国指定史跡 韮山反射炉



伊豆の国市韮山にある反射炉を、世界遺産にしようとする動きが出ています。


去年登録された富士山や、今年登録された富岡製糸場なんかを見ると、
登録されると見学者が倍増し、ゆっくり見ることが出来ないかな?と思い、
見学者が少ない今のうちに見ておこうと、出かけてみました。



20141030_1.jpg


最後に見たのが、それでも10年ほど前だったでしょうか。
まぁ、特に目新しいところも無いのですが、
江戸時代より変わらず残っている建造物ですから、やはりかなり圧巻です。



20141030_2.jpg


入場料(大人100円)を支払って、も少し近くから見てみましょう。



20141030_3.jpg


もともと、この反射炉は下田に造られる予定だったらしいのですが、
ペリー艦隊の水兵が侵入するという事件が起こり、
急遽韮山に建設されたそう。


つか、そもそも【反射炉】ってなんじゃ?という方もいると思います。


ここで軽く説明すると、時代が江戸時代末にもなると、急にペリーが黒船で来たりして、
幕府は列強諸国に対抗するには軍事力の強化が急務と判断します。

刀の時代から鉄砲の時代へなりつつある中、西洋の先進的な技術を取り入れるべく、
西洋砲術の導入、和製鉄製大砲の生産、海軍の創設などが進められました。
昨年の大河ドラマ【八重の桜】でも、主人公八重さんのお兄さんの覚馬さんが、
生涯をかけてこれに尽力してましたね。

その中で、鉄製砲を生産するために必要とされたのが、この反射炉。

反射炉は炎と熱を炉内の天井で反射し、集中させることにより、
鉄を溶かすことが可能な数百度の高温を実現しました。
炎と熱を反射させるしくみから「反射炉」と呼ばれたのです。



20141030_4.jpg


20141030_5.jpg


20141030_6.jpg


反射炉の周りには、反射炉を守る様に和製鉄製大砲が並べられています。
ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲では無いですよ(^^;
近くで見ると、かなり迫力がありますね。



20141030_7.jpg


20141030_8.jpg


砲弾は砲門から入れるタイプの様です。



20141030_9.jpg


事務所の中にも、小型のものが置いてありましたよ。
オブジェとしてもカッチョ良いです。
1門欲しいくらいですよ。



20141030_10.jpg


回りにあるおみやげ屋さんでは、日本で最初に考案されたパンも販売されてます。
今のパンとは違い、かなり固いパンです。
美味しいかどうかは、食べてから判断してください。



20141030_11.jpg


20141030_12.jpg


たまには歴史に思いを馳せるのも良いものですよ。
これだけのものが残っているのが、伊豆半島の中でも珍しいですし。

無事に世界遺産に登録されると良いですね。
登録されると混雑が予想されるので、見ておくなら今のうちかもしれませんよ?



最後に余談になりますが、反射炉へ近づこうとすると、
うちの子どもが怖がって近づこうとしなかったのですが、
ここって何か曰くってありましたっけ(^^;


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 森の露天市やってます  前の記事 : 歴史と伝統ある川奈ホテル

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog