燻炭(くんたん)と木酢液作り



閑散とした田んぼの中で、
1本の煙突からひとしきり煙が「もくもく」と上げっているのを見つけました。



20160312_1.jpg


20160312_2.jpg


その煙の正体は、S氏が作成した、自家製燻炭機から出るものでした。



20160312_3.jpg


「燻炭」とは、もみ殻をいぶし焼きして炭化させたもので、
産業廃棄物になるもみ殻の有効な活用方法です。



20160312_4.jpg


20160312_5.jpg


このもみ殻燻炭は、もみ殻を炭化した物でとても優秀な土壌改良資材。



20160312_6.jpg


出来た燻炭は田や畑に蒔かれ、土の排水性・通気性を改善させるほか、
土を良くしてくれる微生物の住処にもなります。
また、アルカリ性である特性を生かし、酸度調整する中和剤の役割をしたり、
土壌を消毒したり、野菜の耐病性を高める働きがあると言われています。



20160312_7.jpg


更にミネラル成分の補給も出来、育苗土としても使える良い事づくめの資材。
聞くところによると、雑草防止にもなるとか。

これほどまで使い勝手も非常に良く、扱いが楽な資材を使わない手は無いですよね。

しかし買うとなると、ホームセンターで見ても一袋500円~1000円近い値段。
ならば自分で作ってしまおうということみたいです。
材料は無料で手に入るもみ殻だけですしね。


栽培のどの段階からも利用出来るので、植える前の土に混ぜ込んだり、
定植・播種後に土の上から蒔いたりします。
目安は土に1割ほど混ぜ込んで使用するそうですよ。



また、この燻炭を作る時に出る煙を冷して液化された、
煙突を伝わって垂れて出てくる液が「木酢液」と呼ばれるもので、
この木酢液を畑に蒔くことによって、植物の生育に有効な微生物群が繁殖し、
土壌感染性の病害を抑制することが出来ると言われています。



20160312_8.jpg


20160312_9.jpg


これも同時に出来上がります。
もっとも一般的なな使い方は、水で薄めて土壌に散布したり、
噴霧器で葉面散布したりするというものです。



20160312_10.jpg


産業廃棄物になるもみ殻を有効活用し、
その工程の際に出る煙までも有効活用しているんですから、
昔の人の知恵って凄いですね。


鷲塚


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : ハンドメイド品の魅力お教えします  前の記事 : 伊豆の道の駅?東京ラスク

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog