大福の店 杉崎菓子店



甘いもの、特にあんこものが好きなのは、死んだ祖父の影響かと思われます。
子どものころは祖父が近所で買ってくる、どら焼きやら今川焼を、
おやつによくもらって食べてました。

昔は近所に、おみやげ、おもちゃ、今川焼などを乱雑に取り扱っている、
結局何屋だかわからない、カオスなお店がたくさんあったと思うんですが、
最近ではとんと見なくなりましたね。
どこ行っちゃったんだろ?
時空の挟間?


で、私の血をしっかりと引き継いだ子ども。
妻が焼いたあんぱんを、ちょっと目を離したスキに、
あんこ部分だけほじって食べるという荒業に出たり、
端午の節句の大きなかしわ餅を、パクパク食べるくらいあんこ好き。

丁度私も食べたかったし、美味しい大福でも買いに行こうということに。


とはいえ、実は私も最近人から教わり、このお店の存在を知りました。
正しく知る人ぞ知るといった、隠れた名店といった趣きのお店です。

その名も
「大福の店 杉崎菓子店」
知らねーだろ(^o^)?



20140530_1.jpg


20140530_2.jpg


お店自体は大きく無いのですが、美味しそうなお団子や大福がズラリ。
見ていると、こちらもヨダレがジュルリ。



20140530_3.jpg


20140530_4.jpg


みたらし団子は焼き立てかな。
見るからにふっくらしています。



20140530_5.jpg


いちご大福も、今では市民権を得ましたよね。
最初見たときなんじゃこりゃー!って思いましたけど。



20140530_6.jpg


結果、吟味に吟味を重ね、今回は草餅の大福と豆大福、そしてかしわ餅をチョイス。



20140530_7.jpg


大福のお餅は、そこらで売っているものとは違い、瑞々しく本当に柔らか。
あんこも甘すぎず、素材の味を大切にしている感じ。
とはいえ、歯ごたえもしっかりありますよ。



20140530_8.jpg


20140530_9.jpg


妻は豆大福。
同じく柔らかくてふわふわ。
やはりあんこは粒あんに限りますね。



20140530_10.jpg


20140530_11.jpg


子どもにはかしわ餅。
最早口癖になっている「おいしい」を連呼しながら完食。
本当によく食べる子だよ(^^;



20140530_12.jpg


自分で食べるのはもちろんのこと、
ちょっとした手土産にしても喜ばれると思います。


場所は伊東駅を背に角の交番を右折。
350mほど歩き右折出来る細い路地がありますので、そこを入ってすぐ右です。
駐車場は無い様(?)ですので、注意してください。


m.suzuki


大福の店 杉崎菓子店
住所:伊東市松原湯端町4-7
電話:0557-36-4265


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : ポテト・チップス・スツール  前の記事 : 第22回 伊豆高原アートフェスティバル【izuピースヴィレッジ】

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog