先週末のことになりますが、

下田市では第78回「黒船祭」が、

今年も華やかに開催されました。

下田が開国の舞台となったこと、

先人の偉業を忘れないために...と

町をあげて行われるお祭りです。





20170527-2.JPG


風も爽やかな5月の第3週末、

厳かな公式行事もありますが、

金曜夜の花火大会がにぎわいの

スタートの合図になります。

友人の誘いで、市内某所から

花火の撮影にあたりました。





20170527-1.JPG


暗闇の中の花火撮影は困難...

タイミングと光の加減が、

なかなか...。瞬間的にですが、

明るくなり過ぎてしまいます。





20170527-3.JPG


ジャストミート!と思ったら、

画面からはみだしているし(笑)





20170527-4.JPG


と思ったら突然に、島の陰から

海上花火が始まってしまうし(汗)





20170527-5.JPG


(何とか撮れましたが微妙...^^;)





20170527-6.JPG


いくつになって見ても、花火は

やっぱりわくわくしますね^^

ドーン!という音も爽快です。





20170527-7.jpg


花火も年々開発が進んで、

いろいろな色や模様があって、

わいわい見るのが楽しいですね。





20170527-8.JPG


日本最大級と言われる三尺玉

(さんじゃくだま)...は案の定、

わちゃわちゃしていたら

撮り逃しましたけども(笑)

高い角度から新鮮な観覧でした。





20170527-9.JPG


翌日土曜のお昼は公式パレード。

昔ながらに道の狭い町の中を、

海外からの来賓や陸海自の方々が

くまなく行進してまわります。

パレードの「近さ」が、何より

盛り上がる要素かもしれません。





20170527-10.JPG


川勝県知事もいらっしゃいました^^

伊豆の先端まで有難うございます!





20170527-11.JPG


ご当地キャラも更にパワーアップ。

今年は全国から20体の参加があり、

彦根市のアイドル「ひこにゃん」も

遠路はるばる駆けつけてくれました!





20170527-12.JPG

20170527-14.JPG


本格的なフラッグワークや音楽隊の

演奏も、間近で見られて、ど迫力。

演者の皆さんは少し窮屈そう...(笑)





20170527-13.JPG


実はかなりVIPな方もパレードに

参加していますが、皆さん友好的&

リラックスムード。良い雰囲気です^^





20170527-15.JPG


時代衣装を身にまとったスタッフも

年々増え、この時ばかりは小さな町も

古今東西が入り混じった祝祭ムードに

なるのでした。ビバ黒船祭!(続く)



JS





ブログランキング


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/

hr



刺し網漁で一番掛かって

ほしいのは伊勢海老ですが、

それ以外にも

様々なものが掛かります。



富戸近海に生息していて、

網から外すとき、特に注意を払う

危ない魚などを紹介します。





カサゴです。

美味しい魚ですが、

背びれが指に触れてしまうと、

とても痛いです。


20170526-1.jpg





富戸では"ソイ"と

呼ばれている魚です。

このブログに掲載するにあたり、

「ソイ」について調べてみました。



そこでは美味しく食べられる魚として

紹介されていましたが、

富戸近海で網に掛かるソイは、

このソイとは異なるようです。


20170526-2.jpg



富戸で獲れるソイは食べませんし、

鋭い背びれで指を刺してしまったら

おおごととなる厄介な魚だからです。



20170526-3.jpg





獰猛なウツボです。

伊勢海老を餌として食べるので、

刺し網漁に掛かった伊勢海老を

目指して、頻繁にかかります。


20170526-4.jpg



たくさんの鋭い歯が怖い。



20170526-5.jpg





紫色の美しいウニは、その名の通り

ムラサキウニといいます。

この棘が忌々しいのです。富戸近海で

獲れるムラサキウニは食べません。

ウニの餌となる豊かな海藻が

十分ないので、美味しくないのです。


20170526-6.jpg



ムラサキウニをひっくり返しました。

中央が口です。



20170526-7.jpg





とても珍しいことですが、

こんなギザギザが網に掛かかりました。

これはノコギリザメの口の一部です。


20170526-8.jpg



ノコギリザメをご存じない方も

いると思いますので、今年2月16日の

深夜に撮った写真を載せますね。



20170526-9.jpg


このときは水族館からの引き合いがなく、

翌週には海に返したのですが、

...まさかあのときのノコギリザメ!?



***************



ハリセンボン、棘が長いです。


20170526-10.jpg



ウニと同じく全体がトゲだらけ、

怪我に注意。



20170526-11.jpg





サメです。

人間を食べたりしないでしょうが、

風貌が怖い。


20170526-12.jpg





ここでは特に注意して扱っている

魚などの写真を載せましたが、

これらに限らずどんな魚にも

背びれや棘があります。



慎重に扱って、

指を刺して怪我することが

ないよう、気をつけています。



NH



ブログランキング


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/

hr



伊豆高原アートフェスティバル。

ラストに訪ねたのは、雑貨屋ブイヨンさん。

住宅の一部を使って、ひっそりとオープン。

隠れ家のような、友達のお家のような、

親しみやすい空間にお邪魔すると、



20170525-1.JPG


何とも可愛い巣箱たち...!

カントリー調の壁紙のような、

ステンシルで絵付けしたような...

ありそうでなかった、色と柄。





20170525-2.JPG


オーナーの安田保(やすだ・たもつ)さんが、

普段から交流のある何人かの女性作家の

方々に依頼して、ペイントしてもらったそう。





20170525-4.JPG


ベースはこの、シンプルな木の巣箱。





20170525-5.JPG


ある方は、ペパーミントグリーンに...





20170525-6.JPG


ある方は、グリム童話に出てきそうな...





20170525-7.JPG


ブイヨンさんオリジナルは、

スカイブルーのクローバー仕立てに◎





20170525-8.JPG


巣箱が巣に入ったものや、外階段が

付いたものや...。個人的にはシンプルな、

ネイビーのタイプが好きでしょうか...





20170525-3.JPG


ちなみに社長は、最初に印象的だった、

こちらのタイプがお好みだとか。

好きなものって、何となく、

その方の個性に似ていますよね...^^





20170525-10.JPG


年を経て、いろいろなアートに親しむ

機会が増えました。難しい解釈も何となく

理解できるようにもなってきた。だけど、

子供の頃に友達同士で雑貨を見たり、

プレゼントを選んだりして、可愛いもの、

素敵なものを好きになって、

少しずつ知識を広げて、





20170525-9.JPG


それを見たり、触ったりすると、

幸せな気持ちになれるもの。それらを、

もっと知りたい。そんな気持ちが、

美術に親しむきっかけになっていった。





20170525-11.JPG


そんなことを思い出させてくれた、

伊豆高原アートフェスティバルでした。

本当にありがとうございます。





20170525-12.JPG


ブイヨンさんには他にも、普段使い

したくなる雑貨を色々販売しています。

このおもしろTシャツもオリジナル!





20170525-13.JPG


巣箱コレクションを見られるのは、

今週の金・土が最後!どれが好き?って

話しながらの鑑賞は楽しいですよ^^





20170525-14.JPG


小さな空間ですが、ぜひ訪ねてみて下さい。

対島中正門前のバス停を降りてすぐです。



***************

雑貨屋ブイヨン

「バードハウス&ポストカード展」

2017年5月27日(土)まで 朝11時~夕17時

伊東市八幡野1126-41 tel 0557-53-3190

***************



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr



20170522-1.JPG


ヒロ画廊さんを訪ねてみました。





20170522-2.JPG


今回は、イタリアの現代女流作家、

ミケーラ・ペドロンさんの展覧会と

いうことです。古民家風の建物に、

どんな様子でマッチするのか。





20170522-4.JPG


しかし鹿の絵画は、違和感も無く、

和風建築にマッチしていました。

極彩色の自然をバックにした絵は

日本庭園と絶妙なバランスです。





20170522-5.JPG


壁面には天女。ベースは「和」で

ありながら、派手と渋さが調和し、

ロックなテイストすら感じます。





20170522-6.JPG


「Dear Deer」というこのシリーズ、

うわべのものに捕らわれず、真実を

見つめて下さい、という警鐘だとか。





20170522-7.JPG

20170522-8.JPG


インテリアの要所要所に鹿の角の

モチーフが。人の手のようでもあり、

邪悪な使いのようでもあり。色々と

イメージをかき立てられる展示です。





20170522-10.JPG


ヒロ画廊さんは建築自体も素敵で、

こじんまりとしつつも天井が広く、

隠れ家のような雰囲気。今回作家の

ミケーラさんもしばらく滞在をし、

制作の仕上げを行ったそうです。





20170522-11.JPG


夜や死、生命を象徴するカラス。

日本画にも題材として扱われる、

これだけ大きくても馴染みます。





20170522-12.JPG


作品を見に、ただただ思索しに、

訪れてみてはいかがでしょうか。

28日まで、火・水が休みですが、

最近伊豆大川にできた別館は、

無休でやっているそうです。





20170522-14.JPG


大川の会場はまた違った様子で、

モダンな展示だそうです^^平日の

休日、足を運んでみたいです。




20170522-13.JPG



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr





20170521-1.JPG


伊豆高原アートフェスティバルも後半。

ギャラリーZEROさんを訪問しました。





20170521-2.JPG


清廉なギャラリーながら、

知人のお家に伺うような、

親しみやすい空間です。





20170521-3.JPG



白磁の展覧会です。可愛らしい、

天使のお尻のようなかたちに、

思わずにっこり。





20170521-4.JPG


「ぴーち」シリーズという名前で、

用途も使う方にお任せします、

とのこと。器としても良し、

花を挿しても良し。



撮りそこねてしまいましたが、

このぴーちシリーズ、裏返すと

ハートの形をしているんですよ^^





20170521-5.JPG


柔軟な発想で、りんごのピースや、

缶のパインを模したものもあり。





20170521-6.JPG


最近は和のモチーフを扱うことが

多いとのこと。こちらはまるで、

塩釜のような、鯛の置き物。





20170521-7.JPG


どんな題材も白磁に似合って新鮮。





20170521-8.JPG


お面もありました!白磁のお面、

有りそうで無かったオブジェ。





20170521-9.JPG

20170521-10.JPG


「白磁は冷たい印象があります。

だけど、曲線を多く使うことで、

季節を問わず使えるものにしたい」

作者の酒井さんは、そう話します。





20170521-11.JPG


ふと壁面に見つけた不思議な形...





20170521-12.JPG


家守(やもり)です!沖縄では、

「ヤールー」と呼ばれる家の守り神。

こちらの作品名も「ヤールー」でした。





20170521-13.JPG


裏返すと空洞になっており、

ひもを通せる穴も空いています。

展示もピンだけで留まっていました。

軽量なんですね。これなら壁面でも、

手軽に飾ることができます^^





20170521-14.JPG


ひときわ目をひいたのは、足の指が

ついた、ブーツ!画家・マグリットの

絵画をモデルに、白磁で再現したもの。





20170521-15.JPG


斬新な星柄で、ポップアートに変身!





20170521-16.JPG


新しい解釈で、マグリットも驚きそう。





20170521-17.JPG


お庭にも白磁のアヒルの親子が、

今日はちょっと暑そうにお散歩です。





20170521-18.JPG


使ってくれる方がいて初めて、作品は

作品として完成します...と酒井さん。

引き出物や記念日の贈り物に、

ウィットに富んだ雑貨を求める方に。

ちょうどお勧めしたい、

白磁達でした。



***************

「白の足跡~白磁・酒井崇全展~」

ギャラリーZERO(伊東市八幡野1283-92)

昼13時~夕17時  0557-54-0117

5月25日(木)まで 月・金休 

***************



Maple Housing





ブログランキング 


hr

伊豆 不動産・伊豆 別荘の物件情報はお任せ下さい。

伊豆暮らしはじめませんか。
(株)メープルハウジング
https://www.maple-h.co.jp/ 

hr

前に戻る42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52

会社案内

〒413-0232
株式会社メープルハウジング
静岡県伊東市八幡野1283-50
TEL:0557-55-2220
会社風景 4.23-ja





2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のコメント

アーカイブ

Green Blog