天然蜜蝋ワックス作りに挑戦!



蜜蝋ワックスは、天然の蜜蝋と油を混ぜるだけというシンプルなもので、
完成品を購入せずとも自宅で作る事が可能だという事で、早速挑戦!!

科学合成化合物が一切入ってない為、無害で安心感のある保護材です。

蜜蝋は働きバチの腹部の腺から分泌されたもので、ミツバチの巣を構成する蝋。
巣を加熱圧搾し、お湯で溶かしたものを採取します。
つや出し剤や化粧品にも使われるそうです。



20140130_1.jpg


「ロウ」ということだけあり、固まったものはとにかく硬いんです。

そして油は家庭で普段使うような菜種油を使いました。
菜種油とは「セイヨウアブラナ」から採れる植物油脂で、
かつては灯火の燃料としても用いられていたそうです。



20140130_2.jpg


この油は艶も程良くベタベタしない割に馴染みも良く、木との相性も良かった様です。

作り方はいたって簡単です。
フライパンに入れた水を沸かし、湯煎で溶かして混ぜるだけ。



20140130_3.jpg


20140130_4.jpg


20140130_5.jpg


熱すると簡単に溶けだします。



20140130_6.jpg


固まった蜜蝋はとても硬く、包丁で切るのが至難ですが、
レンジでチンすれば柔らかくなります。

溶かした蜜蝋は常温で冷ますとまた固ります。



20140130_7.jpg


固まった時の硬さを予想しながら、蜜蝋と油の割合を決めるのがポイント
少し蜜蝋を多めにし、少し硬めでしたが、1:6で調合しました。

溶かして混ぜ合わせた蜜蝋も時間が経ち冷却をすることで、白くなり固まってきます。



20140130_8.jpg


固まったワックスを楢の木に塗ってみました。



20140130_9.jpg


塗り始めから染み込んでゆくのが分かり、肌触りがツルツルになりました。



20140130_10.jpg


20140130_11.jpg


塗料や他のワックスと違い、塗って乾かすというものではありません。
乾燥を待っても拭きあげるだけの処理で、他の塗料のような煩わしさはありません。

実はとても経済的でコストパフォーマンスも良く、かなり長持ちします。

無垢の木などには持って来いの保護材ですので、
是非皆様も挑戦されてみては如何でしょうか。


By 水越


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 自宅内自然探訪  前の記事 : 日本一早い【城ヶ崎桜まつり】

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog