創業は明治40年。

深川不動尊の参道に店を構える深川伊勢屋さんの焼団子。
地元の人から愛される丸く大きな名物団子。
コシがあるのに歯切れの良い、そんなお団子です。


ほら、考えただけで、なんだか食べたくなってきたでしょ。
先日課長が東京出張へ行った際に買ってきてくれましたよ。



20160118_1.jpg


出来たてホヤホヤの熱々も良いけど、時間が経って冷えたお団子も美味しい。
冷えているのにあまり硬くならず、弾力がまだまだあります。
種類は、みたらし、ずんだ、こしあんの3種類。

重さは1本約92g。
直径約2.5cmの球体が4つ。
どれもこれもめちゃくちゃ美味しいです。



20160118_2.jpg


20160118_3.jpg


20160118_4.jpg


あとは、きんつばと豆大福。
どちらも絶妙な塩加減で、小豆の味を引き立てています。
職人の業ってヤツです。



20160118_5.jpg


やはり和菓子って良いですね。
日本人のソウルフードだと思います。


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



都営交通都電荒川線は都内に唯一残った路面電車です。
今回は大晦日に利用しました。



20160117_1.JPG


東京都(当時は東京市)が、民営の路面電車を買収し、
「都電(当時は市電)」が誕生したのが明治44年のこと。


その誕生以来、ずっと走り続けた都電ですが、
今ではこの「都電荒川線」を残すのみ。



20160117_2.JPG


20160117_3.JPG


早稲田から三ノ輪橋間の12.21キロを約49分、時速約13キロでのんびり走ります。
もう自転車の方が早いレベルです。



20160117_4.JPG


20160117_5.JPG


仮に駅で乗車したい人がいれば、しばらく出発しないで待っています。
一応、時刻表には乗っ取っていますが、そのへんは結構アバウト。



20160117_6.JPG


料金はどこからどこまで乗っても、
一律大人170円、小人90円と大変リーズナブル。



20160117_7.JPG


基本ワンマンで運行し、車内はまるでバスの様。



20160117_8.JPG


20160117_9.JPG


20160117_10.JPG


また、のんびりと途中下車を楽しみたいときは、
乗り降り自由の都営まるごときっぷ(1日乗車券)が便利。
都営地下鉄、都バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーにも乗れて、
大人700円、子供350円です。

都電のみの1日乗車券は大人400円、小人200円。
こちらも大変リーズナブル。
前売りは荒川電車営業所、都電定期券発売所で発売していますよ。



20160117_11.JPG


このあと、のんびりと年越しを楽しみました。
あけましておめでとうございます



20160117_12.JPG


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



子どもを連れて、よねわかの足湯に行ってきました。
散歩の途中で寄っただけなので「行ってきました」という立派なものではありませんが。



20160116_1.jpg


20160116_2.jpg


場所は伊東市広野の交差点付近に、急にあります。
マックスバリュ伊東広野店の目の前といった方がわかりやすいでしょうか。



20160116_3.jpg


というか、このマックスバリュが出来る前、
ここには「よねわか荘」という老舗旅館が建っており、
平成20年に惜しくも旅館は廃業となりましたが、
そのよねわか荘の温泉を伊東の皆さんで楽しんでくださいという思いで、
この足湯を建設し伊東市に寄付されたとのこと。
もちろん入湯料は無料です。


なので、今では近所の方々の憩いの場となっています。
始めまして同士でも、ナンダカンダで会話が弾むのが足湯の魅力ですね。



20160116_4.jpg


立派な屋根も付いていて、のんびりと時間を忘れて足湯に浸かることが出来ます。
無色透明の透き通った温泉は、足をつけると丁度良い湯加減でとても良質。
この日は冷える日でしたが、少し浸かっただけで、
足元からポカポカしてきます。
子どもも足湯が大好き。



20160116_5.jpg


20160116_6.jpg


敷地の奥には、よねわか荘の創業者である、
寿々木米若(すずきよねわか)さんの簡単な歴史や、
詠んだ句や銅像が建っています。
ハナ肇じゃありません(^^;



20160116_7.jpg


20160116_8.jpg


新潟出身の米若さんは浪曲師として有名で、
戦時中に疎開してきた地が伊東だったとのこと。
そのとき伊東の温泉がとても気に入り、
この地に「よねわか荘」という旅館を作り、
長い間高級和風旅館として親しまれていたんですって。

さすがは我が伊東温泉といったところでしょうか。
別府、熱海とともに日本三大温泉郷のひとつに数えられるほどですからね。
やっぱ伊東温泉は伊達じゃない。


この足湯の利用時間は10時から16時までの6時間。
16時を過ぎると、お湯を抜かれてしまうので注意です。

かくいう私も、久しぶりの足湯。
あまりの気持ち良さにハマってしまいそう。


m.suzuki


よねわかの足湯
住所:伊東市広野1-4
利用時間:10時から16時


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



ずっと気になっていた、門塀の水垢。
ご覧の様に、結構汚いですよね。



20160115_1.jpg


20160115_2.jpg


もう既に高圧の洗浄機では綺麗にならず、
ここまできたら、もう全体を新たに塗ってしまうしかない!と思っていました。
しかし、そこは家の門塀ですので、プラモデルを塗るのとは違います。

上手に塗れるかわからず、しばらく先延ばしになっていましたが、決行を決断!
まずは行きつけの、ホームセンター「カインズホーム」で道具を揃えます。



20160115_3.jpg


まずは扉や郵便受けをマスキングし、全体的に広い面はローラーでムラなく塗り、
細かいところはハケで仕上げていきます。



20160115_4.jpg


20160115_5.jpg


天気も良く、ペンキの乾きも良かったので、
結構短時間で完成しました。



20160115_6.jpg


その後、マスキングを剥がし、改めて出来上がりを見てみると、
なかなか上手に出来たかな?と自画自賛です。



20160115_7.jpg


20160115_8.jpg


これだけ上手に出来ると、古くなった家具や手すり・柵などにも塗り、
新品の様に仕上げたくなりますね。


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



今回お邪魔した和食処「にしむら」さん。
料理が繊細かつリーズナブルな値段で食べられる、美味しい和食処です。
ボリュームもそこそこあり、しっかりと定食を食べたい方にもお勧め。



20160114_1.jpg


特にアジフライが絶品。
通常のアジフライの倍くらいの厚さがあり、食感もかなりほっくほく。

また、他店でアジフライを注文すると、なんだか生臭さを感じたり、小骨が残っていたり、
身がパサパサしていることが多く、あまり注文しないのですが、
ここのアジフライは別格ですね。
食べるべき一品として推薦します。



20160114_2.jpg


20160114_3.jpg


更にこの日のお刺身定食ですが、
めじマグロ、ヤリイカ、ボタンエビ、サザエ、エボ鯛の湯引き。
付け合わせは、鶏つくね入り茶わん蒸し、サラダ、漬物、味噌汁と、かなり豪華。
鮮度も良く、美味しくいただけます。



20160114_4.jpg


20160114_5.jpg


合わせて寄せ鍋も注文。
値段は900円と安価ですが、かなり具だくさん。
1人前を2人でシェアして丁度良い感じの量です。



20160114_6.jpg


定食のご飯はおかわり自由なので、最後にご飯のおかわりをして、
勝手に寄せ鍋に入れて雑炊にするのが山﨑流です。


お料理はこの他に、金目の煮付やとんかつなど、バラエティに富んでいて、
期間限定でカキフライも楽しめる様です。



20160114_7.jpg


20160114_8.jpg


20160114_9.jpg


また、夜はお酒も飲める居酒屋として利用している方もいる様ですが、
比較的遅い時間まで営業しているので、定食目当てで来店する方も多い様です。

今ではあまりお目にかかることが出来なくなった、
遅い時間帯でも営業している和食処ですね。


和食処にしむら
住所:伊東市竹の内1-3-11 金子ビル1F
電話:0557-29-6880


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog