ゴールデンウィークも過ぎオープンして約半月がたち、そろそろ静寂な時とオーナーのTさんとの会話を独り占めできるかと思い出かけて来ました「壺中天」さんにっ!

こちらのお店は以前ブログでもご紹介しましたが、珈琲と古書が楽しめるお店。


IMG_0451.jpg

IMG_0469.jpg

IMG_0482.jpg

IMG_0483.jpg



珈琲は軽井沢の香と風味が際立っていることで有名な丸山珈琲のものがラインナップされていて、Bodumのコーヒー専用サーバーで出してくれます。(一見すると紅茶と勘違いしますがこれが丸山式)

私が注文した季節のブレンド、「マグノリア」は深入りでありながらまろやかでちょっとパンチが効いたとっても私好みの珈琲でした。



IMG_0475.jpg


そしてオーナーのTさんが「山崎さん、この本どう?」と勧めてくれたのは「建築家のルイス・バラガン」の本で、モダニズム建築の巨匠バラガンの本は持っていなかったので、前回訪れた際にみつけたお気に入りの場所で後でゆっくり拝読しようと思っていましたが、グループのお客様が来店してあえなく断念、又もお気に入りの場所での読書は持ち越しとなりました。



IMG_0487.jpg

でも、この日はオーナーのTさん夫妻から、いろいろな話を聞くことができ楽しいひと時を過ごすことができました。

Tさん夫妻はとてもアーティスティックで知識人、でもとっても気さくで暖かな人柄ですから皆様も是非訪れてみて下さい。

きっと有意義なひと時を過ごせると思いますよ!

                                                 by山崎





大きな地図で見る

 

 

河津町のカーネーションは1951年頃、栽培を始めて以来、町の基幹作目として栽培されています。

ここ河津町の見本園では1,500㎡のビニールハウスの中に、393品種の約13,500株ものカーネーションが育て主に東京圏の市場に出荷されているそうです。

私も都内のお花屋さんで地元である伊豆は河津町のカーネーションを見つけ嬉しく感激したのを憶えています。

 

温室内.jpg

 

カーネーション3.jpg

ピンク.jpg

カーネーション4.jpg

カーネーション.jpg

 

 

昨日は母の日、お母さんに贈ったカーネーションは河津町で栽培されたもの。

カーネーションの花言葉は
赤は「愛情」
白は「尊敬」
ピンクは「感謝」です。

こんな思いを込めて贈りました。

                                                                                                                                                                       by 山口


 

 

 

普段は花壇や庭の花たちに主役を奪われ、自然の中でひっそりと佇む野草!

草むらに分け入りカメラをむければ、あちらこちらに絵になる野草がところ狭しと群生しています。

パソコンに落として見てみれば、どの野草たちも立派な主役に変身し、ちょっとしたアートな写真にに変わります。

今日一番の主役は「シダ」、まだ巻いたままのものから、開く途中のものまでの写真を撮ってみましたが、どれも絵になります。

 

IMG_0659.jpg

 

IMG_0666.jpg

 

IMG_0669.jpg

 

IMG_0672.jpg

 

こちらは「シモツケ?」と「タンポポ」

 

IMG_0692.jpg

 

IMG_0677.jpg

 

IMG_0695.jpg

 

                                                    by 山崎




先日、社員のご家族より旬のブリをいただきました。

今年は例年の数十倍という量が獲れる程の大魚だそうで、脂ものって味も最高です。



20120511_001.jpg




速、社員一同で照り焼きとウシオ汁(しょうがとネギを入れた塩汁)にしていただきました。

うしお汁は味もさっぱりしていて、何倍でもおかわりのできる優れものです。


20120511_002.jpg



醤油で漬けた照り焼きも絶品。半身でごはん2杯分はいけてしまいます。

獲れたて新鮮なお魚をいただけるのは伊豆ならでは。



20120511_003.jpg





メープルの営業マンは包丁で魚をさばくのは苦手ですが、お腹のなかでさばくのは大得意!

釣り好きのお客様、旬のお魚の到着をお待ちしております!!!




by山本



いつものように朝会社の外回りの掃除をしている時、裏庭の倉庫周辺のあたらこちらにニョキニョキと見たこともない「きのこ」が出ているではありませんか。

ざっと数えても10個はあります。
この「きのこ」みためはかなりのグロテスク、私にとっての関心事は食べれるか、食べれないのかしかありませんがとりあえず写真を撮ってみました。
毒きのこは綺麗な色をしていると言いますが、色はいたって地味!
形は「つくしんぼ」を大きくした感じです。


IMG_0552.jpg
IMG_0550.jpg
IMG_0553.jpg


さっそく「きのこ」の名前を調べてみたら、『アミガサタケ』という「きのこ」と判明そして「食べれる」とのこと。

しかもフランス料理の食材のひとつで、けっこうな高い値段で取引されているようです。
ただし、生食すると中毒するので注意が必要とありました。

そして「食べてみよう」ということになり、ネットのお勧めレシピのバターソテーでさっそく食べてみました。(チャレンジャーですよね)

食べた感想は珍味でしょうか? 
味はなし、炒めると縮み極端に少量になり、歯ごたえだけを楽しむ食材でした。
まあ、珍重食材で高い値段がつく「きのこ」なんでしょうね。(ちょっとガッカリ)

でも、10年以上も庭掃除をしていますが、この「きのこ」今年初めてみました、やっぱり異常気象なんでしょうか?

                                                        by大内

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog