心太(ところてん)~後編~



以前に、「心太~前編~」のブログでは、

天草を鍋で煮始めるところまで

ご紹介させていただきました。



このブログはその続きです。

心太が好きな方に

お読みいただけたら嬉しいです。



さて、鍋を火にかけたらすぐ酢を入れます。

酸っぱく味付けするためではありません。

お酢が天草を煮溶かしやすくするのです。


20170731-1.jpg





鍋の横には、沸騰に備えて、

差し水用の水を溜めた鍋、追加の薪、

煙を向こう側へ送る扇風機を置きます。


20170731-2.jpg





たいぶ沸いてきました。

ときどきかき混ぜます。


20170731-3.jpg





一時間ほど経ち、煮汁はどろどろ。

鍋をカマドからおろす頃です。


20170731-4.jpg





濡らしたタオルを寸胴鍋の

両方の取手に引っ掛けて、

二人で息を合わせ、

カマドから鍋をおろします。


20170731-5.jpg





泡がおさまると、天草がやわらかく

煮えたことがわかります。


20170731-6.jpg





煮溶かした天草は、袋状にした

布巾の中に入れて濾(こ)すのですが、

熱くてドロッと重く、簡単には絞れません。

この写真ではわかりにくいのですが、

天井から下げたフックで、天草を入れた

布巾の袋を吊り上げます。こうすると、

棒で挟んで絞りやすくなります。


20170731-7.jpg





挟んでいる棒は、鍋の中をかき混ぜる時に

用いた長い菜箸です。とても便利。


20170731-8.jpg





容器に移し替え冷やし、

心太ができあがりました。


20170731-9.jpg





みつまめ用に、さいの目に切ります。

20170731-10.jpg



早朝から作り始めて、食べたのは夕方です。

手間はかかりましたが、

今年の夏も上手にできました。



NH





ブログランキング


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/

hr

次の記事 : 下田東急ホテルでクラフト体験を  前の記事 : 夏を乗り切るグッズ!

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog