今日と明日の2日間「めちゃくちゃ」をスローガンにした、
「第22回伊東温泉めちゃくちゃ市」が、松川藤の広場にて開催されています。

え?何がめちゃくちゃだって?
めちゃくちゃ大きな干物がオークションにかけられたり、
めちゃくちゃ速い干物開き大会が開かれたり、
伊豆の豊かな海産物や農産物がめちゃくちゃな値段で提供されていたりと、
それは良い意味での、めちゃくちゃっぷり。



20160123_1.jpg


20160123_2.jpg


だってほら、めちゃくちゃ大きな干物なんて私の手と比較してもこの大きさ。
私の手だって、一般的な成人男子のサイズと比べたら、
結構大きい方だと言われているんですよ?



20160123_3.jpg


このめちゃくちゃ市、その認知度も年々上がっている様で、
それに連れて規模がだんだん大きくなり、伊東市の企業や団体を始め、
その他近隣の市町や、遠くは長野県や福島県の方々の出展も多くなりました。

上から、めぼう(いかの口)、ぶんたん、生わさび、鮎の塩焼き、イカスミ塩焼きそば。
どれもこれも、伊豆各地からやってきた特産品です。
これらが一同に会する機会もなかなか珍しいのではないのでしょうか。



20160123_4.jpg


20160123_5.jpg


20160123_6.jpg


20160123_7.jpg


20160123_8.jpg


その中でも、サバの干物(みりん干しかな?)が無料で焼き放題だったり、
熱々のつみれ汁やおしるこが無料で振舞われたり、
お酒の試飲まで出来ちゃうあたりが、このイベント人気の秘密でしょうか。

特にサバの干物の焼き放題には、多くの人だかりが出来ていました。



20160123_9.jpg


地元民はもとより、観光客の皆さまにも伊豆を身近に感じられ、
真冬の寒さを吹き飛ばす様な、ホットに楽しめるイベントです。



20160123_10.jpg


20160123_11.jpg


20160123_12.jpg


駐車場は最寄りの伊東市営駐車場を利用するのが便利ですが、
すぐに満車になってしまうので、道の駅「マリンタウン」の無料駐車場に停め、
そこから出ている東海バスの送迎バスに乗って来場するのも良いですね。
マリンタウンからの所要時間は10分ほどですし。


開催は明日(1月24日)まで。
天気予報によると寒くなる様ですが、
伊豆の熱気や底力を感じるイベントですので、ぜひお越しください。


m.suzuki


第22回伊東温泉めちゃくちゃ市
開催日時:1月23日(9時~16時)、1月24日(9時~15時)
開催場所:松川藤の広場(伊東市渚町1)


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



暦の上では最も寒いとされている「大寒」を迎え、
寒さが厳しくなってきました。

そんな寒さの中、健気に咲いている桜があります。
城ヶ崎海岸にある「伊豆四季の花公園」内の寒桜がそれにあたります。



20160122_1.jpg


今年の河津桜まつりは、2月10日から3月10までの期間ですが、
この「城ヶ崎桜と菜の花まつり」は、河津桜とは品種が違うとはいえ、
1月中旬より既に見ごろを迎えており、多くのお客様の目を楽しませています。



20160122_2.jpg


これを撮影したのは、大寒だった1月21日だったのですが、
日中は陽が出て暖かく、抜ける様な青空が広がり、ポカポカ陽気に誘われた、
たくさんのメジロたちが桜の木を飛び回っています。



20160122_3.jpg


園内を少し進むと、菜の花も色鮮やかに咲いていて、眼下に広がる相模湾、
ひいては伊豆大島が広がり、最高の眺望。



20160122_4.jpg


20160122_5.jpg


20160122_6.jpg


菜の花と桜が同時期に見られますが、両方の見ごろが交わる期間は短く、
その貴重なコントラストが楽しめます。



20160122_7.jpg


その他にも園内は、梅やれんげなど色とりどりの花が咲き乱れ、
大寒ということを忘れ、一足先に春を感じられました。



20160122_8.jpg


20160122_9.jpg


河津桜まつりが始まるまで、あと20日ほどありますし、
城ヶ崎で一足先に春を感じに来てみてはいかがでしょう。



20160122_10.jpg


20160122_11.jpg


また、この「城ヶ崎桜と菜の花まつり」の期間中(1月16日~2月14日)、
入園者の方には香りの入浴剤のプレゼントや桜茶サービスがありますよ。



20160122_12.jpg


m.suzuki


伊豆四季の花公園
住所:伊東市富戸841-1
電話:0557-51-1128


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



「ポストカードといろいろな箱展」が、ギャラリーZEROさんで開催されています。
このイベント、様々な作家さんが作った、おしゃれなポストカードや箱が、
所狭しと展示されている、ちょっと楽しげなイベントですよ。



20160121_0.jpg


20160121_1.jpg


中に入ると、思わず「うわ~」と声を上げてしまうほど、
色とりどりで個性的な作品がズラリと並んでいます。

まずはポストカードを見てみましょう。



20160121_2.jpg


20160121_3.jpg


20160121_4.jpg


作家さんによって作風が全然違うところもおもしろいところ。
ポップなものからシックなものまで、こだわりがビシビシと伝わってきます。



20160121_5.jpg


20160121_6.jpg


20160121_7.jpg


更にこちらが箱。
どれもすごく繊細に作られています。

個人的にはバターケースが気に入りました\(^o^)/



20160121_8.jpg


20160121_9.jpg


20160121_10.jpg


20160121_11.jpg


20160121_12.jpg


これがそのバターケース。
スクウェアなウッドボディがシャープかつスタイリッシュ。



20160121_13.jpg


陶器で出来た箱もありました。
箱というか器でしょうか。
持つとズッシリとしていて高級感もあります。



20160121_14.jpg


ポストカードも、額を施して彩りを加えると、
1つの立派なオブジェになるんですねぇ。



20160121_15.jpg


展示は1月31日まで。
期間中、作家さんが在廊していることもあるかもしれませんよ。
ご利用はお早めに。



20160121_16.jpg


m.suzuki


伊豆高原ギャラリーZERO ポストカードといろいろな箱展
平成28年1月21日(木)~平成28年1月31日(日)
定休日...火・水曜日
住所:伊東市八幡野1283-92
電話:0557-54-0117


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



創業は明治40年。

深川不動尊の参道に店を構える深川伊勢屋さんの焼団子。
地元の人から愛される丸く大きな名物団子。
コシがあるのに歯切れの良い、そんなお団子です。


ほら、考えただけで、なんだか食べたくなってきたでしょ。
先日課長が東京出張へ行った際に買ってきてくれましたよ。



20160118_1.jpg


出来たてホヤホヤの熱々も良いけど、時間が経って冷えたお団子も美味しい。
冷えているのにあまり硬くならず、弾力がまだまだあります。
種類は、みたらし、ずんだ、こしあんの3種類。

重さは1本約92g。
直径約2.5cmの球体が4つ。
どれもこれもめちゃくちゃ美味しいです。



20160118_2.jpg


20160118_3.jpg


20160118_4.jpg


あとは、きんつばと豆大福。
どちらも絶妙な塩加減で、小豆の味を引き立てています。
職人の業ってヤツです。



20160118_5.jpg


やはり和菓子って良いですね。
日本人のソウルフードだと思います。


m.suzuki


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



都営交通都電荒川線は都内に唯一残った路面電車です。
今回は大晦日に利用しました。



20160117_1.JPG


東京都(当時は東京市)が、民営の路面電車を買収し、
「都電(当時は市電)」が誕生したのが明治44年のこと。


その誕生以来、ずっと走り続けた都電ですが、
今ではこの「都電荒川線」を残すのみ。



20160117_2.JPG


20160117_3.JPG


早稲田から三ノ輪橋間の12.21キロを約49分、時速約13キロでのんびり走ります。
もう自転車の方が早いレベルです。



20160117_4.JPG


20160117_5.JPG


仮に駅で乗車したい人がいれば、しばらく出発しないで待っています。
一応、時刻表には乗っ取っていますが、そのへんは結構アバウト。



20160117_6.JPG


料金はどこからどこまで乗っても、
一律大人170円、小人90円と大変リーズナブル。



20160117_7.JPG


基本ワンマンで運行し、車内はまるでバスの様。



20160117_8.JPG


20160117_9.JPG


20160117_10.JPG


また、のんびりと途中下車を楽しみたいときは、
乗り降り自由の都営まるごときっぷ(1日乗車券)が便利。
都営地下鉄、都バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーにも乗れて、
大人700円、子供350円です。

都電のみの1日乗車券は大人400円、小人200円。
こちらも大変リーズナブル。
前売りは荒川電車営業所、都電定期券発売所で発売していますよ。



20160117_11.JPG


このあと、のんびりと年越しを楽しみました。
あけましておめでとうございます



20160117_12.JPG


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog