「伊豆高原バウハウス」さんを訪問



本日5月1日から、第25回となります


開始しました。このフェスはいわゆる

観光や、商業目的のイベントではなく、



伊豆高原に移住してきた方の文化祭、

そして交流の場...が目指すところで、



よって純粋にアートを、暮らしの中の

一部として楽しむ方々が主体となる、

「日常の中の祭典」になった形です。



参加している個人の方、および店舗は

100軒近くにのぼるのですが、今回は

そんな祭典の中でもかなりとんがった、

「バウハウス」さんを訪問しました。





20170501-0.JPG


もともと企業の保養所だった建物を、

むき出しのコンクリート仕立てにし、

中に入るやいなや、パンクなアートの

オンパレード。写真を加工する方...





20170501-1.JPG


カラフルでエネルギッシュなヌード...





20170501-2.JPG

20170501-3.JPG


建物の隅々まで表現に利用しています。





20170501-4.JPG


オープニングパーティーに参加させて

いただきました。様々な年代や職業の

方々が集い、持ち寄り料理でわいわい!





20170501-5.JPG


熱海でも三島でも、南伊豆でもない、

伊東・伊豆高原という土地ならではの、

都会と地元の人々がクロスする雰囲気◎



漂着物を収集・展示する山田ミノル氏。

稲取にお住まいです。東海岸全域から

集められたプラスチックや金属は、

どこか哀愁があり、どこかユーモラス。


20170501-6.JPG

20170501-7.JPG

20170501-8.JPG





何やら可愛らしいオブジェが並ぶ...

と思いきや。


20170501-9.JPG



m.yam(エムヤム)というお名前で

作陶をされている、長田三賀子さんが

いらっしゃいました。『誰かの窓』と

いうシリーズで、生活に密着した物を

陶器で表現し、見つめなおしています。



20170501-10.JPG

20170501-11.JPG

20170501-12.JPG

20170501-13.JPG





おそらくリビングやキッチンだったと

思われる空間が、ギャラリーの一角に...

遠くに見える水平線も、観光地伊豆の

風物詩というより、詩的に感じられ...


20170501-14.JPG

20170501-15.JPG





不動産業の弊社として興味深いのは、

もとは浴室や洗面所であっただろう、

タイル張りのスペースまでも上手に

利用されていること。「壊す」そして

「むき出す」という概念が衝撃的!


20170501-16.JPG

20170501-17.JPG

20170501-19.JPG

20170501-18.JPG





どこもかしこもウィットに満ちている、

この空間を作り出し、人を寄せたのは、

舘野(たての)茂樹さん。ブックカフェ

「壺中天の本と珈琲」オーナーです。


20170501-20.JPG



これから始まりますねえ!と語らう、

いきいきした時間。壺中天の方でも、

フェスに参加しているそうですので、

こちらもぜひ行ってみたいところ^^



20170501-21.JPG



伊豆にいながらにして、前衛アートの

気概に触れることができた訪問でした。

これから一か月、とても楽しみです!



20170501-23.JPG

20170501-24.JPG





Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

次の記事 : まずは腹ごしらえ~伊東の開福丸さんで~  前の記事 : 修善寺 虹の郷

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

Green Blog