ただいま旬の魚、それも海ではなくて川といえば「鮎」ですよね。

伊豆は海釣りはもちろんですが、狩野川の流れる中伊豆・河津は知る人ぞ知る鮎釣りのめっかなんですよ!

私も子供の頃は竿を担いでよく狩野川の支流にでかけて釣りを楽しんでいましたが、

鮎釣りの人たちの重装備に驚いた記憶があります。

鮎といえば塩焼・甘露煮なんかが一般的な食べ方ですが、伊豆では「干物」で食べることもあるんですよ。鮎の干物って食べたことありますか~?

これがね~美味しんですよ!

今回は修善寺に在る「魚吉」さんの「鮎の干物」が食べたくなり買いに行ってきました。

この時期は干物と丸干の鮎が売られていますが、どちらも拘りの無添加・一夜干しの一度食べたら忘れられないお味です。丸干しはワタも入っているので、鮎のほろ苦さがお好きな方は丸干しが良いかもしれません。

 

IMG_1816.jpg

 

IMG_1815.jpg

 

IMG_1819.jpg

 

IMG_1818.jpg

 

こちらが買ってきた「干物と丸干」

 

IMG_1858ssssssss (2).jpg

焼いて食卓に並んだ写真を撮るのを忘れましたが、ほのかにのった上品な脂がたまらなく美味しかったですよ~!

by 雅之 

修善寺 「魚吉」

  静岡県伊豆市修善寺940-2

 ☎  0558-72-0076    

 


大きな地図で見る

 

 

hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

 

 

 

 




連日季節外れの猛暑が続いてましたが、比較的過ごし易かったとある日。
ランチはどこで食べようか悩んだ挙句、
伊豆高原の小さな森の中にある、林間劇場ナチュラリーさんにお邪魔してみました。

「林間劇場」と銘打ってますが、オーナー夫婦が趣味(?)でやってるペンション。
オーナー夫婦は音楽好きらしく、フロアにはピアノが設置してあります。
聞くところによると、CDデビューもしてるんだとか。
(外観・内観の写真は撮り忘れました。すみません、猛省してます(^^;;;)

え?ペンションでランチが食べられるの?
最初は半信半疑でしたが、オーナーは「どうぞ」と笑顔で迎え入れてくれました。
料理の撮影も快諾してくれ、人柄の良さがにじみ出ています。

で、その肝心の料理。
この日のランチはナポリタンかカルボナーラかの2択。
その他にサラダとベーグルとアイス、そしてドリンクが付きます。

私は男らしく【昔ながらのナポリタン】でファイナルアンサー!
程なくしてサラダ【季節の温野菜サラダマリネ】が運ばれてきました。



20130716_1.jpg


温野菜だと説明を受けましたが、キンキンに冷えてました。
ボイルした野菜をキリッと冷やし、塩で味を整えてあります。
お好みでレモン汁をかけて食べると、更に味が引き締まります。

次は【自家製ベーグル】です。



20130716_2.jpg


プレーンかチーズかの2択だったのですが、私は迷わずチーズをチョイス。
自家製のせいなのか、一般的なベーグルよりはちょい小ぶり。
食べやすくもあり、先ほどのサラダマリネとの相性も良く美味しくいただきました。

ここで【昔ながらのナポリタン】が登場。



20130716_3.jpg


茹で加減はやや柔らかめでケチャップをふんだんに使ってあり、
ベーコンやピーマン、そして玉ねぎなんかもごっそり入っていて、
実に昔ながらのナポリタン。
タバスコを数滴垂らすと、辛さと熱さで食べ終わるころには汗びっしょり。

そんな暑くなった体を【夏みかんのアイス】でクールダウン。



20130716_4.jpg


上に乗っている赤い玉は、なんとスイカ。
サービスで乗せてくれたみたいですが、なんというか、無雑作すぎる(笑)

更にアイスコーヒーを啜りながらiPadを操作していると、
「よかったらどうぞ」と、Wi-Fiも無料で接続させてくれました。
なんかもうサービス良すぎですよ、オーナー。

それでいてあまり忙しい風でも無く、のんびりと営業してるスタンスなので、
こちらも肩肘張らずに食事が出来、実に良いランチタイムとなりました。
今度は妻子と食べに行ってみようかな?

m.suzuki




hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/

hr







猛暑日でない日が涼しいと感じるほどに酷暑が続く日々ですが、
その暑さを忘れるためには辛いものだ!と思い立ち、
伊豆市にあるカレーハウスJIBに行ってみました。


JIB-1.jpg


JIB-2.jpg


県内や山中湖に店舗がいくつかあって中々繁盛しているお店ですが、
本店のこのお店は他の店舗に比べてあまり混雑しないのでオススメです。
お店の両サイドが川に囲まれているのと、吹抜けも相まって開放的なお店です。



JIB-3.jpg


JIB-4.jpg


メニューもたくさんあって迷ってしまうのですが、
この日はビーフ&玉子カレーにしました。



JIB-5.jpg


JIB-6.jpg


まずはサラダが来るのですが、
ここで問題なのがドレッシングの数。
10種類以上あり、どれを使うか迷ってしまいます。



JIB-7.jpg


このドレッシング達は個別で販売されていますので、
いろんな種類を試してみるのもいいかもしれません。



JIB-8.jpg


そしていよいよカレーが登場です。



JIB-9.jpg


JIB-10.jpg


辛さを7段階から選ぶのですが、
今回は下から3番目の辛口にしました。
特に辛い物が苦手なわけではないのですが、3番目で中々の辛さです。
食べ終わる頃には汗だくになってしまいました。

涼しい部屋で快適に過ごすのも大好きですが、
たまには夏らしくこうして汗をかくのもいいものだなー と
改めて感じました。




hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/

hr






3連休が明けた7月16日、熱海の来宮神社までちょいと足を延ばして、
【熱海こがし祭り】を見物してきました。



20130716_01.jpg


20130716_02.jpg


20130716_03.jpg


このお祭りは、来宮に祀られている神々を御鳳輦(ごほうれん)に乗せて街に降り、
街の繁栄をお祈りする、古くからの神事なんだそうです。
私も行くまで、このお祭りのことは全く知りませんでした。

まずは来宮神社の境内で神幸祭が執り行われ、
静岡県民俗無形文化財の【来宮神社 鹿島踊】を、青少年たちが舞います。
曇り空で、そんなに暑い日では無かったものの、みんな汗だくになって舞ってました。
いや~若いっていいねぇ(^^)



20130716_04.jpg


その後、お祭りの成功と無事を全員でお祈りし、鏡割りをしてお酒で身を清めます。
私も1杯受け賜りたかったのですが、部外者でしたので相手にもされませんでした(^^;



20130716_05.jpg


20130716_06.jpg


御鳳輦を担ぐのは、今年42歳になる男衆。
この1年間、このお祭りのためにいろいろ準備をしてきたらしく、
相当な気合と意気込みをひしひしと感じます。



20130716_07.jpg


その先頭に立つのは、このお祭りの主人公である猿田彦さん。
猿田彦といえば、手塚治虫御大の未完の名作【火の鳥】の主人公を思い出しますが、
このお祭りでは天狗の姿かたちをしています。
来宮神社公式サイトによると、天尊降臨の際に案内をした神様で、
御鳳輦に鎮座する来宮神社の案内をする役割なんだそうです。



20130716_08.jpg


途中【むぎこがし】を道に撒きながら道中を御案内し、
人々はこのこがしに触れると無病息災・身体健康になるんだとか。
私も近くで見ていた関係で、このこがしを浴びまくったので、
きっと健康体になれるハズ!

その後、来宮神社の境内を出た御鳳輦とその行列は、
各神社やランドマーク地点で鹿島踊を舞いつつ、熱海サンビーチで浜降りし、
最終的に夕方再び来宮神社に帰ってくるとか。
途中休憩を挟みながらとはいえ、相当な労力だと思います。



20130716_09.jpg


20130716_10.jpg


そうして御鳳輦とその行列は、街へ降りていきました。



20130716_11.jpg


20130716_12.jpg


今回は時間的な関係で、お祭りの冒頭部分しか関われなかったですが、
また機会があれば全部付いて回るのもおもしろいかもしれませんね。



20130716_13.jpg

m.suzuki





hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/

hr






海の日の本日、修善寺では修禅寺(お寺)にて頼家祭りが執り行われました。
修善寺で暗殺された鎌倉二代将軍源頼家とその家臣である十三士の霊を慰めるイベントです。

スタート地点の修禅寺



修禅寺1-1.jpg



修禅寺1-2.jpg


「源頼家公」とその妻「若狭の局」、息子の「一幡」が
頼家公の家臣「十三士」と共に墓前供養を行うため、出発します。



修禅寺1-3.jpg


修禅寺1-4.jpg


修禅寺1-5.jpg


修禅寺1-6.jpg


十三士の墓での墓前供養



修禅寺1-7.jpg


そのすぐ隣にある、頼家の墓での墓前供養



修禅寺1-8.jpg


修禅寺1-9.jpg


さらにその隣には、
頼家の冥福を祈って母・北条政子が建立した「指月殿」があります。
伊豆最古の木造建築と言われるだけあって、厳かな雰囲気の建物です。



修禅寺1-10.jpg


修禅寺1-11.jpg


修禅寺1-12.jpg


修禅寺1-13.jpg


供養が終わると、再度修禅寺に戻ります。
温泉場ならではの美しい景色が、一瞬暑さを忘れさせてくれるようでした。



修禅寺1-14.jpg


修禅寺1-15.jpg


修禅寺1-16.jpg


夏真っ盛り、といわんばかりの暑さでしたが、
鎧や着物を来たキャストの方たちは終始笑顔でした。
頼家公や十三士達のいいご供養になるんじゃないかな
と思いました。




hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/

hr



会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog