何故か例年の2倍を超えるご契約の予約を抱え、忙しく全社員ネジリ鉢巻き状態中、

社長 「気合が足りないと カゼ ひくぞ~!」っと 激を飛ばしたまではよかったのですが、

 

あれっ そうは言ったが何か自分の体がやけに重たく・イヤーな感じ

過労だと自分に言い聞かせてみるものの、明らかに普通じゃありません!

こっそり熱を計ってみると「38.8℃」 もしかして気合が足りていないは自分ですか?

イヤーそれはないでしょと もう一度計ってみたが結果は「38.9℃」

 

その後の態様が、さすが仕事のできる社長さんで、高熱の最中に脅威の集中力を発揮し契約書を3件分まとめ上げ、

早退できる準備を整えてから、「皆ちょっと話があるんだけど~」っと全員に集合!

 「病気になるほど働いてみろー」 「俺は病気になるほど働いたので早退します」と手短に伝え、

病院に直行!

 

医者から「インフルエンザの検査をします」と言われて、その瞬間まで頭の中に「インフル」の文字はなく、

愕然とした気持ちで結果報告を待つこと10分、先生から「陽性ですね」と言われ、

5~6日安静に外出しないよにと宣告を受け!

残念ながら戦線離脱!

 

何処の誰からいただいたのか分かりませんが、結構な もの をいただいちゃいました!

ブログが担当日にぶつかり更新していないし ネタ もないので、

     

            こんなネタと写真でご勘弁下さい。

 

IMG_0007.jpg

 

                                                     by 山崎


今日は、バレンタインデー

当社のレディー方からいただいちゃいました!

ばぁ~ん

 

valentine01.jpgなんと、私の大好きな"スティッチ"のラッピング

ディズニーのキャラクターの中でも一番大好きなんです。


中には、ハート型のチョコレートが沢山

 

valentine02.jpgスイーツ大好きな私にはたまりません。

仕事で忙しい中、男性社員全員分のラッピングは大変だったでしょう。

本当にありがとうございます。


毎日がバレンタインだったら・・・

なんて思ってしまう松井でした。

 

海の幸 山の幸
 
というわけで、お裾分けで頂いた貴重な「地のり」&「はんばのり」&「目刺し」を
 
ありがたく我が家の食卓に。
 

「はんばのり」は火で炙り、手で揉んで鰹節と混ぜて、炊たてご飯にふりかけのようにまぶしたら
 
お醤油を少し垂らしていただきます。
 
火に炙ると黒っぽい色のはんばがみるみる鮮やかな緑色になって、

ぷーんと磯の香がしてきます。歯ごたえのある独特の食感がやみつきになる美味しさです。
 

DSCF7763.jpg

 

DSCF7770.jpg

 

「地のり」は逆に火に炙らない方が香り良くいただけるような気がします。
 
いつもいただく焼きのりの倍近い厚みがあって、熱々のご飯の上に載せるとご飯の蒸気で
 
しんなりしてきて これがまた超美味しい!

 

DSCF7767.jpg

 

DSCF7775.jpg

 

一膳目ははんばのりで、二膳目は地のりで、三膳目はどっちにしようかな?
 
何膳でもおかわりしたくなる美味しさです。

「はんばのり」も「地のり」も冬の寒い時期に磯の岩場で手作業で採取して天日に干して作る

ほんとうに手間隙のかかった食材なんです!(感謝!)
 
目刺しはもちろん頭ごとぱくり。程よくジューシーではらわたの苦味と塩加減が絶品です。
 

DSCF7768.jpg今日は、他に紀州の五代梅 北海道の一口しいたけのバター炒め 江戸前あさりの赤だし
 
あまーい玉子焼き 宇治の緑茶 という日本グローバルなスペシャルメニュー。
 
私の中ではミシュランなんかすっ飛ぶ美味しさと思っています。

ほんとうにご馳走様でした。

 

                                                    by 吉岡

 

 

 

毎年2月の第2週の日曜日が大室山の「山焼き」なのですが、

これがどうして予定どおりに行われたことは、私が記憶している限りではありません。

強風・雨・雪・等々の理由ですが、

 

やはり今年も予定どおりには出来ませんでした。

御覧のような ↴ 雪です! 

それも半端なく降ってます。 ここは北国かって感じで降り続けています。

 

014.jpg

011.jpg

 

                 ↑ こんな感じで、まったく話になりません。

 

004.jpg

009.jpg

 

「河津桜まつり」も始まり、3連休の書き入れ時にこれでは商売あがったりですが、

でも雪の伊豆高原ほんとうに綺麗です!

この時期は落葉樹の葉が落ち、ちょっと寂しいモノトーンの風景が、一変しすべてが純白に輝き、見ていると心が和みます。

私は、冬の北海道にしばしば出かけますが、ふだん旅行に出かけると、貧乏性のせいか「あちらも見たい・こちらも見たいで、じっとしている暇もなく動き回り、朝ホテルを出てから夜遅くにホテルに帰ると言った感じで、旅行から帰ってくるとグッタリで、リフレッシュの為の休暇のはずが」って感じなのですが、旅先での雪の日などは「外に出かけてもしょうがない、今日はホテルでゆっくりしていようと」と、まったりと和んでホテルにお籠り、これが何とも贅沢に時間がゆっくり流れて至福の時間を過ごすことができます。

ようは自然が強制的に私を拘束してくれているのですね!

この感覚って、旅先での雨の日も同様に、私を拘束してくれて旅先での悪天候は大歓迎!

 

今日は、雪の日の仕事、ゆっくり・まったりとやってみますか!

 

                                                     by  山崎

 

 

 

 

 

 

 

またまた我社が大変お世話になっている建設会社の社長さんから

驚きと感謝の頂き物をしました。「本当にいつもありがとうございます。」

 

今回はオール宇佐美産の「地海苔」と「はんば海苔」と「イワシの天日干し」です。

 

最近はこの[地海苔]は、お金を出しても買ず、地元人でもなかなか手に入らない

貴重な高級食材です

 

「はんば海苔」は売ってはいますが、なかなか手の出しずらい価格で、最近はかなり御無沙汰してました。

 

 

 

P1020175.jpg両方の「海苔」とも、寒風吹きすざむ中、手作業で1日かけても少量しか採れず、

採ってきてからも何度も洗い流してから、干して完成する、

本当に根気と情熱のいるオール手作業なナチュラルフード!!

 

人の手作業でしか作ることのできない食材はどんどん減ってきていますよね。

でも、本当においしい食べ物って、地元で昔から食されている自然な物で、

シンプルかつ今では贅沢な「おいしさ」ですよね!

 

 

やっぱり今回も家まで我慢できず、ご飯を炊いていただきました。

 

 

 

P1020173.jpg 「地海苔」はうちのボスが醤油に海苔を浸して特製「のり丼」を作ってくれましたが、

 これが「激うまっ」、「地海苔」を子供の頃から食べなれた「うちのボス」だからこそできる一品で、白いご飯に「地海苔」シンプルイズベストな究極贅沢な「宇佐美地海苔丼」しつこいようですが、本当に「おいしい」かったです。

 

会社で食しただけでなく、各家庭にも「おみやげ」に1セットまで用意頂き

「家族にも冬の味覚をと」、御配慮に心から感謝です。

 

伊豆で生活をしていると、あたりまえのようにやってくる四季を全身で感じることができます。

 

これってすご~く幸せですよね。

 

                                                                                                      by 大内

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog