伊豆釣行記 2015年07月19日



今回は伊豆釣行記、改め、天竜川釣行記です。

前日までの大雨でダムが放流中の為、川は増水と濁りが強く、
釣りができないかもしれないと心配しておりましたが、
当日は鱸釣りにはまずますのコンディションを迎えられました。

とは言っても、まだまだ流れも強く、深さもあるため、立ち位置は限られましたが、
ドラゴン(天竜川に上ってくる夏の鱸)は期待に応えてくれました。



20150719_1.jpg


20150719_2.jpg


20150719_3.jpg


時間は午前8時からスタート。
川の濁りがあると魚の警戒心が薄れるため、
日の出前の暗い時間から始める必要はないので、
朝はゆっくり日中の釣りに体力を温存できます。

梅雨前後は川底のえびを捕食している傾向が強いため、
底を狙えるバイブレーション(全長7センチ前後の鉄とプラスチックでできたルアー)
がメインとなります。

魚は捕食する場所を選び、そこで定位してエサを待ちます。
ただやみくもに投げても、偶然通った魚が偶然釣れるだけで、
狙って数を釣るためには、魚のいる場所を探す必要があります。

今回は河岸近くのファーストブレイク(河岸から最初に深くなる傾斜)を中心に、
流れと同じ方向にルアーを動かす方法で攻めました。

リフト&フォールと言って、竿を立ててルアーを上昇させ、
また竿を下に戻してルアーを沈める。
この流れを繰り返すこと数投目、早速ドラゴンから反応がありました。
沈む最中に「コン」と反応があり、素早く竿を立て合わせると、
糸が「ぎいーーー」と10秒ほどもってかれました。

川の強い流れに乗っているのでサイズは期待できませんでしたが、



20150719_4.jpg


60cm程の鱸が遊んでくれました。
その後も2時間ほど遊んで、5匹の釣果となりました。



20150719_5.jpg


20150719_6.jpg


20150719_7.jpg


これから夏本番を迎えると、エサとなるボラの子供が成長して脂を付けて遡上してきます。
そうなると、大きな鱸がエサに貪欲になり、
水面に飛び出してエサを食べるようになります。
サイズアップへの期待はこれからです。

8月に入ったら、また天竜川に遠征し、大きな鱸を釣って来ます。
次回の釣果報告、是非楽しみにしていてください。


それでは今後もよろしくお願い致します。


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 庭に咲く色鮮やかな夏の花たち  前の記事 : GRANNY SMITH(グラニースミス)

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog