小田原の手みやげといえば伊勢屋



今年初めての小田原です。

実は私、高校が小田原でしたので、毎日通学してたのですが、
卒業してからは年に数回程度しか行けなくなってしまいました。

それでも行くと、学生時代の楽しかったことや、
クソみたいなことが昨日のことの様に思い出されます。

とまぁ、若干ノスタルジーに浸りつつ、この日は伊勢屋さんに行ってきました。
以前はこのへんに映画館があり、学校が終わったあとに入り浸って映画を見たものです。
実に懐かしい。


さてさて、この伊勢屋さんは昭和10年創業で、昔ながらの手作りの味。
老舗の和菓子屋さんです。



20150123_1.jpg


20150123_2.jpg


20150123_3.jpg


今回行った時間帯がお昼ごろだったため、
自家製のおいなりさんや海苔巻を買っていくマダムたちで溢れています。

というのも、ここは基本的に和菓子屋さんですが、
おいなりさんや海苔巻も評判のお店で、
ショウウィンドウの品物が飛ぶ様に売れていきます。



20150123_4.jpg


20150123_5.jpg


海苔巻の写真が若干ブレてしまいました(^^;
すみません。



20150123_6.jpg


いつもは会社の諸先輩方に、おみやげをいただいてばかりなので、
たまには私も大福でも買って帰ろうかと思ったのですが、
添加物を一切使用せずに作っているため、日持ちがしないということで、
残念ながら生菓子関係は諦めます。

こちらのようかんは日持ちしますよということでしたが、
美味しく無かったらやだな~とか思いつつ、各種試食をさせてもらうと、
そこらのようかんの様な甘ったるさは一切なく、爽やかでなかなか美味しい。



20150123_7.jpg


梅味やレモン味、ひいてはキウイ味のようかんなんて聞いたこと無いですし。
これなら納得出来ると思い、2本ほどお買い上げ。
今回は梅味とレモン味の2種類。


あとは、家族で食べる分の豆大福を買い、伊勢屋さんの隣のなりわい交流館へ。
すいません、雨降りだったので建物全体の写真はありません(^^;



20150123_8.jpg


20150123_9.jpg


こちらのなりわい交流館は、昭和七年に建てられた旧網問屋を再整備し、
誰でも利用出来るお休み処として、気軽に利用出来る施設。
入るとお茶のサービスもあるので、伊勢屋さんで和菓子を買ったら、
ここでひと休みして食べるというのもアリだと思いますよ。

というか、私たちはそうしましたし\(^o^)/

1歩中に入ると、そこはもう昭和。
趣きがあって良い建物です。



20150123_10.jpg


20150123_11.jpg


20150123_12.jpg


やはり古民家は落ち着きがあるので好きです。
この梁も立派でしょ?



20150123_13.jpg


お茶をいただいちゃったので、折角なのでこちらで豆大福をいただきます。
あんこは粒あん。
基本ですね。



20150123_14.jpg


くどく無くて甘すぎず、お豆の塩気が味の良いアクセントとなっていて、
美味しくいただきました。
お茶もごちそうさまでした。



20150123_15.jpg


国道1号線沿いなので、実にわかりやすいところだと思いますし、
ちょっとした手みやげを持っていくときにも重宝するお店だと思いますよ。

電車でお越しの方は、小田原駅ビルの小田原ラスカの中にも入っているので、
そちらをご利用する方が便利かと思います。


そうそう。
生ようかんのお話は、また日を改めて書こうと思います。


m.suzuki


伊勢屋本店
住所:小田原市本町3-6-22
電話:0465-22-3378


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : おやつはバニラビーンズのケーキ  前の記事 : 修善寺no洋食屋とカルノ造船

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog