前回の休日に先週に続きまたまた「いで湯っこ市場」に行ってきました。

ここは新鮮野菜はもちろん手作りスィーツから苗木まで売っていて地元の方も利用する、安くて・新鮮・安心なJAの直売所!


DSC09516.jpgDSC09517.jpgDSC09519.jpg
DSC09524.jpg
今回も野菜・稲荷寿司・漬物といろいろかいましたがやはりメインはスウィーツの田舎饅頭!

前回のご紹介は大きなプリンで今回は饅頭、和と洋のスウィーツの私の中の王道です。


DSC09524.jpgDSC09529.jpg
DSC09534.jpg
この田舎饅頭、パッケージに「母」と入っているだけあって素朴で ほっとするお饅頭でした。

伊豆にお越しの際はお立寄りになってみては如何ですか! (品物が豊富な午前中がお勧めです。)
                                                    by 水越





度々ご紹介している「Sweet.house.WAKABA」に久しぶりに行ってきました。

この日は夕食にラーメン屋さんに出かけたのですが、あまりに口に合わず申し訳ないことですが、だいぶ残して帰ってくる羽目になり、お腹の具合も、気分的にも中途半端なこととなり、どうしたものかと考えながら車を走らせているとちょうどソフトクリームの看板が目に留まり、

ソフトクリーム=WAKABAと私の思考回路はなっており、すぐさま車を方向転換させて急行!

もう頭の中は「スペシャルホットケーキ」で一杯です。


スペシャルホットケーキ (3).jpg



この「WAKABA]」は昔懐かし味で何を食べても心が暖まりますが、やっぱり「WAKABA」の美味しい物のすべてがワンプレートにテンコ盛りになった「「スペシャルホットケーキ」がお勧めです。
ソフトクリーム・プリン・ホットケーキどれも手作り感たっぷり!

ん~、この「WAKABA」一言で説明すると田舎にあるフルーツパラーって感じでしょうか?

私46才、子供のころにデパートに出かけた時にしか食べられなかった懐かしの感覚が甦ります。


スペシャルホットケーキ (4)2.jpg
スペシャルホットケーキ (6).jpg
今回初めて飲んだ「ホットチャイ」もかなり濃い味で私好みでした。

心が疲れた時には 「Sweet.house.WAKABA」 お勧めです。 
きっと元気がテンコ盛りに湧いてくると思いますよ!



                                                    by 山崎

 

 

健康の為に岩盤浴へ行ってきました。
岩盤浴は発汗作用により新陳代謝を高めるとされリラクゼーション効果もあそうです。 

ここのところ運動不足なのでせめて月に2度は通いたいのですが、なんだか忙しく久しぶりの岩盤浴となりました。

 

岩盤浴②IMG_1814.jpg

岩盤浴④IMG_1816.jpg

 

入浴中も水分を充分にとりながら、20分間岩盤に横になり、そして5分間の休憩を3セット繰り返しおこないます。
横になってすぐは全身がゆっくりと温まり汗がジンワリと出てくる感じが心地よいですが、10分もすると汗でびっしょりです。

身体の芯から温まり、お肌もすべすべ肩こりもぐっと楽になります。

寒さが応えるこの時期は特にお勧めです。

                                                by山口

 

 




「クリサンセマム・パルドサム!」とハリー・ポッターあたりが呪文で唱えそうな通称ノースポールが駐車場でひっそりと咲いていました。


blog20120126_001.JPG


よくよく調べてみると初冬から6月で、今は開花時期のようですね。
北アフリカ原産、1970年前後に日本へ入ってきた草花で、秋にタネをまいて翌春に花を咲かせ、その後枯れる秋まき・・という流れで一年を通して楽しめるお花のようです!



blog20120126_002.JPG



咲くのを待っているつぼみもちらほらとあります!
夜の寒さも雪の冷たさも乗り越えて元気に咲くノースポール。
ももひきを穿いてヒーターの前でパソコンのキーボードをカタカタやっている私も習いたいものです。




せっかくなので社長に伺って社屋の花壇に移そうかと計画中!
とにかく強いネメシアメロウとこのノースポールで春へ向けて盛り上げていきたいですね!


                                            by 竹内


 

 

このクリーンなデザインの住宅、プレハブなんです。プレハブといえば低コストかつ短期間で作れることがメリットですが、この良さを維持しつつ、デザインも美しく、さらにカスタマイズが手軽にできることもこの「Mimahouse」の魅力です。

Mimahouseは、現代人の変化しやすいライフスタイルに対応できる住宅として5年間かけて開発されました。
中級車程度の価格で、短期間に建てられ、しかも高品質で、クリーンなデザインの住宅を目指して作られたようです。

 

M8.jpg

M7.jpg

 

間取りを簡単に変えられるように、部屋の中には1.5メートル間隔のグリッドがあり、そこに合板パネルをはめこむと壁を作ることができ、窓も1.5メートル幅で統一されていて、オープンにしたくない部分にはパネルをはめこむことでプライバシーを保つことができます。

この1.5メートル区切りのシステムは、日本古来の建築が畳や障子、ふすまといったパーツを「間(けん)」の単位で規格化していたことを参考にしているそうです。

 

M2.jpg

M3.jpg

ただし、この mimahousing はポルトガルに在る会社であり、日本で建てられることはないと思いますが、何年か前に「無印良品」が発売開始した家とイメージがかぶりましたが、価格がだいぶ違うので、日本のローコスト住宅を手掛けるハウスメーカーあたりが、このセンスを参考に開発してくれればよいですね。

                                                  by 石井

MIMAはこちら 

http://www.mimahousing.pt/

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog