ジャコメッテとルイジアナ美術館




社員のSさんから国立新美術館で9月4日まで開催されている

「ジャコメッティ展」のパンフレットをいただきました。


展示品のほとんどが世界3大ジャコメッティ・コレクションのひとつである

マーグ財団美術館の所蔵作品とあって、

展示品も充実しており、あと半月ほどしかありませんが是非とも行きたいと思っております。


IMG_1075(1)_R.JPG



ジャコメッティで思い出すのが、2年ほど前に出かけたデンマークの「ルイジアナ美術館」のことです。

今回も展示されているジャコメッティの代表作の1つでもある「歩く男」もこの時に初めて見ました。


1階・2階が吹き抜けの大きなガラス張り越しには湖が面した大空間の部屋に展示してありました。

きゃしゃな創りの「歩く男」ですが、その圧倒的な存在感に衝撃を受けたのを覚えています。


IMG_9053_R.JPG


2015 (952)_R.JPG



その他のジャコメッティの作品もとうぜん素敵でしたが、展示の仕方がすでにアートでした。


2015 (905)_R.JPG


2015 (937)_R.JPG



衝撃を受けたといえば、この「ルイジアナ美術館」も感動という意味で衝撃的でした。

その時の北欧の旅で一番最初に思い出すのが「ルイジアナ美術館」のことで、

世界一美しいと称されるこの「ルイジアナ美術館」は、

コペンハーゲンから北へ35kmのリビエラ海岸に面した場所に在り。

自然と近代アートそして建築が調和する庭園美術館は、

人・アート・自然の隔たりを可能な限り、取り除かれた自遊の空間が広がっており、

一日中そこで過ごしていたくなります。


2015 (806)_R.JPG


2015 (820)_R.JPG

ヘンリムーアの大きな作品とモダンな建物の展示室

IMG_8990_R.JPG

こちらもヘンリームーアの作品と海。

2015 (900)_R.JPG


2015 (857)_R.JPG


2015 (968)_R.JPG

ヤコブセンのセブンチェアもこれだけ並ぶと圧巻です。


2015 (885)_R.JPG

ルイス・ポールセンのアーティチョークライトも普通に使われていました。




地元の人たちは朝からここにきて美術品の鑑賞はむろんですが、

海を見渡す中庭のカフェテラスでお茶しながらおしゃべりを楽しみ長い時間を過ごすらしいです。

私がここを訪れた日も秋晴れに恵まれたグットコンデションで、

ポカポカとた陽射しの下でランチしながら、まったりと過ごしました。

2015 (971)_R.JPG


IMG_9071_R.JPG


IMG_9084_R.JPG


IMG_9779_R.JPG





もしコペンハーゲンに行かれることがあれば、

ゆっくり時間を取ってぜひ立ち寄ってみてくださいお勧めです。


by yamazaki





ブログランキング 
hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr












次の記事 : 石切場  前の記事 : 高気圧酸素

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog