砂糖は体に吸収されやすく、身体が必要とするエネルギーを供給するのに適しています。
摂りすぎると脂肪に代わって体内に保存しようとするので、肥満の元になってしまうのですが、
人類が生き残るために獲得した大変有用な機能だと思うのです。

ざっくり言うと、甘いものは我慢してはいけないということです。


今回はスイーツ激戦区、神戸にある「マイスターバウム」さんのバウムクーヘンのご紹介です。



バーム1.jpg


バーム2.jpg


売りは「本場ドイツの基準と完全無添加のやわらかさ。何も混ぜない、ごまかさない、自然のままのおいしさ」
とのこと。



バーム3.jpg


バーム4.jpg


一口含んだ後、気が付いたらお皿が空になっていました。
どちらかというとしっとり系の食感です。パサパサ系の時は牛乳、
しっとり系の時はお茶といただくのが個人的におすすめです。



by雅之


マイスターバウム





 

 

夏真っ盛りとなり会社のエントランスポーチでは満開に咲いた「クレオメ」がお客様を、お出迎えしています。

 

ssssIMG_6447.jpg

 

この「クレオメ」は今年初めて植えてみたのですが、お手入れ不要で立派に育ってくれて、そして丈夫で綺麗ということなしの夏の花でした。背丈も1mくらいあるのでボリューム感もあり費用対効果もバツグンの花ですよ!

 

ssssIMG_6364.jpg

 

ssssIMG_6428.jpg

 

ちょっと見はアザミの花ようですが、そこはさすがに洋花らしく華やかです。

 

ssssIMG_6351.jpg

ssssMG_6426.jpg

ssssIMG_6423.jpg

 

強い日射しの下で咲くショキングピンクのクレオメを綺麗ですが、仕事が終わり帰りに暮夜に浮かぶように咲ているクレオメは、まさに 「花美」 です。

 

ssssIMG_1909.jpg

 

 

by yamazaki

 



伊豆高原 不動産




暑いときには敢えて外に出てみよう!とお散歩に出かけてみました。
修善寺温泉のイメージと言えば川の中にある温泉、独鈷の湯・・ですが、
その独鈷の湯から少し進むと、「竹林の小径」が現れます。



竹林-1.jpg


竹林-2.jpg


竹林と川の涼やかさに癒されながら進んでいくと、
なにやら建物が見えてきました。



竹林-3.jpg


竹林-4.jpg


竹林-5.jpg


「しゅぜんじ回廊」というギャラリーで、
普段は修善寺の四季の様子を写真で紹介しているそうなのですが、
世界遺産登録記念とのことで、富士山の写真展となっていました。



竹林-6.jpg


竹林-7.jpg


竹林-8.jpg


写真はもちろん綺麗だったのですが、
竹林の中にぽつんのあるこのギャラリーに心奪われました。
お散歩コースにおすすめの竹林の小径、
水分補給に気を付けて是非お越し下さい。


by 雅之




 

 

 

無性にピッツァが食べたくなり伊豆高原の横桜並木通りに面するトラットリア「プルチーノ」に行ってきました。

本格的な窯で焼く本格ピッツァが私の好物、こちらのお店は大きなお皿いっぱいのピッツァを出してくれます。

 

プルチーニ (1).jpg

プルチーニ (15).jpg

プルチーニ (14).jpg

 

 

そして注文したのは「トンノ」と「マイス」のランチセット!

ランチセットはパスタorピッツァをチョイスして、サラダとデザートがついて1000円です!

 

 

まずアンティパストは温野菜と生野菜・それからアンチョビペーストのバケット。

 

プルチーニ (5).jpg

プルチーニ (10).jpg

              プリップリのモッチァレラとツナ相性はピッタリでした。

プルチーニ (6).jpg

 

プルチーニ (8).jpg

 

ピッツァは薄い生地の上にシンプルな素材が軽くのっているので大きめでもかる~く食べられちゃいます。胃袋がイタリアンな私は追加で「シラスと青のりのペペロンチーノ」も頼んでしまいましたが、とっても幸せな気分で完食しました。

(けっして量が少ないわけでないのでご注意ください)

 

プルチーニ (12).jpg

「プルチーノ」さんは「レマンの森」さんの姉妹店なので、デザートもかなり美味しいですよ!

 

プルチーニ (4).jpg

          

お店の庭に造られた、ゴッドファーザーお手製のミニハウス、家の中には森の妖精が住んでいるのかも?

 

By 水越

 


 


大きな地図で見る



伊豆高原 不動産

 

 

 

母親と妻は「危ないからダメ」っと絶対反対なのですが、父と私で二人に内緒で飼っている庭の片隅で飼っているちょっと変わった生物たち。

確かにブーンブーンと庭先にも玄関先でも飛び回っています。

でも、ただ飛び回っているのではなく仕事で飛び回っているのだからしょうがない。

花から蜜をせっせと集めているんだから、そうなんです「ミツバチ」を飼っているんですよ我が家では!

無添加の混じりっけのない天然の蜂蜜は、ほんとうに美味しいんですよ。

反対している女性陣だって蜂蜜ができあがれば、ブツブツ言っていた小言も忘れて自然の恵みに感謝しながら喜んで食べるんですよっ!


ここ何年かはミツバチの箱を作ってもなかなか蜂が入らなかったり、もう少しで採取っというころになって病気で蜂が全滅になったりと不作が続いていたので、父の気苦労も絶えませんでしたが、今年はまず第一段階の蜂の入厩が済んだので、後は無事に月日を重ね美味しい蜂蜜が巣の中に一杯に詰るころまで父の番人役が続きます。

 

 

ミツバチ (6).jpg


 

ミツバチ (5).jpg

 

 

父いわくミツバチは人を刺さないから大丈夫と言いながら父の耳たぶには蜂がとまっていましたが、これもご愛嬌できっと天敵から守ってくれる番人さんは刺されなんでしょう?
動くミツバチの針が・・・


ともあれ今年はうちの社長も絶賛の蜂蜜が久々に味わえそうで楽しみな夏となっています。

また、収穫の時にご報告いたします。

by大内

 

 

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog