温泉街の雰囲気が漂う湯の花通りを歩くと珈琲豆を焙煎する香りが一帯に漂ってきます。

そんな香ばしい匂いに誘われ「備屋珈琲」さんへお邪魔しました。

 

店外観.jpg

binnya店内 (1).jpg

 

 

注文したのはお勧め直火焙煎の珈琲と「あんみつ」。

珈琲は厳選した生豆を伝統の備長炭を用いて少しずつ丹念に焙煎をしているそうで、香りが良く珈琲通ではない私が飲んでも違いが分かる美味しいコーヒーでした。

「あんみつ」の寒天は天草の煮出しから全て手作りしているそうで、プリップリッの食感が印象的な美味しさでした。

 

 

メニュー.jpg

 

binnya販売している豆 (2).jpg

 


実は「備屋珈琲」さんは伊豆高原にもお店が在り、本店は恵比寿で鎌倉にもお店が在るそうです。

和の雰囲気が漂うシックな店構えは湯の花通りでも一目置かれる存在感。
店内ではコーヒー豆も販売されておりその場で炒りたてを購入することもできます。

 

binnya販売している豆 (1).jpg


「備屋珈琲自家焙煎工房」 湯の花通り店

http://binya-coffee.com/wp/

 


静岡県伊東市猪戸1-5-35
JR伊東駅徒歩1分
伊東駅から150m
営業時間 9:00~18:00
[夏期]
9:00~21:00
定休日 無休
 

 

鳥の唐揚げが大好き。

そんな私に「唐揚げ好きなら一度は行っておけ」と社長に言われていた伊東の市街地に在る「味の若葉」に行ってきました。

このお店は地元で昔から唐揚げ好きに愛され続けている有名店だそうです。

 

 

若葉 (2).jpg

若葉 (3).jpg

 

店に入るやすかさず唐揚げを注文、お腹が空いていたのであれもこれも頼んでしまいましたが、そこは0.1トンの体重を誇る私にはノープロブレムです。

鳥の唐揚げというとコロコロと切られた物をイメージしていたのですが、注文して出てきた物は若鳥の半身の丸揚げ、でも嬉しい勘違いでにっこり。

唐揚げはパリッパリに揚っていて、そして中はジューシーで山椒が効いた和風唐揚げで噂以上のお味でした。

 

若葉 (5).jpg

 

若葉 (4).jpg

 

こちらの「味の若葉」さんは居酒屋ですがご飯物のメニューも充実していますので、お食事に行こういう方でもOKですよ。

ちなみに写真はありませんが私は「はんば海苔のお茶漬け」を大盛りで頂きました。

ちょっと分かりずらい場所なので地図を入れておきます。

by秋山 

 

 

 


大きな地図で見る

 

すべての無駄と華飾を一切排し究極までシンプルを追及したらこの白磁になった。

白磁陶芸家の黒田泰蔵・TAIZO KURODA

「究極を限界まで求めると崩壊にいたる、その寸前が究極に美しい」と先生はおっしゃっていました。でも、「もしかしたら究極をとおり越し崩壊したものがもっとも美しいのかもしれない」、とも言っていました。

シャープでエッジの効いた先生の作品は逆円錐形で飾ってあるのを見ていると、その不安定さに緊張します。

器に細胞があるならば、出来上がった作品の細胞は先生がろくろを回し造られた唯一無二の白磁器、戻らない時間の流れが封じ込められた永遠に存在するミニマムな宇宙なのかもしれません。

先生の作品には自身の心の葛藤のすべてが、正々堂々と表現されていて、その真っすぐな想いが虚飾にまみれた現代の人々の心を強く打つのでしょう。

そんな先生の作品を求めて、エリッククラプトンやU2のボノなど世界的に活躍しているトップアーチストたちがアトリエに来るそうです。

 

今日は会社に飾っている先生の作品を撮ってみました。

 

  TAIZO KURODA

 

IMG_5812.jpg

 

IMG_5816.jpg

 

IMG_5857.jpg

 

IMG_5845.jpg

 

IMG_5859.jpg

 

IMG_5861.jpg

 

by YAMAZAKI

 

 

 

hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

 

伊豆高原に春の訪れを告げる、大室山の山焼きが行なわれました!

天気は上々・風は微風の山焼きにはもってこいの絶好の天候で行なわれた、2013年の山焼きは、号砲の花火を合図に山裾から順々に松明で火を放っていきます。

 

2013大室山の山焼き (1).jpg

                      目の覚めるような青空でしょ!

2013大室山の山焼き (2).jpg

                     山焼きの開始を告げる号砲の花火!

2013大室山の山焼き (3).jpg

                   どこぞの新聞社のヘリも上空で待機!

2013大室山の山焼き (4).jpg

                   よい感じに燃えてきました

2013大室山の山焼き (5).jpg

                   火が燃え盛る音もするんですよ

2013大室山の山焼き (6).jpg

                   風向きが良かったので煙が邪魔になりません

2013大室山の山焼き (8).jpg

                     瞬く間に燃え上っていきます

2013大室山の山焼き (9).jpg

                     残すところ後わずかです

2013大室山の山焼き (10).jpg

                      迫力満点の燃えっぷり

2013大室山の山焼き (11).jpg

                 僅か30分で黒い大室山へとなりました 

2013大室山の山焼き (12).jpg

            そして見学は地上からだけでなく上空で旅客機からも?

 

さぁ春だぞ~!

伊豆高原の春はイベントが盛りだくさん。

そしてメープルハウジングは物件が盛りだくさん、皆様お待ちしております。

 

by山崎宏司



hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr


 

伊豆高原に春の訪れ

明日は伊豆高原の里山、大室山の山焼きが行われますよ!

毎年2月の第2日曜日を開催日となっておりますが、ここ何年かは予定どおりには行われずに順延・順延となってきましたが、明日の天気予報をみるかぎりでは久しぶりに予定どおりに開催されそうです。

伊豆高原の春を呼ぶ大室山の山焼きは700年以上も続く伝統行事で、昔は農家で使うススキを育てる為に行われていたそうですが、現在でも欠かさずに行うことにより全山をススキでおおった柔らかい山容を守り続けているそうです。

山焼きは12時から、山裾から松明で点火し標高580mをいっきに駆け上り約30分で山全体を焼き尽くします。

迫力ある大室山の山焼きを是非ご覧になってみては如何ですか!

 

この写真は去年のものですからお間違えなく!

 

2013山焼き (3).jpg

                  

2013山焼き (4).jpg

 

2013山焼き (6).jpg

 

2013山焼き (1).jpg

                      あっという間に丸焼けです。

 

by山崎




hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
http://www.maple-h.co.jp/ 

hr

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog