2016年7月アーカイブ



「とんかつ いち川」さんといえば、もともと伊東市銀座元町の松川沿いで、
30年以上伊東市民に愛されてきた老舗。
かれこれ10年くらい前でしょうか。
現店舗に移転し、それまで続いたこだわりの味を守り続けて、
今でも元気に営業されています。

場所は変わりましたが、メニューはほとんど変わりがなく、
常連さんたちに愛され続けています。



20160731とんかつ いち川_1.jpg


20160731とんかつ いち川_2.jpg


このお店の最大の特徴は、とんかつなのに衣が薄く、胃にもたれない点。
「そんなとんかつがあるかよ」と思うかもしれませんが、
実際に食べればわかりますよ。


基本的にとんかつ屋さんなので揚げ物中心ですが、ステーキやカツサンドも絶品。
ランチメニューも各種揃っており、それぞれの味を楽しめます。



20160731とんかつ いち川_3.jpg


カツは一口食べると、外はカリッとしていますが、
中側はジューシーで柔らかく、ご飯が進んでしまって困ります。



20160731とんかつ いち川_4.jpg


20160731とんかつ いち川_5.jpg


また、付け合わせのスパゲティが、これまた美味しい。
このスパゲティだけを一皿注文したいと思うレベルです。



20160731とんかつ いち川_6.jpg


20160731とんかつ いち川_7.jpg


20160731とんかつ いち川_8.jpg


場所は伊東市立南中学校の隣。
隠れた名店といっても良い、美味しいとんかつ屋さんです。

絶対に胃にもたれないという自信がありますので、
是非とも挑戦してほしいと思います。


洋食とんかつ いち川
住所:伊東市玖須美元和田730-282
電話:0557-37-0564


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



先日、真鶴半島の最南端だという「三ツ石海岸」に辿り着きました。
実に「END OF THE ROAD」です。



20160730三ツ石海岸_1.JPG


というのも、真鶴町で所用を済まし、そのまま帰るのもなんだったので、
折角なので真鶴半島を車でぐるっと一周しようとしたら、
その途中で偶然着いてしまったという感じです。



20160730三ツ石海岸_2.JPG


20160730三ツ石海岸_3.JPG


20160730三ツ石海岸_4.JPG


伊豆半島に比べたら、ずいぶんと小さな半島ですが、
夏場はダイビングやバーベキューなどを楽しめる様で、
週末や観光シーズンには多くの行楽客が訪れるんだそう。

この日は生憎の曇天でしたが、晴れているときには、
きっと初島や大島を始め、伊豆半島や房総半島まで見渡すことができるのでしょう。



20160730三ツ石海岸_5.JPG


日本の歴史上にも、ちょっぴり関わったらしく、
幕末のペリー提督率いる黒船来航の際、その脅威に対抗すべく、
東京湾や相模湾の各地に、砲台が設置され、
この砲台はそのときの名残の様です。



20160730三ツ石海岸_6.JPG


伊東市から車でほんの少し走らせたところに、
こんなところがあるなんて、今まで知りませなんだ。

あとで調べたら、パワースポットでもあるそうです。


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



主に地元民しか行かないお店というのは、どこの街にもあると思いますが、
この「ラグーン」さんも、まさしくそんな感じのお店。
以前は夜の営業しかやってませんでしたが、
数年前からランチも始めた様で、今回初めてランチを食べに行きました。

マスターの適度に緩んだ感じの会話も楽しめる隠れた名店です。



20160729ラグーン_1.JPG


20160729ラグーン_2.JPG


一応Barということなので、各種お酒を取り揃えていますが、
このランチメニューがかなり意表をついていて「信州諏訪みそだれ天丼」という、
ずいぶんと変化球を投げてきたなぁという印象。



20160729ラグーン_3.JPG


20160729ラグーン_4.JPG


しかもずいぶんとお安い価格設定。
セットでサラダとドリンクが付き、更に大盛りにしても1000円ポッキリ。
そしてこのボリューム。
どん!



20160729ラグーン_5.JPG


20160729ラグーン_6.JPG


所謂かき揚げ丼なのですが、かき揚げ自体に入っている具も、
大き目のエビや玉ねぎゴロゴロと入っており、食べ応えありますし、
諏訪味噌が甘めに味付けしてあり、意外とご飯との相性も良いです。



20160729ラグーン_7.JPG


合わせて注文した月替わりのパスタがこちら。
どどん!

太めの麺がスープによく絡んで絶妙です。
このプレートにオムレツとサラダが付いているのもポイント。



20160729ラグーン_8.JPG


20160729ラグーン_9.JPG


これを親子3人でシェアして食べるワケですが、
かなりおなかいっぱいになりますよ。

伊東市内では、ここでしか楽しめない信州諏訪みそだれ天丼と、
マスターとの緩いトークを楽しみに行ってみてはいかがですか。



20160729ラグーン_10.JPG


m.suzuki


Kitchen&Bar LAGOON
住所:伊東市竹の内1-3-11
電話:0557-35-1119


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



子どもたちは、すっかり夏休みという季節になりましたね。

先日、伊東市の松川湖にて、第27回「奥野ダム一日ダム教室」という、
実に夏休みらしいイベントが開催されていました。



20160728奥野ダム教室_1.JPG


奥野ダムまではハンディホームセンターからシャトルバスが出ており、
随時ピストン輸送をしているので、ハンディ駐車場に車を停めて、
いざ!ダムへ!


お天気は辛うじて雨が降っていないという空模様でしたが、
多くの家族連れで会場は結構盛り上がっている様子。
なかなかの注目度の高さが窺えます。



20160728奥野ダム教室_2.JPG


会場内では、数ある催しがありましたが、やはり一番のメインは、
ダムの底まで歩く「ダムの底アドベンチャー」じゃないかと思います。
普段、関係者以外は決して踏み入れることができない未踏の地。
私も子どものころに、1度入ったことがある様な気がする程度です。

しかしこれが、結構ハードな道のりらしく、階段の総段数が約700段!
「体力に自信のない方はやめた方が良いです」という体の、
張り紙というか、警告までしてあります。
これはもう、ちょっとした登山の様相です。



20160728奥野ダム教室_3.JPG


ここまできたら引き下がれませんよ。
入口から一歩足を踏み入れると、外界とは空気が違い、
暗くひんやりとしていて涼しい。



20160728奥野ダム教室_4.JPG


当然ですが、最初は下り階段が続きます。
比較的楽に下り、湖底にある水力発電施設などを見学し、
ダムでは貯水だけでなく、発電もしているのかと感心したのですが、
問題はその先。
湖底から、また地上まで上がってこなければなりません。



20160728奥野ダム教室_5.JPG


20160728奥野ダム教室_6.JPG


20160728奥野ダム教室_7.JPG


20160728奥野ダム教室_8.JPG


20160728奥野ダム教室_9.JPG


実は、ここから先の記憶はあまりありません。

疲労と暑さで頭が朦朧。
空気はひんやりとしていたハズですが、汗がドッと出てきて、
歩を進める足が重く感じた様なことは憶えています。



20160728奥野ダム教室_10.JPG


20160728奥野ダム教室_11.JPG


出口付近に、朴訥なエレベータマシンが置いてあり、
むしろこれに乗らせてくれた方が楽しかったのになぁ。



20160728奥野ダム教室_12.JPG


地上へ出てくると、やはり体感温度は暑く感じ、やはり開放感を感じます。
しかし、体の方は日ごろの運動不足がたたり、既に足はガクガク。
息を整えるのも一苦労。



関係者の方がこれを見ていると願い、私から1つ提案なのですが、
もしこれから先も、同イベントを続けるのだとしたら、
この出口付近に救護所を設置した方が良いのではないでしょうか。

今回のイベント中で、具合の悪くなる可能性が高いのは、
間違いなく「ダムの底アドベンチャー」じゃないですか。
体力に自信のない方はやめた方が良いと謳っているワケですし。

今後同イベントを続けるのであれば、
この出口付近に救護所の設置を是非ともお願いします。
熱中症に注意と叫ばれる季節のイベントなので、結構危険じゃないでしょうか。



ダムの上から見る松川湖は、
我々市民の生活用水をたたえていました。
水は大切に使いましょうね。



20160728奥野ダム教室_13.JPG


20160728奥野ダム教室_14.JPG


あ、そうそう。
子どもは木工教室も楽しかった様です。
本棚を作らせてもらい、かなりご満悦でした。

普段、絵本のお片付けが上手にできない子どもには丁度良かったかな。



20160728奥野ダム教室_15.JPG


20160728奥野ダム教室_16.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



東京深川といえば、伊勢屋さんは外せないと、専らの噂だとか。
創業100年以上の歴史がある、和菓子屋さんの老舗として有名ですね。



20160726伊勢屋_1.JPG


東京へと出張へ出かけた課長が、
ここの大福ときんつばをこれでもか!と、お土産に買ってきてくれました。
仕事で疲れた体には甘いものとはよく言ったもので、
日本人は、やはりあんこ系の和菓子の甘さが体に染み入る様です。



20160726伊勢屋_2.JPG


20160726伊勢屋_3.JPG


20160726伊勢屋_4.JPG


大福のお餅は文字通りもちもちとして柔らかく、
中のあんこも甘すぎず程良い上品な甘さ。
なんだかいつまででも食べ続けられそうなお味です。



20160726伊勢屋_5.JPG


またきんつばも1つ1つ丁寧に作られているのでしょう。
保存料や着色料などは一切使っていないため、
賞味期限が当日限りとなっています。

簡易包装というところも良いですね。
しっかり個包装なので、ご贈答としても喜ばれるかと思います。



20160726伊勢屋_6.JPG


やはり和菓子って良いですね。
1つでも食べると心安らぐというか、当日作ったものを、
その日のうちに召し上がれといったスタイルは良いですね。

通販もやっている様なので、よろしければ。


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



いよいよ夏本番となってきました。

この時期、我が家の庭に色々な花が咲き乱れます。
中でもソテツの花が見事ですよ。



20160725ソテツ_1.JPG


一般的にソテツの花は10年に1度咲くと言われていますが、
我が家のソテツは3、4年に1度のペースで咲いていると思います。



20160725ソテツ_2.JPG


花の色も鮮やかな黄金色で神々しく、
見ているだけでも幸せな気持ちにしてくれる様です。



20160725ソテツ_3.JPG


ちなみに「ソテツ」という和名は、木が弱ったとき、
株元へ鉄を打ち込むと元気が戻ったことから、
「蘇鉄(鉄で蘇生する)」という意味で名付けられたそうです。


この黄金に輝く花。



20160725ソテツ_4.JPG


なんだか金運が良くなって、宝くじに当たりそうな気がします。 
密かに買ってみようかと画策中です。



20160725ソテツ_5.JPG


新葉もイキイキとしていて綺麗ですよね。
しばらく楽しめそうなソテツでした。



20160725ソテツ_6.JPG


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



伊東市はスターバックスコーヒーに代表される様な、
気軽に買える美味しいコーヒーショップが無く、ふとコーヒーが飲みたいと思ったら、
コンビニに走るくらいしかないのです。
あ、個人的にコンビニコーヒーはセブンイレブンより、
ローソンのコーヒーの方が美味しいと思います。

そんな折、伊豆急川奈駅前に「ブルーカップコーヒー」なるコーヒーショップが、
今月オープンしたとの情報を聞きつけ、
業務終了後に緊急出動!

伊豆高原から車を飛ばし、伊豆急川奈駅に到着したのが18時55分。
閉店時間の実に5分前。
テイクアウトでアイスカフェラテが買えるか確認すると、
すぐに作ってくれるとのことだったので、しばらく店内で待たせてもらうことにします。



20160724ブルーカップコーヒー_1.JPG


20160724ブルーカップコーヒー_2.JPG


その間、店内をじっくりと見学させてもらいますが、
コーヒーの他に各種食事や、アルコール類も取り扱っている様ですね。
お値段もそれほどお高くないので、食べ盛りの学生さんでも気軽に注文できるのかな。



20160724ブルーカップコーヒー_3.JPG


20160724ブルーカップコーヒー_4.JPG


20160724ブルーカップコーヒー_5.JPG


が、オープン直後でスタッフが不慣れだったのか、
ちょっと出てくるまでが遅かったのが気になるところでしたかね。
コーヒー1杯に約5分ほど待たされました。


外観の写真を撮ろうと思ったのですが、閉店時間を迎えてしまったので、
ちょっと寂しい写真になってしまいましたが、
位置的には東急ストアの真隣です。



20160724ブルーカップコーヒー_6.JPG


ちょっと調べてみると、このお店は熱海市に本店があるそうで、
そこそこウケているとのこと。
伊東市でも定着すると良いですね。



20160724ブルーカップコーヒー_7.JPG


m.suzuki


ブルーカップコーヒー川奈店
住所:伊東市川奈1215-7
電話:0557-45-3666


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



ここ数日、涼しい日が続いていますが、
夏の風物詩として外せないのが、やはりかき氷。



20160723_1.jpg


かき氷といえば、大仁駅近くの「ふかせ菓子店」は外せません。
地元民に愛され続けた老舗です。



20160723_2.jpg


今回訪問した当日は気温30度を超える真夏日。
絶好のかき氷日和となりました。

普段はケーキやマドレーヌといったお菓子の販売をしている同店ですが、
7月から9月までの夏季限定でかき氷の販売もやっていて、
夏休みともなるとそのかき氷を求めて行列ができるほど。

その人気の秘密は、リーズナブルなお値段とボリューム感。
あれこれトッピングを加えても、お値段それほどお高くならないのが嬉しいところ。
一番安いもので200円というビックリ価格です。



20160723_3.jpg


注文システムはカウンターの上に置かれたイートインorテイクアウトの注文票に、
食べたいものやトッピング、数量、名前などを書き込み、
料金を先払いするという、かなり簡略化されたシステム。

そのうえ、出来上がったらセルフで取りに行くというところも、
安くかき氷を提供できるところなのかもしれません。



20160723_4.jpg


今回チョイスしたのは、チョコレート+ミルク+クリームと、
コーヒー+ミルク+クリームと、アズキ+ミルク+クリームの3種類。

見た目的に、ちょっと派手さはなく、若干渋めのチョイスとなってしまいましたが、
この容器から溢れんばかりのかき氷が運ばれてくると、
不思議とテンションが上がります。



20160723_5.jpg


20160723_6.jpg


20160723_7.jpg


ここのかき氷を食べないと、夏が来た気がしないという常連さんの声も、
あちこち多々ある様ですが、それも頷けますね。

やはりここのかき氷を食べないと、夏が来た気がしません。
昔から変わらぬ、安定感ある美味しさです。


定休日も載せておきますので、慌てて出かけてスカ食らわない様に。



20160723_8.jpg


ただ、駐車場が2台しかないので、
車を利用するなら大仁駅前の有料駐車場を利用した方が良さそうです。


ふかせ菓子店
住所:伊豆の国市大仁284
電話:0558-76-1225


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



昨年のオープン以来、パン好きの間で話題になっている、
「Boulangerie Patisserie ADACHI(ブーランジェリー パティスリー アダチ)」さん。

お店は伊豆市湯ヶ島町の山奥という立地ですが、
フランスで修業を積んだというご夫婦が、本場仕込みのパンやケーキを焼いている、
開店と同時にお客さんがドッと溢れかえるくらいの人気店です。



20160722_1.jpg


この日は開店と同時に訪問したので、美味しそうなパンがたくさんはありました。
バゲットも程良い焼き加減に見え、テンションも上がります。



20160722_2.jpg


20160722_3.jpg


ショウケースに入れられたパンたち。
どれもこれも魅力的ですが、中でもサンドイッチ系が飛ぶように売れていきます。
確かに食べごたえがありそうで美味しそうですねー。

特にローストビーフサンド系にそそり、サクッと購入します。



20160722_4.jpg


イートインすることも出来ますが、混雑していたので今回は持って帰ることにしました。
パッケージしてくれた袋もおしゃれでかわいいですね。



20160722_5.jpg


パンは特製のバゲットを使用していますので、サンドイッチといってもハード系。
このパンにサンドされたローストビーフは自家製。
絶妙に味付けされていて、パンに本当に良く合います。
月並みですが美味しい。



20160722_6.jpg


また、結構大きくて硬いパンなので、
小さくカットした方が食べやすいかもしれません。



20160722_7.jpg


伊豆半島は、何気にパン屋さん激戦区なのですが、
ここのパンはその中でも頭一つ抜けているレベル。
近所にこんなパン屋さんがあれば嬉しいなぁと、
思わず思ってしまうパン屋さんです。



20160722_8.jpg


Boulangerie Patisserie ADACHI(ブーランジェリー パティスリー アダチ)
住所:伊豆市湯ヶ島2860-2
電話:0558-85-0901


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



先日の火曜日は気温がグングン上昇し、暑い日となりました。
もう夏本番って感じです。

もう暑いってだけで、体力がみるみる奪われるので、
なるべく涼しいところへ退避したいとの思いから、
伊豆の国市田京にあるカフェ「Anvers(アンヴェール)」で、
優雅にアイスコーヒーなど啜ってきました。



20160721_1.JPG


実に2年ぶりの再訪です。

店中は白を基調としており、相変わらず清潔感ある造り。
どこを切り取っても絵はがきなどの写真に使えそうな感じ。

店内ではフランス語のBGMというかラジオ?が流れ、
涼しくて心地良い空間。



20160721_2.JPG


20160721_3.JPG


店内に入ってすぐのところに、焼き菓子やジャム類が並べられていますが、
今回最大の目的はあくまでも涼むことですので、
メインはケーキとコーヒーを注文するのでございます。



20160721_4.JPG


ショウケースに色とりどりに並べられたケーキ。
どれもこれも美味しそうですよ。



20160721_5.JPG


私はドリンクのカフェ・ラッテを注文し、何気にお誕生日を迎えたばかりだった妻は、
ケーキを貪りたいとのことだったので、
サンマルクとパンプキンフロマージュの2種類を欲張って注文。



20160721_6.JPG


20160721_7.JPG


20160721_8.JPG


やはり夏は、ミルクたっぷりのアイスコーヒーが美味しいです。
また、妻は美味しいケーキをいただき、
久しぶりにのーんびりと涼しい贅沢な時間を過ごせました。



20160721_9.JPG


20160721_10.JPG


ちなみに、お昼の時間帯に行けば、ランチメニューもやっているという噂も聞き、
次はそれも良いかもなぁなどと画策している我が家です。

場所は、田京駅のすぐ近く。
国道136号線沿い、マックスバリューを過ぎてすぐのところです。



20160721_11.JPG


20160721_12.JPG


m.suzuki


Anvers(アンヴェール)
住所:伊豆の国市田京273-15
電話:0558-99-9010


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



本日、九州地方から東海地方まで、梅雨明けが発表されました。
今年も本格的な夏到来といったところでしょうか。


そして、ここ川奈いるか浜公園海水浴場も7月16日より、
いよいよ海開きとなりました。



20160718_1.JPG


20160718_2.JPG


20160718_3.JPG


これを撮影したのは、海開きの4日前の7月12日。
急ピッチで砂浜が重機によって整備が進められていました。



20160718_4.JPG


20160718_5.JPG


20160718_6.JPG


この浜の波は穏やかで海水がとても美しく、家族連れにピッタリです。

※この時点で、相棒が海水浴場へ立ち入っている様に見えますが、
海水浴シーズンは立ち入りは全面禁止なのでご注意を!!



20160718_7.JPG


20160718_8.JPG


20160718_9.JPG


そろそろ夏休みということで、夏の行楽シーズンに突入し、
これから川奈いるか浜公園海水浴場も、多くの人出で賑わうと予想されます。



20160718_10.JPG


同じく伊東のオレンジビーチよりは綺麗ですが、海の家はありません。
しかし、洗面所やシャワーといった施設は辛うじてありますのでご安心を。


柏崎


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



城ヶ崎海岸の超メジャーなつり橋といえば、大人気の門脇つり橋。
しかし、この城ヶ崎海岸にはもう1つ、ちょっとマイナーな、
橋立つり橋というつり橋があります。



20160717_1.JPG


この橋立つり橋は、門脇つり橋から約5キロくらい南下したところにあり、
門脇つり橋から海岸沿いの遊歩道を歩いても行けるのですが、
ちょっと距離があるので、伊豆高原駅に程近い駐車場から歩いて行く方が断然楽です。


休日の午後、相棒と散歩がてら、
この橋立つり橋を目指してみることにしました。

専用の無料駐車場に車を停め、対島川に沿った遊歩道を、
一路海を目指しててくてくと歩いて行きます。



20160717_2.JPG


20160717_3.JPG


20160717_4.JPG


この遊歩道は木々に覆われて木陰になっており、
川から吹き抜けてくる涼しい風が、熱くなった体をクールダウンしてくれます。



20160717_5.JPG


20160717_6.JPG


ここまで歩いて気付いたのですが、駐車場から橋立つり橋までの距離が結構あるので、
ここにイマイチ人気が出ない理由があるのかもしれません。
しかし、自然に囲まれた見どころがたくさんあるのも事実。
遠いから見に行かないというのは、ちょっともったいない話です。



20160717_7.JPG


20160717_8.JPG


20160717_9.JPG


ここまで約30分ほど歩くと、眼前に橋立つり橋が現れます。
橋立つり橋は長さ60m、高さ18m、定員20人となっています。
メジャーな門脇つり橋に比べると、ちょっと非力な感じもします。



20160717_10.JPG


20160717_11.JPG


20160717_12.JPG


とはいえ、私たち以外には誰もいません。
心配することは何もありません。
しかし、橋の上は結構揺れます!



20160717_13.JPG


20160717_14.JPG


城ヶ崎海岸の美しい景色を楽しむなら、メジャーな門脇つり橋にも負けてないです。
むしろ混んでるのが嫌だというなら、こちらの橋立つり橋の方がゆっくり楽しめます。
好きなだけ、貸切状態で何往復だって出来ちゃいそうですよ。



20160717_15.JPG


何とか無事に駐車場まで戻ってきましたが、
結構歩いた気がしますし、結構怖かった気がするのですが、
相棒はケロッとしていました。

元気なヤツです。



20160717_16.JPG


柏崎


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



久しぶりに「ベーカリー&テーブル東府や」さんに行ってみました。
その行き方は実に簡単。

修善寺から国道414号線に乗って下田方面へ向かい、
途中、吉奈入口という信号を右に入り道なりに進んでいくと、
「吉奈郵便局」が左手に見えてきますので、
更にそこから細い道を300メートルほど進むと、もう到着。



20160716_1.jpg


そこは、伊豆なのに伊豆では無い様な、
リゾート感が楽しめるベーカリーカフェが拡がります。

吉奈川沿いに建てられ、足湯に入りながらパンが食べられる、このベーカリーカフェ。
庭園の様な芝庭には、そこはかとなく散歩コースがあったりして、
自然の中で川の音にも癒されます。



20160716_2.jpg


20160716_3.jpg


20160716_4.jpg


取り扱っているパンは惣菜系を主流に約30種類ほどありますが、
お値段は1つ300~400円が主流となっており、
ちょっとお高めの観光地価格といったところでしょうか。



20160716_5.jpg


20160716_6.jpg


20160716_7.jpg


もちろんこちらで食事をすることができますが、パンとドリンクを買っただけで、
お一人様軽く1000円は超えます。
パン買っただけなのに。



20160716_8.jpg


しかし!そのパンはお高いだけあって、どれもこれも完成度は高く美味しい!

のんびりと開放感のある自然の景色を眺めながら食べるパンは、
リゾート感を充分に味わうことができ、これが格別に美味しい。
ということは、やっぱし1000円じゃ安いのかな?なんて。



20160716_9.jpg


20160716_10.jpg


2010年に旧「東府や旅館」がリニューアルオープンした、比較的新しい施設ですが、
週末ともなると、オープン直後から途切れなく賑わいを見せ、
足湯に浸かりながら、のんびりとしたひとときを過ごす人たちで溢れています。
駐車場は広めなので、そこはご安心くださいね。



20160716_11.jpg


「こんなところにこんなリゾート感を味わえるところが!?」
といったところにあるので、御存じ無い方はビックリするかも。



20160716_12.jpg


また、このあたりの吉奈温泉は江戸時代から、
子宝に恵まれる名湯として知られています。
よろしければ。


ベーカリー&テーブル東府や
住所:伊豆市吉奈98 東府や
電話:0558-85-1000


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



7月も半ばになると、幼稚園も夏休みが近づいて、
授業も午前中で終わってしまいます。

久しぶりに親子3人が揃ったランチタイム。
折角なので、外に食べに出かけました。


清水町にある「CanneryRow(キャナリィ・ロウ)」というイタリアンレストラン。
何年か前に行った、妻のお気に入りのお店に再訪です。

なんとか13時半ごろには到着しましたが、
平日だというのに席は満席で30分待ち。
相変わらず人気の高さが窺えます。



20160715_1.JPG


20160715_2.JPG


このお店の人気の秘密は、メインの食事を注文すれば、
前菜はバイキング形式、ドリンクはフリーというサービス。
メインが美味しいのは言わずもがなですが、この前菜も種類が豊富でかなり美味しい。



20160715_3.JPG


20160715_4.JPG


20160715_5.JPG


前菜の種類は日によって違う様ですが、
もうこの前菜が美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます。

キャベツやセロリ、ポテトやインゲンなど、旬の野菜が上手に味付けされていて、
もうこの前菜とお酒だけあれば充分なのでは?といった体。

また、ジャンバラヤといった本格的な料理もあり、
子どもは、このジャンバラヤばかりおかわりして食べてました。



20160715_6.JPG


メインは海老のポモドーロと、なすのアーリオオーリオ。
ポモドーロはトマトソースの酸味が絶妙。
また、海老から出たコクがあって尻尾の殻まで、
バリバリと美味しく食べられちゃいます。



20160715_7.JPG


アーリオオーリオは平たくいうとペペロンチーノですね。
これでもか!というくらいニンニクが効いています。



20160715_8.JPG


この他にデザートも付けられますが、もうここまででお腹いっぱい。

店員さんも感じが良く、30分待ちで席に通される前に、
子どもがぐずらない様にジュースをサービスでご馳走してくれたり、
お皿やグラスを新しいものをすぐに持ってきてくれたりと、
本当にいたせりつくせり。

久しぶりに美味しい食事を楽しめました。


でも、もう少し待ち時間が短縮されると嬉しいかな。



20160715_9.JPG


20160715_10.JPG


m.suzuki


CanneryRow(キャナリィロウ)柿田川店
住所:駿東郡清水町柿田148-1
電話:055-981-3858


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



今年は例年よりもちょっと暑いせいか、庭の畑の夏野菜が豊作の兆し!
旬は真夏なので、これからどんどん成長する予定です。

まずは、きゅうり、なす、とうもろこしなど。
夏野菜といえば、定番中の定番ですね。



20160714_1.JPG


20160714_2.JPG


20160714_3.JPG


ちょっと変わったところでは、ラズベリーあたりも実を付けてきました。
良い色になってきましたよ。



20160714_4.JPG


そして、大物中の大物がこの中に隠れています。
さて、それはなんでしょう?



20160714_5.JPG


...正解は「すいか」でした。
ここまで大きく立派に育ってくれました。



20160714_6.JPG


早速1つ収穫して、冷やして食べてみましたが、
皮の白い部分まで甘くて、充分美味しいすいかでした。



20160714_7.JPG


20160714_8.JPG


これから夏本番。
夏バテなどしない様に、しっかりと栄養を摂って、
今年の暑い夏を乗り切りましょう。

またなにか収穫できたらまたご報告いたします。


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



城ヶ崎海岸駅を降りてすぐのところにある「肴屋 大ちゃん」へ行きました。
前から新鮮なお魚が売りと書いてあったので、
実は密かにずっと気になっていたお店です。



20160711_1.JPG


○お通し
右から白滝シイラの卵和え、きゅうりの浅漬け、サバの稚魚の佃煮
私の持論として、居酒屋でお通しの美味しいお店は料理も美味しいのです。



20160711_2.JPG


○おさしみ
イカ、タイ、ヒラメ、あぶりしめサバと、お上品な盛り付けですが、
採れたて感満載で新鮮です。



20160711_3.JPG


○サラダ
本日の魚のスモークサラダです。
この日はシイラがおすすめの様で、シイラのお刺身が乗っています。
口に入れると溶けてなくなってしまうほど。
またかかっているドレッシングも美味しい。



20160711_4.JPG


○だしまきオムレツ
見ての通りふわトロです。
ほんのりと出汁の香りがします。



20160711_5.JPG


伊豆牛や熱川ポークといった地元のお肉が食べられるので、
ガーリック炒めを注文。
お肉も柔らかく、味付けもGOOD!



20160711_6.JPG


20160711_7.JPG


是非次回は、サーロインをいただきたいところです。


最後の〆にシラスと大葉のチャーハンをいただきます。
シラスの塩味と大葉の風味で、どう作ったらこうなるの!?
と思うほどパラパラ。

これまた絶品チャーハンです。



20160711_8.JPG


店主自らが早朝から仕入れに行くそうなので、
夜は早めの閉店となりますが、また行きたいお店に決定しました。



20160711_9.JPG


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



昨日までの大雨はどこへやら。
今日のさくらの里はそれほど暑くもなく、イベント開催には丁度良い陽気。
そんな中「伊豆まるごと青空市2016」が元気に開催されており、
多くの人たちで賑わっていました。



20160710_1.JPG


20160710_2.JPG


この伊豆まるごと青空市は、
「自然・健康・環境・食育・アート・音楽」の融合をテーマに、
日ごろより伊豆各地でご活躍されている方々を招致し、
伊豆の豊かな自然の恵みや心地良い暮らしを内外にアピールするイベントです。
(公式サイトより抜粋)

フリーマーケットだけでなく、普段から生業としている方々が多く出店しているので、
取り扱っているものが比較的良質ということも人気の1つですね。

美しい自然の中で、普段あまりお目にかかれない様な、
様々なものに触れる良い機会ですよ。



20160710_3.JPG


20160710_4.JPG


20160710_5.JPG


20160710_6.JPG


20160710_7.JPG


お店によっては、売り切れや長蛇の列が出来ているお店もありました。
なので、お話が聞けなかったり、なかなか全てを紹介ができなかったのが心残り。



20160710_8.JPG

20160710_9.JPG


20160710_10.JPG


やはり飲食系のお店の人気が高かった気がします。
確かに、大自然の中で食べるご飯は美味しいですからね。
遠足のときに食べたお弁当、美味しかったなぁ。



20160710_11.JPG


毎年毎年、大いに盛り上がりを見せているイベントですので、
また来年も元気に開催されると思います。

次回は元気に美味しいもの食べたいなぁ。



20160710_12.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



長野県信濃町にある「久世福おやつ工房」さん。

この町で開発された大豆「ナカセンナリ」という品種の大豆で作られた、
「おとうふドーナツ」というドーナツが評判良いです。



20160709_1.JPG


このナカセンナリ、甘みのある品種の大豆で、ドーナツには相性が抜群。



20160709_2.JPG


20160709_3.JPG


なめらかでふんわりとした食感で、優しい甘さのドーナツ。
また、油臭くないのも特徴で、まるで絹ごし豆腐を感じる様な風味。
ふわふわとしていて、全く豆臭くもありません。
お豆腐やおから、豆乳が苦手という人でもスッと食べられそうですよ。



20160709_4.JPG


たくさんお豆腐を使用しているので、結構水分量が多く瑞々しい。
そのため、あまり日持ちはしません。

ということで、早めにいただいちゃいましょう。
今回は、塩キャラメル、みたらし、ほろにがチョコ、プレーンの4種類。



20160709_5.JPG


20160709_6.JPG


素材はお豆腐ということなので、一般的なドーナツよりもカロリーも低め。
他にも種類が檸檬や抹茶、つぶつぶ苺などバラエティに富んでいます。

取り扱っている店舗はそんなに多くないのですが、
どこかで見かけたら、是非お試しください。


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



毎日暑かったり寒かったり蒸し暑かったりと
忙しい日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、涼を感じに旧中伊豆町の蓮畑を見に行ってきました。


20160706hasu-1.jpg


20160706hasu-2.jpg


20160706hasu-3.jpg


西
20160706hasu-4.jpg


360度大自然です。
家から車で10分とは思えません。

ピークは7月中旬とのことで、
まだ若そうな花も見られます。

20160706hasu-5.jpg


20160706hasu-6.jpg


しかし、もちろんキレイに咲いているものも。

20160706hasu-7.jpg


20160706hasu-8.jpg


20160706hasu-9.jpg


午後になると花が閉じてしまうそうなので、
ご覧になる際にはお早目のお出かけをお心がけ下さい。


20160706hasu-10.jpg


住所:伊豆市上白岩
※県道伊東修善寺線沿いの「いろは寿司」の角を曲がると、
要所にステキな誘導看板(手書き)が設置してあります。



ブログランキング


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/

hr




今日は七夕ですね。
七夕って梅雨の時期なので、概ね夜空を見ることが出来ないことが多い気がしますが、
今年はもう梅雨も明けた様な陽気や天気なので、今夜は見ることが出来るかな?
密かに期待しています。


さて。

休日は愛犬ハリーと一緒に白浜海岸をお散歩するのが、
いつもの日課になっています。



20160707_1.JPG


しかしこの日は梅雨真っ最中ということもあり、あまり芳しく無いお天気。



20160707_2.JPG


そんなとき、ふと散歩道の足元を見てみると、そこには「芝」が生えています。
今まで気付かなかった分、私とハリーも改めてビックリ。



20160707_3.JPG


20160707_4.JPG


しかし海岸付近に芝って、塩害とかあっても大丈夫なんですかね。
周りをじっくり見てみると「竜のひげ」も群生しています。
立派なもんです。



20160707_5.JPG


ベジタリアンのハリーは、見つけるや早速試食しています!
ほど良い塩気で、まずまずのお味のようです。



20160707_6.JPG


20160707_7.JPG


海水の透明度もかなり高いことで、人気のある白浜海岸ですが、
程良い塩気の芝も楽しめる海岸の様ですね。



20610707_8.JPG


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



7月に入り、梅雨がどこかへ行ってしまったかの様な陽気です。
もう夏が始まっていると予想しています。

今回のブログの写真は6月下旬のものなので、
まだ若干梅雨っぽい雰囲気の修善寺温泉です。



修善寺温泉の歴史は、平安時代に弘法大師が独鈷の湯を湧出させたとされ、
これが修善寺温泉の起源といわれており、伊豆半島で最も歴史がある温泉です。



20160704_1.JPG


20160704_2.JPG


また、都内から電車や自動車等で約2時間というアクセスの良さで、
気軽に行ける温泉観光温泉街としても有名です。



20160704_3.JPG


20160704_4.JPG


20160704_5.JPG


温泉街の中心に修善寺川(通称:桂川)が流れ、
河岸には温泉宿や飲食店が多く建ち並んでいます。



20160704_6.JPG


20160704_7.JPG


最近では、この竹林の小路が「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で、
2つ星を獲得したことでも話題になりました。



20160704_8.JPG


竹林の間から差し込む木漏れ日や、修善寺川の清流のせせらぎが気持ち良く、
ここに設けられた竹製の大きな円形ベンチに寝そべって、
空を見上げてみてはいかがでしょうか。
きっと何かを感じるに違いありません。



20160704_9.JPG


20160704_10.JPG


暑さに負けず、この爽やかな風景を確かめに、
修善寺温泉へどうぞ。

どこか「和」のこころを思い出させてくれます。



20160704_11.JPG


20160704_12.JPG


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



お客様からのおみやげで、大変貴重なものをいただきました。
三重県伊勢市に本社を置く和菓子店「赤福」さんの朔日餅(ついたちもち)です。


朔日餅とは1月を除く毎月1日、伊勢神宮の朔日参りの参拝客をもてなすため、
1978年に販売を開始した季節感のある和菓子。
毎月1日限定で発売され、月替わりのラインナップが好評を博し、
多いときには1,500人以上が行列を作るといわれる人気商品。


今月は7月ということで「笹流し」という水ようかんでした。



20160703_1.JPG


竹筒の中に、赤福の餡で作った水羊羹を注入し、
笹の葉で蓋をした、朔日餅の中でもトップクラスの人気商品。

その食べ方もちょっと変わっていて、
竹筒の後ろを付属のキリのような道具で3か所ほど穴を空け、
お皿の上で軽く振るとニュルリと出てきます。



20160703_2.JPG


20160703_3.JPG


20160703_4.JPG


20160703_5.JPG


良く冷やした水ようかんのサッパリとしたのどごしが楽しめ、
この暑い時期は、口あたりの良い水ようかんが、
やはり格別だと改めて感じさせてくれます。

※進撃の巨人ではありません(^^;



20160703_6.JPG


また、朔日餅は包装紙も特別。

伊勢千代紙の包装紙に川と笹船、蛍の光が描かれていて、
目を通しても涼しさが伝わってくる様です。



20160703_7.JPG


日持ちはしないですが、絶対に喜ばれるおみやげだと思います。
これは貴重なものをいただきました。

ごちそうさまでした。
ありがとうございました。



20160703_8.JPG


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



以前からかなり気になっていた、いなり寿し屋さんに行ってみました。

城ヶ崎海岸にあるかんぽの宿近くの「吉正(きっしょう)」さん。
お揚げをお店でふっくらと煮上げ、丁寧に作られているいなり寿しです。



20160702_1.JPG


地元の人たちや、城ヶ崎界隈をよく知る観光客の方々が、
買いに訪れている姿をよく見かけます。



20160702_2.JPG


今回はいなり寿しと鶏のから揚げを購入。
お値段は、いなり寿しで320円、6つで480円。
鶏の唐揚げは5つで390円也。



20160702_3.JPG


早速ぐらんぱる公園に場所を移動し、相棒をドッグランに入れて、
私だけベンチで早速食べてみました。



20160702_4.JPG


20160702_5.JPG


いなり寿しは油揚げを表側で包んだノーマルのいなり寿しと、
裏側で包んだご飯に白ゴマが入っているいなり寿しの2種類。



20160702_6.JPG


どちらも手作りな感じの甘めのお味ですが、
白ゴマが入ったものは、ゴマの風味がアクセントになりかなり香ばしいですよ。



20160702_7.JPG


20160702_8.JPG


鶏の唐揚げはカラッとしていながら、
お肉はやわらかでニンニクが少し効いたお味。
美味しくいただきました。



20160702_9.JPG


20160702_10.JPG


これだけ美味しいいなり寿しの唐揚げ。
コスパ的にも最高で、かなり美味しいと思います。


ずっとドッグランで待っていた相棒には申し訳無かったですが、
最高の休日の昼食になりました。



20160702_11.JPG


この吉正さん。
あまり大きく無い店舗ですので、売り切れ次第営業終了。
通りに面して「営業中」ののぼりが無かったらお店は閉店しています。
ご利用はお早めに。



20160702_12.JPG


柏崎


吉正のいなり寿司
住所:伊東市八幡野1103-84
電話:0557-53-1381


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



もう15年くらい前になるでしょうか。
オープンした当初は、そんなにおもしろ味も無い様に感じた、
道の駅「伊東マリンタウン」ですが、このごろでは施設も充実し、
どこか円熟の域に達している様にも感じます。



20160701_1.JPG


目の前に大海原が拡がるので、海を見ながら露天風呂や貸切風呂が楽しめる温泉を始め、
伊東の新鮮な魚介類が食べられるレストランやおみやげ屋さん、
マッサージ関係や関東近辺では最大級の長さの、
全長約70メートルの足湯「あったまり~な」など、
食べどころや癒されどころがいっぱい。



20160701_2.JPG


20160701_3.JPG


20160701_4.JPG


ちなみに、このあったまり~なは、毎月第一日曜日は「あったまり~なの日」と称し、
何かを浮かべたり、香りを楽しめたり、いつもと違った足湯を楽しめます。
次回の開催日は7月3日の日曜日!



20160701_5.JPG


おみやげを取り扱っているお店のほとんどは試食コーナーがあり、
いろいろ食べ比べしてみて、買って帰るのがセオリー。
海の幸山の幸、お菓子やお酒など、意外とバリエーションは豊富です。



20160701_6.JPG


20160701_7.JPG


20160701_8.JPG


中でも私がお勧めするのはこちらの磯揚げ!
一口食べると、新鮮な魚介類の豊かな風味が口の中に拡がります。
しかし、これは残念ながら、確か試食は出来なかったハズ(^^;



20160701_9.JPG


他にも有料になりますが、1日数便出ている遊覧船に乗れたり、
数ヶ月前に完成した、綺麗で充実した設備だと評判の新しいトイレ、
「幸せの黄色いトイレ」があったり、道の駅としての役割に付加価値を加えた、
見どころいっぱいの施設となっています。



20160701_10.JPG


20160701_11.JPG


今日から7月。

これから本格的な海の季節になりますが、海水浴等で伊東市に来る際には、
是非「伊東マリンタウン」に寄ってみてください。
今回まだまだ紹介しきれなかったものがたくさんありますし、
ゆっくりじっくりと見て回れば、新しい発見があるかもしてません。



20160701_12.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

Green Blog