先日行った稲刈り後半戦、昨日お送りしたようにトンボやカエル、小鳥たちと戯れた後、
もう1面の刈り上げ作業を行いました。


今度は川を挟んだ対面で行います。



稲刈り2-1.jpg


こちらはきっちりと四角いので機械も入りやすいです。



稲刈り2-2.jpg


周りも刈取り済み



稲刈り2-3.jpg


多少入口に水が溜まっていますが・・



稲刈り2-4.jpg


綺麗に、バリカンのように進みます



稲刈り2-5.jpg


稲刈り2-6.jpg


稲刈り2-7.jpg


あっという間に終わってしまいました。



稲刈り2-8.jpg


後はコンバインから籾を出して完了です。



稲刈り2-9.jpg


稲刈り2-10.jpg


これにて稲刈り作業は終了です。お疲れ様でした!



稲刈り2-11.jpg



~次の日~

刈ったお米はすぐに乾燥機へ、そして籾すり機にかけることで、
玄米になります。


乾燥機



稲刈り2-12.jpg


稲刈り2-13.jpg


豊作、豊作!



稲刈り2-14.jpg


これを車に乗せて・・



稲刈り2-15.jpg


冷蔵庫に入れます。



稲刈り2-16.jpg


稲刈り2-17.jpg


稲刈り2-18.jpg


これにて完成。毎年イベント時くらいしかお手伝いしていませんが、
台風にも負けずたくさん収穫できると嬉しいものです。
今年もありがたくいただきたいと思いました。



稲刈り2-19.jpg


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



4月に撒いた籾(もみ)が芽を吹き、育った苗を田に植えて数か月、
青々としたその苗は黄金色となり、いよいよ稲刈りの時期となりました。



稲刈り1-1.jpg


稲刈り1-2.jpg


台風が来る前の日に行う予定だったのですが、朝からの雨であえなく中止。
その後の台風が直撃したため倒れてしまった箇所もあったのですが、
雨が上がった後の風とその後の快晴である程度乾いたと判断し、実施となりました。



稲刈り1-3.jpg


※土が濡れていると、機械がうまく動かなかったり田んぼにはまったりしてしまい、
穂が濡れていると品質が落ちたり乾燥させる機械に入れることができなかったりするので、
お天気の続いた日に行うのが一般的です。

大きなコンバインが入るので、入口周辺や角の部分は鎌で刈って脇に置いておきます。
台風前に準備をしておいたので、数日前に刈ってあった稲はすでに色が変わっています。


台風前(稲刈り4日前)



稲刈り1-4.jpg


稲刈り時



稲刈り1-5.jpg


上記の準備が終われば、後はコンバインと熟練の腕にお任せ。
バリカンのようにすいすいと進みます。



稲刈り1-6.jpg


稲刈り1-7.jpg


以前の日記で、倒れた稲を寝癖が如く縛って起こしておく、とご紹介しましたが、
そのままではさすがに刈り取れないので、機械が来ないうちに解いておきます。



稲刈り1-8.jpg


稲刈り1-9.jpg


そうこうしているうちにハイスピードのコンバインは仕事を終えていくので、
タイミングを見計らって脇に置いてある稲を機械に運びます。


この部分に稲を乗せると・・



稲刈り1-10.jpg


稲刈り1-11.jpg


ぐいーんと進んで・・



稲刈り1-12.jpg


穂だけを取って残りを裁断し、排出します。



稲刈り1-13.jpg


また、一部の稲は裁断せずに残します。
乾燥させて藁にするためです。



稲刈り1-14.jpg


稲刈り1-15.jpg


しばらく刈り続けると、コンバインは満腹と言わんばかりにビープ音を鳴らすので、
移し替えを行います。



稲刈り1-16.jpg


稲刈り1-17.jpg



色んなことをしつつも、着実に刈り取りは進みます。



稲刈り1-18.jpg


稲刈り1-19.jpg


そして、さっぱりとしました。



稲刈り1-20.jpg


稲刈り1-21.jpg


稲刈り1-22.jpg


※写ってはいませんが、トンボ、カエル、それらを狙った鳥などでごった返しています。


これで終わり・・と思いきや、川を挟んでもう1面あったりするので、
そちらの様子とお米のその後についてはまた次回にお伝えします。



稲刈り1-23.jpg


後半へ続く


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



2013年の中秋の名月は9月19日。
存じ上げなかったのですが、中秋の名月だからといって、
必ずしも満月というワケでも無いそうですね。

ただ今年に限っては、中秋の名月と満月の日が重なるレアケースなんだそうで。
そんな日に催されたのが、大室山オータムフェスティバル2013。
たまたまオフの日と重なったので、妻子を連れ出してみました。



20130919_1.jpg


20130919_2.jpg


本来であればメインイベントは夜の大室山山頂。
中秋の名月をそっと見上げながら、音楽を楽しむイベント。
けど、我が家の子どもがまだ小さく、あまり夜は出歩きたく無いので、
昼の山麓の露天市と音楽を、ささやかに楽しみました。



20130919_3.jpg


20130919_4.jpg


お馴染みの屋台やテントがあり、



20130919_5.jpg


20130919_6.jpg


先日、オーガニックカフェM2さんの「tete」にも出店いていた耳つぼもあり、



20130919_7.jpg


20130919_8.jpg


アロハ~なハワイアンカフェもあり、



20130919_9.jpg


結構充実したラインナップの露天市となってました。
個人的には食後に出かけてしまったため、
何も食べることが出来なかったのが心残りかな...(^^;

特設ステージでは、アルベルト&セバスチャン・ゴメスさんが、
マイウェイをジャズ風にアレンジした曲を演奏し始めると、



20130919_10.jpg


20130919_11.jpg


元気な柴犬も興奮してワンワンと吠え、



20130919_12.jpg


暦の上では秋とはいえ、まだまだ青葉燃える大室山は、
静かに更けていきました。



20130919_13.jpg


聞けば、次の満月の中秋の名月は2021年だとか。
あと8年。
そのころには子どもも大きくなってるだろうし、
夜、一緒に山頂に行けるかな?

おっわ!
そのころは東京オリンピックも過去の話になってるだろうし、
自分も40代後半かぁ...(-。-)y-~~~

m.suzuki



ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



少し前の話になりますが...。
夏休みを利用して、普段行けないところへ足を運ぶのがささやかな楽しみ。
建築オタクであるボク、少しマニアックな建築を見学してきました。

さいたま市浦和区にある別所池というところにミニマムな別荘が建っています。
絶妙にコンパクトなザイズ、細部の完成度の高さ、ついつい見入ってしまいます。



20130921_1.jpg


20130921_2.jpg


20130921_3.jpg



5坪程度の小さな空間の中に大きな窓が設けられ、



20130921_4.jpg


20130921_5.jpg


椅子に腰かけると緑豊かな別所沼の風景が美しく写ります。



20130921_6.jpg


20130921_7.jpg


構想を描いた本人は詩人で建築家でもあったそうです。



20130921_8.jpg


玄関までの石畳みは入口より14石と詩に合わせた拘りもあったようで、
ディテールに至るまで本人の意思を再現した幻の建築。

世界建築三大巨匠で有名な、
ル・コルビジェのカップ・マルタンの休暇小屋よりも完成度が高いのでは!?

この建物、「ヒヤシンスハウス」は、
1937年から1938年に立花道造という詩人が、
自分の別荘として考え実現しなかった建物を故人没後65年の時を経て、
全国の有志の協力により実現したものだそうです。



20130921_9.jpg


20130921_10.jpg


20130921_11.jpg


病魔と闘い続け、24歳の若さで亡くなった若き有望な建築家。
吉村順三や前川國男といった日本建築界の巨匠達と同世代の彼は、
長命であれば名建築の数々を残していたに違いありません。

これぞ別荘の原型といった感じの、とても意味の深い建築物です。
皆様も是非足を運ばれてみては如何でしょうか。



20130921_12.jpg


By水越



所在地:埼玉県さいたま市南区 別所沼公園内
開室・水・土・日・祝の10:00~15:00
見学料:無料

ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr



知っていますか?
上品なお料理の頭文字には「お」がつきます。
お刺身、お味噌汁、そしてお饂飩と。
全て、おもてなしの心から来てるんですよ。

...多分(^^;

さて、3度のメシよりうどんが好き。
うどんを食べにだけに、香川県に行こうかと思っちゃうくらい。

そんなうどん好きな私。
伊豆高原に、ちょっと変わったうどんを食べさせてくれるお店があると聞き、
折角なので行ってみることにしました。

この佇まいで「さてはここはうどん屋さんだな」と思う人は皆無だと思います。



20130920_1.jpg


20130920_2.jpg


石板に「うどん料理」と謳ってますので、
辛うじてうどん屋さんなのかな?とわかります。



20130920_3.jpg


店内は、更におしゃれな雰囲気。



20130920_4.jpg


平日のお昼でしたが、予約も入ってる様でしたし、
お客さんも普通に入ってましたので、結構評判のお店みたいです。

メニューを開き、光の速さで【切麦屋うどんセット】を注文!



20130920_5.jpg


うどんセットなので、前菜が運ばれてきました。



20130920_6.jpg


20130920_7.jpg


20130920_8.jpg


一言で言えば、繊細なお料理。
いろいろな味が楽しめます。
特に豚の角煮が美味しかったかな。

うどんのゆで時間の関係で、しばらく時間がかかるため、
これらの前菜を食べながら待つスタイルです。

次にこれが薬味。
これらを全てお汁に入れて食べます。
内訳は蓮根の天ぷら、茹でたさつまいも、山芋のスライスなど。



20130920_9.jpg


最後に運ばれてきたのが、メインのうどん。



20130920_10.jpg


20130920_11.jpg


金目鯛のひと口ちらし寿司も付いてきます。



20130920_12.jpg


もう書かなくても伝わると思いますが、美味しいですね。
ただ、個人的には、も少し出汁の味が感じられると嬉しいですが(^^;

そんなこんなで、ゴチソーサマデシタ!



20130920_13.jpg


うどんといえば、江戸時代は庶民のファーストフードだったワケですが、
ここまで力を入れると、最早ファーストフードじゃ無いです。
ですので、注文から料理が運ばれてくるまで、それなりに時間がかかります。
正にスローフードですね。
時間に余裕のあるときに足を運ぶのがおススメです。

m.suzuki



切麦屋あいだ
住所:静岡県伊東市八幡野1282-33
電話:0557-54-1533
http://www.kirimugiya.com/


ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog