国道135号線をドライブの際、途中の休憩にお勧めの「伊豆高原旅の駅 ぐらんぱるぽーと」。
お買いものや食事、観光案内所や足湯まで揃った複合施設です。
そんなぐらんぱるぽーとでフリーマーケットが開かれるという情報を手に入れ、行ってみました。



ぐらんぱふりま-1.jpg


ぐらんぱふりま-2.jpg


ぐらんぱふりま-3.jpg


駐車場と店舗スペースの間に、いくつかのお店を発見しました。



ぐらんぱふりま-4.jpg


ぐらんぱふりま-5.jpg


ぐらんぱふりま-6.jpg


ぐらんぱふりま-7.jpg


衣類や木工製品、皮製品など、さまざまなものが売られていました。
フリーマーケットサークルの方々が定期的に出店されているそうです。
日差しが強く、掘り出し物を探すのを途中で切り上げてしまったため収穫はなかったのですが、
やっぱりフリーマーケットはなんだかわくわくするなぁと再認識しました。



伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーと
〔住所〕静岡県伊東市富戸1090
〔電話番号〕0557-51-1158
〔営業時間〕9:00~18:00
〔休日〕年中無休
〔駐車場〕無料





 

 

芸術的感性がとっても豊かなお客様、N様宅にお邪魔してきました。

ご主人様が伊豆高原に移住してきてから始められたいう彫刻は、彫刻刀を使った繊細なものから大胆に電動ドリルを使ったオブジェまで創られています。

制作されたオブジェは素敵なお庭に置かれているものもあり、まず目に留まるのは愛犬のバレンちゃんをモチーフに創られた花台!

近くにいってよく見るとトップにはアダムとイブも付いていました。

 

aaaP1160573.jpg

aaaaP1160587.jpg

aaaP1160605.jpg

 

奥様が丹精込めて育てたガーデンにとってもお似合いな野鳥の休憩所!

 

aaaP1160575.jpg

 

aaaaP1160580.jpg

 

aaaP1160602.jpg

 

aaaP1160599.jpg

 

aaaaP1160597.jpg

 

奥様は絵画を描かれているのですが写真を撮ってくるのを忘れていたので、お許しがでれば次回ご紹介します。

by山崎








日々、伊豆高原の旬なネタを提供しようと奔走している当ブログですが、
正直食べ物ネタが1番評判良かったりするので、
今回は茶寮【一丈】さんをご紹介します。

場所は若干わかりづらいところにありますが、
車場には車が4台まで停められますので、お車でのご利用をお勧めします。




20130802_1.jpg


20130802_2.jpg


お店に入ると靴を脱ぎ、奥の席へと向かいます。
テーブルがいくつか並んでいるのですが、
個人的に嬉しい掘りごたつ形式。
これなら足の悪い方でも楽に食事を楽しめそうです。

この日注文したのは【日替り松花堂御膳】という1日限定10食のランチ。

食事が運ばれてくるまでの間、自前のiPadで暇つぶししていたのですが、
ソフトバンクWi-Fiスポットだったので、利用させてもらいました。
ユーザにとってはちょっぴり嬉しいポイントですね。

一丈さんの和食に対するこだわりは、御飯、味噌汁、香物だと考えているそう。
和食にはこの3つをおろそかにしてはいけないという鉄の掟があるらしく、
御飯の研ぎ方1つとっても、決して手を抜かないスタンスなんだとか。
ふっくらとした御飯に、出汁が良く出ている味噌汁、実に最高です。
日本人に生まれて良かった\(^o^)/




20130802_3.jpg


おかずは冬瓜のあんかけ、鯖の御造り、鶏肉と玉ねぎのサラダ、小松菜のおひたし。
個人的に鯖は苦手なのですが、活きが良いので美味しくいただけました。



20130802_4.jpg


お料理全てがやさしいお味で、子どもからお年寄りまで楽しめると思います。
実際、子ども連れのご家族やお年寄りのグループが食事を楽しんでました。

食事の後は、ホットコーヒーかアイスコーヒーをいただけるのですが、
暑い夏にはアイスコーヒーで決まり!(どどん!)




20130802_5.jpg


実に落ち着いた雰囲気ですが、お値段的にもそんなにお高くないので、
伊豆高原に来た際には行ってみるのも一考かと思います。
ちなみに豚の生姜焼きや金目鯛の煮付けあたりも美味しいそうですよ。

m.suzuki

 

茶寮一丈
住所:〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1350-11
電話:0557-54-4726








伊豆高原は、別荘地であるとともに芸術の町としての顔も持っています。
毎年アートフェスティバルなるものが5月に開催され、今年は第21回目を数えました。
100以上のギャラリーやカフェが会場となり、プロアマ問わず素晴らしい作品を展示しています。

そんなアーティスティックな伊豆高原、ご紹介しないわけにはいかない!
と使命感に駆られ、お洒落なお店を探し歩くことにしました。

伊豆高原駅の南側、ミュージアム通りと呼ばれる場所の一角に、
「ギャラリーぶなの木」はあります。



ぶなの木-1.jpg


ぶなの木-2.jpg


木の温かさを感じる店内に、
オーナー様選りすぐりの作家さん達の作品が並ぶ素敵な空間。
琥珀ジュエリー、山葡萄やアケビで作ったカゴ、漆や木の製品、陶器、ガラスジュエリーなど、
幅広い作品を取り扱っています。



ぶなの木-3.jpg


ぶなの木-4.jpg


ぶなの木-5.jpg


ぶなの木-6.jpg


伺った日には、オーガニックコットンの企画展が行われていました。
農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花を、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、
労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものをオーガニックコットン製品というそうです。

サラサラでひんやりとした麻の感触は、真夏には欠かせない見ているだけで涼を感じるものではないかと思います。



ぶなの木-7.jpg


ぶなの木-8.jpg


さらにはカフェが併設されており、センの木一枚板のテーブルで、一日限定14ピースの
自家製ベークドチーズケーキと一杯点ての珈琲を楽しむこともできます。



ぶなの木-9.jpg


美しい工芸作品とカフェで癒されるギャラリー。
品質を求める方も納得のクオリティのお店です。


ギャラリーぶなの木
住所 伊東市八幡野1155
電話 0557-54-2709
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休



大きな地図で見る









伊豆高原のイタリアンに続き、伊東市街地ならココ、パパクチーナがおすすめです。



パパクチーナ (1).JPG


パパクチーナ (6).JPG


日替わりパスタランチ(1,100円)はサラダとドリンクが付きです。

パスタは特に評判がよく、はずれがありません。

今回は夏野菜とベーコンのトマトソース?(メニュー名忘れてしまいました)



パパクチーナ (4).jpg


写真では普通盛りに見えますが、意外にボリューム満点です。

ピザは伊豆特産!?地海苔ピザを注文しました。



パパクチーナ (5).jpg


海苔でチーズが見えません!

ワイルドに召し上がれない方にはお勧めできませんので、チャレンジをする際はご主人様に注文をしてもらって下さい。

味はよかったです。(ついつい白いご飯が欲しくなってしまいます)

前菜のサラダはドレッシングが良い味です。



パパクチーナ (2).jpg


店内はゆったりとした配置で、落ち着ける雰囲気です。

お店の方の接客も丁寧な対応で安心できます。

是非皆様も足を運んでみて下さい。

bY 水越





イタリアンレストラン・パパクチーナ

静岡県伊東市湯川3-6-18 

電話番号 0557-38-1990


営業時間 11:30~15:00  17:00~21:00

ランチ営業、日曜営業 

定休日:火曜日



会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog