前回の休日に約1年ぶりにゴルフへ行ってきました。

"猛暑の中でゴルフって思いながらも、たまには友人とのお付き合いということで、渋々お出かけしました。

どちらかと言うと、ゴルフと言うよりは「トドの日なたぼっこ?」、やはり「トド」は水際のほうがよいと思うのですが・・・

猛暑です! 暑さ対策の為にジェルの入った布を水でぬらし首に巻き万全な対策で挑みました。
これがことのほか気持ちよく、そしてそよ風も吹きさほど暑さを感じませんでした。


SBCA0042.jpg

 

SBCA0044.jpg

 

SBCA0045.jpg

 

SBCA0043.jpg午前中のハーフ回ったところで、本日のメインイベントの昼食!

ビールも付けてお楽しみを満喫!

そして気分も良くなったところで午後のスタート。

この日はとても天気が良く 空・海は真っ青、大室山、コースは緑がきれいで、スコア気にせず、のんびりゴルフを楽しみました。

猛暑とは言え、とても気持ちよかったです。

                                                                                                                                  by 山本

 

今回のフィシングには釣りの師匠でもあり、我家の「ナイトリビング」でもある「頑張軒」というお店のオーナーである小林さんと一緒に出航しました。

師匠の指導のもと、とっておきのポイントを教えてもらい釣り開始!

さすがです。すぐにエソが釣れ今までとは違う好スタートで期待ができそうな1日の始まりのはずでしたが・・・・

その後、私にはあたりがなく?

妻は調子よく「タイラバ」というルアーで、2匹続けて「ほうぼう」を釣り上げ勝ち誇った視線でこちらにプレッシャーをかけてきます。


DSC04127.jpg        (手前のボートは頑張軒の小林号・かなり本気モードなカヤックです)

DSC04129.jpg                          (どうです、良型の高級魚 ほうぼう!)

 

残念ながら結局その後、私には釣果がなく寂しくも午前11時 波が高くなってきたので撤収!

でも、今日の釣果は食べれる <*)) >=< で、それも高級魚 ほうぼう2匹を持参しての帰港です。

 

panelimg.jpg帰ってから小林さんにお刺身にしてもらい食しましたが、これが本当に美味しい!

次回こそ私の釣った 食べれる <*)) >=< で美味しいビールを飲みたいな~。

                                                 by 関口


 

 

前回に続き「飛騨高山」シリーズで、今回は旅の目的であった奥飛騨にある「白川郷」のお話です。

車もバイクも建物もビンテージが大好きな私!

昨今は分譲地内で景観を揃えた別荘地や住宅街が有りますが、その昔に必然的に揃った景観と言えどもほんとうに素晴らしく、ほんわりとした まるで日本昔ばなしの世界でした。

 

DSC04709.jpg

 

DSC04751.jpg

 

DSC04753.jpg中には普通の民家なのですが、昔の大工さんが彫ったであろう彫刻などもあり、当時の大工さんの技術の高さ知りました。

「白川郷」で感じたことは現在でもそこに暮らす人たちが存在し生活していること、見る世界遺産ではなく、住む世界遺産がここに在ることは、世界に向けて誇れることだと思いました。

田んぼにはおたまじゃくしがいて、それを狙う鳥たちがいて、子供達も田んぼで追いかけっこをしている姿はまさに日本の原風景!

いつまでも保存されていて欲しいです。

                                                                                                                               by水越


 

 

 

夏・夏・夏ココナッツ、愛・愛・愛アイランド・・・♪

今 思えば まるでおじさんのダジャレのような歌詞ではありますが
当時は堂々とオリコンチャートにランキングし、町中にこの曲が流れておりました。

今はすっかりおばさんの私は、ある日突然夏色に変わった海や山を見て
「夏だねぇ、夏が来た。」と独り言を呟き、
次に嬉しくなってこの曲を思わず、口ずさんでしまうのでした。(笑い)

夏生まれの私は夏が大好きです。すみません嘘をつきました。夏が大好きでした。
今は「紫外線怖い病」なので「大好き」と言い切れません。

 

 

DCP_5713HP用.jpg

 

DCP_5719.jpg若いころはそれこそ毎日が海三昧。
干してある水着が乾く間もなくまた着て海へ。
子供のころから海は家から水着を着て、バスタオルを自転車のカゴに放り込み
ピューッて出かける場所でした。

都会の女の子のように甲羅干し専門ではありませんょ。
流行のビキニを着ていてもしっかり泳ぎます。しっかりもぐります。
透明で少し緑がかった伊東の海。さらさらととっても綺麗です。
疲れたら、仰向けにひっくり返って波のまにまにぷかぷかと浮きながら
真上に広がる青い青い空を眺め、耳元で海の音を聞きます。

子供が歩き始めたばかりのころは背中におぶって平泳ぎ。
当然子供のスイミングコーチはお母さんである私です。
自分の子供のころの経験伝授ですから
そりゃもうばっちり!一日で我が息子も泳げるようになりました。(自慢)

省エネ・クールビズに真剣な今年  暑さしのぎに久々に海に入ろうかな?
迷惑条例に抵触しないようボディスーツタイプの水着を買わないとね。(笑い)

 

                                                                                                                               by 吉岡

 

 

ここ1ケ月位ちょっとした出来事があり、そのことでいろいろと考えごとをする機会が多くありました。

知識・法律・経験・プライド・と、大人になると必然的に身につけているものが沢山あり

始まりと終わりでは結果的にまったく違う考えに到達してしまうことがよくありますよね?

争いごとってようは考えの相違で、その考えが相反することで、その考えには知識や経験などによる後付けの理屈を付け、争っていることがあるように思います。

そんなことで悩んでいる時に「月」を見ていて、以前 3才になるハーフの甥っ子と夜ドライブをしている時に言っていたことを思い出しました。

 

moon.jpg「ねえねえMoonが僕達にずーっと着いてくるね!」

「そうだね」と返事をしながら、子供の無邪気さに感動し、しばし月夜のドライブを楽しみました。

とてもロマンチックなこの一言を今も忘れません。

 

大人の社会もこんなふうに単純明快に何事も解決できればいいよな~って思う、私46でした。

                                                  by 山崎

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog