会社がお休みの日に限って雨降り。
基本的に出不精な私。
何も問題無いのですよ(*^^)v

ですが、子どもを外へ遊びに連れて行かないと、サスガにかわいそうなので、
近場をぐるっとドライブに出かけました。


自宅を出て中伊豆バイパスを上り、修善寺経由で下田街道を一路大仁方面へ。
そこで若干雨が強くなり、視界が悪くなってきたので、
最近出来たという、噂のカフェに緊急ピットインすることに。

それがアンヴェールさんとのファーストインプレッション。



20140620_1.jpg


この看板が目印です。



20140620_2.jpg


20140620_3.jpg


近辺にはこの手のお店があまり無いせいか、平日の午後だというのにほぼ満席。

店中は白を基調とした清潔感ある造り。
どこを切り取っても絵はがきの写真に使えそうな感じデス。
おっしゃれ~。



20140620_4.jpg


20140620_5.jpg


まずは焼き菓子やジャム類が目に入ります。
おみやげを買うだけでもかなり目移りしそう(^^;



20140620_6.jpg


メインのケーキの方はどうでしょうか。
とりあえず、片っ端から撮ってしまいましょう。
人目を気にせずシャッターを切ります。



20140620_7.jpg


20140620_8.jpg


20140620_9.jpg


20140620_10.jpg


20140620_11.jpg


さて、私はオレンジのショートケーキをチョイス。
イチゴでなくオレンジってところが珍しくて選んでみました。
色合いも夏っぽいです。



20140620_12.jpg


ケーキ自体は甘くて美味しい。
オレンジが甘酸っぱくて丁度良いバランスです。



20140620_13.jpg


子ども用にはシュークリーム。



20140620_14.jpg


なるべくアルコールが入って無いものを食べさせたかったのですが、
どれもこれも多少なりとも入ってそうなので、無難にシュークリーム。
結局これにも入っている様でしたが(^^;
うひゃひゃ!


妻のは名前を失念しました。
何だか重戦車並みに迫力のあるヤツです。



20140620_15.jpg


20140620_16.jpg


今レシート見たら、そこに名前が書いてありました。
「ミルフィーユ・オ・ポンム」ってヤツです。
日本語訳すると、多分「美味しいヤツ」って意味だと思いますよ。

ちなみにこれ、私の注文したケーキの2倍以上の値段です。
私のオゴリだと思って、ヤツはわざわざ値段が高いヤツを注文した様です。
しかし、こんなことは夫婦間ではよくあることです。
気にしちゃいけません。

食べた感想は「パイ生地やリンゴも柔らかくて美味しい」だそうですよ。


このお店で1つ残念だったのは、子ども用の椅子が無かったこと。
小学生以下の子連れだと、若干敷居が高くなってしまうかもしれません。
けど、味は良いですよ。
私が保証します。


甘いものを食べて優雅に過ごす午後のひとときも、たまには良いものです。
雨もあがったので、ドライブ再開。
安全運転で帰ります。


m.suzuki


Anvers(アンヴェール)
住所:伊豆の国市田京273-15
電話:0558-99-9010


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



この東海岸にはそんな海を満喫できる色々なポイントがあります。


まるでここを歩くと海の上にいるかのように感じる岩場。



20140619_1.jpg


20140619_2.jpg


20140619_3.jpg


いつ行っても波の無い遠浅の海岸。



20140619_4.jpg


20140619_5.jpg


20140619_6.jpg


20140619_7.jpg


ここではこんなに簡単に貝たちを見ることができます。



20140619_8.jpg


20140619_9.jpg


朝早く海行くと当然誰もいないので思いっきり走れるように
ハリーを離してあげます。最高のドッグランです。

離してあげると言っても呼んでも帰って来ない我が家のハリーは
ご覧のようにリードを付けたままですが・・・

そしてハリーはいつものようにワカメを食べてご満悦です。



20140619_10.jpg


20140619_11.jpg


20140619_12.jpg


まだ人の少ないこの時期の海。お勧めです。


大内


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



気づけば、あと1ヶ月ほどで世間様は夏休みですよ。
子どものころは、夏休みは嬉しいですが、夏休みの宿題が憂鬱。
特に自由研究とか、何やって良いのかわからなかった記憶があります。

しかし、そんなチビッコたちに朗報!
伊豆高原にはアンモナイト博物館という、
アンモナイトの化石を専門に展示してある素敵な博物館があります。

その名も伊豆アンモナイト博物館!
(まんまじゃないかというツッコミは入れない様に)
伊豆高原には博物館と名の付く施設が多々ありますが、ここは本物でしょう。
文化的にも考古学的にも意味のあるアンモナイトの化石が、常時展示されています。



20140616_1.jpg

20140616_2.jpg


20140616_3.jpg


知らない方もいるかもですので、ここで解説入れときます。

アンモナイトとは。
古生代シルル紀末期から中生代白亜紀末までのおよそ3億5,000万年前後の間を、
海洋に広く分布し繁栄した、頭足類の分類群の一つ。
全ての種が平らな巻き貝の形をした殻を持っているのが特徴である。
古生代と中生代の下位に当たる各年代を生きた種はそれぞれに示準化石とされており、
地質学研究にとって極めて重要な生物群となっている。
(Wikipediaより)

ふむ。
加えて、オウムガイの仲間らしいので、殻の付いた軟体動物という位置付け。
頭足部分がタコやイカの様だったということまではわかっているらしいのですが、
その足が何本だったのかとか、細かいことはまだわかってないんですって。


という基本的な予備知識を入れて、いきなり発見できましたよ、アンモナイトさん。
かなり大型のアンモナイトの化石ですが、これらには実際に手を触れることが出来ます。
触っときますか、ご利益があるかもしれないし。



20140616_4.jpg


20140616_5.jpg


...と更に、ティラノサウルスの頭骨が展示されています。
レプリカですが、かなり迫力もあって貴重なものですので、
これには触ることは出来ません。
しかし、カッコ良いねー。



20140616_6.jpg


ガオー!
恐竜も大好物な私です(^^ゞ



20140616_7.jpg


これらの向かいには厳重に管理された、
一目で貴重なものだとわかる化石がズラリと並んでいます。



20140616_8.jpg


しばらくの間、これらはご自由にご覧ください。



20140616_9.jpg


20140616_10.jpg


20140616_11.jpg


20140616_12.jpg


20140616_13.jpg


20140616_14.jpg


一般的なアンモナイトの化石と違い、色や形状が少しずつ違います。
それだけ多種多様なアンモナイトが生息していたんでしょうね。


これらの化石がゴロゴロ発掘される地域は、国内だと北海道。
海外だとマダガスカルとかモロッコのあたりなんだとか。
今でも凄い勢いで発掘されていて、結構なメジャーな産業にもなってるんですって。

私思ったんですけど、これら3地域に共通するものって「イカ」じゃないですか。
北海道がイカの名産地なのは言わずもがな。
モロッコ原産のイカとか、スーパーには結構並んでますし。

やはりアンモナイトが派生してイカになったんじゃないか?
イカが良く獲れるのは、その名残り。

そして他の大型動物に捕食されるという立場上、彼らは相当数がいて、
結構な勢いで捕食されていたのではなかろかな。

ということを考えてみると、アンモナイトは相当美味いね。
イカがあれだけ美味しいんですもの。
そのオリジナルのアンモナイトは更に美味いに違いない、うん。

みんなに食べられすぎていなくなっちゃったんだね(^^; きっと。
わさび醤油でピリッとね。


さて、次のブースは更に珍しい形のアンモナイトの化石が展示されています。
凄いよねぇ。
こんなのが海にウヨウヨいた世界ってどんなだったんでしょう。
少し怖い気もします。



20140616_15.jpg


20140616_16.jpg


20140616_17.jpg


20140616_18.jpg


私が行ったときには生憎館長が不在で、
実際に化石をクリーニングしているところは見られなかったのですが、
チビッコを対象に、このブースで無料で化石を発掘することも出来るそうです。
我が子も、も少し大きくなったら連れてこようかしら。



20140616_19.jpg


ここまでで相当楽しめたのですが、
おみやげにと本物のアンモナイトの化石までいただいちゃいました。



20140616_20.jpg


ありがとうございます。
私のデスクに鎮座させていただきます。


普段なかなか見られない化石ですので、結構新鮮な気持ちで見学出来ますよ。
興味があれば充分楽しめると思います。


とまぁ、こんな感じで私の自由研究も終了。
チビッコのみんなは、こんな文章を真似して書いちゃダメだぞ!
ロクな大人にはならないからね(^^;


m.suzuki


伊豆アンモナイト博物館
住所:伊東市富戸1317-1148
電話:0557-51-8570


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



盆栽。

なかなかその世界に馴染みが無いのです。
漠然としたイメージだと、サザエさんのカツオが中島と空き地で野球をやっていて、
隣に住んでいるおじさんの家の庭に飛び込んだボールが、
おじさん自慢の盆栽を割ってしまって、カミナリを落とされるというイメージです。


実は会社のお向かいさんにある秋山園さんが、盆栽屋さんを営んでらっしゃいますので、
夕方少し見学させてもらいました。



20140615_1.jpg


20140615_2.jpg


本格的な営業はも少し先の様ですが、盆栽自体は各種取り揃えてありますよ。
種類も結構豊富です。



20140615_3.jpg


20140615_4.jpg


20140615_5.jpg


盆栽の他にもお花の鉢植えもありました。



20140615_6.jpg


そしてここからが本番。



20140615_7.jpg


お庭に入ると、良いお値段の盆栽がズラリ。
具体的な金額は書きませんので、興味のある方はその目で確かめてみてください(^^)



20140615_8.jpg


20140615_9.jpg


20140615_10.jpg


もみじ?
水やり後でしたので、私でもそれっぽい写真が撮れます(^^;



20140615_11.jpg


この時期、水やりは朝夕やるので、盆栽の量が量だけに結構大変みたいですよ。
生き物相手の商売ってのも大変ですよねぇ。



20140615_12.jpg


20140615_13.jpg


これ、寒ボケとなってましたが、結構綺麗な花を付けてましたよ。
あまり詳しく無いのですが、季節が真逆な感じがしますが...。
完全にボケちゃってるんですかねー(^^;?
(ダジャレ)



20140615_14.jpg


20140615_15.jpg


本格的な盆栽は費用や知識が必要かと思いますが、
初心者でも比較的お世話のしやすいものもあり、
比較的安価かつ小スペースで始められそうですよ。


m.suzuki


花と盆栽 秋山園
住所:伊東市八幡野1283-12
電話:0557-53-5171


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

 

 GALLERY ZERO さんで、

陶芸作家 「鈴木秀昭」 さんの個展が開催されているのでお邪魔してきました。

 

鈴木秀昭 作品展Ⅱ

2014.6.12thu~6.23mon

12:30~17:00 休日 火・水曜日

伊東市伊豆高原別荘地1次98

 

 

金彩・銀彩を巧みに使い緻密に描き込まれた鈴木さんの作品は、

斬新的な図柄と派手な色彩を上品に纏めあげられた見事な作品です。

 

宇宙

サイケデリック

どう表現すればパシッとくるかなと考えましたが、ん~解りません!

 

この鈴木さんの作品を贅沢にも修善寺の也万波というお店では器として使用しているのですが、

こんなに派手なのにお料理が盛付けられていても喧嘩をしないのが不思議です。

 

 

 

 

IMG_3777.jpg

 

IMG_3779.jpg

 

 

IMG_3797.jpg

 

 

IMG_3811.jpg

 

IMG_3791.jpg

 

 

IMG_3781.jpg

             

IMG_3796.jpg

 

IMG_3801.jpg

                    現代の曼荼羅図のようですよね!

 

 

IMG_3795.jpg

 

IMG_3812.jpg

 

IMG_3816.jpg

          ハートを心臓として宇宙記号で描かれた人体図のよう図柄です!

 

 

IMG_3793.jpg

              こちらはアルミで作られているとか、小山泰文さんとのコラボ作品!

 

IMG_3786.jpg

              鈴木さんの陶器には不思議なサボテンが似合います!

 

 

 

現在は作製していないという現代の土器風な作品。 

 

IMG_3783.jpg

 

IMG_3804.jpg

 

IMG_3810.jpg

 

来週も開催されていますのでお出掛けになってみては如何ですか!

 

 

byyamazaki

 

 

ブログランキング 




伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

 

 

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog