納涼!奥野ダム一日ダム教室



子どもたちは、すっかり夏休みという季節になりましたね。

先日、伊東市の松川湖にて、第27回「奥野ダム一日ダム教室」という、
実に夏休みらしいイベントが開催されていました。



20160728奥野ダム教室_1.JPG


奥野ダムまではハンディホームセンターからシャトルバスが出ており、
随時ピストン輸送をしているので、ハンディ駐車場に車を停めて、
いざ!ダムへ!


お天気は辛うじて雨が降っていないという空模様でしたが、
多くの家族連れで会場は結構盛り上がっている様子。
なかなかの注目度の高さが窺えます。



20160728奥野ダム教室_2.JPG


会場内では、数ある催しがありましたが、やはり一番のメインは、
ダムの底まで歩く「ダムの底アドベンチャー」じゃないかと思います。
普段、関係者以外は決して踏み入れることができない未踏の地。
私も子どものころに、1度入ったことがある様な気がする程度です。

しかしこれが、結構ハードな道のりらしく、階段の総段数が約700段!
「体力に自信のない方はやめた方が良いです」という体の、
張り紙というか、警告までしてあります。
これはもう、ちょっとした登山の様相です。



20160728奥野ダム教室_3.JPG


ここまできたら引き下がれませんよ。
入口から一歩足を踏み入れると、外界とは空気が違い、
暗くひんやりとしていて涼しい。



20160728奥野ダム教室_4.JPG


当然ですが、最初は下り階段が続きます。
比較的楽に下り、湖底にある水力発電施設などを見学し、
ダムでは貯水だけでなく、発電もしているのかと感心したのですが、
問題はその先。
湖底から、また地上まで上がってこなければなりません。



20160728奥野ダム教室_5.JPG


20160728奥野ダム教室_6.JPG


20160728奥野ダム教室_7.JPG


20160728奥野ダム教室_8.JPG


20160728奥野ダム教室_9.JPG


実は、ここから先の記憶はあまりありません。

疲労と暑さで頭が朦朧。
空気はひんやりとしていたハズですが、汗がドッと出てきて、
歩を進める足が重く感じた様なことは憶えています。



20160728奥野ダム教室_10.JPG


20160728奥野ダム教室_11.JPG


出口付近に、朴訥なエレベータマシンが置いてあり、
むしろこれに乗らせてくれた方が楽しかったのになぁ。



20160728奥野ダム教室_12.JPG


地上へ出てくると、やはり体感温度は暑く感じ、やはり開放感を感じます。
しかし、体の方は日ごろの運動不足がたたり、既に足はガクガク。
息を整えるのも一苦労。



関係者の方がこれを見ていると願い、私から1つ提案なのですが、
もしこれから先も、同イベントを続けるのだとしたら、
この出口付近に救護所を設置した方が良いのではないでしょうか。

今回のイベント中で、具合の悪くなる可能性が高いのは、
間違いなく「ダムの底アドベンチャー」じゃないですか。
体力に自信のない方はやめた方が良いと謳っているワケですし。

今後同イベントを続けるのであれば、
この出口付近に救護所の設置を是非ともお願いします。
熱中症に注意と叫ばれる季節のイベントなので、結構危険じゃないでしょうか。



ダムの上から見る松川湖は、
我々市民の生活用水をたたえていました。
水は大切に使いましょうね。



20160728奥野ダム教室_13.JPG


20160728奥野ダム教室_14.JPG


あ、そうそう。
子どもは木工教室も楽しかった様です。
本棚を作らせてもらい、かなりご満悦でした。

普段、絵本のお片付けが上手にできない子どもには丁度良かったかな。



20160728奥野ダム教室_15.JPG


20160728奥野ダム教室_16.JPG


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 味噌味の天丼が楽しめるラグーン  前の記事 : 心安らぐ伊勢屋の和菓子

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog