いつもと目覚まし時計が鳴る時は同じなのに、窓の外の明るさは冬の朝とは全然違います。

夕方は夕方で、陽がかげってきたなぁと思って時計を見るともう5時過ぎ。陽が長くなりました。

写真は伊豆高原の森をお世話して下さっている「森のボランティア」の方に頂いた桜の枝。頂いた時には蕾の塊が枝のコブのように付いていただけでしたが水に挿し、陽にあてたら萌ぎの額が付き、今日は先っぽが薄ピンクになっているではありませんか!

夜の間にきっとほころんで可愛い桜の花を観ることが出来るでしょう。(また、写真でお披露目しますね。)

メープルハウジングの庭や駐車場の雪柳たちも競って白い花を咲かせ始めました。

やまぼうしの堅い芽もこんなにふっくら膨らみました。

すっかり夜にならない昼と夜の間は、外へ出るとまだ昼の余熱が残っていて、

春になって起き出した草木の呼吸する匂いが満ちているから、つい外を歩きたくなります。

春めいた空気をまといながらしばし歩けば、空にはぼーっと大きなおぼろ月。

何気ない普段着の生活に、小さい春を見つけた日です。 

 

tubomi01.jpg

tubomi02.jpg

tubomi03.jpg

tubomi04.jpg

tubomi05.jpg

tubomi06.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

伊豆は暖かく雪とは無縁のようですが一冬に平均して3日~5日くらいでしょうか

雪が降る日があります。降っても海に近いエリアや市街地はほとんど積もりませんが・・・。

写真の雪化粧は伊豆高原ですがこの日も市街地や海沿いにはまったく雪は積もりませんでした。写真はまるで長野のような雪景色ですが、僅か2日間の雪化粧でした。

今日は、どちらかといえば風も暖かく春めいています。

そんなわけで「伊豆っ子」は雪が降ると大騒ぎ。

「あっ、雪、雪、雪が降ってきたよ。」

「綺麗ね。」 などと窓に駆け寄り珍しい雪を眺めたりします。

地元の小学校では急きょ授業予定を変更して山へと雪の観察に出かけたりします。

一年の内ほんの数日の不便さとこの雪景色の美しさを計りにかければ

やっぱり雪景色を選びたいですね。

四季の中で一番敬遠される冬の寒さと雪は、伊豆では貴重な冬のアクセントです。

yukigesyou01.jpg

yukigesyou02.jpg

yukigesyou03.jpg

yukigesyou04.jpg

yukigesyou05.jpg

yukigesyou06.jpg

 

 

 

 

 

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

さあ、2008年も幕を開けました。

今年は京都議定書第一約束期間の始まりです。

日本に課せられた目標はCO2 削減6%。一人一人が出来ることから実行することが

目標達成への第一歩ですよね。

さて、こんなに地球規模で温暖化が進み、みんなが危機感を募らせるずっと以前の話です。

社会人になりたてだった私のボスは、かなりお洒落でダンディでした。

その彼が何の気負いもなく、ごく自然にゴミを分別する姿を見て目を丸くした記憶があります。

彼は、今で言う「ちょいわる」でどこからみてもナチュラリストには見えませんでした。

にもかかわらず、このさりげなさ!

正真正銘の大人ってこういう人のこと言うんだ!かっこよすぎる!

以来、彼のようにスマートにさりげなくエコする大人が私の目標となりました。

あれから、数十年。私は彼のようにかっこいい大人になれているだろうか?

暖房の設定温度を下げる。電気はこまめに消す。割り箸はなるべく使わない。ごみはきれいに分別する。庭やベランダにグリーンをあしらう。シャンプーするときはシャワーを出しっぱなしにしない。ティッシュやペーパータオルは無駄に多く使わない・・・

どれも決して難しくないし、お金もかかるわけじゃないけれど、つい便利さに負けてしまう。

新年早々自己嫌悪にかられながらスーパーのレジに並んでいたら、目の前の長身金髪のイケメン青年がエコバックをさりげなく出した。

「かっこよすぎる!」その一瞬で日本もまだまだいけるという明るい気持ちになりました。

今年は初心にもどってエコがんばるぞ!

 

メープルハウジングは伊豆高原の美しい自然を守るために

チーム-6%に参加しています。

 

ikemen01.jpg ikemen02.jpg ikemen03.jpg ikemen04.jpg

ikemen05.jpg

 

 

 

 

 

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

穏やかな 幸多きお正月をお迎えのことと お慶び申し上げます。
お正月らしく身の引き締まる 寒い朝となりました。
 
さて、今年の宮中の歌会始の御題は「火」だそうですが、「火」という言葉に皆さんは何を想像されるでしょうか。
火はとても良く比喩され、火のつく言葉もとても多いのですが、あまりに身近で、改めて考えることが少ない言葉ですよね。
とても含蓄のある御題だと思います。
私はといえば、いろいろありますが、「始まり」・・・スタートでしょうか。
人が「火」を熾すことを学んだ日からまさに人類の可能性がスタートしました。
何千年もの間人類は「火」を操り、文明を築いてきました。
「火」なくして私たちの生活は考えられません。
改めて、その恩恵を考えてみれば
もっと、もっと感謝し、無駄遣いしないように注意しなければいけないなぁと思います。
 
メープルハウジングはおかげさまで、今年30周年を迎えます。
お客様に育てていただき、会社内外を問わず支えてくれる大切なスタッフに恵まれここまで来る事ができました。
本当にありがとうございました。
今年は、「火」のように気持ちを「始まり」にリセットするとともに「火」のように「熱く」業に励みたいと思います。
今年も何卒宜しくお願い申し上げます。
新年は6日より平常営業いたします。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

new2008-1.jpg new2008-2.jpg new2008-3.jpg new2008-4.jpg new2008-5.jpg

new2008-6.jpg

 

 

 

 

 

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

以前このブログで自然の美しさに対抗できる人工の造形美には何があるだろうと取り上げたことがありました。街の夜景や花火を強者に挙げたのですが、この度、実力派ルーキーの登場です。
今、メープルハウジングの前庭には光の花が満開です。
その可憐で、幻想的な美しさは桜の花に充分匹敵すると思います。
エジソンが光を発明してから100年以上の時が流れ、人々は地球に優しい
LEDを発明しました。LEDは赤・緑・黄色と順に発明され、90年代前半日本人によって青色が発明されたことは記憶に新しいところですね。
青が発明されたことで白が生まれました。白いLEDは生まれてまだ10年。
その白いLEDの光の花で満開になった前庭。冬の静かな長い夜、
やまぼうしやひめしゃらにきらきらとスターダストが集っているようです。
エジソンに見せてあげたいなぁ。
エジソンの発明した光に当時の人々がびっくりしたのと同じくらい
びっくりするでしょうね。想像すると嬉しくなります。
さて、余談ですがこの光の花、人工と言うことで一つ一つ手作業で取り付けました。
その数1万7000球。電球を固定したワイヤーの総延長はなんと1000mにも。
約3日間朝9時から夜10時頃まで寒風吹き荒ぶ中、鼻を真っ赤にして、指を腫らして
お世話になっている電気屋さんや造園やさんと一緒に
代表の山崎自らゴンドラに乗って取り付けました。
自称「カリスマ イルミネーター」、
曰く「何事もセンスが大事」なのだそうです。

 

hikari02.jpg hikari03.jpghikari04.jpg

hikari06.jpg

hikari05.jpg

 

 

 

 

 

 

伊豆 不動産・別荘情報はメープルハウジングへ

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

Green Blog