さて、今回は半世紀という長きにわたり、多くの人々に親しまれている

「伊豆シャボテン公園」のご紹介パートⅡです。

 

「伊豆シャボテン公園」を初めて訪れた方の感想の一番は「動物が思ったより多くてびっくり。」ではないでしょうか。

象やライオン、カバやキリンといった花形役者はいませんが、園内にはくじゃくやリスザルが放し飼いにされていてとってもフレンドリーな雰囲気です。

 

小動物は、カンガルーやポニー、アヒルや白鳥に黒鳥、ペリカン、ワラビー、カピパラ、ラマやヤク、ピンクフラミンゴ、なまけもの、アルマジロ・・・とその種類約110種以上。係りの人と一緒に餌をやることも出来ます。

また、ペットのワンちゃんも一緒に入園でき(一部一緒に入れないエリアもあります。)動物好きにはたまりません。

スタッフはどんな場所ですれ違っても明るく元気に「こんにちは!」と挨拶をしてくれて、気が付けばこちらも「こんにちは!」と大きな声で返事をしていて、なんだかとっても元気になりますよ。

 

チンパンジーのショーはテレビやマスコミにもたびたび登場する人気のアトラクション。

子供たちに大人気です。ユーモアたっぷりの飼育係りの方のおしゃべりや茶目っ気溢れるチンパンジーの動作に思わず笑顔がこぼれます。

最近はカピパラの温泉風呂(冬はゆず風呂!)入浴が次いで人気です。カピパラそのものもほのぼのしていて可愛らしいのでぜひご覧になって下さい。

 

今回久しぶりに訪れてみると、動物たちが自由気ままにびのびしている様子が

なんともいえず癒され、「伊豆シャボテン公園」が親子2代、3代にわたり愛され続けられているワケがわかるような気がしました。まだ、行ったことなーい!という方は、ぜひともこの機会に行ってみて下さい。

 

伊豆 不動産・伊豆 別荘情報はメープルハウジングへ

 

shaboani01.jpg shaboani02.jpg shaboani03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shaboani04.jpg shaboani05.jpg shaboani06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

shaboani07.jpg shaboani08.jpg shaboani09.jpg

大室山とならんで伊豆高原の代名詞となっている「伊豆シャボテン公園」は

去年の10月で開業50周年を迎えました。

 

只今 アニバーサリー特典で2010年3月31日まで地元在住の方に感謝祭を実施中!

特に伊東市民は10日に限り入場料無料という情報をゲット。

さっそく、出かけてみることにしました。

なぜ10日かというと10日=「伊東の日」というわけです。

 

「伊豆シャボテン公園」は地元では幼稚園から小学校にかけての遠足のスタンダードで、子供の頃は何度も来ましたが、もうずいぶん訪れたこともなくほんとに久しぶりでした。

 

で、久しぶりに来て見るとなんとも楽しくて見どころもいっぱい。

写真もいっぱい撮ってきましたのでパートⅠ・パートⅡと2回に分けてご紹介したいと思います。

 

パートⅠは、その名のとおり「シャボテン」特集。

「シャボテン」て日本語って知ってました?

ポルトガルからサボテンが伝来した時その汁を石鹸代わりに使ったことから由来する日本語だそうで、本来はポルトガル語で「サボテン」。英語ではCACTUS「カクタス」でぜんぜん違います。うーん、勉強になりますねぇ。

 

さて、園内には1500種類を越えるサボテンを観ることができますよ。

ピラミッド型をした温室は品種や原産国によって区分けされていて、全部で5つ。

大昔大室山が噴火た時の溶岩石で造った地下通路でその5つがつながっています。

入り口は有名な「荒原竜ヒドラ」の石像。

 

「荒原竜ヒドラ」と聞いてピンとくる人はかなりおじさん、おばさん。(失礼)

昭和40年代に子供たちに絶大な人気を誇っていた「ウルトラマン」に

怪獣のモデルとして登場。一躍有名になりました。

 

樹齢160年なんていうサボテンもあったし、50年たって初めて花をつけるサボテン、アメリカのやらアフリカのやら、可愛いのやら少し気持ち悪いのやら・・・見飽きません。

通路途中にナマケモノとアルマジロがいます。そうなんです、「伊豆シャボテン公園」は動物もたくさんいるんですヨ。パートⅡでは人気者のカピラをはじめチンパンジーや放し飼いされているリスざるなどご紹介したいと思いますので、次のブログもぜひ、読んで下さいね!

 

伊豆 不動産・伊豆別荘情報はメープルハウジングへ

 

 

shabo01.jpg shabo02.jpg shabo03.jpg

shabo04.jpg shabo05.jpg shabo06.jpg

shabo07.jpg shabo08.jpg shabo09.jpg 

 

平成22年1月10日 午前6時 ここ伊東市八幡野地区のどんど焼きは、八幡野港の波打ち際で行われました。

寒いかな~っと、覚悟して行ったのですがとても暖かくて大感激。

 

溶岩がつくった入江を利用して造られた小さな港。青緑に輝く灯台の灯り、岬の松、沖に浮かぶ伊豆の島々、空には月とたなびく紫雲そして朝焼け・・・。

何もかもがパーフェクトで、まるで映画のセットのような美しさです。

 

どんど焼きは、お正月にお迎えした歳神様をお送りする日本の伝統行事。

地方によって、「どんどんさん」、「さんくろう」、「さぎちょう」、「おんべ焼き」などと

呼び方はさまざまなのだそうです。

お正月に飾った門松やしめ縄、玄関かざりなどを持ち寄って、三角柱に組まれた青竹のやぐらにくべて燃やします。

 

本来は小正月にあたる1月15日に神事として神社で行われるものだそうですが、現在の伊東ではどの区も各町内会と子ども会が中心になって3ヶ日明けの日曜日に行われているようです。

 

町内の男衆がやぐら組と火の係り。女衆はトン汁やお汁粉、甘酒などを用意して振舞います。子供たちは町内をまわってどんどに来られない家のお飾りを集めてまわり、あとは見学と食べる係り。

 

あかあかと燃え上がる炎とともにお帰りになる歳神様に手を合わせ、今年一年の無病息災をお願いします。

 

すっかり、燃え終わった頃、大島の三原山から朝日が昇ります。

自然の中での暮らしは、自然を敬う心を回帰させてくれますね。

自然が豊かで、美しい日本ならではの伝統行事。ぜひ、来年はご一緒に。

伊豆 不動産・伊豆別荘情報はメープルハウジングへ

 

2010dondo-01.jpg 2010dondo-02.jpg 2010dondo-03.jpg

 

 

 

 

 

2010dondo-04.jpg 2010dondo-05.jpg 2010dondo-06.jpg

2010dondo-07.jpg 2010dondo-08.jpg

皆様におかれましてはお健やかなお正月をお迎えのこととお慶び申し上げます。

全国的に寒波が到来し、身の引き締まる寒い元旦の朝となりました。

 

さて、今年の干支は「虎」。

みなさん、「虎」にどのようなイメージをお持ちですか?

一番はやはり「力強さ」ではないでしょうか。

 

戦国時代、武田信玄や上杉謙信を

「甲斐の虎」・「越後の虎」と呼んだように、日本では古くから虎は強さの象徴と

されてきました。今年は、この虎のパワーにあやかって、

日本全国元気を取戻せたらいいですね。

 

メープルハウジングも

「虎は千里行って、千里帰る」の諺どおり

社員一丸となって行動力フルパワーで突き進みたいと思っております。

どうか、本年もよろしくお願い申し上げます。

 

伊豆 不動産・伊豆 別荘情報はメープルハウジングへ

 

2010gantan01.jpg 2010gantan02.jpg 2010gantan03.jpg

 

 

 

 

 

2010gantan04.jpg 2010gantan05.jpg 2010gantan06.jpg

伊豆は暖かいので12月に入ってからが紅葉の見ごろ・・・

と呑気にかまえていると、いきなり冷え込んで冬がやって来ます。

 

それは、童話の「冬将軍」が突然あらわれ

背中に雪の入った袋を担ぎ、頬を大きく膨らませ、

ピューッと北風を大地に吹きつけるように夜中に北風が吹いた翌朝のことです。

 

風はぴたりと止んで、ドアの外は昨日とは別世界。

空気がキーンと凍てついて、風景はまるで写真を貼り付けたようです。

 

いつもは、ぼんやりと霞の上に浮いている伊豆七島もご覧のとおりです。

1年365日、毎日眺めていてもここまで鮮明に見える日は幾日もありません。

 

朝は見えていても、太陽が昇るとともに気温が上昇して、水蒸気が上がってしまえばあっという間に見えなくなってしまいます。

 

低く垂れ込めた雲の合間からは、「天使のはしご」が瑠璃色に輝いています。

この夢のような景色は、冬の訪れとともに自然がくれた贈り物です。

 

伊豆 不動産・伊豆 別荘情報はメープルハウジングへ

 
2009121801.jpg 2009121802.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2009121803.jpg 2009121804.jpg

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog