自宅でアンコウの吊るし切り



我が家の主夫が市場で、この時期最後のアンコウを購入してきました。


20180415-a1.JPG



見た目はナマズの様で少しグロテスクですが、
その味は西のフグ・東のあんこうと称される程、
美味しいお魚です。


20180415-a2.JPG



我が家の主夫は腕まくりをして、
よっしゃ!のかけ声とともに
マグロの解体ショーさながら、
アンコウの吊るし切りが始まりました。


20180415-a3.JPG


20180415-a4.JPG



アンコウの身は水分が80%もあってブヨブヨで、
さらにヌルヌルしてつかみどころがないので、誰が考案したのか、
この吊るし切りは、なかなか合理的な解体法だそうです。


20180415-a5.JPG


20180415-a6.JPG


20180415-a7.JPG


20180415-a8.JPG



まず、粗塩とタワシでヌメリをとり、下顎に鈎を通して吊るし、
魚体を安定させるため大きな口から水を流し込みます。
この方法だと大事な内臓を傷つけずに取出せ、最後に残るのが
あの大きな口になります。


20180415-a9.JPG



これは、アンコウの特徴でもある
背びれの先端部が変化した「疑似餌」です。


吊るし切りされて解体された後は、背びれを除いて
無駄なく食べられます。これを『アンコウの七つ道具』というそうです。

切り身にされたアンコウしか知らない私には
かなり衝撃的な夜でした。



W・N



ブログランキング


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/

hr


次の記事 : 犬のトリミング 「stanpoo」  前の記事 : 今年も行ってきました身延山

コメントする

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog