伊豆の道の駅?東京ラスク



老舗飴屋「でぐち」さん。
地元の方々に愛されている「出口の黒玉」を売っている飴屋さんです。

その老舗飴屋さんのご長男が、あの東京ラスクの社長さんということで、
伊豆市の市山、旧伊豆市役所天城湯ケ島支所跡に、
「東京ラスク伊豆ファクトリー」を数年前に建てられて、
今ではちょいとした観光名所になりつつあります。

「市山」というバス停の目の前にあり、
非常にわかりやすく、立地の良さも手伝っている様です。



20160311_1.jpg


伊豆「ファクトリー」というだけあって、基本的には工場なので、
ラスクの製造過程を見学出来ますし、なによりラスクの試食が出来るうえ、
コーヒーやジュースといった飲み物も自由に飲めるというのもあって、
子どもにとっては天国の様な場所(^^;



20160311_2.jpg


20160311_3.jpg


20160311_4.jpg


工場直売なので、焼きたてのパンも買うことが出来る様です。
ラスクから連想するものに反して柔らかく、
あっという間になくなってしまう人気商品だそう。



20160311_5.jpg


また、一口に「ラスク」といっても、種類はたくさんあり、
どれを買おうか迷ってしまうほど。
そのくらい種類があります。
圧倒的な物量。



20160311_6.jpg


20160311_7.jpg


20160311_8.jpg


20160311_9.jpg


この伊豆ファクトリーでしか買うことが出来ない、
伊豆限定の「天城わさびラスク」と「いちごラスク」も置いてありました。
やっぱし伊豆といえば、わさびといちご。
これは鉄板ですね。



20160311_10.jpg


わさび味は、東京ラスク伊豆ファクトリーの工場長が考案したそうですよ。



20160311_11.jpg


20160311_12.jpg


この東京ラスク伊豆ファクトリーは、伊豆箱根鉄道の「修善寺駅」から、
河津、湯ヶ島方面のバスに乗り「市山」バス停で下車したすぐのところにあります。
車だと国道414号線沿いなので、伊豆の観光途中に寄ってみるのも良いですよ。
買い物と休憩が出来ますが、ラスクしかない道の駅といった体です(^^;



20160311_13.jpg


あ、出口の黒玉も置いてありました。
小説「しろばんば」にも出てくる飴ですよ。



20160311_14.jpg


m.suzuki


東京ラスク伊豆ファクトリー
住所:伊豆市市山550番地
電話:0558-85-0232


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 燻炭(くんたん)と木酢液作り  前の記事 : 大雨の中でも買いに行くパン

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog