こんな怖い顔をした親鶏から、可愛いヒヨコが生まれました。
全部で9羽。
また庭の中が騒がしくなってきました。

 

20110903blog_takeuchi_001.jpgみんなメスだったら玉子を生んでくれてよいのですが、

これがオスだと喧嘩したりコケコッコーと早朝から鳴き大変なことになってしまいます。

まだこの大きさだと分からないのですが、オスは里親もみつけにくいので、全部メスであることを願います!

 


20110903blog_takeuchi_002.jpgそういえば、ヒヨコはくちばしが動いていないのにピヨピヨとさえずりが聞こえてきます。
以前保護したスズメもそうでしたが、どこから声がするんだろうと近くで見てもよく分かりません。
自分でも試してみようと思いましたが、どうしてもピヨピヨと口も動いてしまいます。

調べてみると人間の喉頭にあたる鳥の発声器官は鳴管と呼ばれていて、たいていの鳥では鳴管が気管支に分かれるあたりにある。みたいです。
それでくちばしを開けると拡声されて大きく聞こえるようになるのでしょうか。


ちなみに車のキーレスも下顎あたりにくっつけ口を開けボタンを押すと、電波が頭蓋骨内で反響し増幅されてより遠くまで飛んでいきますよ!

皆様もお試しあれ! ただしその姿は結構滑稽だと思いますが。

                                                by 竹内

 

 

台風により悪天候にかかわらず建売物件にて、3日・4日の2日間現地にて構造見学会を開催しました。

この建売は「長期優良住宅先導モデル」の許可を取得したプロジェクトです。

そんなこと言われても良く分かりませんよね?

簡単に特徴を説明すると、100年位使える「家」を基本設計に考え造られた「家」です。

① 住宅性能評価の取得 (住宅履歴書・維持管理保全)

② 耐震等級2以上(SE構法による丈夫な造り)(通常の建築基準法の約1.25倍の強度)

③ 劣化対策等級3(最高レベル)(外通気工法等)

④ 維持管理等級3(最高レベル)(設備配管にエプコシステム採用)

⑤ 省エネ対策等級4(最高レベル)(次世代省エネ基準・日射遮蔽LOW-Eガラス使用)

⑥ 移住・住み替え支援機構(移住・住みかえ支援適合住宅の認定登録)(家賃保証)

 

なんかよけいに分からなくなっちゃいましたね。

ようは凄いお家を造っています。

デザイン性・耐震性・耐久性に優れた 次世代住宅ってところでしょうか。

詳しくは近日HPにて詳細は発表しますので、ご期待下さい。

 

CIMG1335.jpg

P1040324.jpg

DSC09699.jpg

DSC09700.jpg P1040334.jpg

 

                                                                                                                         by  山崎

 

 

 

お客様を乗せて熱川方面に向かって国道を走っていると
「こんなに海が近くて台風の時なんかは道路が閉鎖されてしまうの?」
とよくご質問を頂きます。

そんな時「この海はいきなり深くなっているので波が手前で割れて
めったに波が道路までくることはないんすよ!」とお伝えしますが、
実際に見てみないと分らないないというのが本当だと思います。

そこで、9月3日台風の影響で大荒れの海岸線の写真を撮ってきました。

 


P1040306.jpg

 

P1040308.jpgこんなに波が高いのにご覧のとおり普通に車は走っています。

この辺りの海を以前に何度か潜りましたが本当に岸から少し出ると
いきなり深くなっていて数年前には居眠りをしたタンカーが岸に座礁したぐらいです。


膝より高い波の日は危ないので海には入らない「おやじサーファー」としては
もちろんこんな日は見ているだけです。
 
9月に入って海水浴シーズンが終わりいよいよサーフィンの時期がまたやってきます。
いつものようにべた凪ぎの海を求めていきたいと思います。

 

 

P1040309.jpg

                 

ちなみに、今朝一応波のチェックをしにきたのですが、この高い波では危険なため「おやじサーファー」の私では無理! (守るものが多いチキンなサーファーでした)

                                                  by 大内


                                 
                              

我が家には、みかん畑が4か所、畑が3か所あります。

今日は、おばあさんが使っている畑を紹介します。


畑1.jpg
畑2.jpg
この畑は、うちの畑の中で一番小さい畑ですが、自宅から歩いて行ける事もあるので、
おばあさんはこちらの畑をメインで使っています。

今は、「きゅうり」「ピーマン?」「葱」「ナス」
などを作っている様です。

野菜.jpgまた、「ニューサマーオレンジ」のみかんの木が1本と、「レモン」の木が1本あります。

みかんの木.jpg
台風接近中の為、あいにくのお天気ですが、畑から見える景色は最高です!

景色.jpg
豊かな自然のある伊豆での生活には、菜園がオススメですね!
近々、私も何か手間のかからない野菜でも植えてみようかと考えています。

自分で育てた野菜を食し、近所の方にもお裾分け。
そして近所の方が作った野菜を頂き、食す。

まさに人間本来の自給自足の生活を伊豆で送ってみてはいかがでしょうか!?

※イモ類などは、イノシシが食べに来るので、栽培の際は注意して下さい!

by 今村




mzmz_20110901_001.jpg
キッズ達の為に足を運んだので、正直恐竜の骨にはあまり興味はありませんが、施設のスケールの大きさに圧巻しました。

さすが日本一裕福な福井県!建物にお金掛かっておりました。

観光客は本当にやっていけるのか?と心配になる程、殆どおりませんでしたが、さすが福井県!暮らしのゆとりを感じました~。


mzmz_20110901_002.jpg

恐竜博物館の特徴をHPより引用しました。


<<引用文>>

周辺の自然環境と調和し、恐竜化石産地としてのシンボルとなるような建物とし、館が包含する機能の特性と利用形態を十分考慮した構成をしています。

その特色は次のとおりです。

元の地形を極力保存しながら、起伏を積極的に利用し、最小限の造成で施設を建設する手法とするなど、環境への影響が最小限になるよう十分配慮しています。

建物は、恐竜ホールとウィング棟から構成され、展示部門としての恐竜ホールは、円状のドームとしてダイナミックな無柱空間構造となっています。

ウィング棟には、建物のシンボル的存在として、楕円錐形のトップライトを設置し、建物内部にやわらかな自然光を導く機能を持たせています。


だそうです。


残念ながら食事をする暇もなく、福井のグルメはお預けとなりましたが・・・

せっかくならば恐竜のお肉試食館もあったら良いですね。


mzmz_20110901_004.jpg



水越君、最近食べ物ネタが少ないんじゃない?と思っておられるお客様、ご安心下さい。

次回は地元、伊豆のグルメをご紹介いたします。


mzmz_20110901_003.jpg
By 水越

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog