毎年8月14日に行われる「やんもの里花火大会」!

できの良い花火の写真を撮ろうと露出・シャッタ-スピード等のお勉強をし気合を入れて花火大会当日を向かえ、8時から打ち上げられる花火に備え7時過ぎには予め決めていた花火を見下ろす高台の撮影ポイントへと意気揚々に出掛けました。

道中はさすがに車も人も混雑していて思うように車が進まず、現地についたのは花火の打ち上げ5分前、ホッとしながら準備を完了させるとほぼ同時にドッーンと一発目の花火の音が聞こえてきましたが、しかしその姿が見えません?あれっと思っているそばから2発目の音が響きわたってきましたが、またしても音のみ??見ません!

やってしまいました!不動産会社の社長である私があろうことか現場のリサーチせず、見えるはず、それも頭の中の構図ではベストポジジョンと決め込んでいましたが、小山が邪魔して見えません!!

慌てて車で次なる場所を探すも万事休す、花火が見えそうな場所へは今更どこも入れません。

仕方なく会社に戻りラストの花火を遠くから撮ってみました。

 

 

やんもの里・花火 (1).jpg

 

やんもの里・花火 (3).jpg

 

 

                                                                  by山崎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は伊豆高原の「やんもの里・花火」です。

花火の写真を撮ろうと準備をしていたら、負けるものかと綺麗な「夕焼け」のお出ましです!

 

 

IMG_4484.jpg

 

 

IMG_4489.jpg

 

 

IMG_4493.jpg

 

 

                                                                  by山崎

 

 

先日都内から遊びに来た友人を海水浴・日帰り温泉・大室山など伊豆高原の観光をフルコースでエスコートしましたが、その中でも想像以上にすごかったと喜んでいたのが、城ケ崎海岸でした。

波しぶきともに潮の香りが漂う遊歩道を歩いて門脇崎の吊り橋を渡ります。長さ48m、高さ23m、吊り橋からみる景色は海岸線に絶壁が連なる岩礁に波が打ちつけ飛び散るしぶきに海の威力を感じます。

 

城ケ崎海岸3.jpg

吊り橋2.jpg

 

 

この日はあいにくの天候でしたが晴れたひには伊豆七島も望むことができ壮大な眺めです。

富戸港から発着する遊覧船も海からの城ヶ崎海岸の絶景を楽しめてお勧めです。(海から眺める写真は以前、社長が撮ったものです)

                                                                                                                               by山口

 

1-1.jpg

1-1 (3).jpg

1-1 (5).jpg

 

穏やかな伊豆の海の海水浴あとに、また違う顔を持つ迫力のある海、城ヶ崎海岸おすすめです。

   






 

 

8月10日から「壺中天」さんで、

こちらの建築設計をした「アトリエ・ワン」+「壺中天の本と珈琲」のコラボレーションによる

「建築と本の桃源郷 展」が開催されていると伺い覘いてみました!

 

コラボ7.jpg

IMG_4436-7.jpg

 

 

気持ちのいい住まい・気持ちのいい空間を実現してくれるのが建築設計のミッションですが、伊豆高原では同じ顔をもつ土地はなく、その土地のロケーションを最大限に活かす、そうして「気持ちいい佇まい」が生まれるのだと思います。

 

「壺中天」は自生する樹木から零れる日射しまでを計算され、日射しのあたる地面のアンジュレーションを室内から綺麗に眺めることができように、自然の雑木林の庭を受けるように建てられています。

 

そこに自生する樹木・太陽の日射し・自然を操ることで「気持ちのいい空間」は創られました。

自然とのコラボレーションそれが「壺中天」の誕生でした。

 

 

 

コラボ2.jpg

コラボ.jpg

コラボ4.jpg

 

                                                                  by山崎

 

IMG_0469-9.jpg

 


アーティスティックなご主人と奥様はとても気さくな方で、いつも私の知らないことを教えてくれる私のカルチャーカフェでもあります。


 

 




大きな地図で見る

営業時間  金 土 日 月 8:00~16:00

場所     壺中天の本と珈琲

場所     伊豆急城ヶ崎 3次10

        (伊東市八幡野1033-7)

電話     0557-53-8406




 

 

 

よく知られた下田の白浜を代表として伊豆にはたくさんの海水浴のできる砂浜があり、夏になると海水浴を目的に訪れる人達もたくさんいますが、なぜか「海」とくに「白い砂浜」なんかは若者の遊び場と思っている方が多くないですか?

確かに流行の水着を着た女の子、とくに鍛えているわけでもないのに無駄のない体形をしている男の子達が繰りひろげる浜辺の駆け引きはギラギラしていて、ちょっとね。と思われる大人にお勧めのお気に入りの「白い砂浜」が在るのでご紹介します。

この砂浜は下田の御用邸の近くに在る「九十浜」、爪木崎の突端にあります。
駐車場からは荷物を掲げ少し歩かないといけませんが、歩きながら徐々に広がってくるオーシャンブルーの海と白い砂浜が向かえてくれます。

 

IMG_0749.jpg

IMG_0754.jpg

IMG_0753.jpg

 

 

この砂浜には家族連れや大人の人達しかおらず、ゆったり・のんびり過ごせます。

砂浜はもの凄い遠浅になっているので水着を着ていなくても、たまにはズボンの裾をちょいと捲り上げて水に浸かるだけでも気持ちよいと思いますよ!

如何ですか、昔懐かしい海水浴を久しぶりに大人のご夫婦で楽しんでみては!

                                                        by大内

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog