さて、この不思議な植物をご存知でしょうか?

物件調査(不動産の売却のご依頼を受けて行う調査)の折、物件のお庭で発見しました。

 

花の中央からピューと1mくらいの、何やら糸のような形状のものが出ています。

こんなの見たことありません。

 

葉は柔らかな細長い鮮やかな緑色でなかなか美しいのですが・・・、

花は深紫の斑点に覆われた大きな仏炎苞が特徴で、ちょっとグロテスク・・・。

さっそく切り取って事務所に持ち帰ると

子供の頃から知っていたという社員がわずかに1名いるのみ。

あとは全員「わぁー、何これ?生まれて初めて見たよ。」というリアクション。

 

PC担当の松井がすかさず調べてくれました。

 

学名はArisaema urashima  和名は浦島草 サトイモ科

 

学名のurashimaはどう見ても"うらしま"という和名がそのまま使われていて

日本の原種かも。

risaemaはギリシャ語で「血のような斑点が葉にある植物」という意味だそうです。

 

和名の由来がちょっと面白い。

花の中心からピューと出ている糸のようなものを、あのおとぎ話の浦島太郎が釣りをしている釣り糸に見立てたところから。なのだそうです。

この「ピューと出ている糸のようなもの」の正体は花序の花軸が伸びているもの。

 

もっとびっくりするのは、この浦島草なんと性転換する植物なんです!

 

これを学問的には「雌雄異株」といい、植物が若い頃は雄株で、成長すると雌株に性転換するのだそうです。今なら「おねえ草」と呼ばれちゃうかも。(笑い)

 

でも、改めて、室内で撮影するとどことなくエキゾチックでそれなりに美しく観賞に耐えられますね。

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

 

urashima01.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

urashima02.jpg urashima03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

urashima04.jpg urashima06.jpg

待ちに待った桜が満開となりました。

なんで日本人ってこんなにも桜が好きなんでしょう。

まるで、桜の花を待って一年暮らしているようです。

 

今年は3月になって「寒のもどり」が厳しく、

可愛らしい蕾はなかなか咲く気配がありませんでした。

桜並木では、蕾の状態でも咲く直前はうっすらと全体がピンク色に見えます。

それは「あっ、もう咲く。」のサインでもあります。

 

ところが桜は3月なかばに蕾をつけてから一向にサインがなく、

まさか蕾のままで散るのでは?!と心配していましたが

4月になって一気に開花。2・3日の間に満開となりました。

 

今や全国レベルで桜の名所とされている「伊豆高原の桜並木」。

今年は歩道が歩きやすいよう整備されましたので

ゆっくり歩いてご覧になるのもいいですね。

 

また、桜並木は伊豆高原駅方向から大室山に向かっては上りに、

その逆は下りに桜並木を見ることになります。どちらも素敵ですが

さあ、お客様はどちら向きにご覧になるのがお好みですか?

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ 

BL1.jpg BL2.jpg BL3.jpg

BL4.jpg BL5.jpg BL6.jpg

2月8日日曜日の正午、パンパーンという花火の合図と同時に大室山にたいまつの火が入れられ、山焼きが行われました。

 

標高580mの大室山を約30分ほどで焼き尽くし、春への準備が整います。

 

大室山の山焼きは毎年2月の第二日曜日と決められていますが、山のコンディションで第三、第四に順延されたり、時には3月までズレ込むことも。

当日が晴れていても数日前の雨で山が湿っていたり、わずかでも残雪があったりしても丸々きれいに焼けないので順延されるというわけです。

 

今年は、数日前から晴天続きでコンディション上々!間違いなくピンポイントで実行。

ならば例のガリバークレーン車で撮影をということでクレーン車の出動です。

 

風の無い晴天とはいえ、人一人がやっと乗れる小さなゴンドラは細いアームの先で微かな風にも微妙に揺れてかなり危険!

 

我が社のパワーボーイ達は何故かみんな高所恐怖症。社長命令といえどもみんな後ずさり状態。

「はい」という返事はしても靴は地面にアロンアルファで固定されたように動きません。目も泳いでいるし腰も引けています。(笑い)

で、いつものとおりカメラマンは社長ということに。(さすが)

 

2009年の地上20mからの山焼きをお届けします。

冬を越した萱を焼き払うことで瑞々しい美しい緑が生まれます。カメラのファインダーから覗く伊豆高原は光が強くなってキラキラと輝いて「春」の気配に満ちていますね!

 

暗い話題の多い昨今、こんなにも癒される温かく優しい自然の中での今年こそ、「伊豆暮らし」はじめませんか。

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

 

伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-01

伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-02
伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-03 伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-04 伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-05 伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-06 伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-07 伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-08 伊豆不動産会社ブログ/大室山の山焼き2009-09

 

皆様お揃いでおだやかなお正月をお迎えのことと存じます。
おかげさまで、メープルハウジングも良きお正月を迎えることが出来ました。
昨年一年本当にお世話になりました。新年は6日より通常営業いたします。
今年も何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、伊豆高原で初日の出をご覧になるご予定であれば、大室山をおすすめいたします。
元旦の朝は5時からリフトを運行させていて、頂上では甘酒や豚汁のサービス
があるそうです。

日本のお正月といえば、やはりはずせないのは「日の出」と「富士山」でしょうか。
写真は大室山からの富士山の眺めです。
漆黒の夜が藍色に変わり、満点の星々の輝きが金色の朝日に飲み込まれて行く
大自然のドラマチックなパフォーマンスをぜひ、ご体感下さい。
心身共にスーッと浄化されるような 清々しい気分になること間違い無しです。

大室山山頂からは富士山の他に、天城の山々、大島、初島、伊豆七島、三浦岬、房総半島
相模湾、伊豆高原の森と別荘の風景など360度まさしく「絶景」を楽しむことができます。
どうぞ、ご家族揃って暖かくして(防寒は万全に!)お出掛け下さい。

09gantan-01.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

09gantan-02.JPG 09gantan-03.JPG 09gantan-04.JPG 09gantan-05.JPG 09gantan-06.JPG 09gantan-07.JPG

 

 

 

 

 

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

南風が吹いて、気温19℃と、まるで春のような暖かさが一変、

今朝は冬らしい寒さに逆戻りしてしまいました。

店から眺める天城の山々も 昨夜雪が舞ったのでしょう、

粉砂糖をまぶしたようにうっすらと白く化粧をしています。

 

明日はクリスマス・イヴ。

まるで、タイマーでセットしたように風景がクリスマスモードになりました。

 

前回のブログでご紹介したメープルのイルミネーションも

ご覧のとおりです。

伊豆高原の静かな夜に、イルミネーションが灯ると

まるで森の中で、煌めく星を見るようにロマンティックです。

 

Silent night! Holy night!

どうか素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

 

il2008-01.jpg il2008-02.jpg

il2008-03.jpg

il2008-14.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

il2008-05.jpg

il2008-06.jpg

il2008-07.jpg  

 

 

 

 

 

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

 

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog