古書と珈琲のブックカフェ「壺中天の本と珈琲」のレセプション・ティーパティーに行ってきました。

森林に佇むこちらのナチュラルモダンの建物は敷地のアンジュレーションを生かし自然に溶け込んだハイセンスな設計でした。

店内は自らも活字中毒とおっしゃるご主人が収集された洋書から文庫まで揃っていて、古書を手に取りお茶をしなが中庭を眺めゆったりと過ごせる空間が用意されています。

オープンは5月1日からアートフィスティバルの会場としても同時にオープンしますので、皆様覘いてみては如何ですか!

 

壺中天 (10).jpg

壺中天 (9).jpg

壺中天 (6).jpg

壺中天 (8).jpg

壺中天 (5).jpg

壺中天 (2).jpg  

壺中天 (4).jpg

                ここでゆっくり読書したら気持ちいいだろうな~

                                                 by山崎

場所は少し分かりずらいですので地図をご参考にしてください。


大きな地図で見る


伊豆高原南大室にあります、音楽の宿 林間劇場ナチュラリーでのランチです。


 ここはペンションですが、お料理も美味しくいただけるカフェでのりようもでき、吹抜けのダイニングにはピアノがあり夜はオーナー夫婦の弾き語りライブを楽しめるそうです。 

20120419_yamaguchi_001.jpg

20120419_yamaguchi_002.jpg

緑に囲まれたロケーションにあり、静かな雰囲気で開放感のある店内はとても居心地が良く過ごせます。

そして手作りベーグルのランチセットもおいしい。

丁寧に作っているのが伝わってきました。 


20120419_yamaguchi_003.jpg

20120419_yamaguchi_004.jpg


この日注文したのは、スモークサーモンとクリームチーズをサンドしたベーグル。 

新玉ねぎのスープと明太子のマカロニサラダとフライドポテトです。 

これにデザート(アイスクリームに旬のみかんを添えて)とコーヒーが付いて1200円。 

少し迷ってしまいそうな場所にありますが、平日のお昼にもかかわらず常連のお客さんが集まっていました。 





明るいオーナーさんとおいしいお料理があれば、また来たくなるのも納得です。




by山口


先日いちご狩りへ行ってきました。

いちご狩りのシーズンは1月からのようですが、この4月の時期でもまだまだ大丈夫です!


20120414_takeuchi_001_DSC_0618.jpg


ちなみに食べごろの見分け方は、ヘタが反りかえっているものを選ぶのがポイント。
摘み方にもコツがある様で、ヘタに近い部分をもってひっくり返すようにすると力を入れなくても自然と付け根の部分から外れます。
思いっきり引っ張っても採れないものは、まだまだ見えない部分が青いのでしょうか食べごろではないようですね。

おいしく食べられる時期はいちごが教えてくれるので安心です!



20120414_takeuchi_002_DSC_0624.jpg

摘みたてのいちごはみずみずしく香りも良くておいしかったです!
5月下旬までやっているようですので、皆様もいかがでしょうか。

この時期はハウス内も過ごしやすくてオススメですよ!


by竹内

 

こんな静かなところでお日様の光を浴びてゆっくり1人で読書したいと思わせるようなお家です!

建築家ウィリアム・オブライエン氏(William O'Brien Jr)がデザインした森の中にあるAシェイプの建物。

大きな窓からサンサンとそそぐ太陽はAシェイプで天井も高いので部屋の奥まで届きます。

ん~考えらています。

ウィリアム・オブライエン1.jpg

ウィリアム・オブライエン4.jpg

ウィリアム・オブライエン2.jpg

ウィリアム・オブライエン3.jpg

 

大きな部屋の吹抜けのある大空間もよいですが、このお家のように高さはあるけど狭い空間は包みこまれたような感じがするお部屋も良いと思います。

以前宿泊したホテルのベットルームはベットの回りを壁で囲み吹抜けにし天窓を付けてあったのですが、とても落着きとびっきりに心地よい空間でした。

こんな住宅なら伊豆高原にも似合いそうですよね!

 

伊豆は只今、桜やら菜の花などの観賞を楽しむお客様で賑わっていますが、我が家ではどちらかというと花より団子の家族!

この日も妻と母を乗せ桜並木は車でさ‐っと流してこの甘味処へ直行しました。

甘味処・「どっこいしょ」、なんと響きの良い店名でしょう。私46才、座る際にはこの言葉が必ず口からこぼれます。

そして注文した品々は、「おしるこ」「あんみつ」等々の甘味どころの定番メニュー。

 

IMG_0264.jpg

IMG_0270.jpg

kannmi  (2).jpg

kannmi  (1).jpg

 

 

帰りにはおいしと評判の「団子」をお土産に買いましたが、「団子」は家までたどりつくことはなく車中で消え去りました。

このお店はちょっとしたお土産や絵や器のギャラリー併設しており、落ち着いた雰囲気で楽しめるお店でした。

                                                 by山崎

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog