海に浮かぶ三四郎島へ歩いて渡る



西伊豆町にある三四郎島は、海岸から沖合へ200メートルほどのところにある、
伝兵衛島、中ノ島、沖ノ瀬島、高島の4つからなる島で、
見る時間や角度により3つに見えたり、4つに見えたりすることから、
「三四郎島」と呼ばれています。



20160829三四郎島 トンボロ_1.JPG


20160829三四郎島 トンボロ_2.JPG


20160829三四郎島 トンボロ_3.JPG


20160829三四郎島 トンボロ_4.JPG


また、干潮時には一番手前にある伝兵衛島まで繋がる磯道が現れ、
ここを歩いて島まで渡ることが出来る、日本でも大変珍しい現象が起こります。

この現象のことを「トンボロ」といいます。



20160829三四郎島 トンボロ_5.JPG


天候などにも左右されやすく、日によっては磯道がしっかりできるわけではないので、
汚れても良く歩きやすい靴を履くのが推奨。
また、思っていたよりも岩がゴツゴツと大きくて結構歩きづらく、
真夏の日差しの中歩くと、なかなか良い運動になりました。



20160829三四郎島 トンボロ_6.JPG


20160829三四郎島 トンボロ_7.JPG


20160829三四郎島 トンボロ_8.JPG


しかし、陸地から見える浮かんでいる島とは違った姿を見られ、
間近で見る島の迫力に圧倒されます。



20160829三四郎島 トンボロ_9.JPG


20160829三四郎島 トンボロ_10.JPG


島に渡ると堂ヶ島一帯の入江の造形も綺麗に見えますね。
モーゼの十戒よろしく、貴重な体験をしました。



20160829三四郎島 トンボロ_11.JPG


この現象は、毎日同じ時間に現れるわけではないので、
行く前に引き潮の時間を事前にチェックすることをお勧めします。



20160829三四郎島 トンボロ_12.JPG


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : 愛犬と行く伊豆稲取のクロスカントリー  前の記事 : キャンドルナイトin修善寺

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog