし。



20131121_1.jpg


で、一体何が里帰りなのか、と説明しますと、
30年以上前、玖須美保育園を建設する際に出土したこれらの物は、
これまで県が保管・管理していたらしいのですが、
この10月にめでたく伊東市に帰ってきたんですって。
その量は、軽くダンボール箱200箱以上になるんだとか。
スゴイ量ですねぇ。

施設の中に入ると、貴重な出土資料がズラッと並んでいました。



20131121_2.jpg


一応市職員の方が常駐していて、一通りの説明を軽くしてくれます。
縄文土器の縄文にも流行があって、地域地域によってその文様が似てるんだとか。
中には東北地方で出土された土器と文様が似ているものがあるんですって。

車や電車、インターネットも無い時代、
東北地方に住んでる縄文人とどーやって交流してたんでしょうか。
やっぱ徒歩ですかね?
それとも他の移動手段...?



20131121_3.jpg


20131121_4.jpg


こうやって土器の形や文様を調べてみると、
いろいろな地域の土器が集まっていたことがわかるんだそうですよ。



20131121_5.jpg


20131121_6.jpg


そしてこのフロアの一番奥に土偶が鎮座しています。



20131121_7.jpg


ですが、結構破損していて、最早頭部しかありません。
しかも眉や鼻も表現されてますが、完全ではありません。
素人目から見て、これが道端に落ちてても、土偶だとは気付かないと思います。
大きさも直径10㌢ほどで、さほど迫力はありませんし(^^;

縄文時代から弥生時代にかけての石器も、綺麗な状態で展示されていました。
古代人は、これらを一体何に使っていたのでしょうか。
やっぱし料理?



20131121_8.jpg


20131121_9.jpg


20131121_10.jpg


これは「猿神像」として展示してありましたが、猿を神として崇めていたならば、
インド神話のハヌマーンの影響を受けているんでしょうか?
そんな風に自分なりの説を唱えて考えるのも、考古学を楽しむ醍醐味なのかも。



20131121_11.jpg


そして時代は一気にワープして、戦時中の物も展示してありました。



20131121_12.jpg


縄文、弥生、平安と来て、ここで急に昭和にワープ。
若干面喰いました。

が、逆にこの時代まで、この辺りでは特に何も無かったってことなのかもしれません。
確かに、平安時代の伊東祐親さんの台頭を最後に、
歴史の表舞台に伊東市が登場することはほぼ皆無です。
辛うじて江戸時代の三浦按針さんくらいですからねぇ。

それだけ伊東市は平和なんだなぁ。

今回の展示は2013年12月15日まで。
しかし、今月(2013年11月)末に、土偶から和同開珎等に展示物を変えるそうです。
そのころまた見に行くのもおもしろいかもしれませんよ。


m.suzuki


伊東市文化財管理センター
住所:伊東市竹の台3-11
電話:0557-36-2182


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 伊豆高原カフェイーストヒルズ  前の記事 : 【ほぼバル バズハウス】

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog