2016年3月アーカイブ



早いもので明日から4月。
子どももこの4月からは幼稚園の年中さん。

ついこのあいだ幼稚園に入園したばかりの様な気がするのですが、
気付けばもう年中さんですよ。
本当に早いものです。


さて、そんな年度末ですが、
気になるのはやはり伊豆高原の桜の開花状況でしょうか。

先日、当ブログにて1割程度の開花とお伝えしましたが、
今日の13時過ぎはこんな状況です。



20160331_1.JPG


20160331_2.JPG


近くに寄って見てみると、結構咲いている様に見えますが、
実際ちょっと引いて見てみると、咲いているには咲いてますが、
満開まではもう少しといったところでしょうか。



20160331_3.JPG


20160331_4.JPG


20160331_5.JPG


それでも、暖かい陽気に誘われてか、
16時くらいに再び見てみると、13時に見た段階よりも、
少し開花が進んだ様な気がします。

通りを通る人も、足を止めて桜を眺めたり、カメラで撮影しています。



20160331_6.JPG


やはり満開の時期は今週末といったところでしょうか。
しかしここにきて、明日からの天気があまり芳しく無いとの噂もありますので、
もうちょっと先になるという可能性も捨てきれません。



20160331_7.JPG


あと数日様子を見てみたいと思います。


桜の写真も、あまり変わり映えもしなくなってきたので、
ちょっとエフェクトかけてみました(^^;

満開になるまで、もう少しお待ちください。



20160331_8.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



お!桜咲いてるじゃん!
思わずカメラをパシャリ。



20160329_1.JPG


が。

とはいっても、伊豆高原桜並木通りで、
咲いているのは全体的には1割程度。
まだまだ満開ではありません。



20160329_2.JPG


中には頑張って咲いている桜もありますが、



20160329_3.JPG


それもごく一部です。



20160329_4.JPG


20160329_5.JPG


ちなみに、社屋前のマーガレットは満開です。
ささやかですが、こちらでしばらくお楽しみください。



20160329_6.JPG


20160329_7.JPG


満開になる予想は今週末ということなので、も少しお待ちください。
丁度土日に重なりそうなので、混雑が予想されます。
気を付けてお越しください。



20160329_8.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



新型「プリウス」を街中で見かける機会が増えてき様に感じます。
出始めのころは、そのデザインに違和感を感じましたが、
このごろなんだか見慣れた感があります。


と、珍しく冒頭から車の話題で入りましたが、
その新型プリウスが今日の午前中の雨が降る中、めでたく3台納車されました。
パチパチパチ!



20160328_1.JPG


20160328_2.JPG


主に営業用として、これから大いに活躍してくれるのではないかと思っています。
やはり新車は良いですねぇ。
新車の匂いー。

雨が降っているのでわかりづらいですが、実に光り輝いております。



20160328_3.JPG


20160328_4.JPG


20160328_5.JPG


3年前に買った我が家の車も、買った当初は輝いていたんですがねぇ。
最近では砂ぼこりと花粉まみれであまり輝いていません(^^;
やはりマメな洗車が必要ですね。



折角なので、運転席にも座らせてもらいました。
ドアを閉めると、外の音がほとんど聞こえません。
気密性が高いですよ、これは。
密談し放題だ(^^;



20160328_6.JPG


メータパネル周りもイイカンジ。
総走行距離5キロ。



20160328_7.JPG


私、ちょっと車に疎いのでわかりませんが、最近の車では常識なのかな?
燃料の残からあと何キロ走れるか割り出していて、
ここでは(あと)289キロ(走行可能)と表示しています。



20160328_8.JPG


燃費はリッターあたり40.8キロということなので、
計算上では燃料タンクには燃料が7リットルしか入って無いってこと!?
いやはや恐ろしい時代になったものです。

今の時代の大容量ハードディスクの値段と、車の燃費をちょっと昔の技術者に教えたら、
ビックリしてひっくり返るんじゃないでしょうか。
そんな勢いです。


リアから見ると、こんな感じです。
ちょっと車高が低くなったかな。



20160328_9.JPG


20160328_10.JPG


今週末には桜が満開になりそうなので、
当社で家を買いがてら、ついでに是非お花見でもいかがですか。
これから物件のご案内は、新型プリウスでさせていただきますよ。


伊豆高原の桜のお話は、お天気の様子を見ながら、
また明日にでもしたいと思います。



20160328_11.JPG


20160328_12.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



まだまだ朝晩は冷えますが、日中は大分暖かくなって、
随分春らしくなってきましたね。

と、宇佐美の山奥に生える野草も春を迎えてきている様です。



20160327_1.JPG


おっと、いきなりつくしが沢山生えていました。
実に春らしい一コマ。



20160327_2.jpg


これは「わらび」や「ぜんまい」などの山菜を収穫だとお思いでしょうか。
いいえ、今回は「よもぎ」を求めてこの原っぱへ来てみました。


この写真の中に、よもぎが紛れています。
どれだかわかりますか?



20160327_3.JPG


広い原っぱなので、よもぎはなかなか見つからない。
新芽の柔らかいところを収穫に来ましたが、
原っぱのごく一部にしか生えていません。


あぜ道やちょっとした石垣などには結構生えているんですが、
いざ見つけようとすると、何故か見つからない...。
そんな感じですね。



20160327_4.jpg


20160327_5.JPG


とはいえ、1時間ほどこの原っぱで収穫して自宅に戻り、
重さを計ると生葉で150グラムほどありました!
これは頑張った方じゃないでしょうか。



ではでは、採りたてのよもぎを使用して、
お待ちかねの『よもぎ団子作り』です。


綺麗な葉だけ残し、余計な草を除きます。
余計なものが結構混じってきますよ!

天然ものですから、もちろん虫も付いていますので、水で綺麗に洗い流します。
そしてアク抜きです。
重曹をいれたお湯で茹でます。

ほうれん草を茹でる感じですね。



20160327_6.JPG


冷水に付けて色止めをします。
しばらく冷水に付けておくと、水が真緑色になってきます。
余談ですが、よもぎは染料にもなり、染めると黄色に近い色になるそうですよ。



20160327_7.jpg


ではここで、よもぎ団子の詳しいレシピをご紹介します。
メモのご用意をお願いします。

上新粉...120g
砂糖...10g
お湯...80㏄
ヨモギ...茹でたもので20gくらい


1.上新粉と砂糖をボールにいれ軽く混ぜ合わせます。
さらにお湯を徐々に注ぎ入れます。
上新粉がバラバラボソボソになる感じです。



20160327_8.jpg


20160327_9.JPG


2.1をひたすら練ります。
耳たぶくらいの固さになり、ひと塊になればOKです。



20160327_10.JPG


20160327_11.JPG


3.2を適当な大きさに分けて、平らに伸ばします。

4.3を蒸し器に入れ、20分ほど強火で蒸します。



20160327_12.jpg


5.水けを切ったよもぎはみじん切りにします。
ちなみに、ヨモギは繊維が多いのでフードプロセッサーではなく、
包丁を使用するほうがベターです。
すり鉢ですっても大丈夫ですよ。

6.4が蒸し上がる直前3分前くらいに、みじん切りにしたよもぎをいれ、一緒に蒸します。



20160327_13.JPG


7.6が蒸し上がったら、急いでボールに移し、
ここが重要ですが"あつあつ"のまま突いていきます。



20160327_14.JPG


8.ある程度突いたら手でこねます。
熱いですから気を付けて。



20160327_15.JPG


9.お好みの大きさに分け、丸めたら完成です。
櫛にさしても可愛いですね。



20160327_16.jpg


10.餡子やきな粉をかけて、自由にお召し上がりください。
手作りですので、もちろん完全無添加で美味しいですよ。



20160327_17.JPG


20160327_18.JPG


実に春らしい、よもぎの香り豊かなお団子になりました。
最終的にやっぱり、花より団子になってしまいますね...(笑)

色気より食い気といったところでしょうか。


石田


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



「アウトドアスポーツを通じて伊豆半島の魅力を発信していきたい」
というコンセプトのもと、昨日のブログで告知した通り、
第1回「伊豆半島ジオパークロゲイニング大会」が無事に開催されました。

私も一体どんな大会で、どんな様子なのか気になるので、
スタートの時間を見計らい、ちょっと顔を出してきました。


大会のスタート地点は伊豆高原学園。

既に開会式は終わってしまっていて、
地図が配布されて各チームが作戦タイムに入っていました。



20160326_1.JPG


20160326_2.JPG


20160326_3.JPG


どの出場者の方々も気合の入り方が違っていて、
地図を見ながら、どのチェックポイントに行くのか熟考しています。
そしてかなり手馴れてらっしゃる。
とりわけ「ロゲイニング手練れの猛者」といったところです。



20160326_4.JPG


20160326_5.JPG


20160326_6.JPG


で、この大会の私なりの雑感ですが、これ結構おもしろそうですよ。
各チームが制限時間内に出来るだけ多くの指定されたチェックポイントをまわり、
そのチェックポイントで獲得した得点の合計を競い合うというルール。

各チェックポイントで写真を撮影し、ゴール後にポイント計算して順位を決める様です。
しかし、チェックポイントごとにもらえる点数が違うため、
どのチェックポイントに効率良く行くかが勝敗を大きくわけそうです。

バスと電車以外の乗り物は使ってはいけないらしく、自転車でさえダメだとか。
シビアっちゃシビアですよ、これは。
知力と体力の両方使いそうです。


作戦タイムも20分ほどで終了し、スタートする時間の10時にもなると、
スタート地点には続々と猛者どもが集まってきます。
気合も充分ですね。



20160326_7.JPG


20160326_8.JPG


定刻の10時にはスタートのピストルの合図で、一斉にスタート!



20160326_9.JPG


20160326_10.JPG


スタートと同時に、全員が猛スピードで走り去るというワケでもなく、
それぞれが自分たちのペースで出発出来るのも良いですね。
殺気立ってないでのんびりと。

皆さんこの大会を各々楽しんでいるご様子でした。
いってらっしゃーい!



20160326_11.JPG


20160326_12.JPG



このブログを書いている正に今ごろ(17時30分)、表彰や閉会式とかやってるでしょう。

一応、今大会の地図やチェックポイントの一覧表をもらいましたが、
関係者の方に地図などはネットなどには挙げないでくださいと釘を刺されていますので、
ゴール予定時刻は過ぎていますが、念のため挙げないでおきますね(^^;

猛者の皆さまはお疲れさまでした。
次の大会でもお会いしましょう。



ところで、受付にこれが「お一人様一つ限り」と書いてあったのですが、
出場者じゃないけどもらえたのかなぁ?
中身はなんだかわからないけど、レーションみたいなものでしょ。
食べてみたかったな。



20160326_13.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



平成28年3月26日、つまりは明日ですが、静岡県の伊豆半島の東海岸にて、
いよいよ「伊豆半島ジオパーク・ロゲイニング大会」が開催されます。



20160325_1.jpg


20160325_2.jpg


あぱ?
なんだい?それは?
という方も多いかと思います。


まずは「ジオパーク」の説明を簡単にしますと、
ジオとは、地球・大地を表わす言葉で、地層・岩石・地形・火山・断層など、
私たちが住む地球が、長い時間をかけて生み出した、
地形的に特殊な地域のことをジオパークと呼びます。

日本には平成28年3月現在で、39地域のジオパークが存在しており、
貴重な景観を持つ伊豆半島は2012年に日本ジオパークに認定されました。


次に「ロゲイニング」ですが、
地図に記載されたポイントを探しだすオリエンテーリングと、
宝探しゲームを組合わせたようなアウトドアスポーツ。
どのポイントをどういう順番で回るかは各チームで決め、
制限時間内でできるだけ高得点を取るのが目標です。
(一部公式サイトより抜粋)


とまぁ、簡単に言ってしまうと、特殊な地形のジオパークである伊豆半島を使って、
みんなで宝さがしゲームを行おうじゃないか、という大会の様です。



伊豆半島のユニークな地形と地質、
そして素晴らしい自然を自分たちの足で回って発見してもらいたいという発想から、
ジオパーク専門家と火山学者、
オリエンテーリングのトップ選手が集結したエキスパートチームが、
知恵と知識を持ち寄って企画を練り上げた伊豆半島ジオパーク・ロゲイニング大会。
(公式サイトより抜粋)


参加希望者も多数いた様で、参加募集もすぐに締め切られてしまったとか。
これは結構な注目度の高さだと思いますよ。


記念すべき第1回大会。
お天気も気になるところですが、成功すると良いですね。

ちなみに、我が(株)メープルハウジングも協賛しています。
http://www.izugeopark-rogaining.com/


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



超巨大カニのタカアシガニ。

水族館などで目にする機会も多いですが、
家族でタカアシガニを食べに行こうということになり、
タカアシガニ料理が食べられるところとして有名な、
沼津市の戸田まで行ってきました。



20160324_1.JPG


20160324_2.JPG


タカアシガニには様々な料理法がありますが、
一番美味しい食べ方と言われているのは、蒸しガニでしょうか。

戸田港で水揚げされた新鮮なタカアシガニを蒸し、
柔らかな身とコクのあるカニ味噌を存分に味わう食べ方。


また、見た目のインパクトもあり、見た瞬間「大きい!」と歓声が上がります。
恐らく甲羅部分は、自分の顔以上あったと思います。



20160324_3.JPG


20160324_4.JPG


身を取り出すとき、ズワイガニなどは身がボロボロと崩れ気味ですが、
このタカアシガニはそのままスポっと、カニカマの様に綺麗に取れます。



20160324_5.JPG


殻も想像以上に柔らかく、簡単に脚が折れます。
トゲも少なく、全体的にツルツルをしています。



20160324_6.JPG


気になるお味の方ですが、非常に濃厚な味で美味しいカニでした。
身にはボリュームと弾力性があり、脚一本食べたあとの満足感は、
タカアシガニ特有のものじゃないでしょうか。



他にも戸田といえば、新鮮な海鮮物が有名ですが、
お刺身を始め、エビの鬼殻焼き、さらには天丼など、
海鮮物が様々な料理で楽しめ、どれもこれも美味しく家族も満足気でした。



20160324_7.JPG


20160324_8.JPG


20160324_9.JPG


20160324_10.JPG


どれもこれも美味しいのですが、やはりお勧めはタカアシガニ。
全国どこでも食べられるものではないので、
機会があれば1度は食べておくのも良いかもしれませんね。


大内


丸吉食堂
住所:沼津市大浦566-2
電話:0558-94-2355


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



今日はすっかり天気も良く、春らしい陽気になりました。
そんな陽気に誘われて、ちょっとさくらの里へ出かけてみました。



20160322_1.jpg


先月末の山焼きのときに、虎焼けになってしまった大室山も元に戻りつつあります。
大自然の自然治癒力は大したものですね。
さすがはパワースポットと呼ばれているだけのことはあります。


何桜かわかりませんが、咲いている桜もチラホラありました。
これらの桜でお花見を楽しんでいる方も結構いましたよ。



20160322_2.jpg


20160322_3.jpg


20160322_4.jpg


今週末からまた寒の戻りがあると、昨夜の天気予報で言ってましたので、
現在咲いている桜も少しは長持ちすると思われ、
もうしばらくはこれらの桜が楽しめるのではないでしょうか。



20160322_5.jpg


20160322_6.jpg


明日は定休日なので、どこかへ春を探しに出かけてみようかな。
注意深く探してみると、意外と身近まで春は来ているものです。

さくらの里で春を探してみてはいかがでしょうか。



20160322_7.jpg


20160322_8.jpg


ちなみに伊豆高原の桜並木は、
満開になるまでもうちょっとかかりそうです。


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



ちと小耳に挟みましたが、3連休最終日の今日、
21日に東京で桜が開花したと気象庁が発表したとか。

なんでも、平年よりも5日早いそうですよ。
毎年もっと遅かったでしたっけ?
あまり記憶が定かではありません。


今年は寒すぎたり暑すぎたりの寒暖の差が大きすぎて、
桜も咲いて良いやら悪いやらで、結構戸惑っていたのではないでしょうか。
「今年の冬は寒かった」という人もいれば「暖冬だった」という感想の人もいますし。


じゃ、伊豆高原はどうなのさ?と目を向けてみますと、
これが全く咲いていません(^^;
21日の16時の状況がコチラ。



20160321_1.jpg


20160321_2.jpg


それでも目を凝らしてよく見てみると、
蕾は膨らんでいる様ですが、残念ながらやっぱり咲いていません(^^;;



20160321_3.jpg


が、中には頑張って咲いている桜もありました!
これが「咲いている」状態なのかどうかは疑問符が打たれる感じでしょうか(^^;;;
少なくとも蕾では無いので、咲いている状態かな。



20160321_4.jpg


ということで、伊豆高原の桜並木通りも桜が開花とさせていただきます。


朝晩はまだまだ冷え込みますが、日中は暖かい日があったりして、
季節は春に向かっている様ですし、これから先徐々に咲いていくものと思われます。
咲き出したら早いですからね。


もう、木の幹からダイレクトに咲こうとしているヤツもいますよ。
なかなかやりますね。



20160321_5.jpg


気象庁の発表だと、関東などでは今週後半に気温が平年より低くなると予想され、
東京の都心で桜が満開となるのは、今月末から来月初めごろになりそうとのこと。

このあたりも概ね同じ感じなので、そのころでしょうか。

夜桜のライトアップに向けて、準備も出来ています。
咲くならいつでもどうぞ。


20160321_6.jpg


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



「ガーデンリゾート アンダ別邸 伊豆一碧湖」の割引宿泊券をいただいたので、
これは折角の機会ということで、娘と行ってきました。



20160320_1.JPG


20160320_2.JPG


この「アンダ別邸」とは、伊豆急行川奈駅から程近い静かな森の中に佇む、
プライベート感溢れるガーデンリゾートホテルといったところでしょうか。

とはいえ、車で10分ほど走るだけの超小旅行です。
自宅からはあっという間に到着してしまう距離。



この施設はインドネシアのバリ島をイメージした造りになっていて、
各部屋もリビングの他に寝室と和室があり、2人では広すぎるくらい。
雰囲気も落ち着いていて、結構居心地は良いです。



20160320_3.JPG


20160320_4.JPG


施設の中を探検すると、貸切風呂もあり、
空いていれば無料で入ることが出来ますが、
ご覧の様に浴槽しかないので、注意が必要です。

浴槽は若干小さめですかね。



20160320_5.JPG


ここは主に若者向けということもあるんでしょうかね、
なぜかマンガ喫茶コーナーがあり、コーヒーメーカーも完備されていて、
のんびりと贅沢な時間をマンガ喫茶だけに満喫。
これはいたせりつくせりといったところ。



20160320_6.JPG


夕食はレストランのガラス越しに、
広々とした庭園を眺めながらゆったりと楽しめます。
飲み物はアルコール類を含めて、嬉しい飲み放題。


食事のメニューはマリネやカルパッチョから始まり、
ふわふわ自家製パンをいただきながら、ポタージュへと続き、



20160320_7.JPG


20160320_8.JPG


鰆(さわら)のポワレ、鶏肉やリゾット、食後はパンナコッタなどなど。
細かいところまで気配りの行き届いたお料理がズラリ。
もちろん美味しくいただきました。



20160320_9.JPG


20160320_10.JPG


20160320_11.JPG


20160320_12.JPG


食後はカラオケを45分間無料で唄わせてもらったり、
夜のバータイムも、飲み物全てが飲み放題。
おつまみやらラーメンバイキングやらも食べ放題。

なんだかあれこれ食べ放題飲み放題で、
日ごろの細かいことを忘れて、かなりリフレッシュ出来そうな勢い。



翌朝の朝食もバイキング形式になっており、
ついついあれこれと手を出してしまいます。



20160320_13.JPG


20160320_14.JPG


スタッフの方々も親切で、気配りが出来ている様ですし、
1泊2日という超近距離の小旅行でしたが、
また機会があったらお邪魔したいと思います。


児島


ガーデンリゾート アンダ別邸 伊豆一碧湖
住所:伊東市吉田836-2
電話:0120-759-124


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



伊豆高原にある東急ストアさんのはす向かいにある、
業務用食材の卸しをやっている「大和屋」さん。

国道135号線から城ヶ崎方面に入り、道路を挟んで反対側に位置します。



20160319_1.jpg


20160319_2.jpg


主に野菜を中心に取り扱っており「新鮮で低価格」がモットーの様です。
業務用食材もかなり充実していて、
大きなパッケージの加工食品がズラリと並んでいます。



20160319_3.jpg


20160319_4.jpg


とはいえ、一般のお客さんも普通のスーパーマーケット同様に、
もちろんお買物出来ますのでご安心を。



棚にギッシリと美味しそうな野菜や果物が並べられ、
雰囲気と彩りも良く、まるで高級果物店を思わせる様なセンスの良さ。



20160319_5.jpg



最近、柑橘系もさまざまな銘柄・品種が増えてきましたね。

伊予柑だけでも「はるみ」やら「はるか」といったものから、
「あまか」なんてものも、このあたりでポツポツと見かけたり。


ちなみにこちらは、東伊豆町産の「不知火」です。

一般的に「デコポン」と呼ばれているものですが、
「デコポン」という名前は、熊本果実連が商標登録したもので、
糖度等の各条件の基準を満たさない場合は、
この様に「不知火」として流通するんですよ。



20160319_6.jpg


こちらは巷で密かに流行っているという「三島ブランド」のにんじん。



20160319_7.jpg


この「三島ブランド」は、三島商工会議所が主催となり、
三島における「特産品」や地域素材・技術を活かした「隠れた逸品」、
魅力ある「観光資源」など、三島の優れた資源を発掘し、
それらを地域ブランドとして、三島商工会議所が認定したものです。

食材にこだわった地元のレストランやカフェなどで使われて、
美味しいと評判で、じわじわと広まっている様です。


と、かなり雑駁な紹介になってしまいましたが、
美味しい食材を食べてみたいよとか、
たまには別荘でバーベキューなどを楽しみたい方は、
「大和屋」さんを1度覗いてみてはいかがでしょうか。



20160319_8.jpg


大内


業務用卸 大和屋
住所:伊東市八幡野1144-1
電話:0557-54-0777


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



「山村雅昭写真展 花狩PART-2」が、ギャラリーZEROさんで開催されています。
招待状をいただきましたので、ちょっと顔を出してきました。



20160318_0.jpg


20160318_1.jpg


20160318_2.jpg


私など、数年前からカメラを始めた程度のポンコツですが、
少年時代にカメラと出会い、カメラと共に生き、
己のカメラの腕だけで生きてきた山村氏のエネルギッシュな写真が、
惜しみなく展示されています。



20160318_3.jpg


最初に言い訳をさせていただきますが、展示してある写真をカメラで撮影するという、
かなり高度な技術を必要とするうえ、またその展示してある写真が反射しちゃって、
周りにあるものを映してしまうため、ちと見づらくなってしまいました。

しかしながら、その独特な雰囲気を感じていただきたいと思い、
いくつか写真を掲載させていただきます。
実物の写真の魅力の5割も伝えてはいないと思いますが、
これらの写真から何かを感じ取っていただけたら幸いです。



20160318_4.jpg


20160318_5.jpg


20160318_6.jpg


20160318_7.jpg


これらの写真は、夜間に撮影されたものかと思いきや、
特殊なストロボを使った昼間の撮影だったそうで、
これが独特な世界観を生み出している正体の様に感じます。



20160318_8.jpg


20160318_9.jpg


やはりこれらの写真だけでは、上手くお伝えしきれない(^^;
言葉で上手く説明できませんが、神秘的だったり幻想的だったり。
もう既に亡くなっている方ですが、作品が後世まで残るのは凄いことですよ。


展示期間は3月20日まで。

これらの写真では、全ては伝わりきらないと思いますので、
是非実物の写真を見ていただきたいです。



20160318_10.jpg


20160318_11.jpg


20160318_12.jpg


m.suzuki


伊豆高原ギャラリーZERO 山村雅昭写真展 花狩PART-2
平成28年年3月10日(木~平成28年3月20日(日)
住所:伊東市八幡野1283-92
電話:0557-54-0117
定休日...火・水曜日


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



天気の良い休日は愛犬を連れて、小室山まで散歩しています。


小室山は数万年前の火山活動で生まれた山。
しかし、そんなことは少しも感じない山容で、すそ野に広がる小室山公園は、
ツツジやつばきが有名で、また桜やあじさいなども楽しめる静かな公園です。


その公園から小室山脇の山道を進み、奥にある「恐竜広場」を過ぎると、
伊豆の海が眼下に広がる広々とした芝の広場が姿を現します。



20160317_1.JPG


20160317_2.JPG


もう、ここの景色は最高ですよ。
伊豆の島々が一望出来、海からの爽やかな風が気持ち良いです。
愛犬も思わず嬉しそうに走り回っています。



20160317_3.JPG


20160317_4.JPG


20160317_5.JPG


ここまでの道のりは、それほど急では無い山道なので、同じく犬の散歩や、
小さな子どものいる家族連れの方々が、よく利用している様ですよ。
犬の散歩中に、こんな景色を楽しめるところは、なかなか無いでしょうし。



20160317_6.JPG


20160317_7.JPG


小室山リフトを利用(有料)すれば、わずか数分で山頂まで辿り着けますが、
歩いても往復1時間もかからないので、健康のためにも歩いた方が良いのかな。



20160317_8.JPG


なにより到達したときの達成感が違いますし。



20160317_9.JPG


3月18日の金曜日(つまり明日)には、ここに新しい遊具もお目見えするということで、
春休みに合わせて楽しみにしているご家族もいたりするのでしょうか。
(この写真を撮影したのは、3月2日)



20160317_10.JPG


20160317_11.JPG


20160317_12.JPG


ただ、ここまではスギ林の脇を抜けていくため、
この時期は花粉症の方は、よっぽどの覚悟でお出かけくださいね。


山本


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



3月12日より、伊豆高原の桜まつりが早くも始まりました。

伊豆高原は「ソメイヨシノ」の「桜のトンネル」が有名ですが、
3月中旬には一足早く「大寒桜」が見ごろを迎えます。
大寒桜の次にソメイヨシノが見ごろを迎えるという、
このあたりが非常に良く出来た仕組みに感じます。



20160314_1.jpg


ということで、この伊豆高原という地域は、様々な品種はあれど、
桜を長い間楽しめるんですよ。


大寒桜は「オオシマザクラ」と「カンヒザクラ」の交配種で、花は淡いピンク色。
花弁の先に細かい切れ目があるのが特徴です。

伊豆急行さんが平成5年から伊豆高原駅周辺に植樹し、
現在ではその数、約200本にまでなったそうです。



20160314_2.jpg


20160314_3.jpg


20160314_4.jpg


3月上旬から大寒桜は徐々に咲き始め、そんな伊豆高原駅周辺はもう満開です。
今日の冷たい雨でどうなっているのか、若干心配なところですが。



20160314_5.jpg


ちなみに撮影したのは3月13日。
日曜日ということもあり、多くの人で賑わっていました。

伊豆高原駅を出てすぐに、これだけの桜を見られるんですから、
やはり桜を楽しむのに丁度良い場所なのかもしれません。
そりゃ賑わっちゃいますよね。

桜には、きっと日本人の心を惹きつける何かがあるに違いないです。
嫌いだって人、あんまし聞いたこと無いですし。



20160314_6.jpg


20160314_7.jpg


ちょうど、伊豆高原駅を伊豆急行線が熱海方面へ出発したところをパシャリ。
その昔、東急東横線か何かで使われていた車両で、
若干レトロな感じと桜が良い味わいを出していますね。



20160314_8.jpg


お花見の予定がまだなら、是非とも伊豆高原へ電車でお越しください。
休日ともなると、車の渋滞がひどくなり身動きがとれなくなる故、
電車のご利用を声を大にしてお勧め致します。


m.suzuki


伊豆高原桜まつり 第1ステージ おおかん桜
開催期間:3/12(土)~3/18(金)


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



赤沢にあるオーガニックカフェM2さんで、同店の開店5周年記念と同時に、
伊豆在住の作り手さんたちによる手作りのイベント「tete」が開催されています。
開催期間は3月12日から3月14日までで、今回も活気がある様相。


ハンドメイド雑貨の販売や、ボディワーク体験やヒーリング体験、
そして食べるものまでがズラリと並んだ、
アットホームで、安らぎとこだわりのイベントです。



20160313_1.jpg


このイベントですが、年に数回定期的に開催されていて、
私も何度かお邪魔させていただいており、
当ブログでも何度か紹介させてもらってます。
いつもありがとうございます。



20160313_2.jpg


それなのにすみません。
どの作品がどの作家さんの作品なのか、全部が全部把握しておりませんので、
詳しいことは述べられないのですが、
それぞれ写真だけでも均等に挙げていきたいと思います。

とりあえず、考えるな!感じろ!という体で(^^;



20160313_3.jpg


20160313_4.jpg


20160313_5.jpg


ほら、これを読んでる女性の方、ここまで見てなんだか行きたくなってきたでしょ。
彼氏や旦那さん、またはお友だちと一緒に行ってみてはいかがですか。

男性の方、好きな女性や奥さまを誘って連れてってごらんなさい。
きっとあなたを見る目が違ってくると思いますよ。
(あくまでも「きっと」という領域を出ませんし、仮に失敗しても責任は持てません(^^;)
基本的に女性は、雑貨関係が好きですからね。



20160313_6.jpg


20160313_7.jpg


20160313_8.jpg


しかし、器用な人はいろいろ作れて良いなぁ。
私、服からとれたボタンを付けたり、ぞうきんを縫うくらいしか出来ないので、
つくづく自分の不器用さを嘆いてしまうわけですよ。
既製品とは違う味わいがあるじゃないですか。



20160313_9.jpg


20160313_10.jpg


苔玉や一輪挿しも会場に彩りを添えていましたよ。
この色合いが良いですし、結構癒されますよね。



20160313_11.jpg


20160313_12.jpg


個人的には、この草履?雪駄?が、かわいいなぁと思う次第です。
足の小さな女性はかわいく履けるのではないでしょうか。



20160313_13.jpg


最後に繰り返しますが、このイベントの開催は3/14日まで。
つまり明日が最終日ということになります。
興味のある方は、是非お急ぎください。


美味しいかきごおり屋さんもいますよ。



20160313_14.jpg


20160313_15.jpg


m.suzuki


オーガニックカフェM2 おかげさまで5周年記念&tete2016春
住所:伊東市赤沢24-2
電話:090-9173-7018
※イベントは10時半から16時までです


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



閑散とした田んぼの中で、
1本の煙突からひとしきり煙が「もくもく」と上げっているのを見つけました。



20160312_1.jpg


20160312_2.jpg


その煙の正体は、S氏が作成した、自家製燻炭機から出るものでした。



20160312_3.jpg


「燻炭」とは、もみ殻をいぶし焼きして炭化させたもので、
産業廃棄物になるもみ殻の有効な活用方法です。



20160312_4.jpg


20160312_5.jpg


このもみ殻燻炭は、もみ殻を炭化した物でとても優秀な土壌改良資材。



20160312_6.jpg


出来た燻炭は田や畑に蒔かれ、土の排水性・通気性を改善させるほか、
土を良くしてくれる微生物の住処にもなります。
また、アルカリ性である特性を生かし、酸度調整する中和剤の役割をしたり、
土壌を消毒したり、野菜の耐病性を高める働きがあると言われています。



20160312_7.jpg


更にミネラル成分の補給も出来、育苗土としても使える良い事づくめの資材。
聞くところによると、雑草防止にもなるとか。

これほどまで使い勝手も非常に良く、扱いが楽な資材を使わない手は無いですよね。

しかし買うとなると、ホームセンターで見ても一袋500円~1000円近い値段。
ならば自分で作ってしまおうということみたいです。
材料は無料で手に入るもみ殻だけですしね。


栽培のどの段階からも利用出来るので、植える前の土に混ぜ込んだり、
定植・播種後に土の上から蒔いたりします。
目安は土に1割ほど混ぜ込んで使用するそうですよ。



また、この燻炭を作る時に出る煙を冷して液化された、
煙突を伝わって垂れて出てくる液が「木酢液」と呼ばれるもので、
この木酢液を畑に蒔くことによって、植物の生育に有効な微生物群が繁殖し、
土壌感染性の病害を抑制することが出来ると言われています。



20160312_8.jpg


20160312_9.jpg


これも同時に出来上がります。
もっとも一般的なな使い方は、水で薄めて土壌に散布したり、
噴霧器で葉面散布したりするというものです。



20160312_10.jpg


産業廃棄物になるもみ殻を有効活用し、
その工程の際に出る煙までも有効活用しているんですから、
昔の人の知恵って凄いですね。


鷲塚


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



老舗飴屋「でぐち」さん。
地元の方々に愛されている「出口の黒玉」を売っている飴屋さんです。

その老舗飴屋さんのご長男が、あの東京ラスクの社長さんということで、
伊豆市の市山、旧伊豆市役所天城湯ケ島支所跡に、
「東京ラスク伊豆ファクトリー」を数年前に建てられて、
今ではちょいとした観光名所になりつつあります。

「市山」というバス停の目の前にあり、
非常にわかりやすく、立地の良さも手伝っている様です。



20160311_1.jpg


伊豆「ファクトリー」というだけあって、基本的には工場なので、
ラスクの製造過程を見学出来ますし、なによりラスクの試食が出来るうえ、
コーヒーやジュースといった飲み物も自由に飲めるというのもあって、
子どもにとっては天国の様な場所(^^;



20160311_2.jpg


20160311_3.jpg


20160311_4.jpg


工場直売なので、焼きたてのパンも買うことが出来る様です。
ラスクから連想するものに反して柔らかく、
あっという間になくなってしまう人気商品だそう。



20160311_5.jpg


また、一口に「ラスク」といっても、種類はたくさんあり、
どれを買おうか迷ってしまうほど。
そのくらい種類があります。
圧倒的な物量。



20160311_6.jpg


20160311_7.jpg


20160311_8.jpg


20160311_9.jpg


この伊豆ファクトリーでしか買うことが出来ない、
伊豆限定の「天城わさびラスク」と「いちごラスク」も置いてありました。
やっぱし伊豆といえば、わさびといちご。
これは鉄板ですね。



20160311_10.jpg


わさび味は、東京ラスク伊豆ファクトリーの工場長が考案したそうですよ。



20160311_11.jpg


20160311_12.jpg


この東京ラスク伊豆ファクトリーは、伊豆箱根鉄道の「修善寺駅」から、
河津、湯ヶ島方面のバスに乗り「市山」バス停で下車したすぐのところにあります。
車だと国道414号線沿いなので、伊豆の観光途中に寄ってみるのも良いですよ。
買い物と休憩が出来ますが、ラスクしかない道の駅といった体です(^^;



20160311_13.jpg


あ、出口の黒玉も置いてありました。
小説「しろばんば」にも出てくる飴ですよ。



20160311_14.jpg


m.suzuki


東京ラスク伊豆ファクトリー
住所:伊豆市市山550番地
電話:0558-85-0232


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



最近、湯ヶ島にとても美味しいパン屋さんが出来たという噂を聞き、
大雨が降る中自宅を出て、修善寺方面から浄蓮の滝方面へ車を走らせます。

フロントガラスに打ち付ける雨。
忙しなく動くワイパー。
視界が悪い中、水恋鳥広場を過ぎ、天城山荘を過ぎ、
その次のカーブを曲がったあたりに、その噂のパン屋さんが急に現れました。


「Boulangerie Patisserie ADACHI(ブーランジェリー パティスリー アダチ)」さん。
フランスで修業を積んだというご夫婦が、
本場仕込みのパンやケーキを焼いているという噂のお店です。

一瞬、こんな山奥に!?という錯覚を起こしてしまいそうですが、
1歩店内に入ると、錯覚でもマボロシでもありません。
毎日80種類のパンを焼いているという、今風のパン屋さんです。


...が、
お邪魔した時間が、14時前と若干遅く、
恐らく午前中にはズラリと並んでいたであろうパンやケーキは、
粗方売れてしまったご様子。



20160310_1.jpg


20160310_2.jpg


20160310_3.jpg


ざんねーん。
いろいろ選びたかったよー。



20160310_4.jpg


20160310_5.jpg


20160310_6.jpg


店内にはバゲット類やパイ系が少し残る程度でしたが、
そのバゲットを使って、サンドイッチを作ることが出来るとのことでしたので、
自家製のローストビーフをサンドしてもらうことにしました。

他にもスモークサーモンやピーナツバター等もサンドすることが出来る様です。

スイーツ部部長の妻はタルトオポム(アップルパイ)を迷わずチョイス。
もちろん全て店内で食べることが出来ます。


ジャム系もいくつかの種類が置いてありました。
どれもこれもおしゃれで美味しそうじゃないですか。



20160310_7.jpg


20160310_8.jpg


と、店内を物色していると、注文していたサンドイッチが到着。
パンはバゲットですから、所謂ハード系のパン。
程良く味付けされたローストビーフに、これが良く合います。

大きさも結構大きく硬いので、小さくカットしてもらうことをお勧めします。



20160310_9.jpg


タルトオポムも甘酸っぱくて美味しいそうです。
スイーツ部部長も納得のお味だそうで。



20160310_10.jpg


と、ここまで美味しいのですが、私の自宅からはやや遠いんですよー。
ちょっとパン買ってくると言って、湯ヶ島まで1時間ほど車をブッ飛ばすのは、
個人的にはちとハードルが高いかな(^^;

しかし、何かのついでのときや、お近くに住んでらっしゃる方は、
是非是非ご利用されることをお勧めしますよ。

近所にこんなパン屋さんがあれば、通ってしまうレベルだと思います。
ちなみに、新東海バスの「岩尾(いわび)」というバス停の目の前です。
実にわかりやすい。



20160310_11.jpg


次にお邪魔するときは絶対午前中にしよう。



20160310_12.jpg


m.suzuki


Boulangerie Patisserie ADACHI(ブーランジェリー パティスリー アダチ)
住所:伊豆市湯ヶ島2860-2
電話:0558-85-0901


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



沼津港周辺は、水揚げされたばかりの新鮮な魚介類が楽しめる飲食店街です。
干物を始めとしたお土産も豊富で、毎日多くの観光客でにぎわっています。


そんな中、港の牡蠣センター「カキ小屋」さんへ入店し、
このお店一押しの「がんがん焼き」を注文を注文してみました。



20160307_1.JPG


20160307_2.JPG


もともと牡蠣が大好きなのですが、このがんがん焼きのことは知らなくて、
その初めての食べ方にビックリポン。

お煎餅が入っている様な金属の缶に、
3種の新鮮な貝(カキ・蛤・ホタテ)が入っていて、
それをそのまま豪快に火にかけ、酒蒸し焼きにします。



20160307_3.JPG


10分ほど待つと、湯気が立ちのぼり、潮の香りがし始めたら食べごろ。



20160307_4.JPG


身はふっくらで、基本的に何もつけないで食べます。
しかも牡蠣がでっぷり大きくて美味しい。
お好みでレモンをかけたりも出来ますが、
むしろ何も付けずに食べる方が一番美味しいでしょうか。



20160307_5.JPG


この貝を蒸し焼きにするこの「ガンガン焼き」は
魚介の旨い食べ方を知っている漁師ならではの調理法ということで、
うま味がギュッと凝縮された漁師飯ですね。



更にご飯は金目鯛の釜飯と鮭の釜飯を注文。
もう魚のうま味やら出汁やら、なにかしらの美味しさが出て、
この釜飯もかなり美味しい。



20160307_6.JPG


20160307_7.JPG


こうなると、もう食欲が止まりません。
貝の刺身も追加注文してみます。
赤貝・ホッキガイ・ホタテの三種盛りと、こちらも壮観。
酒蒸しも良いですが、やはり生も良いですね。



20160307_8.JPG


全部食べ終わるころにはお腹もいっぱい。
少し腹ごなしが必要なので、沼津港周辺を散策!

この沼津港にはたくさんのお店があり、
ちょいとしたアミューズメントパークの様ですよ。



20160307_9.JPG


20160307_10.JPG


中でもはんぺん屋さんでは、はんぺん作りを実演中で、
その鮮やかな手さばきに、周りの人たちも足を止めて見つめていました。



20160307_11.JPG


20160307_12.JPG


最近では、この沼津港周辺へ行くツアーも組まれている様で、
その注目度も上がり、様々なお店やサービスがありますよ。
今回は充分楽しめました。


児島


カキ小屋
住所:沼津市千本港町97
電話:055-962-6811


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



毎週日曜日のお昼過ぎ、キッチンの方からはカレーの良い香りが漂ってきます。
というのも、毎週日曜日は社内の独身者のみが入部出来るという、
「カレー部員」による「カレーの日」だからです。

日曜日のお昼は、カレー部員が順番で全員分のカレーを用意して、
それを部員同士でシェアし合うというルールの様ですよ。
私は(残念ながら?)独身者では無いので、入部出来ません(^^;


今週のカレー当番は誰か?とキッチンを確認してみると...?
どどん!社長がキッチンでカレーを煮込んでいました。
(社長は独身者では無いけど、カレー部員のためにカレーを振舞ってくれます)



20160306_1.jpg


今日のカレーはジャワカレーがベースで、豚肉とキノコがたくさん入っており、
言わば「ブタキノコカレー」といったところでしょうか。
これを前日までに自宅で作り、今回のカレーの日に持ってきてくれたとのこと。
実にありがたいことですね。



20160306_2.jpg


ありがたさも去ることながら、お味の方もスタンダードな美味しさ。
変に畏まっているワケでもなく、言わば昔ながらのカレーといったところでしょうか。

しかしカレーでは無く、逆にこちらにアレンジを加えて食べるのもアリ。



20160306_3.jpg


ライスの上にハムカツを乗せ、そこに熱々のカレーをかけるという、
それはそれは夢の様なランチじゃないですか。



20160306_4.jpg


誰が言ったか「カレーは飲み物」といった名言。
その名言通り、カレー部全員が一瞬で完食です。



20160306_5.jpg


え?オマエ、カレー部員でもないのに、なんで味の感想を述べてるかって?
実は私のお弁当も、今回はこんなんなっちゃいました。



20160306_6.jpg


今回、この記事を書くために、ちょっとご相伴にあずかりました。
ありがたさと美味しさ倍増です。
ゴチソーサマデシタ。


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



静岡市にある石橋うなぎ店さんにお邪魔しました。
JR静岡駅からは車で10分程度にある、一本焼うなぎ定食のお店です。



20160305_1.jpg


お店は老舗の様な貫録があり、店内には囲炉裏があり、
かなり趣きがあり良い雰囲気です。



20160305_2.jpg


20160305_3.jpg


ここのうなぎは、他店ではなかなかお目に掛かれそうに無いうなぎ料理。
ほぼ皆さんが定食を注文される様です。
というか、席に着くと自動的に定食が運ばれてくる感じです。

うなぎを開き、頭ごと香ばしく焼き上げ、
真っ黒なタレを付け、揚げた背骨を飾りに携えた、
他所のお店ではちょっと見られない様な焼きうなぎ。
ちょっとグロテスクが入った姿でしょうか。



20160305_4.jpg


しかし、そのお味はというと、うなぎの香ばしさに加え、
甘いタレの香りで食欲は全開。

たまらずに一口頬張ると、タレとうなぎの旨みが絡み合い、
こってりとして、これが美味しい。
タレの味付けはもちろんのこと、身の厚みも充分ですよ!
うなぎって何でこんなに美味しいんでしょうね。



20160305_5.jpg


特に皮の部分は香ばしく、より脂が乗ってて最高!
もちろんご飯にも合いますよ。
最後に薄味の肝吸いまで食べ終えて、一瞬で完食です。



20160305_6.jpg


伊豆、特に三島あたりで食べるうなぎとは一味違い、
ワイルドで美味しいうなぎでした。


水越


石橋うなぎ店
住所:静岡市駿河区西中原1-6-13
電話:054-286-0429


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



東伊豆町稲取にある「かっぱ食堂」へ行ってきました。
「肉チャーハン」の元祖と呼ばれている食堂です。


一般的に肉チャーハンというと、チャーハンに肉が入ったものを指すと思いますが、
この稲取の肉チャーハンは全て「あんかけ」になっています。
ほかほかの白米の上に、卵だけ乗ったのシンプルチャーハンに、
肉を始めに色々な野菜を炒めた「餡」が乗っているのが、この稲取の肉チャーハン。



20160304_1.jpg


とはいえ、かなり昔に一度入ったきりで、実は久々の立ち寄りです。


お昼の時間より少し早めに行ったのですが、お店はすでに満席。
しばらく待ってからの入店になりました。
既にお腹が空いていたので、早速定番の肉チャーハンを注文!



20160304_2.jpg


肉チャーハンが目の前に。

そうそう、これこれ。
久しぶりにご対面したワケですが、
運ばれてきたのは正しく肉チャーハンに間違いありません。

お肉がゴロっと入っていて、ボリューム満点。
ご飯の量もこれは大盛りなんじゃないか?と思うくらいにてんこ盛りです。



20160304_3.jpg


味は卵チャーハンとあんかけの野菜や肉との歯ごたえの差が良いです。
あんかけ部分はそれなりに濃いめの味付けになっていますが、
卵チャーハンと混ざることで絶妙なバランス。
この卵の甘さも食べやすさになっているのかな。



20160304_4.jpg


最初の量を見て、全部食べきれるのかな?と思いながらも、
いざ食べ始めてみると、あっという間に完食です。
少し待ったという事も有りますが、一気に食べてしまいました。


ちなみに、このかっぱ食堂が肉チャーハンの元祖と言われておりますが、
のれん分けをしたり、稲取内外に広がっていった肉チャーハンを出しているお店が、
東伊豆町を中心に数件あります。



20160304_5.jpg


それぞれのお店によってもこだわりがあり、入っている具が違ったり、
出汁が中華や和風という違いもあります。



街中にあるのでちょっと立ち寄るというわけにはいかないと思いますが、
一度は食べてみる価値があると思います。
餡とチャーハンの絶妙なコンビネーションで、きっとヤミツキになりますよ!
是非食べ歩きをしてみてはいかがでしょうか。



20160304_6.jpg


大内


かっぱ食堂
住所:賀茂郡東伊豆町稲取400-4
電話:0557-95-2092


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



3月3日はひなまつりということで、伊東の街中をひなまつり一色にする、
「雛の祭典 伊東MAGARI雛」が伊東市で開催されています。
いや、開催期間は3月3日の16時までということなので、
正確には開催されていました、ですかね。


それぞれの会場で飾り方に工夫を凝らし、趣向をこらした展示になっています。
中でも見どころは、メイン会場でもある佛現寺。
118段の階段を雛壇に見立てて、雛人形をまがり雛として並べられていました。



20160303_1.jpg


20160303_2.jpg


まがり雛とは「魔を狩る」という意味だそうで、
訪れた方々に幸運がありますように、という願いが込められています。



私が訪れたのは、3月2日の昼過ぎだったのですが、
多くの見物客の方々が記念撮影をしている状況で、結構な混み具合。
ただ、その雛人形の数は圧巻です。



20160303_3.jpg


20160303_4.jpg


三人官女、一体全体何人おんねん!?



20160303_5.jpg


この佛現寺は、私が通っていた小学校の近く。
もちろんこのあたりも、下校時の遊び場の様なものでした。
約30年の時を経て、この様な催しが開催され、
多くの見物客が来る様になるとは感慨深いです。



20160303_6.jpg


20160303_7.jpg


20160303_8.jpg


しかし、これだけの数を毎日飾ったり片付けたりと、大変な労力だと思いますよ。
急に天気が悪くなったら、ささっと片付けないといけないですし。
裏方さんは大変だー。



20160303_9.jpg


20160303_10.jpg


この桃の節句が終わると、春はもうすぐそこまで来ている様に感じます。
ということは、子どもの日用の兜もそろそろ出さないと!
まごまごしていると、どんどん季節が過ぎていく。



20160303_11.jpg


20160303_12.jpg


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog