とても天気が良かった昨日の休日、春をたくさん見つけてきました☆

父が丹精込めて管理する「菖蒲園」に出かけ、親孝行と気分転換に

「土の臭い」と「春の香り」を胸一杯に嗅いできました。

自然の中で育った私は、なぜか春のこの時期の土の臭いが大好きです。

きっと子供のころ春になり外で遊んでいる時に嗅いでいた香りに、落ち着きを感じるのかもしれません。

こんな私は、野山に咲く花の名前は大体分かりますが、野菜の花などのはまたっく分かりません。

菖蒲園の片隅で父が作っている野菜の花で、父から「この花は何の花か分かる」と聞かれましたが、

私は分かりませんでしたが、皆さん、これ何の花か分かりますか?

そらまめ4.jpg

 

実はこれ、そら豆の花なんだそうです。

ちょっと変わってますよね。

他にも、よもぎや・たんぽぽ・ナズナ・あじさいの新芽・菜の花・ムスカリ・つくし・スギナ・ハコベ・

ホトケノザ・のびる・山のスミレ等、色んな所に「春がらんまん」♪♪

 

たんぽぽ2.jpg ムスカリ.jpg色々見つけると楽しくなってきて次から次へと目移り(゜∀゜)=3

でも、今も昔も変わらず何故か「つくし」を見つけた時が一番テンションが上がります↑↑

皆さんはどうですか?

自然に囲まれて暮らすっていいなとつくづく感じた、ある春の休日でした☆

色々2.jpg(花粉はイヤだけど。)

 

                                                                                                                              by 永田

 

 

4月4日やっと咲き始めました。

現在なんとか3分咲きと言うところでしょうか?

会社の前の桜並木が淡いピンク色になってきました。

今年は2日~3日毎に気候が変わり、寒くなったり、暖かかったりで、桜もどっちなんだい?っと、

咲いていいやら、もう少し待とうかと戸惑う日々なんでしょう。

花冷えと言いますが、それにしてもちょっと寒いですよね。今年の春は!

満開の桜を待ちわびる、私もうじき46才でした。  

 

8957 (4).jpg

8957 (5).jpg                                                by 山崎

                                                                                                 

 

我家には今年13才になった、私のブログでお馴染のそれは可愛い愛娘「さくら」がいます。

この愛娘の犬種はラブラドールですが、大型犬の13才は人間で言うと70歳位だそうで、

もうお婆ちゃんの仲間入りですが、とても元気が良くご主人さまに似て「食欲旺盛!」

特におやつを食べる量は若いころより多いぐらいで、

コタツの上に置いてある「おやつBOX」の取り合いをいつも私としていて、

うちの奥方様から怒られている私と「さくら」です。

子供がいない我家では「さくら」が中心で動いて、お姫様であることに間違いなしと言った感じの「さくら」です。

 

SBCA0037.jpg我家のセラピー犬で、仕事の疲れも・ストレスも「さくら」が癒してくれます。

気が付けば、身の回りのグッツは犬の物ばかり、携帯のストラップ・キーホルダー・それからこれは内緒ですが、

私45才、奥方様が買ってくる下着も犬の絵柄入り、どうも他の理由もありそうですが?

 

P4010007.jpg

 

P4010004.jpgこのように犬一色、知らない人からみればタダの犬バカ?

それから見ず知らずの人が連れているラブラドールがいれば、つい声を掛けてしまいます!!

犬好きの方なら分かって頂けると、勝手に思っていますが、

でも本当に癒されますよ~!!

ご覧になっている方で、「こんなペットバカぶりがあるぞ~」っと言う方はご一報下さい。

                                               

                                                   by 山本

 

 

この春のお彼岸に東京までお墓参り行って来ました。

足が不自由になってから一人でお墓参りに行くことが出来なくなった母のたっての願いで、

介護用の車を借り母を連れて久々のお墓参りでした。

 

20110331-01.jpg

 

東京都内に入ってすぐ、後の座席に座っていた母が、

「やっぱり、東京は車が多くて道路が渋滞してるね。」と窓の外に目をやり呟いていました。

 

20110331-02.jpg違う、違う。

「道路が渋滞しているのではなくて、ガソリンスタンドで給油したい人達がみんな並んでいるんだよ。」

と説明すると「フ~ンそうなの」と言って、母には関心がないのか、又、窓の外に目をやっていました。


父の眠るお墓があるお寺は、東京杉並の永福町にあるのですが、

このお寺の境内には、今もまだ井戸があり東京の町中とは思えないほど静かで、

なかなか歴史のあるお寺なのです。

 

20110331-03.jpg

 

20110331-04.jpg幕末の頃の徳川家と島津家にゆかりのあるこのお寺

入口の門や建物の屋根瓦など、その随所に歴史の跡があります。

ここに来るとここに眠る父がいつまでも大切に持っていた二つの品物を思い出します。

 

20110331-06.jpg

 

20110331-07.jpgこの陸軍のマークの入った器は、戦争当時、軍人だった父が唯一持って帰って来た物。

この菊の御紋のついている煙草は、警察官だった父が皇族の警備に就いた時にいただいた物。

父が何故この品を大切にしていてたのか私には解りませんが、

父の思い出にこれからも大切にしようと思います。

                                                   by 鷲塚

 

 

 

そろそろ今年もまた雀の巣立ちの時期が来ました。

 

フンに悩ませながらも楽しみの季節です。

 

この雀達親子の「マイホーム」は会社の屋根!

 

10~20家族が瓦の間に「マイホーム」構えていますが、

 

きっと雀にとってはドーム型のコンクリート造の家と言うところでしょうか。?

 

 

子供 (1).jpg

 

最近の人間社会では、幼児虐待とか悲しい事件をニュースで耳にしますが、 

 

雀の親達は昔から変わることなくしっかりと我が子を育てています。

 

毎年、巣立っていく子供たちは、

 

丸々太っていて大事に育てられたのが一目瞭然です。

 

この子雀はまだ羽も産毛が多くてこれから空を自由に飛ぶのに準備中といったところでしょうか。

 

 

 

 

親 (1).jpg親の写真と子供たちの写真を見比べると体の大きさの違いが分かると思いますが

 

20100603_123253.jpg 20090819_124207.jpg 

 

近くの木の枝に飛び移るのに最初は怖がってなかなか飛ばない光景を見ていると

 

大人になって普通に飛ぶ鳥も最初はやっぱり飛ぶことが怖いんだなと改めて感心します。

 

まだまだ、飛んでいるのかジャンプしているのか、よくわからないぐらいの飛行訓練ですが

 

ハラハラしながら見守ってあげようと思います。

                                                                                                                      by大内

 

 

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog