品川にあるエプソンアクアミュージアムに行って参りました。

やはり都会のビルの中にある水族館はエンターテイメント性抜群で都会的、

全てインドアなので、雨の日も濡れずに快適に遊ぶことができます。

 

グルメな僕、ちょっと目的が違ってしまいましたが、ここでは沢山の海の幸を見学でき、

おかげでお昼ご飯を、いきおいよく箸を進すめることができました。

まずは西伊豆の名物、「高足ガニ」!

これでも小ぶりのようですが、立派な足は脂がのっていそうで、ついついボイルしたくなってしまいます。

 

DSCN1573.jpg

 

お次はカサゴです。3匹揃って見つめられると、愛くるしい姿に、ついつい食べるのが可哀そうになってしまいますが、

やはり、イメージは「煮つけ」か王道の「唐揚げ」でしょうか。

 

DSCN1575.jpg

 

館内はスケルトンになっているトンネルがあり、こちらは迫力満点!

ノコギリのついたようなサメが横たっわてお昼寝中!

沢山のギャラリーが集まって大騒ぎでしたが、サメは関係なくお昼寝中でした。

このヒレは少し硬そうで、ちょっとフカヒレには無理そうで残念。

 

 

DSCN1561.jpg

 

ペンギンコーナーにいくと、ハムの塊のようなペンギンを発見!

水にプカプカと浮いており、全く動く気力なし。

プロポーションがどことなく、僕に似ており、これは可哀そうで食べる気にはなれません。


DSCN1579.jpg

 

水族館に行くと、とてもお腹が空いてしまうのは僕だけでしょうか?

ゆっくり見学しお腹が激空、そしてランチタイムで満タン給油!!

視点を変えて水族館見学、けっこう新しいお料理方法が思いつくかもしれませんね。

僕は食いしん坊なので、この水槽ごと鍋にでもしたい感じでしたが・・・!

目もお腹も、とてもグルメな気分に満たされました。

 

                                                     by 水越

 

 

 

毎年この時期に我が家では、無添加の自家製の「味噌」を作ります。

1年分をまとめて作るので、1年間使う量を予想し足りなくならないように少し多めに作るのですが、

この量がなかなか難しく、足りなくなったり、多すぎたりと、試行錯誤を繰り返し

我が家のジャスト量が大豆2kgにたどりつきました。

 

まずは材料の買い出しから始まりで、JAで国産大豆2kgを購入!

その他の材料もほとんどJAで調達し、スタンバイOK!

 

まず大豆を水に浸します。 6時間後

 

①.jpgこの大豆、6時間後にはご覧のように2倍になりました。

②.jpg

 

① この2倍に増えた大豆を圧力鍋で4回に分け15分間ずつ蒸すこと1時間。

② 4回に分け20分間ずつ合計1時間20分。

③ さらに、フードプロセッサーでつぶすこと、30回。

 

④.jpg④ 米麹1g・麦麹1g・赤穂塩300gと瀬戸内の塩100gを加えて、混ぜること30分。

⑤.jpg⑤ 出来上がりました。

 

⑦.jpg

 

⑧.jpg⑥ 後は、1年間楽しみに待つだけですが、「パンドラの味噌」なので1年間は、

けっしてこのサランラップを開けることはできません。 (なんちゃって!)

 

自家製の味噌、体にやさしく・愛情たっぷり・皆様も挑戦してみて下さい。

 

                                                   by 鷲塚

 

 

 

2011年度バージョンのHPのトップ画面のイラストや月間誌メープルエキスプレスの表紙のイラストを、

決めるため先日プレゼンを行いました。

今年も「kaoru.yamada」さんにお願いし、2種類の提案作品を作っていただきましたが、

これが、どちらのバージョンにするか非常に悩みましたが、納品期日も迫り   案に決定しました。

どちらに決まったかは、今月の末頃にHPのイラストが入れ替わりますのでお楽しみにして下さい。

 

ちなみに今年のテーマは「kaoru.yamadaさん」らしいイラストで、

伊豆高原でのリゾートライフを感じられるように描いて下さいとお願いしました。

 

こちらが「kaoru.yamadaさん」らしい作品 ↴ です。

ex2011-a.jpg

 

こちらは私がアースカラーが好きなので「kaoru.yamadaさん」が、

アースカラーが合うイラストとして描いてくれたバージョンⅡの作品 

 

ex2011-b.jpg

本当に悩みます。

皆様はどちらがお好みですか?

 

以前もブログでお伝えしたのですが、引出しの多さにはいつも驚きです。

凡人の私の考えだと、アーチィストの方の作風ってわりと形が決まっていて一見して解りますよね?

絵画・陶芸・なんかにしても、これは誰の作品か解りますが、

この2パターンのイラストを見てのとおり、まったく感じが違い、別の人が描いたかのようですよね!

羨ましいかぎりです。

 

私45才、よく人から言われるのですが「感性が女性的だね」って、

「感性が女性的」で「性格は男性的」な私、けっこうこのミスマッチ自分では気にいっています。

2011年度のメープルハウジングの新作をお楽しみにして下さい。

                                                  by 山崎

 

 

毎日 午後3時を過ぎると 社長が発する暗号「082」  ?

暗号の指令を受けた社員は「了解です!」と予算2000円を握り締め、いざ買出しに。

いかにスピーディに指名された社員が、その日の希望に応えて、かつ予算内で「082」を

用意出来るかが試されます。

そのセンスと気配りが問われるまさにメープルの社員としての大事なお仕事であります。

「082」のメニューは 菓子パンの日あり、袋菓子の日あり カップラーメンの日ありと

その日その日でジャンルは様々なのですが もちろん手作りの日もあります。

今日は「鷲塚」の「バナナパフェが食べたい」の一言でチョコレート&バナナパフェに決定!

 

 

DSCF7911.jpg

DSCF7906.jpg

 

そして用意された食材はバナナ・コーンフレークス・アイスクリーム・生クリーム。

パワー系男性社員が生クリームを泡立て、あっという間にデスクの上でおやつ完成!

生クリームにラム酒の隠し味を効かせ、

生クリームの下にはバニラアイスとバナナ&コーンフレーク

そしてチョコレートシロップをかけ、特製バナナ・パフェの出来上がり!

 

DSCF7907.jpgお手製なならではの、サイズはアメリカン、お味はジャパニーズの甘さ控えめ!

全員大満足。脳にもたっぷり糖分をチャージして、いざ後半のお仕事に突入でした。

                                          by 吉岡

 

昨日の伊豆高原は、また雪が降ったみたいで出勤し駐車場に停めてある社用車の積雪を見てビックリでした!

今年は伊豆高原も例年より雪が降り、年が明けてからは寒い日が多いですが、

好きなことは止められず、私は潜っています!

この時期、伊豆の海は水温15度前後と、他の地域と比べれば暖かいのでしょうが、

寒がりの私にとっては北国の海のようにかなり冷たく感じます。

皆さんの学校にもかならず1人はいたと思うのですが、

プールの時間に端っこのほうで、唇を真っ青にして震えていた寒がり君!

そう、それが私です!

でも冬の海は澄んでいて透明度バツグン、この時期に潜らなければダイバーでありません。

そこでこんな寒がりな私の強い見方があるのです。

それは  ドライスーツ。

 

dive01.jpg

 

このドライスーツは、ウエットスーツと違い水が入らず中に暖かフリースの普段着を

着てさらにホッカイロなんかも装着し防寒対策も完璧、これで、真冬の冷たい海でも快適に潜れます。

考えてみれば、気温より海水温度のほうが高いのですから、

水に濡れることさえなければ海の中ほうが暖かいですよね!

ちなみに、寒がりな私は夏用のウエットスーツも、厚い生地で裏地が起毛になった暖かいものを着ています。

 

dive03.jpg

P1020420.jpg次回は、真冬の透明度バツグンな海中の写真をお楽しみに!

 

                                                    by 松井

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog