1度は見ておきたい美しい北欧の建物



アルヴァ・アアルトは言うまでもなく、
近代建築の巨匠の一人と考えられている人物です。

どんなに良い建築物であっても、
それを実際に目で見なければ本当の良さはわかりません。
その空間に流れている空気感や質感が全てだからです。


アルヴァ・アアルトのアトリエはそれが顕著です。


アアルトのアトリエは、ヘルシンキ市内の高級住宅街の中にあります。
真っ白な外壁が特徴で彼の作品だとすぐにわかります。

ちなみにですが、彼はここを事務所として利用していましたが、
事務所というよりもアトリエと表現した方がピッタリ。



20151122_1.jpg


20151122_2.jpg


このアトリエの活動は続いていて、彼が設計した建物の保守や保存の仕事を、
今でも継続して行なっています。


中庭からアトリエを見てみましょう。
連続した白く美しい外壁ですね。
そして写真では伝わりにくいですが、とても気持ちの良い庭です。



20151122_3.jpg


20151122_4.jpg


建物の入口付近から入口ドア。
ドアの取っ手は、当然アアルト定番のもの。
これは2段重ねになっていました。



20151122_5.jpg


20151122_6.jpg


アトリエ2階のアトリエのアプローチを上がってみましょう。



20151122_7.jpg


アアルトが使っていたアトリエの内部は天井が高く、
開放的なスペースになっていました。



20151122_8.jpg


アアルトがデザインした家具の特徴は、木を曲げる独特の手法で、
特に脚部は「アアルトレッグ」と呼ばれる、世界で唯一の製法で作られています。

このチェアの脚はネジでしっかり固定され、
ジョイントやサポートといった余計な部品は一切使用されていません。
見た目もスッキリとしたデザインで、独自のクオリティを実現しています。



20151122_9.jpg


ここがアアルトが好んで使用していた場所。



20151122_10.jpg


自然でシームレスな空間、決して大きすぎないスケール感などは、
我々日本人にもなじみやすい空間感覚。

実際、アアルトは日本の空間からかなり影響を受けていたとのことで、
和風の要素が感じられる建物もいくつかあるんだとか。



仕事場内部は、机のスペースも広々と取られ、
作業しやすそうなスペースになっていました。



20151122_11.jpg


20151122_12.jpg


今回のアルヴァ・アアルトのアトリエ訪問は、
後のフィンランド建築の礎となるものばかりで、
とても興味深く見応えがありました。


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 庭の手入れが格段に楽に!?魔法のシートを試しました  前の記事 : いよいよオープン KISSA TERAMO'S

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog